東海LOVERS

三重県熊野市の観光スポットを厳選!歴史と自然を全身で楽しむヒント

2018年11月26日(月)/三重

Pocket

2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されたことで、一気に世界からも注目されるようになった熊野市。

紀伊山地には「熊野三山」「高野山」「吉野・大峯」と3つの霊場、そこに至るまでの参詣道があります。三重・奈良・和歌山の3県にまたがり、それぞれの霊場へと延びる熊野古道。

古来多くの人がここを行き交い、目的地を目指しました。世界遺産登録以降は海外からの観光客も訪れ、先人達の歩いた道を辿りながら思いを巡らせます。

長い歴史と豊かな自然に包まれたこの熊野市を楽しむためのヒントとして、主な見どころをご紹介します。

鬼ヶ城

鬼ヶ城

出典:alllearnhobby.com

急激な地盤の隆起や風化、そして波の浸食により長い年月を掛けて自然が作り出した景勝地。熊野灘に面して1.2km続き、奇岩や無数の洞窟などがあります。

鬼の洗濯場や鬼の見張り場、鬼の風呂桶など変わった名前が付けられた凝灰岩の岩場があります。

鬼ヶ城

出典:Goo ブログ

かつては鬼の岩屋と呼ばれていたそうですが、この辺り一帯を納めていた有馬和泉守忠親が山頂に城を築いた後から現在の鬼ヶ城に変わったそうです。

鬼ヶ城

出典:はてなフォトライフ

平安時代初期の桓武天皇の頃、鬼ヶ城を根城として鬼と恐れられた海賊の多娥丸を征夷大将軍の坂上田村麻呂が征伐したという伝説が残っています。

世界中の旅人からもお墨付き!

鬼ヶ城

出典:Goo ブログ

国の天然記念物及び名勝に指定され、さらに世界最大の旅行サイト・トリップアドバイザーの「2017年エクセレンス認証」にも認定されています。

エクセレンス認証とは、トリップアドバイザーに投稿されたクチコミによって高い評価を獲得している施設やレストランなどに贈られるもの。

鬼ヶ城

出典:ゆーと伝記

実際に訪れた人が、鬼ヶ城を観光地として高く評価しています。

鬼ヶ城

住所:熊野市木本町

電話番号:0597-89-4111(熊野市スポーツ交流課)

丸山千枚田

丸山千枚田

出典:Gooブログ

7.2ヘクタールと日本最大級の規模を誇り、日本の棚田百選にも選ばれている丸山千枚田。一番古い記録では、1601年に2240枚と残されているそうです。

丸山千枚田

出典:Gooブログ

その後、後継者不足などの問題もあり平成初期には530枚にまで減少。1994年に全国初となる千枚田条例を制定し、後世に残すべく紀和町や地元住民の協力により田んぼの復旧作業が行われ、今では1340枚にまで復活。

丸山千枚田

出典:livedoor Blog

田んぼは全て石積みされていて、見晴台からの眺めは圧巻の一言。田んぼ1枚あたりの平均面積は10坪ほどで、一番小さな田んぼではたった3株分しかありません。

夏の人気イベントは伝統的な行事だった!

丸山千枚田

出典:Goo ブログ

丸山千枚田ではオーナー制度があり、毎年100組以上が登録しています。田植えや稲刈りなどの稲作体験もできます。夏には「虫送り」という行事があり、田んぼと同じ数の1340本の松明を棚田に設置。

1953年まで実際に行われてきた害虫駆除や豊作を願う行事で、その当時は農薬などもなく松明の火と太鼓や鐘などを鳴らして害虫を追い払っていたとか。

丸山千枚田

出典:matsuri-mie.seesaa.net

棚田を縁取るように松明が灯り、その幻想的な風景に思わずウットリ。ロマンチックな雰囲気が楽しめる夏のイベントとして多くの観光客が訪れます。

春夏秋冬、そして早朝や夕方など季節や時間帯で異なる顔を見せてくれます。

丸山千枚田

住所:熊野市丸山

電話番号:0597-97-1113(熊野市地域振興課)

