東北LOVERS

岩手県でおすすめの観光名所を厳選

2015年10月28日(水)/岩手県


今回は岩手県でおすすめの観光名所を厳選してご紹介させていただきます。岩手県に行く機会があれば、是非この機会にチェックしてくださいね。

Contents

🔳岩手県観光の鍵は車

岩手県観光の鍵は車

そんな岩手県の観光名所には、自家用車、もしくは盛岡駅前でレンタカーを借りると良いでしょう。理由としては平泉に行くにしても、龍泉洞に行くにしても、アクセスがよくないからです。

🔳盛岡市でおすすめの観光名所

✔︎盛岡駅前の動画

岩手県盛岡市といえば、皆さん何が思い浮かぶでしょうか?「冷麺」「じゃじゃ麵」「わんこそば」の「盛岡三大麺」でしょうか?それとも、「石川啄木」「新渡戸稲造」「原敬」などの偉人たちでしょうか?そんなおいしい麺と多くの偉人が誕生した地、岩手県盛岡市でお勧め観光スポットを厳選してご紹介します。

岩手県盛岡市でお勧め観光スポットを厳選

チェック盛岡さんさ踊り<盛岡市>

盛岡さんさ踊り

出典:盛岡観光情報

祭りで有名なのは世界一の太鼓パレードとしてギネスブックに載った「盛岡さんさ踊り」は知っている方が多いのではないでしょうか。「盛岡さんさ踊り」は語り継がれている三ツ石伝説に由来しています。その昔、南部盛岡城下に「羅刹」という鬼が現れ、悪さをして暴れておりました。困り果てた里人たちは、三ツ石神社の神様に悪鬼の退治を祈願しました。

その願いを聞き入れた神様は悪鬼をとらえ、二度と悪さをしないよう誓いの証として、境内の大きな三ツ石に鬼の手形を押させました。この三つの石(岩)に手形を押したことで「岩手」の名がついたとされています(諸説あり)

この鬼が反省したことを喜び里人たちが「さんささ、さんささ」と、笛や太鼓を鳴らし舞い踊ったというのが「盛岡さんさ踊り」の由来です。

この他にも、毎年9月14~16日に開催されるに行われる「盛岡八幡宮例大祭(盛岡秋祭り)」は毎年7~8台の豪華絢爛な歌舞伎の演目をかたどった山車が盛岡市内を「ヤァレヤァレ」と練り歩きます。

チェック盛岡市先人記念館<盛岡市>

盛岡市先人記念館

出典:トラベルjp

盛岡の偉人は多くいます。平民宰相で有名な「原敬」文学界で名をはせた「石川啄木」武士道を書き、「私は太平洋の橋となりたい」といった「新渡戸稲造」国語辞典を作り、アイヌ語の研究をした「金田一京助」などなど。たくさんの偉人がいます。
その偉人たちのことを知ることができるのは盛岡市本宮にある「盛岡市先人記念館」や、肴町にある「もりおか賢治・啄木青春記念館」といったところで先人たちのことを知ることができます。

チェックもりおか賢治・啄木青春記念館<盛岡市>

もりおか賢治・啄木青春記念館

出典:関根要太郎研究室@はこだて

「もりおか賢治・啄木青春記念館」は、その名の通り花巻市出身の宮沢賢治と石川啄木の青春時代を知ることができます。

チェック高松の池<盛岡市>

高松の池

出典:季節を代表する

高松の池は少し郊外へ出ますが、約2千本の桜が満開の池に映った桜の道を歩くのはとても楽しいですよ。またこの二か所ではさくら祭りとして屋台の出店がありお祭りも楽しめますよ。

チェック盛岡城跡公園<盛岡市>

盛岡城跡公園

出典:ジョルダンの季節特集

盛岡城跡公園はその昔、南部藩を治めていた南部氏の城「不来方城」の跡地です。こちらもいたるところに桜があり、少し本丸の近くから見下ろせば、満開の桜の海を見ることができます。盛岡城跡公園付近には喫茶店も多く道路沿いに面している二階席のあるカフェでは桜を見ながらのコーヒーも楽しめますよ。

夏の観光は「盛岡さんさ踊り」が開催される8月1~4日がおすすめです。パレード自体は夜に開催されますので、「さんさ踊り」のゆかりの地、「三石神社」に行かれてみてはいかがでしょうか。

チェック三石神社<盛岡市>

三石神社

出典:www.uchinome.jp

そこには岩手の名の由来に大きな岩に「鬼の手形」があります。筆者は残念ながらうまく見つけることはできませんでしたが皆さんぜひ探してみてください!

