東海LOVERS

冬に食べたい「旨アツ」な名古屋メシを厳選

2019年02月01日(金)/愛知

Pocket

「名古屋メシ」と聞いて、何を思い浮かべますか?ひつまぶしに味噌煮込みうどん、手羽先に台湾ラーメン。きしめんにモーニング、味噌カツにエビフライ。

挙げればキリが無いほど、さまざまな種類のグルメがあります。そんな名古屋メシはアツアツのものも多く、心も体も温めてくれる冬の最強アイテム。

そこで、名古屋で食べたい旨アツなグルメをご紹介。冬に食べたい「旨アツ」な名古屋メシを厳選しましたので、汗をたっぷりかいて、スッキリ&満腹になりましょう!

やっぱり「味噌」が味の決め手!

名古屋めしには、「味噌」を使ったメニューがたくさんあります。おでんや味噌カツにうどんなど、じっくり染みこませたり掛けたりと、味の決め手となる味噌が欠かせません。

とは言え、全国にはいろんな味噌がありますよね。愛知県と言えば赤味噌・八丁味噌がメジャーです。そこで、味噌を使った愛知県ならではの料理とオススメ店をご紹介します。

【味噌煮込みうどん】山本屋総本家

山本屋総本家

出典:食で奏でる旅の記憶

山本屋という屋号の店を買い取り、1925年に大須で開業したのが始まり。100年近くも名古屋で愛され続けている、味噌煮込みうどんの名店。

山本屋総本家

出典:NAGOYA Free Wi-Fi

通常のうどんには、原料に塩を含みます。しかし山本屋総本家のうどんは粉と水のみ。もちろん小麦は国産100%。初代が研究や改良を重ね、独自のコシを生み出すことにも尽力しました。

器はうどんが冷めにくい信楽焼。空気穴がないため、取り皿として利用できるようになっています。シンプルな煮込みうどんのほか、卵やかしわ入りなどもあります。

山本屋総本家

出典:食べログ

おでんや牛すじなどもあるため、煮込みうどんまでのつなぎとしてビールと一緒に味わうのもオススメ!

山本屋総本家(本家)

住所:名古屋市中区栄3-12-19

電話番号:052-241-5617

【味噌おでん】どて焼き 島正

どて焼き 島正

出典:カロリーの断捨離は – FC2

1949年創業で、名古屋では知らない人はいないという人気のお店。週末や平日に関わらずいつも混雑し、カウンターには常連客や観光客でいっぱい。

どて焼き 島正

出典:食べログ

島正では、味噌おでんは「どて焼き」と呼びます。丁寧に下ごしらえをした大根や豆腐・コンニャク・卵・里芋・牛スジを、八丁味噌でじっくり煮込んでいきます。

中まで染みこんで真っ黒な姿は、さぞかし塩辛いのでは?と思ってしまいます。しかし見た目ほど濃くはなく、ビールや日本酒とも相性抜群!

どて焼き 島正

出典:ameblo.jp

牛スジをご飯に乗せた『どてめし』や、どて焼きの味噌を絡めて食べる串カツなどもあるので、アルコールが苦手な方ももちろん楽しめますよ!

どて焼き 島正

住所:名古屋市中区栄2-1-19

電話番号052-231-5977

【味噌カツ】矢場とん

矢場とん

出典:本店の旅

1947年に創業し、スタートは小さな屋台から。愛知県内以外にも東京や大阪・富山などにも店舗があり、グループ全体で年間300万食を売り上げています。

休日などは1時間待つなんて事もザラ。しかし、待ってでも食べたいのが矢場とん。南九州産を中心に厳選した豚肉や、門外不出の秘伝の味噌ダレ。

矢場とん

出典:食べログ

とんかつの揚げ方から味噌ダレとのバランスなど、全てに対してこだわりがスゴイ!人気のメニューは「鉄板とんかつ」。

矢場とん

出典:食べログ

アツアツの鉄板の上に千切りキャベツと大ぶりなカツが乗り、お店の方が矢場とん特製の味噌ダレを最後に掛けてくれます。

見た目ほどしつこくなく、ご飯がドンドン進む味。名古屋に来たら、食べずには帰れません!