URL:熊野市ふるさと振興公社

花の窟神社

花の窟神社

出典:ameblo.jp

イザナミノミコトが火の神・カグツチノミコトを産み、その際に焼かれて亡くなった後に葬られた御陵。古来、社殿はなく高さ45mの岩がご神体。

花の窟神社

出典:4travel.jp

ご祭神はイザナミノミコト・カグツチノミコトで、花の窟の名前は季節の花を供え飾って尊を祀ったことが由来とされます。日本書紀にも記されている日本最古の神社です。

花の窟神社

出典:mySSL

毎年2月2日と10月2日には例大祭が行われます。日本一の長さと言われる約170mの綱を、岩窟上45mの高さのご神体から境内南隅の松のご神木へと渡す神事。

神と人とを繋ぎ神の恵みを授けてくれるこの綱を使った神事は、三重県の無形文化財に指定されています。

参拝が終わったらこちらへも立ち寄ろう!

花の窟神社

出典:車中泊入門

神社に隣接する「道の駅熊野 花の窟」には、駐車場やトイレもありドライブにも便利。もともと2012年にお綱茶屋としてオープンし、2016年から道の駅に。

イザナミノミコトが熊野で稲作文化を古代の人に伝えたと言われ、この地の特産品にイザナミ米という黒米があります。

花の窟神社

出典:花の窟活性化地域協議会

そのイザナミ米を使ったうどんや、みたらし団子・おにぎりもこちらで味わえます。干物や新鮮な野菜・お菓子にみかんジュースなど、熊野のお土産も買うことができるのでぜひお店も覗いてみてください。

花の窟神社

住所:熊野市有馬町上地130

電話番号:0597-89-0100(熊野市観光協会)

赤木城跡

赤木城跡

出典:楽天ブログ – 楽天市場

1589年頃に反対勢力を抑えて取り締まるため、豊臣秀長の家臣であった築城の名手・藤堂高虎により築城されました。

赤木城跡

出典:livedoor Blog

規模は大きくありませんが中世と近世の築城法を併用し、築城当時の原型を残している城跡は全国でも数が少ないため大変貴重な存在です。

赤木城跡

出典:Goo ブログ

現在は高さ約3mほどの石垣が残り、主郭には桜が植えられています。標高238mの丘陵上にあるため、主郭からは町の景色や美しい棚田を眺めることができます。

「天空の城」が見られるかもしれない!?

赤木城跡

出典:nagoyamag.com

朝霧に包まれ天空の城となるタイミングには、多くのカメラマンがシャッターチャンスを狙います。天候と運に任せてみましょう。

1995年から2003年まで発掘調査が行われ、その際に天目茶碗や砥石・釘などが出土しています。

赤木城跡

出典:新日本歩く道紀行

赤木城跡から歩いて15分ほどの場所に、田平子峠刑場跡があります。築城した藤堂高虎ら新領主に、農民一揆で抵抗した北山の人々が処刑された場所。

1989年には「赤木城跡及び田平子峠刑場跡」として、国の史跡に指定されました。時間があれば、ぜひこちらにも訪れてみてください。

赤木城跡

住所:熊野市紀和町赤木字城山

電話番号:0597-89-4111(熊野市教育委員会社会教育課)

URL:三重県観光連盟公式サイト

獅子岩

獅子岩

出典:気まま旅Life

元々は海に沈んでいたものが隆起して現れ、風や波の浸食によってできた奇岩。まさに、熊野灘に向かって咆哮する獅子のように見える不思議さ。

獅子岩

出典:arc & wagtail

これが自然にできあがったとは信じ難いようなその姿。昔の人は岩の中に神様がいると信じて、とても大切な存在だったそうです。

獅子岩

出典:LUZの熊野古道案内

高さは25m、周囲は約210m。国の天然記念物及び名勝に指定されています。獅子岩のそばを流れる井戸川を4kmほど遡ったところに、熊野国総鎮守・大馬神社があります。

獅子岩が狛犬に?