チェック盛岡八幡宮例大祭(盛岡秋祭り)<盛岡市>

盛岡八幡宮例大祭(盛岡秋祭り)

出典:オマツリジャパン

盛岡の秋の観光は「盛岡八幡宮例大祭(盛岡秋祭り)」が開催される9月14~16日がおすすめです。街中を「ヤァレヤァレ」と練り歩く豪華絢爛な山車の姿を見ることができますよ。また、盛岡城跡公園にある「もりおか歴史文化館」の中には昔と現在の山車の大きさの違いを見ることができますよ。10月中旬ごろになると盛岡の紅葉も始まります。盛岡城跡公園はもちろんその周辺の紅葉の素敵なスポットを紹介します。

チェック盛岡市中央公民館<盛岡市>

盛岡市中央公民館

出典:ホテルエース盛岡

現在,庭園内には第19代内閣総理大臣を務めた原敬の別邸内にあった「田舎家」を移築した「白芳庵」があり、園内の趣を深めています。

また、明治天皇が東北巡幸の際に宿泊所として利用した「聖風閣」や盛岡出身の俳人・山口青邨が幼少期を過ごした家屋が「愛宕亭」として復元されています。

チェック南昌荘<盛岡市>

南昌荘

出典:いわて生活協同組合

盛岡出身の実業家頼川安五郎が明治18年頃に邸宅として建て、築庭も数年かけ完成しました。池泉回遊式の庭園を有し、原敬など数多くの著名人も訪れています。盛岡市指定の保護庭園でもあります。

チェックもりおか雪あかり<盛岡市>

もりおか雪あかり

出典:盛岡心情3

冬は、2月に開催される「もりおか雪あかり」に行ってみてはいかがでしょうか。「雪あかり」とは、たくさんの「ミニかまくら」を作り、その中でキャンドルを灯すもの。本州一寒い街「もりおか」の冬の夜に、凛とした空気の中ひとつひとつ灯りのに寒いからこそ感じられる「まち」「ひと」のあたたかさを伝えようとはじめられました。

各会場のスノーキャンドルや雪像はボランティアの皆さんのひとつひとつ手作りです。キャンドルの暖かい灯りと雪が織りなす幻想的な世界を楽しめると思います。

チェック玉山 石川啄木記念館<盛岡市>

玉山 石川啄木記念館

出典:じゃらんnet

盛岡市玉山、渋民にある石川啄木記念館。近代日本を代表する歌人の一人である石川啄木の故郷である渋民に、啄木の顕彰と資料収集、保存、情報提供を目的として1970年に開館しました。現在の記念館は、啄木がかつて理想の「家」を詩に託した白い西洋風の家をイメージし、生誕100年を記念して1986年に建てられました。

さて、館内は、啄木文学の原点から終焉まで啄木の人生を直筆書簡、ノート、日誌のほか、遺品、写真パネル、映像等で紹介しています。敷地内には啄木が代用教員を務めた旧渋民尋常高等小学校や一家が間借りした旧齊藤家が移築されており、当時の雰囲気を今に伝えてくれます。また啄木と子供達のブロンズ像と岩手山の雄姿が来館者を温かく迎えてくれます。

チェック岩洞湖<盛岡市>

岩洞湖

出典:ワカサギ釣り情報PRESS

盛岡市薮川にある湖です。蕎麦でも有名な薮川ですが、大自然に囲まれた静かな田舎町薮川は本州一寒い場所として知られています。過去の最も低い気温は、1945年1月26日に観測された-35℃が一番の寒さであるようです。 「日本のチベット」と言われる岩手県の中でも寒い所、 それで藪川を「日本のシベリア」という人もいるよう。

この岩洞湖で冬場に楽しめるのがワカサギ釣り。手ぶらで行っても、近くにある岩洞湖レストハウスで釣り竿やアイスドリルを練達しています。そしてお得なのが、レストハウスで自分で釣ったワカサギを無料で調理してくれること。本州一の寒さと食を楽しんでみてはいかがでしょうか。

🔳花巻市でおすすめの観光名所

岩手おすすめ観光名所 チェック花巻温泉<花巻市

岩手おすすめ観光名所 花巻温泉

出典:楽天トラベル – 楽天市場

東北屈指の温泉地、岩手県の花巻温泉郷を代表する花巻温泉。昭和2年(1927年)創立の、25万坪の敷地面積の中には旅館とホテル合せて4軒が点在する東北有数のリゾート施設でもあり、広大な園内には花巻八景に選ばれた「釜淵の滝」をはじめ、450種6,000株のバラが咲き誇る「花巻温泉 バラ園」があることが特徴。このように、桜並木やバラ、秋の紅葉など四季折々の景観を見せる花巻温泉は、国内外から訪れる多くの観光客にくつろぎのひと時を感じられること間違い無し。

花巻温泉
所在地 岩手県花巻市湯本第一地割125番地

チェック 大沢温泉<花巻市

大沢温泉

出典:じゃらん

花巻には、質のいい温泉が湧いています。そんななかでも、特にお勧めなのが大沢温泉。この大沢温泉は、3つの旅館から成り立っていて、それぞれに違った浴場を楽しむことができます。
基本的にお湯の色は透明で、少し温度は熱めになっています。血行を良くして神経や関節の痛みを和らげてくれる効果があるので、疲労回復や肩こりなどの改善にも向いています。

山水閣

3つあるお宿のうち、山水閣は、大浴場がメインとなっており、ゆったりとした気分で温泉を楽しめます。夏は露天風呂もあるので、森の空気を味わいながら温泉につかれます。

湯治屋

湯治屋

出典:Nifty温泉

次に、2つめの湯治屋ですが、こちらにもいくつか浴場があります。混浴ができたり、女性専用で入れたり、男女別であったりと、いろいろなバリエーションがあります。そして、何より嬉しいのが源泉かけ流しということです。循環ではないので、温泉の良い成分をあますことなく堪能できますし、身体にも良いのです。

