東北LOVERS

盛岡でおすすめのジャンル別絶品グルメを厳選

2016年02月24日(水)/盛岡


盛岡でおすすめのジャンル別絶品グルメを厳選してご紹介いたします。

チェック 盛岡でおいしいパン

fukuda

出典:matome.naver.jp

福田パン

皆さんは福田パンというのをご存知でしょうか。コッペパンサンドの専門店です。『福田パン』を求めて行列もできるほどの大人気の「福田パン」。早朝からパンを求めて行列ができることもあるそう。その魅力とは一体何なのでしょうか。

まずWIKIPEDIAを見てみると下記のような記載があります。

有限会社福田パン(ふくだパン)は、岩手県盛岡市に本社を置く製パン業者。直営店舗での販売のほか、盛岡市近郊のスーパーマーケット・コンビニエンスストア、高校・大学の購買部にも納入している。人口127万人の岩手県内において1日あたり約1万個のパンを製造・販売しており、盛岡市民の多くが当店の商品を食べて育ってきたことから「盛岡市民のソウルフード」。盛岡の市民食」と呼ばれる。

WIKIPEDIAに掲載されるほど盛岡市民にとっては福田パンが有名であり愛されていることは分かります。しかし、なぜパン屋がここまで人気が出たのでしょうか。

福田パンのコッペパンはそもそもサイズが大きい

人気の秘訣を話すと、ここのコッペパンは通常のコッペパンよりも大きく、自由に選んで具材を自分好みにカスタマイズできるのが特徴です。

まず最初にコッペパンの大きさについて見てみます。一般的なコッペパンの重さは65g程。だが、福田パンのコッペパンはその2倍ほど、つまり、約110gもあります。これは創業当時、岩手大学の売店でこの福田パンは販売されていたことに依拠します。当時、「安い値段で学生を満腹にさせたい」という思いが強かったため、今のような独自のコッペパンを開発に乗り出したのだそう。故にここのコッペパンが大きいことに納得いくでしょう。

チェック福田パンのコッペパンは自分好みにカスタマイズが可能

fukuda2

また、肝心の中身を見てみると、トッピング用の具材として大体50種類もの具材があるとのこと。そしてこのトッピングは最大2種類まで入れることができます。

大まかに以下のような具材があります。

  • 黒豆きな粉
  • 粒入りごまクリーム
  • クッキー&バニラ、ミルク
  • バナナ
  • 粒ピーナッツ
  • クリーム
  • すりおろしりんご
  • スイートポテト
  • はちみつバニラ
  • ブルーベリージャム
  • かぼちゃ
  • ずんだ
  • ブルーベリークリーム
  • チーズクリーム
  • コーヒー
  • ホイップクリーム
  • チョコレート
  • 抹茶あん
  • ピーナッツ
  • バター
  • 夏みかんマンゴージャム
  • 粒あん
  • こしあん
  • ジャム
  • ヨーグルト
  • クッキー&ストロベリー
  • イチゴミルククリーム
  • アプリコットジャム
  • マーマレード
  • ナポリタン
  • たまご
  • コンビーフ、カレー
  • ごぼうサラダ
  • れんこんしめじ
  • キーマカレー
  • メンチカツ
  • トマト
  • ピーマン
  • レタス
  • キャベツ
  • たまねぎ

このようにコッペッパンの種類がたくさんあります。上記を見てもらえばわかることですが、福田パンの人気の一つとして特製のコッペパンに好きな具を挟んでくれるという自分好みというカスタマイズ可能な要素があげられることでしょう。加えて、このように惣菜系の具材が豊富であることも一因の一つと考えられます。もちろん、ピーナツバターやジャムといった一般的な甘いトッピングの数も申し分ないです。

その中でも一番おすすめなのが「あんバター」です。これはパンに塗りやすくするため柔らかく塩っぱめなバターと、甘さ控えめな特製のこしあんを使っているので絶品。他にも人気メニューとして、クッキー&バニラ(169円)と、ずんだ&ホイップクリーム(163円)、コンビーフ&たまご(278円)、れんこんしめじ(256円)、キーマカレー&たまご(278円)などがあげられます。興味を持った方は是非岩手県盛岡市に立ち寄った際に本店に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

【福田パン 長田町本店】
住所:岩手県盛岡市長田町12-11
電話番号:019-622-5896
営業時間:7:00~17:00
※売切れ次第終了
定休日:お盆、年末年始