矢場とん(矢場町本店)

住所:名古屋市中区大須3-6-18

電話番号052-252-8810

【味噌とんちゃん】とんちゃんや ふじ

とんちゃんや ふじ

出典:この美しい地球に生まれて

「とんちゃん」とは、豚のホルモンのこと。赤味噌ベースの味噌ダレで味付けをしたのが「味噌とんちゃん」で、名古屋には専門店もたくさんあります。

とんちゃんや ふじ

出典:Twitter

もちろん焼き肉店でも必ずメニューにあります。『とんちゃんや ふじ』では、大須で長らく続いていた「とんちゃん」の名店・岡ちゃんから受け継いだ秘伝の味噌ダレを使用。

お店は外観も店内も、昭和の雰囲気が漂っています。網の上でジュウジュウと焼いて、ひたすら食べる。

とんちゃんや ふじ

出典:食べログ

箸休めには、キュウリのぬか漬けがよく合います。「とんちゃん」以外にも、心臓や子袋・ミノ・タンなどがあり全て豚のメニュー。

店内は煙が充満しているので、お気に入りに服で行かないのが鉄則です。

とんちゃんや ふじ

住所:名古屋市中区大須2-29-27

電話番号:052-231-6547

【どて煮】どての品川

どての品川

出典:livedoor Blog

味噌味でじっくりと煮込んだどて煮。食べるなら、住宅街の一角にある1959年創業の「どての品川」がオススメ。

店先には6人ほどが並べるほどのカウンターがあり、常連客が楽しんでいます。初心者にはハードルが高いですが、空いていればぜひカウンター前に陣取りましょう。

どての品川

出典:Twitter

目の前には年季の入った鍋が2つ。味噌ダレと醤油ダレがあり、カウンターの客はその鍋から食べる分の串を自分で取ります。

さらにその隣では串カツを揚げていて、トレイにドンドン乗せていきます。これも自分で取り、2度漬け禁止のソースか鍋の中にドボンと浸して食べることも出来ます。

どての品川

出典:doteni.xtone.jp

味噌味のどてやき、醤油味のとんやきなどは¥90からととにかく安い!アルコールを入れて、¥2000もあれば結構お腹いっぱいになります。

どての品川

住所:名古屋市瑞穂区下坂町1-23

電話番号:052-881-5529

無限ループで食べられそう!魅惑の手羽先

名古屋で独自に進化した手羽先の食べ方が唐揚げ。どんな居酒屋にも、必ずと言っていいほどメニューにあります。

しかし名古屋には手羽先の2大チェーン店が存在し、愛知県民はどちらかに好みが分かれるそう。どちらが自分の好みに合うか、ぜひ食べ比べてみてください。

風来坊

風来坊

出典:AMR的blog(ブログ)

手羽先唐揚げの元祖が、1963年創業の風来坊。元々創業者が北九州で小さなお店を営んでいた頃、メニューになかった鶏の唐揚げを客に出したそうです。

それが現在人気メニューになっているターザン焼と呼ばれるもので、このタレを手羽先に応用したのが始まりです。

風来坊

出典:食べログ

じっくりと2度揚げし、外はカリッと中はふっくら。ちょっと甘めの秘伝のタレと、コショウ・胡麻が決め手。

1人前は5本ですが、ビールのお供ならあっという間に食べきってしまいます。2~3人なら、最初に5人前くらいオーダーするのは珍しくありません。

風来坊

出典:911とCBとOAKLEY – RSSing.com

ターザン焼は若鶏の半身を揚げたもので、その豪快な見た目と裏腹に女性に人気。周りの目など気にすることなく、ガブッとかぶりつきましょう!

風来坊(名駅新幹線口店)

住所:名古屋市中村区椿町9-19

電話番号:052-459-3955

世界の山ちゃん

世界の山ちゃん

出典:食べログ

風来坊と並んで人気なのが、世界の山ちゃん。1981年に創業し、愛知県内のほか近県の三重・岐阜、さらに東京や大阪・北海道・広島などにもあります。また、香港や台湾、タイ・マレーシアなど海外にも店舗を展開しています。

世界の山ちゃん

出典:rubese.net

こちらも人気メニューはもちろん手羽先。お店のメニューには「幻の手羽先」と表記されています。

「あまりに美味しすぎて、何本頼んでもすぐに無くなる。だから幻の手羽先だ。」と常連客に言われたことからだとか。

世界の山ちゃん

出典:食べログ

創業時から変わらぬピリッとしたスパイシーさが、そのクセになる理由。カリッとした外側と、噛んだ時のジューシーさが堪らない!手羽先の最強のお供のビールもガンガン進む味です。

世界の山ちゃん(金山総本店)

住所:名古屋市中区金山3-13-21

電話番号:052-324-3558

飛び跳ね&火傷に注意!2大パスタメニュー

日本人が大好きな麺類も、名古屋では一工夫されて独自に進化。最後の最後まで、アツアツで食べられるようになっています。

他県ではなかなかお目にかかれない、名古屋ならではの2種のパスタメニューと名店をご紹介します

【あんかけスパゲティ】スパゲッティ・ハウス ヨコイ

スパゲッティ・ハウス ヨコイ

出典:30代からはじめるグッジョ部

スパゲッティ専門店やレストランなど、愛知県内にはあんかけスパゲッティを提供するお店がたくさんあります。どこへ行こうか迷ったら、やはり元祖のお店を選びましょう!

