東北LOVERS

山形県でおすすめのご当地B級グルメスポット

2015年11月27日(金)/山形県

山形県は山に囲まれた土地の為か、独特の食文化があります。今回は郷土料理を中心に山形県でおすすめのご当地B級グルメスポットを厳選してご紹介いたします。

PR

スポンサードリンク

チェック芋煮

山形 芋煮

出典:www.tochinavi.net

山形といえば何といっても芋煮 。山形県民のソウルフード。秋には毎年必ず芋煮会が各地の河川敷で催されます。アウトドアといえばBBQが定番ですが、山形では芋煮が定番。お祭りや観光園などでは、売店で販売されています。

また、県内のセブンイレブンでも販売されており、なんとカップうどんとコラボされた芋煮うどんまで出ているのだとか。そんな芋煮ですが、内陸部と平野部では味付けが異なり、内陸部はしょうゆ味・牛肉使用、平野部では味噌味・豚肉使用。今回は、内陸部の芋煮の作り方を紹介します。

山形内陸部の芋煮の作り方

晩御飯等のもう一品にも使えるメニューです。

材料(5人分)

・里芋 : 1kg

・牛肉 :600g

・長ネギ :2本

・こんにゃく:1枚

・まいたけ: 1パック(お好みでしめじやごぼうを入れてもおいしいです。)

・醤油 :200cc

・酒 :大さじ2~3

・みりん:大さじ1

・水: 1.5ℓ

  1. ・里芋の皮をむき、塩もみして洗う。
  2. ・里芋を一口大に切る。ネギは5㎜程度の斜め切り、こんにゃくは一口大にちぎり、キノコは食べやすい大きさにさく。
  3. ・里芋を大きい鍋で1.5ℓ程度の水で煮る(この時、醤油を少々入れておくと吹き零れにくくなります。)
  4. ・アクをしっかりとってください。
  5. ・こんにゃく、まいたけ、牛肉を投入します。
  6. ・里芋が完全に柔らかくなったら味付けをします。
  7. 上記の分量は目安なので、お好みで調節してください。
  8. ・味がきまったら、ネギを加えます。ネギが煮えたら完成です。
  9. ※〆にカレールーとうどんを加えてカレーうどんにすると最高です。

だし(夏の定番です。)

きゅうり・なすなどの夏野菜と大葉・ネギ・ミョウガなど薬味を刻み、だし醤油やめんつゆ等を和えたものです。非常に簡単です。ご飯にかけてもよし、冷奴に乗せてもよし、そうめんに入れてもよしの万能な一品。使い方無限大です。

入れる野菜・薬味・調味料が異なるため、各家庭の味があるのも特徴です。今は、スーパーなどでも売っているため手軽に食べられるようになりました。ラー油や南蛮を加えたピリ辛のダシも人気。夏の食欲のない時期にはもってこいの料理なので是非試してみてください。

チェック丸茄子漬

山形 丸茄子漬

出典:blogs.yahoo.co.jp

夏の定番ですが、山形県では長茄子ではなく、薄皮丸茄子という茄子を使って茄子漬にします。各家庭で 水・ミョウバン・砂糖・塩 などを煮立たせ、茄子漬の液を作っています。

茄子漬は、広口の瓶にぎゅうぎゅうに詰めて作った液をいれ、蓋をし、お好みでシソや南蛮を入れるとよりおいしいです。大体1日置くとでき上がりますが、鮮やかな青色になっているのができ上がりの合図です。薄皮丸茄子というだけあって、皮がうすく、パリッとした歯応えです。おつまみに最高の逸品。お土産屋さんや、八百屋・スーパーなどでも売っていることがあります。ご家庭で作るのが大変な方は、是非そちらで買ってみてください。

チェック玉こんにゃく

玉こんにゃく  

出典:www.mrsn.co.jp

山形では玉こんと呼ばれ親しまれていますが、だし醤油とスルメを入れて煮込ませたものをさします。お土産屋さん・スーパーなどでは玉こんセットなるものも売られている他、道の駅などでは割り箸に4個刺さった玉こんが1本100円で売られています。山形のファストフード・おやつといったところだと思います。

チェックひょう干しの煮物

ひょう干しの煮物

出典:www.zengakuei.or.jp

ひょうは、全国的にはスベリヒユと呼ばれ、雑草として扱われていますが、山形ではおひたしにしたり煮物にしたりとポピュラーな食べ物です。夏に取れたひょうを天日干しし、乾燥させて保存食として食べます。

この煮物は、まず、ひょう干しを洗い、水から火にかけて煮立たせひと晩付けてひょうを戻し、戻したひょうを油揚げや糸こんにゃく・人参・打ち豆・ちくわとだし汁と醤油などで煮込んだ料理。

