関東LOVERS

茨城県でおすすめの観光スポットを厳選

2017年04月15日(土)/茨城


都道府県の魅力ランキングで、近年最下位となっている茨城県。CMに渡辺直美さんを起用して、伸びしろNO1を謳っていることもご存知の方は多いでしょう。そんな茨城県ですが、その存在をあまり知らないばかりに、魅力もわからないという人も多いかと思います。そこで、今回は茨城県出身の筆者が茨城県の見所を一挙ご紹介させていただきます。

PR

チェックひたち海浜公園(ひたちなか市)

i1

出典:観光いばらき

ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にある日本の国営公園です。アスレチックや遊園地等があり、小学生の遠足場所としても使われています。少なくとも筆者の小学校時代はそうでした。

さて、ここひたち海浜公園はピクニックにおすすめです。なぜかというと、敷地内には初夏はネモフィラ、秋はコキアが咲き乱れるからです。特にコキアに関しては、毎年9月下旬からコキアカーニバルが行われ、紅葉となる10月が一番綺麗な時期となります。この時期にいけば、とても美しい光景を目の辺りにできるでしょう。

一方、最近流行の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」という野外音楽フェスも催されていることから、ロックフェスに参加される方も覚えておくと良いかもしれません。

チェック御岩神社

i2

出典:開運の神社・パワースポット

パワースポットとして有名な神社、御岩神社。特に人気なのが、県指定天然記念物である御神木で、地上3メートルあたりから3本に分かれ、均等に天に向かって伸びています。この3本に分かれている窪み部分には、天狗が住んでいるという噂も。

チェックかみね動物園

かねみ

出典:乗換案内のジョルダン

茨城県日立市にある「かみね動物園」ではなんと!エサやり体験ができることが魅力です。それもキリン、トラ、ライオン、チンパンジー、ゾウ、ペンギン、クマ等にエサをあげることができる珍しい動物園なのです。特に体の大きなゾウやキリンのエサやり体験は迫力満点!動物をより間近で見られたり触れ合えたりする動物園独自の工夫が人気の秘密です。入園料は大人510円とお財布にも嬉しいですよ!

那珂湊おさかな市場

おさかな市場

出典:vip tour

ここ那珂湊おさかな市場は、茨城県ひたちなか市の那珂湊漁港にあり、新鮮な魚介類を求める方で常に賑わっているイメージです。ちなみに、ここ那珂湊おさかな市場は、東日本大震災で4Mもの津波が来たことより被害をうけ、一時営業を中断していましたが今は元の状態に戻っています。

チェック竜神大吊橋(太田市)

i5

出典:観光いばらき

茨城県常陸太田市にある竜神大吊橋は、日本最大級の歩行者専用の吊り橋で、竜の形をした湖上に架かることからそう命名されました。山深い竜神峡に渡す竜神大吊橋の長さは375m。竜神川をせき止めた竜神ダムからの高さは100mです。四季折々の絶景や季節ごとに催しもあり、一年中楽しむことができます。

一方、GoogleのCMにも登場しているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、バンジージャンプを体験したい方におすすめの名所でもあります。なんと!高さが最大100メートルということで、怖がる方も多いのだとか。是非挑戦してみたいものですね。

チェック花貫渓谷(高萩市)

じゃらん

出典:じゃらん

吊り橋に覆いかぶさるモミジが綺麗な茨城の穴場的な紅葉の名所、花貫渓谷。渓谷という名の通り、いくつかの滝がございまして、約800mの汐見滝吊り橋のところから下ると、不動滝があります。自然の静寂の中に身を置き、滝から出るマイナスイオンに癒されリラックスできる当地はハイキングにおすすめです。また近くには、炊飯場やトイレを完備したキャンプ場もありますので、慰安旅行に選ばれるのも良いでしょう。

チェック 袋田の滝(久慈郡)

i7

出典:観光いばらき

袋田の滝は春夏秋冬の四回訪問しないと分からないと言われており、別名“四度の滝”と呼ばれます。西行法師が絶賛した絶景スポットであります。もちろん冬は雪や氷で水墨画のような世界へと一変。

