東海LOVERS

11月後半でも楽しめる!岐阜県の秋イベント10選

2019年11月17日(日)/岐阜

Pocket

秋の深まりと共に、紅葉の見頃を伝えるニュースが増えてきます。四季の中でも、秋が好きという方も多いと思います。

紅葉はもちろん、食欲の秋や芸術の秋・スポーツの秋などアクティブに秋を楽しみたい方必見!11月後半でも楽しめる、岐阜県内で開催予定のイベントをご紹介します。

一人でも、家族やカップルでも、大人も子供も楽しめるものばかり。ぜひ週末の予定に入れてみてください。

大矢田(おやだ)ひんここ祭り

 

大矢田ひんここ祭り

出典:ゲジデジ通信

毎年春と秋に行われる大矢田神社の例祭で、秋のお祭りは11月23日。お祭りのときに行われる人形劇があり、悪さをする大蛇を退治した須佐之男命にちなんだお話。

大矢田ひんここ祭り

出典:フォートラベル

五穀豊穣を祈願し、来場者を祓い清めるとされます。愛嬌のある表情の人形に、思わず笑みがこぼれます。

今から500年以上前から伝わる伝統行事で、1999年には国選択無形民俗文化財となりました。

大矢田ひんここ祭り

出典:GANREF

秋の開催の頃は、ちょうど紅葉の美しい時期。大矢田神社周辺はもみじ谷と呼ばれ、約3000本のヤマモミジの群生林が辺り一帯を赤や黄色に染め上げます。

大矢田ひんここ祭り

住所:美濃市大谷田

電話番号:0575-35-3660(美濃市観光協会)

中山道 馬籠宿場まつり

中山道 馬籠宿場まつり

出典:しない・させない・させられない

日本橋から京都までの約530km、中山道沿いに置かれていた69の宿場の内の1つであった馬籠宿。約600mにわたって、江戸時代の風情を残す宿場の様子が楽しめます。

中山道 馬籠宿場まつり

出典:楽天ブログ – 楽天市場

一年を通して多くの観光客が訪れるため、お土産物店や飲食店もたくさんあります。

11月上旬から下旬までの金・土曜日に行われる馬籠宿場まつりでは、宿場内の石畳に行燈を並べ幻想的な雰囲気を演出します。(2019年は11月23日まで)

中山道 馬籠宿場まつり

出典:Twitter

ほかにも、島田公園での紅葉ライトアップ、馬籠座歌舞伎の上演などもあります。

中山道 馬籠宿場まつり

住所:中津川市馬籠

電話番号:0573-69-2336(馬籠観光案内)

郡上八幡城下町もみじまつり

郡上八幡城下町もみじまつり

出典:みんカラ

郡上八幡城は、1933年に当時の大垣城を参考にして再建された日本最古の木造再建天守閣。木造4層5階建ての天守部分は、郡上市の重要文化財に指定されています。

ある一定の条件を満たすときだけ見られる「天空の城」としても有名。朝霧の中に浮かび上がる姿は、とても幻想的。

郡上八幡城下町もみじまつり

出典:大学生の青春18きっぷ放浪記

岐阜県内でも有数の紅葉スポットとしても知られ、燃えるように赤く染まった紅葉と白亜の天守の組み合わせはまるで絵はがきのよう。

郡上八幡城下町もみじまつり

出典:よしけんブログ:Tomorrow is another day – Seesaaブログ

11月1日~24日まで行われるもみじまつりでは、ライトアップも予定されています。本来11月15~17日まででしたが、11月20日まで延長されました。

ぜひ美しいお城と紅葉のコラボを見にお出かけください。

郡上八幡城下町もみじまつり

住所:郡上市八幡町柳町一の平659(郡上八幡城)

電話番号:0575-67-0002(郡上八幡観光協会)

穴弘法もみじと100地蔵ライトアップ

穴弘法もみじと100地蔵ライトアップ

出典:自転車散歩と山歩記 – So-net

土岐高山城跡の麓にある穴弘法は、この地で命を落とした人々の霊を弔う為に開創された慈光院梵燈寺の跡。地元の人から弘法様と呼ばれ親しまれています。

穴弘法もみじと100地蔵ライトアップ

出典:FM Gifu

岩肌に掘られた穴の中に石仏が安置されていますが、その数は100体以上とも。11月16~24日まで行われる「穴弘法もみじと100地蔵ライトアップ」では、石仏が炎に照らされ、LEDを使った竹あかりも灯されます。

穴弘法もみじと100地蔵ライトアップ

出典:土岐市を駆ける男 – やまだくん

隠れた紅葉の名所で、特に池に映る逆さもみじの美しさにため息がこぼれます。ライトアップは雨天中止ですので、お出かけ前に必ず確認を!

穴弘法もみじと100地蔵ライトアップ

住所:土岐市土岐津町高山493

電話番号:0572-54-8338(土岐津公民館)

上之保ゆず祭り

上之保ゆず祭り

出典:私のなんでも日記

津保川の上流に位置する関市上之保地区は、農家さんが無農薬で育てたゆずの産地

上之保ゆず祭り

出典:かみのほゆず株式会社

毎年ゆずの収穫時期に合わせて開催される「上之保ゆず祭り」は、2019年度は11月24日に予定されています。県内外から毎年3000人以上が訪れる、関市のビッグイベント。

上之保ゆず祭り

出典:伝説ロマン溢れる津保谷

当日はゆずのたね飛ばし選手権やゆず重量当てコンテストなど、イベントがたくさん用意されています。またゆずを使ったお菓子や調味料・コスメなども販売されます。

その他にも地元のグルメを販売する屋台もあり、あちこちでいい香りが漂います。上之保温泉ほほえみの湯第2駐車場が会場なので、ぜひ温泉も一緒に楽しんでみて!