正月には「今年もひょっとしていいことがありますように」と願いをこめて食べられる縁起物です。非常に素朴な味の田舎料理ですが、思わず懐かしくなり食べたくなる一品。

チェックさくらんぼ漬け

出典:www.yamagata-bussan.co.jp

さくらんぼ王国山形ならではの漬物で、さくらんぼの実を洗って塩漬けにし、水分が出たら赤紫蘇と甘酢に漬け込みます。さくらんぼの甘さが残っており、漬物なのにプリプリの食感。塩漬けにするとさくらんぼの色が落ちてしまいますが、赤紫蘇の色がさくらんぼに染みて色鮮やかになるでしょう。

チェック冷たい肉そば

nikusoba

出典:r.gnavi.co.jp

「ご当地グルメ」が全国に知られるようになり、B級グルメというキーワードも定着している今日この頃。それを求めて、全国あちこちめぐったり、「ちょっとそこまで」週末出かける方もいるよう。「冷たい肉そば」とは、山形県河北町が発祥のB級グルメ。キンキンに冷えているというより、常温くらいまで冷ましたつゆに鶏肉とねぎを入れたおそばの総称。

山形の内陸を中心にたべられていますが、やはりおいしいのは肉そば発祥の地・河北町。そんな河北町の冷たい肉そば店を、メジャーなものから地元民しか知らないお店を最後にご紹介します。

一寸亭本店

一寸亭本店

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000164361/

「一寸」と書いて「ちょっと」と読む「ちょっとてい」さん。地元の人に聞くと、一番スタンダードな冷たい肉そばを食べたいときは、一寸亭さんか、後述のいろはさんの、どちらかをオススメされます。「サハトべに花」という、町のコミュニティーセンターのななめ向かい・町民体育館の隣ぐらいにあります。
味の特徴は、おそばが硬めで、歯ごたえのある鶏肉、澄んだ鶏だしつゆ。典型的な「谷地の肉そば」といえます。

いろは本店・いろは支店・いろは分店

nikusoba

出典:tabelog.com

河北町はそんなに広くないのですが…なぜか本店・支店・分店と3つもお店がある「いろは」さん。それぞれのれん分けしたお店なので、味の基本は同じですが、通の人いわくちょっと違うそう。こちらも硬めのおそばに鶏肉とねぎというスタンダード路線ですが、全体的にジューシー。肉そばの鶏肉は基本、硬くて噛めば噛むほど味の出るものが多いですが、いろはさんではちょっと若い鶏肉な感じです。

といや

toiya

出典:blog.livedoor.jp

河北病院の入り口横にある、お店。「かつ丼 肉そば といや」という、木製のでっかい看板が目印。お味はちょっと甘めで薄口のつゆ。そして他のお店と比べて、結構なボリューム!といやさんのもう一つのおすすめは、カツ丼。とろーり卵でとじたカツ丼も絶品なので、おなかに余裕のある方は、肉そばとミニかつ丼を頼んでみてはいかがでしょうか?

葵食堂

niku

出典:blog.livedoor.jp

地元の人だけが知っているおいしいお店の一つ。前述の「といや」さんの、奥にあるお店なので、道路からはなかなか見つけにくいのです。初心者は葵食堂に来るつもりで、といやと間違えることもよくあります…注意しましょう。(といやさんの左側の通路から入れます。)

ここのおすすめは「肉そばセット」。肉そばにミニ納豆餅がついてきます。なんでお餅が?というと、葵屋さんはもともとお餅屋。納豆とダシ汁におもちを絡めたシンプルな山形の郷土料理ですが、なかなか納豆もちが食べられるお店が少ない!一度に二つの郷土料理が楽しめる、地元民おすすめのお店です。

創業明治25年 吾妻屋

nikusoba3

出典:tabelog.com

こちらも地元の人しか知らない、おいしい肉そばのお店。(もしかすると、地元の人でも若い方は知らないかもしれません…。)「どんがホール」という、コミュニティーセンターから東に少し行った先、昔の商店街の一番東に位置するお店です。予約が必要なお店なので、なかなか気軽にふらっと立ち寄ることは難しいですが、地元の人には毎年年越しそばを注文するなど、根強いファンがいます。

オススメは、「そば懐石料理」。内容は、そば寿司、そば田楽、そば粉のてんぷら、そば粉のすいとん鍋、そば豆腐、そしてかいもちなど。そばを中心に、季節の山形の味が楽しめる懐石コース。


他県ではないような珍しい食文化をもつ山形県です。簡単な家庭料理も紹介しましたので、是非一度試して頂ければと思います。

東北地方でおすすめのB級グルメ特集