東海LOVERS

静岡県の老舗温泉宿10選 歴史ある和風旅館を厳選!

2022年06月11日(土)/静岡県

「老舗」と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?一般的には、創業100年以上や3代以上にわたり経営している企業を老舗と呼ぶことが多いようです。

最近は駄菓子店や純喫茶などレトロブームでもありますが、老舗の温泉旅館も注目を集めています。静岡県内にも創業100年を超える温泉旅館が20軒近くあり、特に開湯の歴史が古い伊豆半島に集中しています。

そこで、伊豆半島にある老舗温泉旅館10軒をピックアップしてご紹介します。和の佇まいに癒される和風旅館で、充実した休日を過ごしてみませんか?

【修善寺温泉】あさば旅館

あさば旅館

出典:フォートラベル

修禅寺の宿坊として始まり、宿の歴史は約530年。観光客でいつも賑わう修善寺の温泉街も、ひとたびあさばの門をくぐると何故か時間がゆっくりと流れて行きます。

露天風呂付き離れを含む16の客室は能舞台のある中庭に面し、室内のデザインは純和室やベッドルーム付きなどそれぞれ異なっています。

あさば旅館

出典:ameblo.jp

全てが最上級のおもてなし

あさば旅館

出典:毎日1つの発見

温泉は、竹林と池を眺めながらの野天風呂や木の温もりを感じる内湯でゆったりと。空いていれば、予約不要で貸切風呂の利用も可能です。

旅の醍醐味である食事も、夏には狩野川の鮎、冬には天城山麓で育ったシャモを使った名物の鍋料理。野菜や果物、米やわさびなど地元産をふんだんに使った料理の数々は、目も胃袋も大満足

7歳未満は宿泊不可なので、のんびり過ごしたい大人のための宿。「ゲストのために」という心配りが隅々にまで感じられる、伊豆を代表する名旅館です。

あさば旅館

住所:伊豆市修善寺3450-1

電話番号:0558-72-7000

【吉奈温泉】御宿さか屋

御宿さか屋

出典:サラリーマンの物欲生活

開湯から1300年を迎える吉奈温泉にある宿で、現在の当主は湯守も務める25代目。宿では温度の異なる3本の源泉を、加温・加水・循環無しの源泉かけ流しで提供。いつでも鮮度抜群の温泉を楽しめるよう徹底管理。

岡本太郎氏ゆかりの宿はお風呂がユニーク

御宿さか屋

出典:温泉手帖♨︎

徳川家康の側室・お万の方が、吉奈温泉が「子宝の湯」という評判を聞き訪れました。また芸術家の岡本太郎氏も足繁く通ったそうで、自らデザインした大浴場の「太郎さん風呂」もあります。

客室は5タイプ全23室で、露天風呂付き客室もあります。特別室は13歳以上からですが、その他のタイプは家族連れでも充分な広さ。四季折々の美しさを見せてくれる日本庭園もあり、温泉と自然をじっくりと楽しめる癒しの宿です。

御宿さか屋

出典:ほるひーとの日記

宿の名物である大名焼は岡本太郎氏の発案だそうで、地元で採れた野菜の上に猪・豚・牛の3種の薄切り肉を乗せ蒸し焼きにしたもの。冬場には猪鍋やわさび鍋など、自慢の鍋料理も味わえます。

御宿さか屋

住所:伊豆市吉奈101

電話番号:0558-85-1100

【修善寺温泉】湯回廊 菊屋

湯回廊 菊屋

出典:フォートラベル

修善寺の地で、400年近くの歴史を持つ湯回廊菊屋。宿の名前にもある通り、館内にある湯処をレトロな雰囲気漂う回廊で結んでいます。

客室は「花の語り部」「月の語り部」「離れ 草庵」のほか、2021年にオープンした別邸の「水の語り部」と新館の「風の語り部」と言うカテゴリーに分かれています。

湯回廊 菊屋

出典:My Trip

それぞれに部屋の造りが異なり、子供の利用が不可のタイプや源泉かけ流しの露天風呂付きなど、予算や旅の目的などで選べます。ちょっとだけ優雅な休日を過ごしたい方にオススメの宿