菊水館

最後の菊水館は、木造で男女の浴場が分かれているタイプとなっています。山水閣や湯治屋に比べると、落ち着いた雰囲気となっているので、静かな時間を過ごしたい方にお勧めです。
また、大沢温泉の特徴として、湯治屋の自炊部があげられます。こちらは、山水閣、菊水館と比べて宿泊料が安くなっており、共用の台所があるのも魅力です。
そのため、長期間にわたって湯治をしたいという方は、ぜひ湯治屋を利用してみて下さい。お客さん同士のコミュニケーションも楽しみのひとつとなっています。

チェック 宮沢賢治記念会館<花巻市

宮沢賢治記念会館

出典:旅は哲学ソクラテス

花巻にゆかりのある人物で、宮沢賢治という作家がいます。「銀河鉄道の夜」や「注文の多い料理店」など、今でも多くの人に読まれている童話を生み出してきました。

そんな宮沢賢治の世界を楽しめる場所があります。それが宮沢賢治記念館です。こちらには、賢治が描いた童話の世界を解説してくれたり、作家ゆかりの楽器やペン、手帳などが展示されたりしています。

宮沢賢治記念会館

出典:花巻市

また、賢治が生きてきた時代や花巻の事も、わかりやすく紹介してくれているので、童話好きな方には楽しんでもらえる内容になっています。

さらに、少し離れた所には、宮沢賢治童話村という施設があり、こちらは広い敷地内のなかに、賢治の童話の世界を再現しています。

屋外は、公園のようになっていて森の中を散策していると、賢治の童話の世界に登場する者たちが何気なく展示されていますよ。

施設の中にある幾つかの部屋にも、童話や詩の世界が表現されています。こちらは、お子さんも楽しめるように、展示や音楽が工夫されているので、親子で訪れても良いでしょう。

また、宮沢賢治記念館の近くには、山猫軒というレストランがあります。ここでは、花巻の郷土食を味わえます。

特におすすめなのが、すいとんセット。すいとんとは、お吸い物風の汁のなかに、野菜や小麦粉をこねて茹で上げたすいとんが入っています。体が温まりますし、野菜がほくほくとして、優しい風味が味わえるでしょう。

チェック ワインシャトー大迫<花巻市

ワインシャトー大迫

花巻には、日本のなかでも有名なワインを生産している場所があります。花巻のなかにある大迫という地域で、葡萄を栽培し、ワインを生産しているのです。そして、そんな大迫のワインを試飲できたり、購入できたりするのがワインシャトー大迫。こちらは、葡萄からワインになるまでの工程を見学できる工場もあります。

工場内に入ると、ガラス越しにワインができる工程を見ることができます。また、どのようにワインができるのかをパネルで紹介してくれています。

そして、何より嬉しいのが、この工場で造られたワインを直売してくれている点。直売店のほうでは、気になるワインを無料で試飲ができます。

ワインシャトー大迫

出典:エーデルワイン

また、テイスティングルームでは、有料になりますが美味しくて特別なワインを試飲することも可能です。カフェのような雰囲気になっているので、ワインをじっくりと味わいたいという方にもお勧めです。

そして、こちらの直売店では、ワインシャトー大迫でしか買えない銘柄も取り扱っています。日本で造られた美味しいワインを楽しむ数少ない機会ですので、ぜひ味わってみると良いでしょう。

さらに、このワインシャトー大迫の近くには、ベルンドルフというレストランがあります。ここでは、ワインに合った料理を楽しむことができます。地元の新鮮な野菜やお肉、魚介類を使った料理なので、大迫のワインとも相性が抜群です。

チェック早池峰神楽<花巻市

早池峰神楽

出典:まつりーと

岩手県には、地方独特のお祭りや踊り、風習がありますが特に有名なのが早池峰神楽です。こちらは、花巻にある早池峰神社という神社に奉納される神楽舞でした。近年、その神楽の魅力が世界に認められユネスコ無形文化遺産にもなっています。

主に、神楽を舞う役と、囃子を奏でる役に分かれて演じられます。舞人は独特の着物を身に着け、面をかぶって舞われるものもあります。女や翁、鬼などの役によって、装束や面が違っています。また、舞の動きも、激しく活動的なものが多いので、見ていて飽きることがありません。それに、早池峰神楽のなかには、狂言というコミカルな演劇もあります。ちなみに、こちらの神楽は、いつでも見られるというものではなく、演じられる時期が決まっています。

早池峰神楽

出典:Gooブログ

早池峰神社で行われるものは、神事と一緒に奉納されます。そのため、もしも、早池峰神社の神楽を見る場合は、前もって神社の祭事予定を確認していった方がよいでしょう。その他では、毎月2日に花巻市大迫交流活性化センター(早池峰ホール)で神楽が上演されています。
いつも上演されているというものではありませんが、岩手の貴重な歴史や文化を体験できる貴重な行事となっています。