ちなみに、滝との距離が近く迫力バツグンの第一観瀑台から見た景色。高い場所から見下ろすので景色が一望できる第二観瀑台からみた景色。それぞれ見る位置によって滝の姿形が異なるのも面白いポイントです。

チェック月待の滝(久慈郡)

i8

出典:www.geocities.jp

水量が多い場合は三筋、通常は二筋の夫婦滝として知られる、月待の滝。ドラマ『ガラスの仮面』の舞台としても知られてます。ちなみに、滝の裏側にも濡れることなく入れますので、お見逃し無く。

チェック筑波山(つくば市)

i9

出典:観光いばらき

茨木県といえば、水戸を思い出す方、もしくは土浦やつくばを思い出す方がいらっしゃるかと思いますが、後者のつくばの有名どころが、その名の通り筑波山です。高尾山よりも道が舗装されていないこともあり、自然が豊かでありながらも気軽に登れる山ということで東京から登山に来る方も多いです。それこそ、つくばエクスプレス、略してTXで皆さん来られます。是非、山からの景観と良い空気を堪能しに来てくださいね。

チェック大洗水族館(東茨城郡)

大洗

出典:神戸空港

関東最大規模の水族館である「大洗水族館」。飼育されているサメの種類は50種以上と日本一であり、是非サメが好きな方は鋭い目、ギザギザに尖った歯を見に来てほしいものです。入り口付近には「出会いの海の大水槽」があり、この水槽には、サメ、海ガメ、エイ、数千匹のイワシ等、約80種、20,000匹もの魚たちが飼育されております。生き物の食事を近くで見られる、お食事タイム「シャークウォッチング」は大人気です。

また、ここ大洗というのは、美しいビーチがあり、海に面した岬の高台に鎮座する大洗磯崎神社も参拝にはうってつけの場所。特に美しいのは日の出時で、元旦には初日の出を見にたくさんの人が集まります。

チェック筑波宇宙センター

i11

出典:やのえいじ

研究学園都市である、つくば。その中でも取り分け知名度の高い筑波宇宙センター、JAXA。中には、国際宇宙ステーションに設置された日本の実験棟「きぼう」の実物大モデル等、宇宙に関する興味深い展示物が多数あります。

チェックワープステーション江戸

江戸

出典:トリップアドバイザー

大河ドラマ『八重の桜』、時代劇『あさきゆめみし~八百屋お七異聞』、『龍馬伝』や『ゲゲゲの女房』等のロケ地として使われている、「ワープステーション江戸」。その名の通り、江戸時代にタイムスリップしたような作りに成っております。施設内は主に、「江戸の町ゾーン」、「江戸城ゾーン」、「オープンセットゾーン」で構成されており、自由に写真が撮れるのが魅力でしょう!家族で記念に一枚いかがでしょうか。

チェック福岡堰(つくばみらい市)

i14

茨城観光百選にも選ばれている福岡堰。春になると約550本のソメイヨシノが咲き乱れますよ!毎年「桜まつり」が行われ、イベントや模擬店などがあり見物客で賑わいます。

チェック鹿島神宮

i15

出典:パワースポット全国情報NET!

パワースポットの名所として知られる鹿島神宮。人生の転換期にお参りにいくのもいいかもしれませんね。

さて、ここ鹿島神宮に関して詳しく説明すると、祭神は軍神として有名な武甕槌神(タケミカヅチ)。713年編纂の『常陸国風土記』にも記載がなされていることから、非常に歴史のある神宮です。また、最近では堺雅人主演のNHKドラマ『塚原卜伝』にも登場するなど注目が集まっております。

チェック霞ヶ浦 帆引き船

船

出典:観光いばらき

皆さんご存知、国内第2位の面積を誇る霞ヶ浦。ちなみには第1位は言わずもがな琵琶湖です。そんな霞ヶ浦ですが、流域面積は茨城県の総面積の約3分の1を占めます。広すぎて初めて訪れた方からは、海と間違えられてしまうことも。

