北海道LOVERS

札幌のソウルフード「みよしの」の魅力

2017年07月16日(日)/札幌グルメ


北海道の外食チェーン店である「みよしの」は、「北海道の餃子」として代表的な存在。現在は札幌都市部においてのみ直営店舗が出店されていますが、かつては道内各地にお店がありました。

時代が変わり、直営店舗ではありませんが、フランチャイズ店舗として道内では現在25店舗がさまざまな地域で「みよしの」の看板を背負って営業中。そんな札幌のソウルフード「みよしの」の魅力を今回ご紹介させていただきます。

札幌のソウルフード「みよしの」の魅力

「みよしの」の歴史

「みよしの」の歴史

出典:ウィキペディア

「みよしの」の歴史はとても古く、大正初期、狸小路において大衆食堂「美よし野」としてスタート。その後、「餃子専門店」として札幌市中央区にお店を開業し、「みよしのぎょうざ」としての知名度を高めていきました。

1

出典:Yahoo!ブログ 

その後は、カレーライスもはじめ、餃子とカレーライスの組み合わせが人気メニュー化。中でも、人気メニューの1つとして「ぎょうざカレー」や「付けぎょうざ」など、ぎょうざをカレーに付けて食べる、食べ方を流行させました。

更に1988年には「みよしのチルド餃子」を販売開始。この商品は、道内のスーパーなどで販売され「みよしの餃子」はますます道内に定着し、お値段もお手頃なため、学生やサラリーマンから人気を集めました。

最近では、外国人の観光客向けに「外国語メニュー」を用意。「みよしのぎょうざ」は海外でも注目されてきています。味はもとより、テイクアウトができるという点も、昔からの人気の秘訣だと筆者は考えます。

2

出典:ニュースウォーカー

時代が変わった今、「ドライブスルー」ができる店舗もあります。味が濃い目なので、タレを付けなくても美味しく、家に持ち帰っても美味しい、そんな魅力。昔から、お母さんが料理を作れない日などに重宝していた「みよしのぎょうざ」。

また、お父さんが飲み会帰りのお土産として持ち帰れば、家族が喜ぶ一品でもありました。このように考えると、「みよしのぎょうざ」には道民それぞれの想い出も詰まっているということが分かりますね。

みよしのは北海道民のソウルフード

そんな「みよしの」ですが近年では、「札幌の老舗ファストフード」とも呼ばれています。毎日来ても飽きない味と、お財布に優しい価格設定はまさに「ファストフード」としての立ち位置なのかもしれません。

「みよしの」ぎょうざのこだわり

「みよしの」ぎょうざのこだわり

出典:kitatabi-blog.at.webry.info

そんな”みよしの”の餃子ですが、創業以来の味を維持するためには、それなりのこだわりを持っているということは言うまでもありません。例えば、新鮮な野菜やお肉、卵がその1つ。

これらを秘伝のスパイスで味付けし皮で包まれます。また、皮は食感に大きな影響を及ぼすため、徹底的にこだわっているのが分かります。「みよしのぎょうざ」は薄めの皮が特徴的。この薄めの皮に美味しさの秘密があるのだとか。肉の旨味が口の中に広がる理由は、薄めの皮にあるようです。

「みよしの」の魅力

「みよしの」の魅力

出典:ロケットニュース24

ここ最近は、他のぎょうざ専門店も北海道に進出し、道内には外食チェーン店がずいぶん増えたと感じます。「みよしの」もその影響を少なからず受けていると考えられますが、北海道にしかないぎょうざ専門店。依然として「北海道はみよしの」という声が多く聞こえてきます。

「みよしの」は更に進化し続けており、全国各地から北海道を訪れる観光客の方たちの中にも、「北海道に来たならみよしのぎょうざを食べたい!」という人も多いとか。道外においては、カレーとぎょうざの組み合わせは、北海道独自の食文化として捉えられているため、好奇心をそそられるよう。

また、朝方まで営業しているため、飲んだあとの「シメ」として「みよしの」へやってくる人も多いです。北海道を食べ尽くしたい、欲張りな観光客の方たちにとっても、嬉しい情報ですね。「早くて美味しい みよしの」は閉店時間を気にせず楽しむことができます。北海道は食の宝庫、美味しいお店がたくさんある中で、「みよしの」が絶対行きたいお店として選ばれる理由はこんなところにもあるのかもしれません。

札幌市内の店舗として、中央区や狸小路など札幌中心部に点在しているため、札幌を拠点として行動している観光客の方には是非立ち寄って欲しいお店と言えるでしょう。

「みよしの」のぎょうざは通信販売も!?

「みよしの」のぎょうざは通信販売も!?

出典:日々の気になる

北海道で「みよしの」を味わった人にはリピーターも多くなっています。それは道内の人に限らず、道外の人も同じ。「もう一度、みよしのの味を・・」そんな人のために、株式会社テンフードサービスでは、通信販売も行っています。

「みよしのチルドぎょうざ」、「みよしのレトルトカレー」が通信販売で購入できるため、どこにいても忘れらない味を楽しむことができます。このように、「みよしの」では、テイクアウト店として、またはファストフード店として、そして外食チェーン店としてお客様にさまざまなかたちでのサービスが提供できるお店です。道民にとって思い出深いお店でもあり、観光客の方々にとっても、忘れられないサービスを提供しているお。さまざまな利用の仕方があるということがその大きな理由なのでしょう。

PR