チェック盛岡のご当地ラーメン

盛岡在住の筆者が特におすすめしたい名店をピックアップ。わんこそば、冷麺、じゃじゃ麺のみならず美味しいラーメンをぜひこの機会にご賞味ください。とその前にご当地グルメはあるのでしょうか。

柳家

1

出典:食べログ

代表的なご当地ラーメンとして、「柳家」の「キムチ納豆ラーメン」が挙げられます。開店40年以上の老舗で元祖納豆ラーメンのお店であり、こだわりの自家製麺とキムチと納豆をまぜて食べる独特のクセが特徴的な一品となっています。

柳家 本店 (やなぎや)
電話番号 019-653-3555
住所 岩手県盛岡市大通2-2-15 さわや書店 3F
営業時間 10:30~20:00(2015年9月1日~)
定休日 無休

チェック盛岡で人気のラーメン屋

中華そば 弥太郎

中華そば 弥太郎

出典:食べログ

代表的な盛岡のラーメン屋の一角をなす、中華そば 弥太郎。遠方からも多くのラーメンファンが訪れることもあり、盛岡駅からは車で15分ほどでアクセスが良いとは言えませんが、常に行列。人気なお店なのは一目瞭然。そんな中華そば 弥太郎は何が秀でているのでしょうか。

その理由は、人気メニューの「塩ラーメン」にあり。魚介・動物・乾物から出汁をとったまろやかで透き通った黄金色のスープが上品な味わい。そして、自家製の全粒粉配合の中細ストレート麺である自家製麺に上述したスープとの相性は抜群で完成度の高い一品。トッピングはチャーシュー、刻みネギ、メンマ。チャーシュー。

なお、「弥太郎」の麺は、低加水の細麺で、全粒粉が練りこまれています。2010年の開業時から自家製麺で提供しているのは、正直すごいです。

中華そば 弥太郎
住所 岩手県盛岡市みたけ4-3-5 中華そば 弥太郎
営業時間
平日11:00~14:40ごろ(ラストオーダー)
土日祝11:00~15:00ごろ(ラストオーダー)
定休日 不定休(夏季長期休暇有り)

ら生門

ら生門

出典:食べログ

盛岡にある地元民から愛される中華料理店、ら生門。上盛岡駅から徒歩13分ほどの場所にあります。そんな当店で、ぜひみなさまに食べてもらいたいのが、ニラ玉あんかけ風の「ら生門ラーメン」と餃子。特に、前者のラーメンは醤油ベースで、ニラ玉あんかけが表面いっぱいに乗っているのが特徴です。醤油、鶏、野菜のシンプルな味ですが、それぞれの旨味が感じられる優しいスープで細めの縮れ麺である麺とも相性抜群。

ら生門 (らしょうもん)
電話番号 019-651-7164
住所 岩手県盛岡市菜園2-4-14
営業時間 18:00~翌04:00頃まで
定休日 日曜・祝日

末廣ラーメン本舗 盛岡分店

末廣ラーメン本舗 盛岡分店

元々は屋台のお店であり、昭和13年から続いています。今や赤いカウンター席のみの庶民的なラーメンチェーン、それが老舗「末廣ラーメン本舗 盛岡分店」。こだわりのラーメンは、野菜、豚、鶏をふんだんに使い、濃口醤油のたれで芳ばしい味わいである黒い色のスープ。中太ストレート麺と絡めてぜひご賞味ください。

末廣ラーメン本舗 盛岡分店
住所:岩手県盛岡市大通2-6-12
電話番号 019-681-4447

武市総本店

武市総本店

出典:チイキーズ

武市商店は、辛旨ラーメンが好きな方におすすめ。というのも、 1辛から300辛以上まで辛さが選ぶことが可能。そのため、激辛好きにはたまらないのです。

特にお勧めが魚介豚骨スープが濃厚で芳醇な香りが特徴的な『辛魚武市』。麺は中太麺を使用。ごはんと生卵のおかわりが無料のため、たくさん食べたい方にもおすすめのお店となっています。

武市総本店
電話番号 019-601-3760
住所 岩手県盛岡市東山1-19-7
営業時間 ランチ 11:00~15:00 /ディナー 17:00~21:00
定休日 無