岩手おすすめ観光名所 チェック賢治の学校(宮沢賢治童話村)<花巻市

岩手おすすめ観光名所 賢治の学校(宮沢賢治童話村)

出典:MAX CARTER の見聞

宮沢賢治の散策の地であり,「経理ムべキ山」の一つにあげていた胡四王山の頂上に,全国の賢治ファンからの寄付金を基に平成8年(1996)に賢治生誕100年を記念して建てられました。賢治童話の世界で楽しく遊ぶ「楽習」施設で「ファンタジックホール」「宇宙」「天空」「大地」「水」の5つの部屋に分かれています。

そして、詩人・科学者・教育者としての賢治の思想と多彩な活動を7部門にわけて視聴覚的に再現しており、 宮沢賢治の直筆原稿や写真、賢治が使用していたチェロなどが展示してあります。賢治の独特の世界観に浸りたい方は特にお勧めです。ちなみに外にはきれいな花壇があります。

賢治の学校(宮沢賢治童話村)
営業期間 開館:8:30~16:30
休館:12月28日~1月1日
所在地 〒025-0014 岩手県花巻市高松26-19

🔳八幡平市でおすすめの観光名所

岩手県八幡平市、十和田八幡平国立公園内にある秘湯、松川温泉はご存知でしょうか?その昔、山小屋から始まったとされている湯治場、松川温泉とその周辺の湯めぐり、観光スポットをご紹介いたします。

チェック松川温泉の由来

古くから親しまれている松川温泉は、なんと平安中期に発見された温泉だったのです。平安中期の武将安倍貞任の家臣、伊藤某が平安時代このお湯を発見し、その末裔の高橋与次郎が1743年に開湯したのが始まりと伝えられています。

チェック松川温泉松楓荘

松川温泉松楓荘

出典:楽山楽水日

八幡平の山道を登り十和田八幡平国立公園に入ってすぐに見えてくる看板が目印の松楓荘。美しい松川渓谷の山間にたたずむ静かで素朴な温泉で、しかも白濁の源泉かけ流しの豊富なお湯で松川温泉の中では一番古い宿です。

松川渓谷の流れを楽しむことができる男女混浴露天風呂、内風呂ではなんと、「あつめ」の湯と「ぬるめ」の湯を楽しむことができます。また、巨岩の内風呂というものがあり真ん中の大きな岩で男女が仕切られています。入り口に横長な木の桶が設置してあり、ここからお湯を汲んで体を洗ったりします。源泉名は松川温泉桜の湯。乳白色の温泉が特徴です。

また、日帰りの方は、無料休憩スペースにてお食事をお召し上がりになれます。宿泊は内湯、トイレ付きの大瑠璃コースプランからAコース、Bコース、Cコースの4つのプランがあります。

チェック松川温泉松川荘

松川温泉松川荘

出典:松川荘

松楓荘をすぎ、松川温泉二件目は松川温泉松川荘。こちらへ行くには急な佐那道がありますのでご注意ください。松川荘は、日本初の地熱発電所、「松川地熱発電所」から電気、蒸気を供給し、館内の暖房、厨房の給湯、宿周辺の融雪に利用しています。食事、温泉と共に自然の恩恵を受け、環境に優しい旅館です。

温泉は、男女混浴の一つ屋根付きと、女性専用の屋根付き、屋根なしの露天風呂があります。内風呂にはシャワーがありませんが、様式のお風呂となっています。
宿泊は、特別室2部屋、一般客室タイプ3部屋、スタンダードパウダールーム付きが4部屋、スタンダード、ベーシックの4種類があります。
また、日帰りでは、食事処「げんた」や食堂を利用することも可能です。

チェック松川温泉峡雲荘

松川温泉峡雲荘

出典:みんカ

松川温泉の最も奥に位置する、松川温泉峡雲荘。もとは、湯治本位の気取らない山の湯でしたが、木の温もりを感じる館内に改装してシックなたたずまいにして、暖房は温泉の地熱によりあたためています。
露天風呂のお湯は少し緑がかった乳白色とめずらしい色で、ブナやナラの原生林に囲まれた木々の緑とマッチしとても綺麗です。そして、露天風呂からは小さく地熱発電所が見え、自然にマッチした雰囲気はなかなか落ち着きます。
あちらこちらに配された巨大な岩が野趣を感じさせる造りとなっていてこの露天から見えるブナやミズナラの原生林の新緑や、葉陰濃い夏場も、秋の紅葉を見ながらの露天や冬の雪見露天もおすすめです。内風呂はひのきがベースの浴槽です。湯ノ花で白く濁ったお湯はもとは無色透明の源泉ですが、空気に触れた瞬から乳白色に変化していき白く濁ったお湯は常に湯舟からあふれるほどの豊富な湯量です。
宿泊は本館フラットタイプが1部屋、本館トイレ洗面付き、別館、湯治棟となっています。
日帰り大食事は大広間かお部屋にて、11:30までにフロントにてご注文いただくと12:00ごろにお持ちします。

チェック八幡平周辺観光

大自然の八幡平市内は、遊ぶ、作る、学ぶ、過ごす、が一気に体験できる名が特徴でもあります。12~3月にかけてはスノーシーズンということもあり多くのスキー場もオープンします。それではどのようなドライブ、観光、体験をしたいか以下を参考にしてみてください

岩手山パノラマライン

岩手山パノラマライン

出典:マニハチ

焼け走り溶岩流少し先から八幡平温泉郷にかけての一本道「岩手山パノラマライン」
これでもかというくらいまっすぐな直線道路です。少し坂もありますが晴れた日のドライブは最高ですよ。
八幡平頂上へ続く「八幡平アスピーテライン」「八幡平樹海ライン」は新緑の季節、紅葉の季節にピッタリのドライブコースです

チェック遊ぶ!