温泉は男女別の大浴場「菊風呂」と、無料で24時間いつでも利用できる4ヶ所の貸切風呂で楽しめます。

見た目の美しさと味に満足すること間違いなし

湯回廊 菊屋

出典:フォートラベル

夕食は月替わりのメニューで、宿オリジナルの「趣肴(しゅこう)会席」。季節ごと変わる旬の素材や伊豆の恵みを、思う存分楽しむことが出来ます。ちょうど小腹の空く22:30~23:30には、共立リゾートグループではおなじみの夜泣きそばも味わえます。

朝食は洋食・和食のどちらか好きな方を選べるので、夫婦やカップルで別々に頼んでシェアしてもOK。雰囲気も、客室も、食事もハズしたくないと言う方にオススメの宿です。

湯回廊 菊屋

住所:伊豆市修善寺874-1

電話番号:0558-72-2000

【熱海温泉】古屋旅館

古屋旅館

出典:晴れ時々日記

熱海にも200年の歴史を誇る温泉宿があります。1806年に創業した古屋旅館は、熱海七湯の1つである清左衛門湯を自家源泉として所有しています。

創業時から加水・加温・循環をせず、男女別の大浴場・露天風呂をはじめ客室の露天・内風呂なども全て源泉100%かけ流し。いつでも新鮮な温泉が楽しめます。

混雑は最新テクノロジーで回避

古屋旅館

出典:ゆずの大好物 超不定期ブログ

90℃の源泉は汲み上げられた後温泉タンクに入り、配管を通る際に自然に温度が下がります。そのため、浴槽内では常に40~42℃と適温が保たれています。

スマホからQRコードを読み取れば、AIセンサーで館内の混雑状況をリアルタイムにチェックが可能。「大浴場で温泉を楽しみたいけど、混雑している時には入りたくない」そんな方に強い味方となります。

古屋旅館

出典:旅するように暮らしたい

熱海の中心地に位置しているので海の眺めは期待できませんが、温泉の質と旅館オリジナルの懐石料理が自慢。夕食・朝食とも部屋食なので、とにかくゆっくりと寛ぎたい方にピッタリの宿。

古屋旅館

住所:熱海市東海岸町5-24

電話番号:0557-81-0001

【河内温泉】金谷旅館

金谷旅館

出典:太ってもケーキに埋もれたい

創業は1867年で、数寄屋造りの本館客室は1929年の建造。和の建築美が堪能でき、趣ある佇まいは最上級のリラックスを与えてくれそう。

二間続きや庭園が眺められる部屋、一人旅でも利用できるコンパクトなタイプなど異なるタイプの客室は全15室。別館にはシャワー付き洋室もあります。

金谷旅館

出典:トリップアドバイザー

食事は、下田の食材を中心に料理長自らが厳選。特に下田港や伊東港などで水揚げされた新鮮な魚介類は、お刺身や海鮮しゃぶしゃぶで味わえます。

唯一無二の巨大風呂

金谷旅館

出典:ameblo.jp

金谷旅館と言えば、日本一の総檜風呂と称される千人風呂が有名。1915年に建てられ、湯船や壁・天井に至るまで檜が使われています。

主に男性が利用していますが、混浴なので女性も利用できバスタオル着用可能なので安心。お湯は河内温泉の自家源泉で常にかけ流し、全てのお風呂は24時間入浴できます。

チェックインからチェックアウトまで、広々とした浴槽で手足を伸ばして温泉三昧が楽しめます。

金谷旅館

住所:下田市河内114-2

電話番号:0558-22-0325

【修善寺温泉】文化財の宿 新井旅館

文化財の宿 新井旅館

出典:ameblo.jp

酒造蔵元から始まり、その後養気館新井として1872年に創業した新井旅館。横山大観・前田青邨などの画家、泉鏡花や芥川龍之介・高浜虚子など多くの文人・俳人なども訪れています

1899年に建てられた宿泊棟の「雪の棟」や、1934年建造の「天平風呂」を含む15棟が国の登録有形文化財となっています。

より詳しく文化財を知りたいなら、宿泊者は¥500で参加できるガイドツアーが便利。10:00~と16:00~の原則1日2回ですが、開催されない日もあるため念のため予約をしましょう。