らぁめん サンド

らぁめん サンド

出典:食べログ

開店からまだ十年も経っていないはずなのにリピート客がついている名店。青山駅から徒歩18分ほどの場所にあります。特徴としては、秋田県比内地鶏の鶏ガラスープを使用していることでしょうか。鶏の深い旨みと醤油の香りが口いっぱいに広がり美味しいと口コミで好評です。

スープは、出汁の異なる3種類の醤油ラーメンがあること!鶏ベースの「鶏そば」、煮干しベースの「煮干しそば」、そして鶏と煮干し両方を使った「中華そば」があります。特に、鶏そばのスープは比内地鶏と青森シャモロックの二大ブランド鶏から取られたもので完成度が高いです。

また、麺に関しては岩手県産の「ねばりこし」と北海道産の「春よ恋」に全粒粉をブレンドをしていることもあり、ツルツルと喉ごし抜群の自家製のストレート麺となっています。そして、チャーシューは流行の鶏胸肉と豚肩ロースのダブル。穂先メンマも合わせてバランス良いアクセント。

らぁめん サンド
住所 岩手県盛岡市西青山2-26-20 らぁめん サンド
営業時間 11:30~15:00
定休日 水曜日・第3火曜日

中河 (なかがわ)

中河 (なかがわ)

出典:[さっこら]ブログ

こちら中華そば 中河も知らない人はいないのでは!?と言えるほどの老舗であり名店。上盛岡駅から徒歩14分ほどの場所にあります。メニューは、中華そば一本の専門店。懐かしさを感じさせてくれる優しい昔ながらの鶏ガラ醤油スープとコシがある縮れ細玉子麺を使用。トッピングはチャーシューに海苔、メンマ、ネギというシンプルな盛り付けもまさに正統派。

中河 (なかがわ)
電話番号 019-622-5763
住所 岩手県盛岡市本町通1-7-37 中
営業時間 11:00~16:00
定休日 日曜・祝日

正太郎

正太郎

出典:Pinterest

青山駅から徒歩11分の好立地であり地元で愛されているお店の一つ。気になるお味は、魚介系の香りが満載の濃厚魚ダシを使っていることが明白。麺は中細の縮れ麺を使用。

正太郎 (しょうたろう)
電話番号 019-643-7233
住所 岩手県盛岡市青山4-27-11
営業時間 11:00~16:00
定休日 木曜日

直利庵

直利庵

出典:拉麺本位

わんこそばが有名で、日本蕎麦の老舗でありながらも醤油ラーメンを提供してくれる当店。さてどんなラーメンが出てくるのかというと、蕎麦の出汁に鶏ガラを加えて作られるというスープ。あっさりとした中に昆布の甘みと鰹節の香りが強く感じられ、コシのある縮れ麺と絡めて食べます。正直美味です。ラーメンの後に蕎麦湯をいただけるのも一種の醍醐味ですね。

直利庵 (ちょくりあん)
電話番号 019-624-0441
住所 岩手県盛岡市中ノ橋通1-12-13 直利庵
営業時間 11:00~20:00(OS) 日曜営業
定休日 水曜日(祝日の場合営業)

たかみ屋

たかみ屋

出典:和尚の麺紀

創業から60年以上の老舗「たかみ屋」。盛岡城址公園から徒歩5分のリッチ。基本の醤油ラーメンは、色の濃い甘じょっぱいスープが特徴的でリピーターさんも多いのだとか。醤油と出汁の旨味が強く感じられるスープに、昔ながらの中細縮れ麺と脂ののったチャーシューを一緒にぜひお召し上がりください。

たかみ屋
電話番号 019-622-4901
住所 岩手県盛岡市肴町3-20
営業時間 11:00~17:50
定休日 水曜日

東座

10

出典:いわてのこと

鶏白湯そばが有名であり、おすすめの東座。。仙北町駅からバスで盛岡バスセンターに行き、そこから徒歩2分ほどの場所もあります。全粒粉の麺をつかっており、やや太めのストレート麺となっています。スープは、たっぷりの野菜が溶け込んだスープ。トッピングのチャーシューは仕上げにバーナーで炙られていることもあり、焼き目の食感と香ばしさがなんといってもたまりません。