・神秘の森クロスカントリー体験(半日コース)

神秘の森クロスカントリー体験(半日コース)

出典:じゃらんnet

雪を楽しみたい!これからのシーズン楽しめるアクティビティ!神秘の森クロスカントリー体験(半日コース)。老若男女問わず安全に楽しめるクロスカントリー体験です。一日コースでは神秘の森でチーズフォンデュを食べることができます。6月に入ると、残雪の八幡平頂上周辺にも行きます。(クラブマン宿泊者は割引あり、体験期間12月中旬~6月中旬)

・安比・八幡平スノーシューツアー

安比・八幡平スノーシューツアー

出典:安比高原

冬限定のツアーを楽しめる!安比・八幡平スノーシューツアー。人気の樹氷ツアーや氷瀑ツアーなど、積雪期間限定の行き先をラインナップ。陶器ならではの大自然を満喫してみてはいかがでしょう?(体験期間1月中旬から5月初旬予定)

野湯へ行くプラン

ワイルドに過ごさせたい方におすすめ!野湯へ行くプラン。こちらは安比高原を出発する山の中にある温泉を目指し登山するプランです。なんとこの温泉は数十年前に発見された温泉で昔は松尾鉱山の鉱夫たちの温泉としてにぎわっていたそうです。現在は小屋もなく脱衣所もない木枠で囲んだだけの露天風呂ですが、地元を熟知したガイドさんが案内してくれます。(体験期間6月~10月上旬)

チェック作る!

・おしゃれな雰囲気の中で作るマーブル・アート!

マーブル・アートとは、ビー玉とワイヤーを使ってストラップや、動物のオブジェ、壁掛けなどが作れます。ご指導をして下さる方は八幡平の魅力に惹かれ、東京から移住したそうです。小物好きな方はぜひ体験してみては?(通年営業)

・地熱の力を借りて染める地熱染め体験

松川温泉の一番近くに位置する夢蒸染(むじょうせん)。ここでは地熱の力を借りた八幡平地熱染めは自然の風合いを思わせるような繊細で微妙な色合いを表す絞り染めです。(作品は、午前中の体験で午後に八幡平周辺に滞在、または、宿泊の方は持参可)

チェック学ぶ!

・地酒蔵元「わしの尾」の酒造見学

地酒蔵元「わしの尾」の酒造見学

出典:八幡平ふるさと納税

日本酒好きにはたまらない!南部杜氏が案内する八幡平の地酒蔵元「わしの尾」の酒造見学
八幡平地酒として松川温泉他八幡平市内の宿泊施設で取り扱われている「わしの尾」
文政12年(1829年)創業のわしの尾の酒蔵を蔵人が案内します。蔵人たちが酒造りにかける想いと、酒造りの不思議な魅力を直で“感じて”みませんか。
(日にち限定。見学できる日は10月以降に案内。)


🔳一関市でおすすめの観光名所

岩手おすすめ観光名所 チェック猊鼻渓<一関市

岩手おすすめ観光名所 猊鼻渓

出典:猊鼻渓

砂鉄川が石灰岩を浸食してできた約2kmの渓谷がそうこの猊鼻渓 。およそ100mの断崖が両岸にそびえているのが特徴です。そして、切り立った断崖が続く壮大な景色が広がる渓流を船頭さんが操る舟で下る「猊鼻渓舟下り」が名物です。

また、この断崖に紫の花を咲かせる藤の花が春いちばんの見どころで、特に清流沿いにそびえる藤岩には花期は鮮やかな紫色の房が幾重にも垂れ下がります。ちなみに途中にあるパワースポットで「うん玉」という運試しができるのがユニークなので是非試してみてくださいね。

猊鼻渓
・住所:岩手県一関市東山町長坂字町467
・営業時間:8:30~16:30
・定休日: 荒天時・電話番号:0191-47-2341
・料金: 猊鼻渓舟下り 大人1600円/小学生860円/幼児200円
※ペットも舟(子犬、猫等)に乗れます(料金、200円)
・所要時間:猊鼻渓舟下り 往復90分

岩手おすすめ観光名所 チェック厳美渓<一関市

岩手おすすめ観光名所 厳美渓

出典:紅葉名所2017 – ウォーカープラス

「猊鼻渓」と名前も似ていることから一見間違いそうな「厳美渓」。奇岩、怪岩、深淵、甌穴や滝などダイナミックな渓谷美が約2kmにわたって続いてます。対岸からロープ伝いにだんごの入ったカゴが飛んでくる「空飛ぶだんご(カッコーだんご)」が名物で、見るものを楽しませてくれます。もちろん、食べても美味しいです。