神仙洞の吽(うん)の岩に対し阿(あ)の岩として大馬神社の狛犬として位置付けられているため、大馬神社には狛犬がありません。

獅子岩

出典:楽天ブログ – 楽天市場

11月から1月にかけての満月の時には、獅子の口にすっぽりと入りまるで月を咥えているような姿を見ることができます。

獅子岩

出典:Goo ブログ

また5月中旬から1ヶ月くらいの間なら、朝日で同じような姿を見られます。夏に行われる花火大会とのコラボレーションも見事。

ただ天候などに左右されやすいので、幻想的なシーンを拝むことができたらかなりラッキーです!

獅子岩

住所:熊野市井戸町

電話番号:0597-89-4111(熊野市スポーツ交流課)

URL:三重県観光連盟公式サイト

熊野市紀和鉱山資料館

熊野市紀和鉱山資料館

出典:熊さんのフォトダイヤリー – FC2

1995年4月に紀和町の町制40周年記念事業として建てられ、2005年11月に合併により熊野市紀和鉱山資料館に。全国でも珍しい鉱山の資料館で、1・2階に展示スペースがあります。

熊野市紀和鉱山資料館

出典:なかなかなれない ツーリングの達人 – FC2

館内では、鉱山で実際に使われた本物のトロッコや器具、鉱石の数々を展示・紹介しています。

紀和町では鉱山の歴史が古く、東大寺の大仏建立時にも紀州から多くの銅が献上されたという文献も残されています。

歴史を今に伝え、後世へ残すために

熊野市紀和鉱山資料館

出典:カメラの八百富

1978年に紀和鉱山は閉山となりましたが、その功績を次代にも伝えていくためでもある資料館。資料やパネルだけでなく、人形を使って紹介しているためわかりやすくなっています。

熊野市紀和鉱山資料館

出典:Gooブログ

鉱山関係以外にも、入鹿鍛冶にまつわる道具類や山村での暮らしの様子なども紹介しています。2階から1階へ降りるエレベーターでは、まるで鉱山内の竪坑を下降するような疑似体験もできます。

赤木城跡のジオラマが、2018年8月から追加展示されています。かなり忠実に再現されているので、実際に赤木城跡へ訪れる前に見ておくのもいいかもしれません。

熊野市紀和鉱山資料館

出典:Gooブログ

建物の隣には鉱山乃足湯という源泉掛け流しの足湯があり、無料で利用できます。訪れた際にはぜひ利用してみてください。

熊野市紀和鉱山資料館

住所:熊野市紀和町板屋110-1

電話番号:0597-97-1000

産田神社

産田神社

出典:ameblo.jp

イザナミノミコトが最後に火の神・カグツチノミコトを産み、焼かれて亡くなった場所とされます。

産田神社

出典:livedoor Blog

その二柱を祀り、イザナミノミコトは多くの神々を産んだことから安産や子授けの祈願に訪れる方もいます。

産田神社

出典:山と社寺、そして、富士山

本殿の前には七里御浜から集められたという白い石が敷き詰められ、靴からわらじかスリッパに履き替えてお参りをします。

ほかの神社ではなかなか見られない「ひもろぎ」とは?

産田神社

出典:ameblo.jp

神様の宿る「ひもろぎ」と言う石を囲んだ祭祀場へ、しめ縄を張って神様を招いたそうです。産田神社にあるものは人の頭ほどある大きさの石を5つ並べてあり、その周りを少し小さい石で囲っています。

産田神社

出典:フォートラベル

鳥居の前には「さんま寿司発祥地」の碑が建てられています。毎年1月10日に行われる大祭の際に、「ホウハン」と呼ばれる特別な膳が出され、さんまで作ったお寿司が用意されます。