東座
住所 岩手県盛岡市南大通1-2-15
営業時間 11:00~14:00 17:30~スープ終了まで 日曜営業
定休日 火曜日、第2月曜日

南部屋路ばた 盛岡市上太田店

東座

出典:食べログ

豚骨と鶏ガラでとった上湯とそばダシのWスープが麺と絡みあい絶品の味を作っています。『鶏そば』、『煮干しそば』、『限定麺』がおすすめです。限定麺は煮干し、鶏、豚の濃厚なセメント系の泡スープになります。また、麺は、全て「ゆきちから」メイン切り刃20番、加水率36%の角ストレート麺であり、小麦のふすま(表皮)が練りこんである麺量160gの自家製麺となっています。

岩手県盛岡市上太田岡沼81-4
営業時間
平日 11:00~15:00(L.O)
土日祝 11:00~20:00(L.O)
定休日 火曜日

人力俥

人力俥 (じんりきしゃ)

出典:Yahoo!ブログ

『背脂煮干しそば』、『貝汁旨味そば』、『海老そばストロング』が基本のメニューですが、限定麺や『最凶煮干しそば』を提供してくれることも。味はしっかりとした濃口醤油で麺は歯ごたえありの細麺。自家製麺とスープが高いレベルとバランスで融合している名店です。ぜひチェックを。
人力俥 (じんりきしゃ)
住所 岩手県盛岡市月が丘1-28-3
営業時間 11:00~14:30(LO) 18:00~20:30(LO)
定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休み)

焼干しらーめん 渡り家

14

出典:食べログ

矢幅駅から車で9分ほどの場所にあり、焼干しスープと呼ばれる焼干しの良い香りが漂う清湯が特徴的。麺は中細の縮れ麺を使用。人気なのが、焼干し正油らーめんとなっています

焼干しらーめん 渡り家
電話番号 019-681-3787
住所 岩手県盛岡市黒川22地割12-1
営業時間  11:00~19:00(L.O 18:30)

チェック 盛岡でくつろげるカフェ

盛岡市内には、ひっそりと路地裏にたたずむ喫茶店や、カフェが多く存在します。その中でもインスタ大好き・趣味はカフェ巡りの筆者が岩手県盛岡市内において、厳選した5件をご紹介いたします。雰囲気はもちろん、カフェこだわりのメニューはどれも美味しくて必見!ぜひ「岩手県盛岡市内のカフェ」マップ感覚で参考にしてみてください.

チェックカプチーノ詩季(かぷちーのしき)

カプチーノ詩季(かぷちーのしき)

盛岡に到着してすぐ行ける喫茶店カプチーノ詩季は、盛岡駅前、開運橋の通りに面している昔ながらの喫茶店です。店内に入ると、ふんわり漂うエスプレッソの香りが迎えてくれます。
店内には磨きこまれた長いカウンター席、奥にはテーブル席があります。また、目を惹くのはオープン当時使っていたというイタリア製の大きなエスプレッソマシーン。

カプチーノ詩季(かぷちーのしき)

出典:食べログ

昭和57年からマスターはこの場所でエスプレッソを淹れ続けてきたとのこと。駅前ということもあり県外からの観光客も多く、マスターは観光客の質問に丁寧に答えてくれます。「はじめて来る方、何年振りかで来る方を同じように迎えたい」と、今日も小さなカップにギュッと濃縮された淹れたてのエスプレッソを提供してくれます。

カプチーノ詩季 (カプチーノ シキ)
ジャンル コーヒー専門店、サンドイッチ、ケーキ
電話番号 019-625-3608
住所 岩手県盛岡市盛岡駅前通10-6 カプチーノ詩季
営業時間 [月~土] 9:00~22:00 [日・祝] 9:00~20:00
定休日 第2第4月曜日

チェックティーハウス リーベ

ティーハウス リーベ

出典:盛岡さんぽ

盛岡市中心部、官庁街の近くにある桜山神社。その通りの少し路地裏に入ったところにあるのが、黄色い看板が目印の、ティーハウス リーベです。紅茶専門店全盛期の昭和45年に開店。「ティーハウス」というから紅茶だけ!と思いきや、コーヒー党にも愛されているカフェです。一階はカウンターとボックス席、二階はすべてボックス席になっています。開店当時からのオリジナルメニュー「ティーパンチ」は、紅茶とオレンジジュースをブレンドした「チャーミングティー」を大きなグラスに注ぎ、その上にたっぷりとフルーツを盛りつけた一品。