厳美渓
・住所:岩手県一関市厳美町
・アクセス:電車、バス… 一ノ関駅~厳美渓線厳美渓バス停(バス20分) →徒歩約1分
車…一関ICより西方面(栗駒方面)へ約8分
・電話番号:0191-23-2350(一関観光協会 )

🔳雫石町でおすすめの観光名所

岩手おすすめ観光名所 チェック休暇村岩手網張温泉雫石町>

休暇村岩手網張温泉

岩手は、とても良質な温泉がわき出ている土地です。そんな中でも特にお薦めなのが、雫石にある休暇村岩手網張温泉です。こちらは、県内で一番大きい山である岩手山のふもとにある温泉ホテル。車で行く場合は、東北自動車道盛岡ICから雫石方面へ向かいます。だいたい時間としては、40分程度。また、バスを使う場合だと、盛岡駅から網張温泉行のバスが出ているので、こちらを利用すると便利です。時間は60分程かかりますが、ホテルまで行くのに森の中や、小岩井農場の牧場風景を見れるので退屈しません。

休暇村岩手網張温泉

出典:しずくいし観光協会

そして、このホテルはかなり標高の高いところにあるので、ホテルから雫石の雄大な自然の風景を見渡せます。少し歩くと、散策できる森もあるので、夏休みや冬休みの時に、お子さんと一緒に来て自然の中で遊ぶのもお勧めです。

ちなみに、夏に訪れると、街中とは気温が5,6度低くなっているので、避暑地として利用するのも良いでしょう。 

そんな自然あふれる網張温泉ですが、この泉質も抜群なのです。お湯の色は少し白く濁ったような感じになっています。質感はとろとろとしていて優しい肌触りをしています。そのため、皮膚が荒れていたり、アトピーや虫刺されで炎症を起こしている方に効能があるとされています。もちろん、露天風呂もあるので、森の澄んだ空気を吸いながら、温かい温泉に入るととても贅沢な気分を味わえます。

岩手おすすめ観光名所 チェック小岩井農場<雫石町>

小岩井農場

雫石には、温泉だけではなく、グルメと自然を両方楽しめる嬉しい場所があります。それは、日本で最大の民間農場である小岩井農場。

ここは、牛や馬、羊を放牧していて、牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品も生産しています。敷地内に入ると、羊と触れ合えるコーナーがあったり、大きな公園のような遊び場があったりと楽しめる施設が沢山あります。また、ボーダーコリーによる、羊の追い込みのショーがあったり、お子さんと一緒に盛り上がれるイベントも用意されています。

さらに、時期によっては夜間に星空を見る企画も。街の灯りがまったく無い中で見る星空は、今まで見た事のないような感動を覚えること間違いなしです。そして、こうした自然を楽しめるだけではなく、数々のグルメも味わえるのが小岩井農場の良い所かもしれません。

小岩井産の牛乳を使ったソフトクリーム

小岩井農場 ソフトクリーム

出典:小岩井農場(上記2点)

まず、ご紹介するのが、小岩井産の牛乳を使ったソフトクリームです。このソフトクリームは、小岩井の新鮮で濃い牛乳を使用しているので、とても味が濃くて美味しいのです。さらに、甘みも優しいので、食べた後もすっきりとした後味です。

チーズや肉製品を使った料理

さらに、敷地内にあるレストランでは、小岩井牧場でつくっているチーズや肉製品を使った料理が味わえます。普通にレストランで料理を頼むこともできますし、コテージを借りて炭火焼肉もできます。こうした料理に使われる野菜も、岩手の新鮮で旨み溢れるものを使っているので、お肉との相性が抜群です。

岩手おすすめ観光名所 チェック岩手山焼走り溶岩流雫石町>

岩手山焼走り溶岩流

出典:じゃらん

岩手県のなかで、一番標高が高い岩手山は、かつては活火山でした。1700年頃に大規模な噴火がおこり、大量の溶岩流が流れ出たといわれています。

そんな、自然の雄大さを体験できる場所が焼走り溶岩流という地域。噴火で流れてきた溶岩が固まった石上の黒い塊が、全長4キロほど一帯に広がっています。溶岩の熱や成分の影響なのか、280年以上たった今でも花や木が生えていません。

こちらは、岩手山の入り口付近のため、溶岩流を見る際には、しっかりめのシューズを履いて行った方がよいです。

また、夏休みの自由研究の題材としても人気。お子さんとフィールドワークをかねて訪れるのもおすすめです。しっかり歩くと結構な距離になるので、帰りに網張温泉などで疲れを癒すというコースを組んでも楽しいでしょう。 

▼雫石町のそばに関するワンポイント。

蕎麦の名店 極楽乃雫石町>

蕎麦の名店 極楽乃

岩手県は、数ある特産品のなかで、雑穀や蕎麦の生産量と品質で上位に入っています。寒い地域なため、お米がとれない時期などは、蕎麦を栽培して過ごしていた頃もあったのです。そんな土地柄のため、県内には蕎麦の美味しいお店がたくさんありますが、雫石で食べる美味しい蕎麦屋さんといえば極楽乃というお店です。 