上之保ゆず祭り

住所:関市上之保477

電話番号:0575-47-2256(上之保ゆず祭り実行委員会)

養老公園もみじまつり

養老公園もみじまつり

出典:フォートラベル

孝子伝説で知られる高さ30mの養老の滝がある養老公園一帯を会場に、10月1日から開催。

養老公園もみじまつり

出典:幻影現実 私的工廠 ブログ

11月末まで行われていますが、例年紅葉の見頃は11月下旬なのでまだまだ間に合います。滝に行くまでの遊歩道にもカエデやイチョウなどが植えられていて、まるで紅葉のトンネルのよう。

養老公園もみじまつり

出典:livedoor Blog

約3000本の木々が赤や黄色に色づく様子が圧巻です。期間中の週末には、さまざまなイベントが予定されています。

また「養老公園もみじまつり」のチラシを養老グラウンド・ゴルフ場窓口で提示すると、一枚につき2名まで1プレーが無料になるそう。

紅葉を見た後は、ぜひグラウンド・ゴルフを体験してみて!

養老公園もみじまつり

住所:養老郡養老町高林1298-2(養老公園)

電話番号:0584-32-0501(養老公園事務所)

城下町大垣イルミネーション

城下町大垣イルミネーション

出典:Twitter

メイン会場となる大垣公園芝生広場を中心に、大垣駅通り・大垣駅北口広場・南口広場・南街区広場・水門川新大橋・大垣駅アクアブリッジ・郭町交差点地下道周辺など広い範囲にわたって開催されます。

城下町大垣イルミネーション

出典:猫耳に念仏 – Seesaa ブログ

市民と企業が一丸となり、秋から冬にかけて行われる大垣市で最も華やかなイベント。市民手作りのものを始め、約20万球のイルミネーションが大垣市の町並みを彩ります。11月30日にはオープニングイベントを開催。

城下町大垣イルミネーション

出典:47News

期間中の17:00~21:00まで行われ、毎年3万人以上が美しい光のアートに魅了されます。

城下町大垣イルミネーション

住所:大垣市郭町2-53(大垣公園)ほか

電話番号:0584-81-4111(城下町大垣イルミネーション実行委員会事務局)

木曽三川公園 冬の光物語

木曽三川公園 冬の光物語

出典:気まぐれkimokuの気ままな日記

チューリップやアジサイ・コスモスなど、主に春から秋まで季節の花々が楽しめる木曽三川公園。高さ65mの展望タワーからは、眼下に木曽三川を望むことができます。

木曽三川公園 冬の光物語

出典:Gooブログ

この公園を舞台に、11月23日~12月31日まで「冬の光物語」を開催。2019年は、『60万球の光が奏でるフラワーファンタジー』をテーマに行われます。

木曽三川公園 冬の光物語

出典:現役店長の自動車売買お任せブログ!

点灯式を除き、イルミネーションが楽しめるのは16:30~21:00まで。園内には、ハートのオブジェやフラワートンネル・お花畑などインスタ映えスポットが多数用意されています。

期間中は無休で、しかも入園料・駐車料金も無料。ぜひ足を運んでみてください。

木曽三川公園 冬の光物語

住所:海津市海津町油島255-3

電話番号:0584-54-5531

河川環境楽園 冬の楽園祭

河川環境楽園 冬の楽園祭

出典:フォートラベル

13ヶ所ある国営木曽三川公園の1つである河川環境楽園で開催。河川環境楽園は楽しみながら川や自然を学べる公園で、東海北陸道の川島PAから直接入園できる好アクセス

河川環境楽園 冬の楽園祭

出典:shintaro.link

岐阜県営公園や水辺共生体験館・オアシスパークなどいろんな施設が集まっている複合公園なので、大人も子供も楽しめます

11月23日~1月5日に開催される「冬の楽園祭」のメインイベントは、1500本のキャンドルが揺らめくキャンドルナイト

河川環境楽園 冬の楽園祭

出典:ameblo.jp

期間中の11月30日と12月1・7・8・14・15・21~25日のみなので、ぜひ開催日に併せてお出かけください。

河川環境楽園 冬の楽園祭

住所:各務原市川島笠田町

電話番号:0586-89-7023(自然発見館)

横蔵寺ライトアップ

横蔵寺ライトアップ

出典:ふくちゃんの山と自然と故郷の写真 – FC2

803年に最澄が創建したと伝わる古刹で、約200年前に即身成仏した妙心法師のミイラ(仏舎利)があることでも有名です。

横蔵寺ライトアップ

出典:フォートラベル

薬師如来像を始めとする国の重要文化財22体が安置されているほか、絵画や書籍などを多数所蔵していることから「美濃の正倉院」とも呼ばれます。

飛騨美濃紅葉33選にも選ばれる紅葉の名所でもあり、毎年11月第3日曜日にはもみじまつりを開催。

横蔵寺ライトアップ

出典:ぎふのススメ

ライトアップは、11月1~30日までの16:30~21:00まで行われます。闇夜に照らされた真っ赤な紅葉に、訪れた誰もが感動させられます。

横蔵寺ライトアップ

住所:揖斐郡揖斐川町谷汲神原1160

電話番号:0585-55-2811


紅葉からイルミネーションに特産品まで、さまざまなイベントが開催される秋の岐阜県。

週末の予定が立っていない方は、ぜひ訪れてみてください。想像以上に美しい景色と美味しいものに出会えますよ!

※営業時間や定休日・料金などは、お出かけ前に各施設へご確認ください。