スパゲッティ・ハウス ヨコイ

出典:食べログ

1963年に、デミグラスソースとミートソースをヒントに日本人の口に合うよう改良し誕生したのがヨコイのソース。幅2.2mmの極太麺によく絡みます。

スパゲッティ・ハウス ヨコイ

出典:B級グルメランチ紀行

ミラネーズ・カントリー・サンジェルマン・ピカタ。これ、全部スパゲッティのメニュー名なんです!一番人気は『ミラカン』。

ウィンナーやベーコンなど肉中心のミラネーズと、玉ねぎやピーマンなど野菜中心の「カントリー」を合わせたもの。客の要望から生まれたメニューだそう。一度試してみては?

スパゲッティ・ハウス ヨコイ(住吉本店)

住所:名古屋市中区栄3-10-11 サントウビル2F

電話番号:052-241-5571

【鉄板イタリアン(ナポリタン)】喫茶キャラバン

喫茶キャラバン

出典:ホットペッパーグルメ

フードメニューが充実し、中でもイタリアンスパゲッティが看板メニューの喫茶店。一般的にはナポリタンと呼ばれるものですが、ここでの名前はイタリアン。

鉄板に卵、その上にスパゲッティが乗っています。最後までアツアツで食べられ、卵も生クリームが混ぜてあるのでフワフワ。

喫茶キャラバン

他店ではケチャップで味付けされているところも多いのですが、キャラバンは自家製のトマトソースを使用。

豚肉・玉ねぎ・マッシュルームをケチャップで炒めた後、ワインでじっくりと煮込んでいます。先代が考案したそうで、深みのあるコクが特徴。

喫茶キャラバン

出典:食べログ

太めの麺との絡みも良く、モチモチとした食感が楽しめます。ちょっとレトロな雰囲気な店内は、のんびりと寛ぎたくなる居心地の良さです。

喫茶キャラバン

住所:名古屋市東区泉2-3-22 カーサ南白壁1F

電話番号:052-931-3898

名古屋メシのニューウェーブ!

名古屋メシのニューウェーブ!

名古屋ハヤシをご存じですか?新たな名古屋メシとして、最近ジワジワと人気が高まっている進化形ハヤシライス。

名古屋ハヤシ倶楽部では「デミグラスソースを使う」「赤味噌を使う」「卵を使う」「ライスとソースを混ぜて提供する」「提供後にかける調味料で違いを出す」「東海3県の食材が88%入っている」「東海3県を元気にしたいと考えている」「新しい名古屋メシを広める情熱がある」の8つを名古屋ハヤシの定義としています。

現在参加店舗は20店ほど(2019年1月現在)ありますが、それぞれのお店によってさらなる工夫が施されています。ぜひ食べ比べてみてください。

【名古屋ハヤシ】カモシヤ

カモシヤ

出典:sakatake.exblog.jp

味噌おでんの人気店でもあり、店名は味噌や醤油など「醸す」料理を主に提供する事から名付けられたそうです。

こちらの名古屋ハヤシはデミグラスソースに赤味噌をブレンドしたソースを使用し、少し固めに炊いた八穀米に合わせています。

カモシヤ

出典:たかしーのブログ

最初はそのまま、途中で上に乗せた卵黄を混ぜたり、お店オリジナルのハーブ七味で味を変えたりと楽しむことが出来ます。見た目ほどしつこくなく、リゾットのような感覚で食べ進められます。

カモシヤ

出典:tabelog.com

もちろん味噌おでんもオススメのお店。赤味噌にしじみと牛のダシを加えたオリジナルの特製スープで煮込んでいて、深みのある味わいはビールはもちろん白ワインや日本酒によく合います。

カモシヤ

住所:名古屋市中区錦3-16-8 森万ビル1F

電話番号:052-963-6730


長年地元で愛されてきた歴史を持つグルメ、名古屋を盛り上げるため作られたこれから歴史を刻んでいくグルメ。

寒い時期に嬉しいアツアツグルメの宝庫である名古屋は、そんな歴史が見られる街。胃袋が1つしかないのが悔しく思えるほど、名古屋メシはバラエティ豊富。

果たしてどれだけ食べられるか、体調を整えてチャレンジしてみてください。

※営業時間や定休日・料金などは、お出かけ前に各店舗へご確認ください。