出典:食べログ

お蕎麦は手打ちで、少し太め。蕎麦の味がしっかりとしていて、濃いめのめんつゆにつけても味が負けません。メニューも冷たいものから、温かい蕎麦まで幅広くそろっています。

また、このお店で揚げられた天ぷらもカリッとして美味しいです。ただし、人気店のため、12時頃に行くと少し待つことになるかもしれません。もしも、待たずに入店したいという場合は、予約を入れておくか、少し早目のお昼を食べるつもりで行くことをお勧めします。

極楽乃
電話番号 019-693-4177
住所 岩手県岩手郡雫石町長山極楽野3-11 極楽乃
営業時間
4月~11月 [平日] 11:00~15:30 [土日祝] 11:00~16:00
12月~3月 [平日] [土日祝] 11:00~15:00
定休日 4月~11月:無休営業 12月~3月:木曜日(祝日の場合は前日)

チェック煙山菜の花/ひまわり畑<矢巾町>

煙山菜の花/ひまわり畑

出典:盛岡・八幡平 ワイド観光エリア

煙山森林公園の隣に位置する約2ヘクタールの土地に春には菜の花、夏には、6万本のひまわりが所狭しと咲き誇ります。夏のひまわり畑は惜しみなく降り注ぐ太陽の光を浴びて金色に輝く姿をとらえられるでしょう。その姿を一目でも見ようと多くの観光客や写真家でにぎわいます。

🔳それ以外でおすすめの観光名所

岩手おすすめ観光名所 チェック思惟大橋

岩手おすすめ観光名所 2

松前沢にかかる全長315m、高さ120mの「逆ローゼ橋」としては全国有数の大規模な橋が思惟大橋。そばには道の駅たのはたや産直プラザ思惟大橋、思惟大橋コミュニティー公園があり、国道45号の休憩ポイントとして好評です。

岩手おすすめ観光名所 チェックトドヶ崎灯台

岩手おすすめ観光名所 todoga

魹ヶ埼灯台は、本州最東端の岩手県宮古市の魹ヶ崎に位置する灯台で、ここが本州最東端。ここトドヶ崎からは、水平線がはるかかなたに見える太平洋を観ることができます。雄大な光景の目の辺りにして、感動すること間違い無し。

岩手おすすめ観光名所 todoga2

岩手おすすめ観光名所 チェック鵜の巣断崖(鵜の巣断崖展望台)

岩手おすすめ観光名所 鵜の巣断崖(鵜の巣断崖展望台)

岩手県下閉伊郡田野畑村にある海岸景勝地である鵜ノ巣断崖。名前の由来は、中腹にウミウ及びカワウの営巣地があるから命名されたとのこと。

岩手おすすめ観光名所 鵜の巣断崖(鵜の巣断崖展望台)

そんな鵜ノ巣断崖ですが、なんと太平洋に沿って標高200mにも及ぶ大規模な断崖絶壁となっており、断崖絶壁の岬が5段続く光景が広がっております。ただ一言、素晴らしいです。

住所:岩手県下閉伊郡田野畑村真木沢

岩手おすすめ観光名所 チェック浄土ヶ浜<宮古市

岩手おすすめ観光名所 浄土ヶ浜

出典:いわて三陸観光復興プラット

宮古の代表的な景勝地である浄土ヶ浜。名前の由来は、天保年間(1681年から1683年)に宮古山常安寺七世の霊鏡和尚が「さながら極楽浄土のごとし」と、目の前に広がる風景に感嘆したことから。宮沢賢治も1917年7月に浄土ヶ浜を訪れた際「うるはしの海のビロード昆布らは寂光のはまに敷かれひかりぬ」という歌を詠んでいます。

白い岩肌、松の緑、青い海が特徴の美しい海岸線が絶景です。

そんな浄土ヶ浜ですが、皆様にお勧めしたいのが、「浄土ヶ浜周遊コース」。当コースは、宮古湾を一周約40分で航行し、流紋岩の白と松林の緑が見事な「浄土ヶ浜」(国の名勝)を始め、高さ40m・幅7mの棒状の巨岩「ローソク岩」(国天然記念物)、二つの巨岩が並ぶ「夫婦岩」、上方に勢いよく潮を吹く「潮吹穴」(国天然記念物)、複雑に入り組んだ絶壁が続く「姉ヶ崎」、絶滅危惧種のクロコシジロウミツバメの繁殖地「日出島」(国天然記念物)など「三陸ジオパーク」(※)内にある絶景ジオポイントを観れるコースとなっています。

浄土ヶ浜
・住所:岩手県宮古市鍬ヶ崎第7地割字臼木32番地ほか
・問い合わせ:0193-62-2111(産業振興部商業観光課)

岩手おすすめ観光名所 チェック北山崎<下閉伊郡>

岩手おすすめ観光名所 北山崎

出典:田野畑村

三陸復興国立公園のひとつ。断崖絶壁の自然景勝地「北山崎」は、「海のアルプス」とも呼ばれている壮観な眺めを展望台から、遊覧船からも楽しむことができます。展望台は第3展望台まであり、第3展望台は弾劾直下の波打ち際まで続く階段がおよそ700段もあるので、足腰に自信のある方はぜひ!

