北海道LOVERS

美瑛の絶景とグルメを効率的に余すことなく楽しもう

2018年05月03日(木)/富良野・美瑛・トマム


美瑛の絶景とグルメを効率的に余すことなく楽しもう

美瑛は有名な見どころがいっぱい

青い池

出典:「日本で最も美しい村」連合

美瑛といえば有名なのは「青い池」。青い池はアップル社Macのスクリーンセイバーにも採用されるほど神秘的な景色です。そして美瑛といえばいくつもの丘の農地が織りなす景色や「セブンスターの木」「ケンとメリーの木」などいくつもの「木」も有名ですね。詳しくはこちらをご覧ください。

【王道】美瑛の是非訪れたい観光名所とおすすめグルメを厳選

しかしその一方で美瑛は常に「富良野・美瑛」という風に富良野との抱き合わせで、旭川を拠点とした観光のサブ的な場所に位置付けられているため、情報が十分でなかったり、景色を見るための長い渋滞や観光客のマナーの悪さの問題があったりと、観光の面では必ずしもいいことばかりではありません。しかしここでは渋滞にイライラしながらドライブすることなく、効率的に名所を回れる手段や、本当にオススメのグルメスポットなど、美瑛を余すことなく楽しむ方法をご紹介します。

周遊バスとレンタサイクルを使い倒そう

丘の風景

出典:ホテル・ラヴニール

青い池も丘の景色も効率的に楽しめる「美遊バス」

バス

出典:丘のまちびえい活性化協会

効率的に見どころをまわるのにうってつけの手段は、なんといっても観光スポットをめぐる周遊バスです。美瑛には「美遊バス」という周遊バスがあります。夏のシーズン中は毎日運行、花がまだ咲き始める前の春のシーズンと冬の時期は土日祝の運行です。ルートがいくつかあり、青い池、北西の丘展望公園、四季彩の丘、ぜるぶの丘、三愛の丘展望公園、親子の木、セブンスターの木、ケンとメリーの木、など、多くの観光スポットがルートには含まれています。これ以外にも美瑛の丘の風景を世間に知らしめた写真家、前田真三の写真館である「拓真館」や、美瑛産の野菜や農産加工品など美瑛ブランドが並ぶ「美瑛選果」などが含まれるルートもあります。所要時間やまわりたい場所に合わせてルートを選べば、効率的に美瑛の見どころに連れて行ってくれる美遊バス。これは利用しない手はないですね。

渋滞知らずのガイド付きサイクリング

サイクリング

出典:富良野観光協会

美瑛にはもう1つ、効率的にまわれる手段があります。それはレンタサイクルです。毎年大勢の観光客が訪れる美瑛。その観光客を魅了するのは丘の風景であったり、丘に佇む木であったり、道路越しに見るものが多いため、徐行運転をしながら、または道路脇に路駐をしながら観光する人も多く、決して観光客のマナーが良いとはいえません。それが原因でシーズン中は恒常的な渋滞が発生しており、地元の人にも観光客にとってもいい状態とは言えませんよね。しかし、レンタサイクルを利用すれば渋滞知らずでスイスイ(丘のまちなのでアップダウンが激しい場所もあり必ずしもスイスイとはいきませんが)観光ができてしまうんです。丘のまちということもあり電動自転車も多く、また街中にレンタサイクル屋もいくつかあります。レンタサイクルをして自分なりにまわるのもいいですが、ぜひ地元を知り尽くしたガイドと一緒にサイクリングにでてはいかがでしょうか。ガイド付きのサイクリングでは地元の人でも知らない、ガイドさんこだわりの場所やオススメスポットなんかも聞けるはずです。

北海道の中でも高レベルな美瑛のグルメ

美瑛の食材

食材:丘のまちびえい活性化協会

観光スポットもいいですが、美瑛は実は食のレベルが高い町といってもいいでしょう。丘のまちに魅せられた移住者が開くレストランやミシュランで一つ星を獲得したレストラン、美瑛でしか味わえない食材を使用したレストランなど、様々な食が楽しめるのもここ美瑛の魅力です。

超絶品海老丼

じゅんぺい

出典:biei-junpei.com

まずオススメしたいのは超特大のエビフライが乗った「海老丼」を味わえる「洋食とCafeじゅんぺい」。まず丼に乗ったエビの大きさに驚きます。そしてそれを包むサクサクの衣とプリプリのエビの食感がベストマッチ。海老丼は松と竹があり、それぞれエビの数が4本、3本と異なります。かなりボリュームがあるのでお腹も満足すること間違いなし。そして地味に付け合わせのサラダのドレッシングが美味しいです。ただしお昼時は地元の人や観光客で賑わうので覚悟してください。お昼時にもし行列ができずに入れたらラッキーでしょう。

美瑛でしか味わえない赤麦のパスタ

 

美瑛では昔「赤麦」の畑がありました。夕日が差し込むと赤色に映える赤麦畑。美瑛を有名にした写真家前田真三の写真にも赤麦の赤と空の青、畑の緑のコントラストが見事な写真がありますが、いつしか赤麦は美瑛から姿を消してしまいます。しかし赤麦の風景を復活させようと立ち上がった住民有志が見事赤麦を復活させ、今は赤麦のビールや加工品をつくるまでになっています。そんな赤麦のパスタが味わえるのが「自家製パスタ専門店 だぐらすふぁ〜。」ここは赤麦以外にも美瑛産の食材にこだわった美味しい自家製パスタが味わえます。

特別な日のための特別なレストラン

アスペルジュ

出典:Hokkaido!(グッド!北海道!)