ティーハウス リーベ

出典:ことりっぷ

コーヒー党には「ブレンドコーヒー」コーヒーを楽しむ方も多く、店の一角にはコーヒーチケット専用の棚もあります。ここなら周りを気にすることなくくつろげるというリピーターさんも多いよう。自分が自分でいられるところ。そんな街の喫茶店です。

リーベ ジャンル 喫茶店
問い合わせ 019-651-1627
住所 岩手県盛岡市内丸5-3 リーベ
営業時間
[月~金] 7:30~23:00
[土] 9:00~23:00
[日] 11:00~23:00
定休日 不定休

チェック光原社 可否館(こうげんしゃ こーひーかん)

光原社 可否館

出典:www2.pref.iwate.jp

宮沢賢治が生前に刊行した童話集「注文の多い料理店」を出版の地として知られている盛岡駅から歩いて約10分の材木町にある光原社。光原社という名前は宮沢賢治がつけたそうです。「注文の多い料理店」は日本の童話文学の最高傑作の1つと知られていますが、当時は話題にものぼらず、ほとんど売れませんでした。現在は民芸品店と「可否館」のみですが、民芸品店のわきにある通路から中庭に行くとそこは別世界。中庭には出版の地の碑と、童話「烏の北斗七星」の一部を刻んだ石柱が建っています。中庭の、北上川に面した雰囲気のよいところに、喫茶室「可否館」があります。「可否館」は、民芸の雰囲気をそのままに、落ち着いた空間で、窓の外には木々が揺らぐのが見えます。この中庭だけは外の世界とは違う、「イーハトーブ」の時が流れているのかもしれません。

光原社 可否館

出典:行くぜ、東北。

そんな時間と景色を楽しみながらゆったりと過ごせる場所です。「可否館」では、コーヒー、くるみクッキー、アイスクリーム、ワインゼリーなどを取り扱っています。コーヒーにはしっとりとしたくるみクッキーがよく合います。天気次第では外のテーブル席でも楽しむことができ北上川のせせらぎや木々の揺らぐ音を感じながら、いただくことができます。「可否館」で取り扱っているくるみクッキーは、物産館「モーリオ」でもお土産として購入ができます。

光原社 可否館
ジャンル カフェ、喫茶店、カフェ・喫茶
電話番号 019-622-2894
住所 岩手県盛岡市材木町2-18 光原社 可否館
営業時間 10:00~18:00 ※1月5日~3月15日まで10:00~17:30
定休日 毎月15日(日曜、祝日の場合は翌日)

チェックオールド珈琲の店 機屋 (おーるどこーひーのみせ はたや)

オールド珈琲の店 機屋 (おーるどこーひーのみせ はたや)

出典:盛岡観光コンベンション協会

車の往来が激しい中央通りから、一歩路地裏に入るとそこは閑静な住宅街。そんな住宅街にある隠れ家的な喫茶店「機屋」。「飲んだ人をびっくりさせたい」という店主の言葉が印象的です。コーヒー豆の品質、焙煎、淹れ方や、カップ選びに至るまで美味しい一杯へのこだわりがうかがえる自家焙煎の喫茶店です。ストックしてある豆の産地は30~40か国にわたります。そんな中でも希少な豆を求めて、全国の業界関係者も足を運ぶ「通な店」でもあります。しかし、敷居は高くなく、気軽に通える親しみやすさがあり、通ううちに、どんどんコーヒーの世界に魅せられていく、そんな喫茶店です。店主のおすすめは、「ブラジル」と、並びにある「本町菓子店」の手作りシフォンケーキ。厳選されたコーヒー豆は、熟練の技で焙煎され、注文ごとに豆を挽き、手縫いのネルフィルターで抽出。一つ一つに店主のこだわりを感じます。店舗隣には図書喫茶があり、コーヒー本を中心とした店主所蔵の本が並んでおり、常連客でにぎわっていることもあります。気に入ったコーヒー豆は機屋オリジナルの瓶で購入することもできるのでぜひ足を運んでみてはどうでしょう。

ねるどりっぷ珈琲 機屋 (ネルドリップコーヒー ハタヤ)
ジャンル ケーキ、コーヒー専門店、カフェ
問い合わせ 019-653-8833
住所 岩手県盛岡市本町通3-2-11 ねるどりっぷ珈琲 機屋
定休日 月曜日(祝日の場合火曜日休)

それぞれのお店に特徴があり、どのお店も行列の出来る名店ばかり。ぜひ一度足を運んで、自分の好みのお店を見つけてみてくださいね!