これが現在のさんま寿司の原型と言われ、1月10日は熊野市さんま寿し保存会が『さんま寿しの日』に選定しています。

また、奥有馬・口有馬の両地区から1名ずつ選ばれた射手により、放った矢が的に何本当たったかの腕前を競う弓引き神事も行われます。

産田神社

住所:熊野市有馬町1814

電話番号:0597-89-4111(熊野市観光スポーツ交流課)

URL:熊野市観光公社

松本峠道

松本峠道

出典:神宮巡々

熊野市を訪れたなら、やはり熊野古道を歩いてみたいですよね。松本峠道なら、体力にあまり自信のない方でも気軽に行くことができます。

松本峠道

出典:わたしたちの松阪市

JR大泊駅から10分ほど歩くと登り口があり、しばらくは美しい石畳が続きます。苔むした階段になっているので、雨が降った後などは滑りやすいので注意が必要です。

歩き始めはまっすぐに伸びた杉の木立が続き、竹林が見えてくれば峠まではあと少し。この峠は標高135mしかありませんので、初心者でも比較的上りやすくハイキングに最適。

熊野古道を歩けば、お地蔵様と遭遇!?

松本峠道

出典:北海道中小企業家同友会 くしろ支部

峠には170cmくらいのスラリとした姿のお地蔵様が待っています。建てられたその日に、妖怪と間違えられて鉄砲で撃たれたという不運が。足元にはその時の鉄砲の弾跡があるそうです。

松本峠道

出典:くまの体験企画

お地蔵様の優しいお顔に癒やされたら、再び歩きましょう。峠を越えてしばらく歩けば東屋に到着します。

松本峠道

出典:趣味悠々

ここからは長く続く七里御浜の美しい海岸線が!健脚の方ならさらに花の窟神社方面へ、また鬼ヶ城方面へも出られるので体力と時間によってお好みで選んでください。

熊野市を訪れたら食べておきたい地元の味

この2つは、絶対食べるべき!お店で食べてもよし、買って景色のいい場所で食べるのもよし。ハイキング途中のお弁当や、小腹が空いた時などに気軽に食べてみてください。

めはり寿司

熊野地方以外にも、和歌山県や奈良県などでも古くから食べられている郷土料理の1つ。塩漬けした高菜の葉でご飯を包んだ、山仕事や農作業の合間に手軽に食べられるようにと作られたシンプルなもの。

めはり寿司

出典:観光三重

細かく刻んだ高菜が具として入っていたり、高菜の味付けがお店によって異なるので食べ比べてみるのもオススメ。少し大きめに作られ、目を見張るように口を開けないと食べられないことからこの名が付けられました。市内にある多くの飲食店で提供しています。

さんま寿司

晩秋から春にかけて南下する親潮に乗ってやってくるさんまは、適度に脂が落ちてさんま寿司に最適。生臭さを消すためにみかんや柚子などの柑橘類を使うことで、さっぱりとした口当たりに。

さんま寿司

出典:東紀州情報発信ブログ

熊野以南はさんまを背開き、尾鷲以北は腹開きと異なっているのも特徴です。さらに熊野以南では尾頭付きで巻き簀を使って仕上げ、尾鷲以北では頭を取り押し寿司にしているのが一般的。

お店により酢の漬け具合や酸味の度合いなどが異なるため、東紀州地域振興公社のHPにある「さんま寿司マップ」を参考に自分好みのさんま寿司を見つけに出かけてみては?


昔の人も歩いたであろう峠道や、自然が作り出した奇岩の芸術作品。日本の歴史を語る上で欠かせない神社や城跡。人々の暮らしに不可欠な米作りや産業。

熊野市には、その全てが詰まっています。場所的には和歌山県に近く、三重県の旅はいつも伊勢へと考えている方には遠く感じるかもしれません。

しかし訪れてみたら、きっと凄さがわかります。次の旅は、少し足を延ばしてぜひ熊野市へ!

※営業時間や定休日・料金などは、お出かけ前に各施設へご確認ください。