北山崎
住所:岩手県下閉伊(しもへい)郡田野畑村北山
アクセス:
三陸鉄道田野畑駅より、観光乗合タクシーで15分
東北道盛岡ICより、車で約2時間半
・電話番号:0194-37-1211 (田野畑村観光案内所)

岩手おすすめ観光名所 チェック中尊寺金色堂<平泉町

世界文化遺産、国宝第1号とされるのが中尊寺金色堂で、12世紀初頭に奥州藤原氏の初代藤原清衡によって仏国浄土を再現すべく多くの伽藍堂塔が作られたのが始まり。平泉中尊寺は慈覚大師を開山とする天台宗・東北大本山、山号は関山(かんざん)となっております。

やはり外観、内観ともに金箔がちりばめられているのが特徴ですね。金は至ところにちりばめられており、内部の長押、柱、須弥壇には金蒔絵、極彩色が施されています。そして、要所は宝相華文を透し彫りにした金具で装飾されているのも発見しております。

岩手おすすめ観光名所 中尊寺金色堂

出典:じゃらんnet

藤原清衡・基衡・秀衡三代のミイラを収めた金色堂は今なお黄金に輝く荘厳な空間と時間の中にあり、訪れる人を圧倒し続けています。

中尊寺金色堂

1124年に藤原清衡が建立した「阿弥陀堂」(国宝)。黒墨で塗り固め、金箔を押し、七宝の巻柱に螺鈿・珠玉を散りばめ、透かし彫りの金具、漆の蒔絵など、堂内は精巧な工芸品そのもの。

須弥壇の下には、藤原4代(清衡・基衡・秀衡・泰衡)のミイラ化した遺体も安置されています。寺内には、弁慶の墓、塔頭17カ所で構成される中心地である「本堂」、国宝・重文3,000点以上を収蔵する「讃衡蔵」等。

その他に、特別名称の浄土庭園が広がる「毛越寺」、藤原4代をろう人形で再現・紹介する「ゆめやかた」、平泉の歴史をわかりやすく解説する「平泉文化史館」等があります。

金色堂のみならず、3000点余の国宝、重要文化財を伝える中尊寺、山の中に広がる境内を藤原氏の栄華に思いを馳せながら散策を楽しんでみてください。

中尊寺金色堂
住所 岩手県平泉町平泉字衣関202
電話番号0191-46-2211 (中尊寺)
料金 拝観800円(讃衡蔵と共通)。音声ガイドのレンタル500円

営業期間 拝観:8:30~17:00
拝観:11月11日~3月31日 8:30~16:30
休み 無休
文化財 国宝

岩手おすすめ観光名所 チェック龍泉洞<岩泉町

岩手おすすめ観光名所 龍泉洞

岩泉町の北西2km。標高604mの宇霊羅[うれいら]山の東麓に洞口をもつ、日本有数の鍾乳洞。日本三大鍾乳洞の一つであり、洞内に住むコウモリとともに国の天然記念物指定を受けています。

岩手おすすめ観光名所 龍泉洞

洞内は既に知られている所だけでも3500m以上あり、その内見学コースは約700m。一部急な階段があるが、よく整備されています。洞窟の奥からは清水が湧出しており、水の透明度は世界有数であることからドラゴンブルーの地底湖は神秘的な美しさですよ。

公開の第四地底湖は水深120m(日本一)
営業期間 休業:年中無休 所要30~40分
所在地  岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1
0194-22-2566

チェック鬼越蒼前神社<滝沢市>

鬼越蒼前神社

出典:じゃらんnet

慶長2年(1597)沢内村の馬が野良しごとの途中で暴れ出し、滝沢まで駆けてきて死んでしまいました。村人たちはこれを手厚く葬って祠を建て「蒼前様」として祀りました。これが蒼前神社の始まりといわれています

チェックチャグチャグ馬コ<滝沢市>

チャグチャグ馬コ

出典:楽天ブログ – 楽天市場

毎年6月に行われる「蒼前様」を信仰とするお祭で、100頭ほどの馬が、滝沢市の鬼越蒼前神社から盛岡市の八幡宮まで13キロの道のりを行進します。馬のあでやかな飾り付けとたくさんの鈴が特徴で、歩くたびにチャグチャグと鳴る鈴の音が名称の由来とか。

馬の飾りは、大名行列に使われた「小荷駄装束」に端を発するといわれ、色とりどりの装束に身を包んだ馬が行進する様子は圧巻です。

また、そのように馬を飾り付けるのは愛馬精神のあらわれともいえるでしょう。

チャグチャグ馬コは6月の第2土曜日に開催されます。また、昭和53年には「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に選択され、平成8年には、馬の鈴の音が「残したい“日本の音風景100選”」に選定されています。


いかがだったでしょうか?岩手県で絶対おすすめの観光名所を厳選してご紹介しました。筆者としては、中尊寺の金色堂の入館料をもう少し安くしていただきたかったと過去に思ったことがありました。また浄土ヶ浜の絶景は是非みなさまにも見てもらえたらと思います。

岩手おすすめ観光名所 チェック東北の観光名所はこちら