さて、ここ霞ヶ浦でおすすめなのが、白い帆いっぱいにロマンという風を乗せて湖上を走る「観光帆引き船」。優雅なクルージングを是非、体験してみてください。

牛久大仏

i17

出典:観光いばらき

牛久大仏を語るには、その大きさで語るのが一番かと思います。それもそのはず、約30階建てのビルと同じ高さであり、高さ120M、顔20M、らほつ(大仏さまの頭の髪の様式)1個1M、目の長さ2.5M。とにかく大きいことがお分かりいただけたかと思います。やはり大仏といえば、鎌倉や奈良の大仏の名が上がってくるかと思いますが、大きさだけはそれらの比ではないです。

さて、この牛久大仏は中に入ることができます。中にエレベーターがあり、上まで登るとそこには展望台があるのです。晴れた日には、富士山や東京スカイツリーまで見えるのだとか。

チェック偕楽園

偕楽園

出典:ぐるたび

茨城県水戸市は徳川御三家の城下町として有名。その中でも、日本三名園の一つに数えられる「偕楽園」は茨城県の観光名所として非常に有名です。ここ偕楽園は徳川斉昭公によって造営された日本庭園ですが、特に梅の木が有名で、「水戸の梅まつり」の季節が一番賑わいます。また、ここには竹林スポットもあり、京都程の混雑がなく、ゆっくり竹林を鑑賞できるのも魅力の一つです。

チェック峰寺山西光院(石岡市)

山西

出典:トリップアドバイザー

美しいのどかな光景を少し高いところから見たい、そんな方におすすめのが、「峰寺山西光院」。別名、関東の清水寺とも呼ばれております。天気が良いと、霞ヶ浦や筑波山、太平洋まで望むことができるのも◎。

チェック 歴史館の銀杏並木(水戸市)

イチョウ

出典:速報偕楽園

写真を見て一目瞭然。銀杏並木で有名なのが、ここ水戸市の茨城県立歴史館です。夜にはライトアップされることから、よりロマンチックな雰囲気となりデートスポットとして人気です。告白場所としてもいいかもしれませんね。

チェック土浦全国花火競技大会(土浦市)

i21

出典:live3.info

皆さん、日本三大花火大会をご存知でしょうか。秋田県大曲の花火大会、新潟長岡まつりの花火大会、そしてここ「土浦全国花火競技大会」ですね。よく秋田県の大曲の名前はでてくるものの、どうしても茨城県の花火大会というと印象は薄いようです。ただ、この花火大会は全国花火競技大会といっていることから推測できるように、腕に自信のある花火技師が集まるため、花火のクオリティーはハイレベルです。その技を観ようと、茨城県民を筆頭に多くの方が見物に来られます。その数、約50万人。テレビ中継も当然なされる程の大規模な競技大会です。

また、同じく花火大会では、古河市の古河花火大会も茨城県の中では有名です。ここは土浦の花火大会と同様、三尺玉を筆頭に2万発も打ち上げられ、更にアクセスが良いので人気を博しています。というのも、渋谷・新宿などの都心から湘南新宿ラインで乗り換えることなく行くことができるからです。

チェックつくば光の森(つくば市)

i22

出典:るるぶ

これは、つくば駅周辺の道沿いに飾られたイルミネーションのことです。けやき並木が色鮮やかに輝き、幻想的な夜の散歩道となることから、デートスポットとして人気です。


いかがだったでしたか? 観光地としてあまり知られていない茨城県ですが、いざ知ってみると魅力的な観光スポットがたくさんあります。納豆だけでなく絶品の海鮮グルメも豊富。都内からのアクセスも良いので気軽に立ち寄れる。「ひたち海浜公園」など、近年話題のスポットも多いので、ぜひ茨城の新しい魅力を発見しながら観光を楽しんで下さいね!

PR