文化財の宿 新井旅館

出典:フォートラベル

1935年建造の特別室棟「吉野の棟」と1934年建造の「花の棟」の客室なら、修善寺の名所・竹林の小径のライトアップが見られます。

食事も料理長が腕を振るう会席料理で、わさびや魚介類など伊豆の地物を中心に一皿一皿美しく盛り付けられて眼福この上なし

文化財のお風呂で楽しむ源泉かけ流しの天然温泉

文化財の宿 新井旅館

出典:トリップアドバイザー

温泉は湯船に浸かりながら池で泳ぐ鯉の姿が眺められる内風呂のあやめ風呂、秋の紅葉時が美しい木漏れ日の湯、そして文化財でもある総檜造りの天平風呂で手足を伸ばしてリラックス。

明治・大正・昭和・平成そして令和と、時代を繋いできた歴史ある宿で特別な休日を過ごしてみませんか?

文化財の宿 新井旅館

住所:伊豆市修善寺970

電話番号:0558-72-2007

【天城湯ヶ島温泉】川端の宿 湯本館

川端の宿 湯本館

出典:みんカラ

狩野川の川端に佇む湯本館は、1872年の創業で150年の歴史を誇ります。そして1968年に日本で初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成が、映画化もされた「伊豆の踊子」を執筆した宿としても有名。

川端の宿 湯本館

出典:楽天ブログ

逗留していた部屋は当時のまま保存され、現在は資料室として湯本館にゆかりのある文人の資料を展示しています。「伊豆の踊子」は1922年の22歳の時に執筆した「湯ヶ島の思い出」から、踊子の思い出の部分だけを1926年26歳の時に書き直して仕上げたそうです。

もとは神経痛の療養のために訪れ、ほぼ毎年、長ければ半年から1年ほど滞在をする事もあったそうです。

文豪を虜にした秘湯の天然温泉

川端の宿 湯本館

出典:ameblo.jp

湯本館のお湯は、源泉かけ流しの天然温泉100%。大浴場や貸切風呂など24時間いつでも利用可能。川端康成が通った頃は、今よりももっと秘湯感が漂っていたのかも。そんなことを考えながら、自然の音に耳を澄ませてのんびりと浸かってみては?

客室は狩野川の渓流が眺められる落ち着いた和室で、伊豆石や檜の風呂付きの客室もありこちらも天然温泉をかけ流し。日本秘湯を守る会会員宿なので、天城の山懐に包まれた自然も満喫できる宿です。

川端の宿 湯本館

住所:伊豆市湯ケ島1656-1

電話番号:0558-85-1028

【谷津温泉】離れ家 石田屋

離れ家 石田屋

出典:ameblo.jp

全11室の客室が全て専用露天風呂・内風呂付きの離れで、それぞれ渡り廊下で結んでいます。創業は1873年ですが、谷津温泉は今から1500年ほど前に僧行基が開湯したと伝わる大変古い歴史があります。

敷地内から湧く2本の自家源泉は、100℃と56℃とかなり高温。客室の露天風呂や大浴場はもちろん、プールや暖房の熱源としても利用されるほど湯量も豊富。

プライバシー重視のおこもり旅に最適

離れ家 石田屋

出典:温泉のいいにおい!〜主婦の子鉄育児もろもろ日記〜

平屋二間タイプの離れは4つのクラスで分けられていて広さや料金も異なり、部屋によっては掘りごたつもあります。離れなので、周りを気にせずこもりたいカップルや小さな子供のいるファミリーにオススメ。

離れ家 石田屋

出典:フォートラベル

裏山で収穫されるタケノコや、みかん・ビワなどの果物。梅林で収穫した梅は自家製の梅干しや梅酒として、伊豆の恵みが夕食時のテーブルを彩ります。(※新型コロナウイルス蔓延中の時は部屋で松花堂風の弁当となるので予約時に要確認)

