東海LOVERS

愛知県民がおすすめする観光スポットを厳選

2017年08月18日(金)/愛知

Pocket

愛知県には、名古屋城や東山動植物公園、名古屋港水族館、名古屋市科学館など、有名な観光スポットはたくさんあります。
でも、愛知県民が愛してやまない観光スポットやレジャー施設もたくさんあるので、その中で特に愛知県民がおすすめする観光スポットを厳選してご紹介します。

アットホームな感じがたまらない「竹島水族館」

竹島水族館

出典:netgeek

蒲郡市竹島町にある「竹島水族館」は、昭和31年に開館した老舗の小さな水族館です。
水族館の外観はかなり歴史を感じるのですが、一歩中に入ってみると、大勢の人たちでにぎわうほど人気になっています。
なぜ小さな水族館にそれほど多くの人々が集まっているのかというと、とても珍しい深海魚が展示されていたり、その深海魚を手で触ることができたり、他の水族館にはないアイデアでいっぱいの水族館だからでしょう。

また、海の生き物たちの展示の仕方に面白さと可愛らしさが溢れていたり、生き物を紹介するコーナーは、飼育員さんたちが手作りで面白おかしく温かみのあるものだったり、アットホームな雰囲気が館内全体に流れています。
家族や友達、カップル、1人でもフラッと立ち寄って、癒しの時間を満喫できるのが魅力となっています。

竹島水族館の近くにもおすすめスポットがあります。
それは、竹島に渡るための「竹島橋」があるのですが、その橋は海の上を歩いているような気分で、橋から海を見下ろすと魚たちが泳いでいる様子を見ることもできます。
また、この竹島橋は、“縁結びの橋”とも呼ばれており、カップルが多く訪れています。

体験型のテーマパーク「野外民族博物館 リトルワールド」

野外民族博物館 リトルワールド

出典:www.honda.co.jp

犬山市にある「野外民族博物館 リトルワールド」は、世界各国の家や暮らし、食べ物をテーマにしており、広大な敷地に世界の珍しい家が数多く展示されています。
展示されている家の中には、その国の人々がその時代にどんな生活を送っていたのかを見ることができ、実際に触れるものもあります。

また、世界の料理を味わったり、素敵な民族衣装を試着できたり、なかなか手に入らないような民芸品を購入できたり、1日歩いて周るだけで世界一周旅行をしている気分になれます。
さまざまな楽しいイベントも開催されています。
例えば、「世界の肉フェスタ」では、世界の美味しいお肉料理や、カンガルーやカエルの肉を使った珍しくてちょっと食べるのが怖い料理など、ここでしか食べることができないようなお肉料理が集合します。
そのほかにも、珍しい麺料理が集合する「世界の麺祭り」や、寒い冬には「世界のスープ祭り」など、季節に合わせた楽しいイベントも随時開催されています。
もちろん、クリスマスやバレンタイン、ハロウィンなども、リトルワールドならではの雰囲気で盛り上がります。
いつ行っても楽しいですし、何度行っても新しい発見のあるテーマパークなのです。

狐でいっぱいの「豊川稲荷」

豊川稲荷

出典:デイリーポータル Z

豊川市豊川町にある「豊川稲荷」は、商売繁盛の神様として信仰されており、正月には毎年全国からたくさんの人々が訪れています。
全国から人が集まるように、豊川稲荷は全国的にも有名ですが、豊川稲荷の中にはあまり知られていないおすすめの場所があります。
それは、「霊狐塚」という一画です。
霊狐塚には、赤いよだれかけをかけた、大小さまざまな無数の狐の像が立ち並んでいるのです。
かなりの数に圧倒されますが、よ~く狐の顔を見てみるとそれぞれ顔や耳の形、表情などが違っているので、小さな違いを見つけるだけでも楽しいです。
豊川稲荷にお越しの際は、ぜひこの場所に行ってみてください。

また、参道にはレトロな雰囲気の商店街があり、名物のなっている「豊川いなり寿司」や「宝珠まんじゅう」、そして、ハンバーガーのバンズが油揚げになった「おきつねバーガー」などを食べ歩きすることができます。

1日のんびり遊べる「のんほいパーク」

のんほいパーク

出典:www.honokuni.or.jp

豊橋市大岩町にある豊橋総合動植物公園、通称「のんほいパーク」は、広大な動物園、巨大なガラスの建物がメインの植物園、小さい子どもさんも楽しめる遊園地、恐竜について学べる「自然史博物館」から成っているテーマパークです。
動物園では、さまざまな種類の動物たちが野生に近い状態で生活しており、のんびりとした時間が流れています。

可愛い動物たちに癒されたら、遊園地で乗り物に乗ったり、植物園で珍しい植物を眺めたりすることもでき、1日遊ぶことができます。
それに、自然史博物館には、入り口付近に巨大な恐竜の模型が10体も展示されており、館内には、地球の誕生や恐竜に関する展示が数多くあります。
また、小さい子どもさんにもわかりやすいように、楽しく工夫された展示も多くあります。

名古屋城

名古屋城

日本100名城や国の特別史跡にも選定されている名古屋城。別名、金鯱城、金城とも言われています。別名からも分かる通り、名古屋城のシンボルといえば鯱です。実物大の金鯱を間近で見ることができます。ちなみに、初代のシャチは慶長十七年(1612)の慶長大判をなんと1940枚も使っての豪華版だったとのこと。

金鯱

また、天守閣展望からは名古屋の風景を一望できるスポットであります。

徳川園

徳川園

徳川園は名古屋を代表する日本庭園で、尾張徳川家の邸宅跡、池泉回遊式となっています。庭を散歩しながらリラックスできるので、忙しない毎日を送っている方には特にお勧めです。

このように、愛知県には、県民が子どもの頃から何度も訪れているのに、大人になってもまた行きたくなるような施設がたくさんあります。
そのどこも、行くたびに進化していますが、懐かしさはしっかりと残っているところが、多くの県民から愛される理由なのでしょう。