実は美瑛にはミシュランで星を獲得したレストランがあります。それが「レストラン・アスペルジュ」。北海道を代表するシェフとこだわり抜いた美瑛の食材がかけ合わされば、もうそのクオリティは説明する必要がないですよね。ランチタイムとティータイム、ディナータイムに分かれており、ランチとディナーはコース料理のみです。それなりのお値段ですのでプラっと入るレストランというより、特別な日のための特別なレストランといったところでしょうか。このレストランに行くために美瑛に行くという、そんな特別な場所にもなることでしょう。

イベントをめがけて行くのも楽しみの一つ

丘の景色を楽しみながら走ろう

ヘルシーマラソン

出典:「日本で最も美しい村」連合

美瑛には住民だけではなく、外からきた人も参加できるイベントがたくさんあります。その中の一つが今年で31回目を迎え恒例行事となっている「丘のまちびえい ヘルシーマラソン」です。6月上旬の週末に行われますが、残念ながら2018年のエントリーは締め切ってしまいました。ヘルシーマラソンはオリンピック代表にもなった元マラソン選手の増田明美がゲストランナーとして参加することで有名です。コースは5㎞から20㎞まであり小学生も参加できる内容になっています。美瑛のマラソンの特徴はなんといっても美しい景色を眺めながら、また地元の人たちのあたたかい声援を受けながら走れるところでしょう。ぜひ丘のまちの風景を楽しみながら汗を流してみてはいかがでしょうか。

初心者から参加できるクロスカントリー

スキー

出典:丘のまちびえい宮様国際スキーマラソン

初夏がマラソンなら冬はクロスカントリーです。「丘のまちびえい 宮様国際スキーマラソン」はクロスカントリーの大会で、初心者から上級者までが楽しめる大会になっています。夏の間は立ち入ることができない丘も雪に覆われ、そんな丘を爽快にスキーで駆け抜けると、夏の風景とはまた違った美しさを見せてくれることでしょう。そして珍しいことにこのクロスカントリー大会は約10㎞ごとに給水所ならぬ給食所があります。給食所で温かい飲み物を補給し身も心も暖かくなってみてはいかがでしょうか。さらに美瑛には名湯として知られている白金温泉があります。マラソンに参加する際やクロスカントリーに参加する際は、レース終了後温かい温泉に浸かり、疲れた体をぜひ癒してください。

丘だけじゃない街ナカのオススメ

美瑛駅

出典:美瑛町

美瑛は丘の景色が素晴らしいことで知られていますが、実は駅近くの市街地にもオススメの場所はあります。駅の周りには観光情報センターの「四季の情報館」があり、美遊バスもここからでます。美瑛の観光情報はここ四季の情報館で得ることができます。そしてそのすぐ近くには道の駅「丘のくら」があり、ここで美瑛の特産物を見つけることもできます。駅前のホテル「ふれあい館ラヴニール」では、農産物の加工体験もできるので時間に余裕があれば試してみるのもいいでしょう(前日までの予約が必要)。

丘のまち交流館bi.yell(ビ・エール)

ビエール

出典:丘のまちびえい活性化協会

最近できたbi.yell(ビ・エール)という施設は木のぬくもり溢れるとてもおしゃれな施設です。地下1階にはカフェがあり、1階はギャラリーになっています。そして2階は多目的フロアになっており、小さな子供が遊べる木製遊具もあるため、親子連れで安心して遊べる環境が整っています。地下のカフェのスープカレーとソフトクリームはぜひ試してほしい逸品です。

美瑛選果

美瑛選果

出典:美瑛選果

美瑛駅からほんの少し歩きますが、「美瑛選果」はコンセプトが食のショールーム。先ほど紹介したレストラン「アスペルジュ」もここに入っています。美瑛選果には選りすぐりの美瑛の特産品や加工品があり、ここでしか手に入らない農産品もあるほど。売り切れ必至の人気のパン屋や、併設されたスイーツコーナーもあり、新鮮なフレッシュジュースや牛乳で作ったソフトクリーム、パフェなどが楽しめます。

美瑛夕日

出典:www.biei-hokkaido.jp

いつも富良野と一緒にされる美瑛ですが、美瑛単体でもこんなに楽しめるんです。実は丘にあるこだわりのペンションや、白金温泉の旅館など、宿泊施設もバラエティに富んでいて1泊2日で楽しむこともできるほどです。効率的に有名な観光スポットだけまわることもできますが、こんなに魅力溢れる美瑛です。今年の夏は思う存分美瑛ステイを楽しんでみてはいかがでしょうか。