1万坪の敷地を持つこの場所では、初夏には水車の回りを蛍が舞い、600坪の花菖蒲園では500種の花々が季節ごとの花を咲かせ豊かな伊豆の自然を満喫出来ます。

離れ家 石田屋

住所:賀茂郡河津町谷津226

電話番号:0558-32-1001

【天城湯ヶ島温泉】おちあいろう

おちあいろう

出典:思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

1874年の創業時は、眠雲楼という名前で営業を始めました。本谷川と猫越川が合流する狩野川の畔にあり、2つの川が落ち合う場所である事から、この宿を定宿にしていた山岡鉄舟の進言により「落合楼」と名を変えました。

その後「落合楼村上」に、そして2019年のリニューアルの際に現在の「おちあいろう」へ。この宿の特筆すべき点は、本館棟や玄関棟など7つが国の登録有形文化財であること。1933~37年頃に建てられたものです。

おちあいろう

出典:フォートラベル

客室は本館の1・2階、眠雲亭の1・2階の全14室。各客室は意匠が異なり、クラシカルな雰囲気を残しつつリニューアル時に一新した水回りでより快適な滞在を約束してくれます。

客室により内風呂または露天風呂があり、いずれも源泉を使用。ただし源泉100%ではなく、加水・加温を行っている客室もあります。

一部有料のものもありますが、基本的にオールインクルーシブのスタイル。宿泊料金には食事や飲み物も含まれ、食事時はもちろんラウンジでのアルコール類や湯上がり後のアイスキャンディーなどの用意もあります。

サウナーも大注目する理由

おちあいろう

出典:ameblo.jp

温泉は洞窟風呂のある天狗の湯、茶室をモチーフにしたサウナを併設した月の湯、貸切風呂の星の湯の3ヶ所。サウナストーンに掛ける水も温泉水を使用。全国的にも珍しいようで、全国のサウナ好きも憧れる宿の1つ。

狩野川の流れと伊豆の山々に囲まれ、4000坪の広大な敷地に14の客室と庭園。特別な休日に選びたい宿がここにあります。

おちあいろう

住所:伊豆市湯ケ島1887-1

電話番号:0558-85-0014

【湯の花温泉】安田屋旅館

安田屋旅館

出典:出かけた時から帰り道

1887年に創業した安田屋旅館に、1947年2月から1ヶ月弱にわたり太宰治が滞在して斜陽の第1章・第2章を執筆しました。滞在した客室が現在も残っていて、宿泊も可能。

滞在時は「松の弐」という部屋は現在「月見草」となり、客室からは当時と同じように駿河湾と富士山の眺めが楽しめます。客室は1918年に建てられた松棟と1931年に建てられた月棟にあり、全15室。

安田屋旅館

出典:ムーンライトゆかりん

どちらも木造2階建てで、国の登録有形文化財です。畳敷きの廊下や急勾配のらせん階段など、どこかノスタルジックな気分に浸れる昔ながらの和の建築美が随所に見られます。

一部の客室には露天風呂が付いていますが、浴室棟には庭園檜風呂や野天石風呂があります。また、有料ですが貸切風呂も。

夕食には、料理長の厳しい目利きにかなった駿河湾の海の幸が並ぶ会席料理。伊勢海老や鯛のしゃぶしゃぶなど、宿泊プランによって食事内容をグレードアップすることも出来ます。

太宰ファンとラブライバーに愛される宿

安田屋旅館

出典:りむりむのお部屋

2016年にアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に主人公の実家として登場したことで、アニメファンも多く訪れるようになったとか。

館内の一角にはグッズコーナーがあり、交流会を行うファンが置いていったものもあるそうです。100年を超える老舗宿は、太宰治とラブライブ!サンシャイン!!、どちらのファンからも熱い支持を受けています

安田屋旅館

住所:沼津市内浦三津19

電話番号:055-943-2121


ご紹介した宿は、教科書に載るような著名な画家・小説家など文化人たちの名前が次々と出てきます。温泉自体はもちろん、その宿や周辺の雰囲気など何か心に刺さるようなものがあったのでしょうか。

確かに何でも揃う大型ホテルとは違い、老舗の宿には多少不便さを感じるかもしれません。しかしそれも味の1つと考え、その長い歴史に裏打ちされた魅力を探りに出かけてみませんか?きっと「泊まって良かった」と思える宿に出会えるはずです。

※2022年4月1日から施行された「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」により、アメニティが有料の場合があります。予約時に必ずご確認下さい。