東北LOVERS

福島県で絶対に行きたい桜の名所

2019年03月25日(月)/福島


福島は自然たくさんの街。桜咲く春の福島は、散歩するだけでも気持ちのいい天候が続きます。そんな春の福島県に行きたい!なんて方、今回ご紹介する桜の名所は、地元民もおすすめの桜の名所。有名な場所から、ちょっとローカルな場所まで、福島県で絶対に行きたい桜の名所をご紹介します。

花見山

福島県福島市は、県内の交通・行政の要所として栄え、自然もおいしいグルメもたっぷり。
そんな福島市のキャッチコピーは「花もみもある福島市」。「み」というのは、「見」「味」「美」「実」のこと。福島市には、それだけ魅力がたっぷりなんです。

花見山

出典:お花美びより

福島市で最初におすすめしたい桜の名所は「花見山」。花見山公園がある渡利地区は、かつて養蚕が盛んな街でした。
しかし、産業の発展とともに養蚕業は廃れていきます。そんな中で、一人の男性が山の花や木を販売、当時は雑木林だった花見山に、植物を育てるようになりました。生け花など、花や木に需要があったのです。

第二次世界大戦中、「花を植えるなんて非国民だ」と言われたことがあっても、花を受け続けた男性。徐々に「山を見せてください」という方が増え、今では毎年20万人もの人が訪れる、春の観光名所となりました。

花見山

出典:毎日新聞

桜をはじめ、梅、レンギョウ、サンシュユ、ボケ、モクレン、ハナモモなど、多くの種類の花々が咲く姿は「桃源郷」と呼ばれています。開花時期、周辺区域はマイカーの乗り入れができないので、公共交通機関を利用してくださいね。
JR福島駅から花見山まで直通の「花見山号」が運行しています。

基本情報

名称:花見山公園

住所:福島県福島市渡利

電話番号:024‐532‐6428(福島市観光案内所)

信夫山

信夫山

出典:桜・花見スポット – ウォーカープラス

福島市の中心部に位置する信夫山は、市民の憩いの場としてにぎわう場所となっています。
信夫山にある羽黒神社では、毎年大きさ12mもの大わらじを奉納する「暁まいり」が行われており、暁まいりに由来した「福島わらじ祭り」は福島市の夏の風物詩ともなっています。

そんな信夫山は、となりのトトロで有名な「さんぽ」のモデル。さんぽの作詞をした中川李枝子さんは、小さいころに信夫山で遊んでいた経験があり、そのころをイメージして作詞したそうです。また、戦時中は軍需工場がありましたが、エンジンを7台作り終戦、その事実を知らない市民の方もたくさんいます。

歴史のある信夫山は、春になると桜が咲き、屋台も並ぶことから多くの市民でにぎわいます。夜間のライトアップも行われるので、福島駅周辺で仕事をしている方の夜のお花見にもぴったり。福島駅は新幹線の停車する駅として、ホテルなども多くあるため、県外から来た方でもアクセス抜群!ぜひ市民に愛される信夫山の桜を楽しんでみてはいかがでしょう。

基本情報

名称:信夫山公園

住所:福島県福島市駒山1

電話番号:024-525‐3720(福島市商業労政課)

安達ヶ原ふるさと村

「みちのくの 安達ヶ原の黒塚に 鬼こもれりと 聞くはまことか」平安時代の歌人・平兼盛が、安達ヶ原について読んだ一句です。安達ヶ原には、かつて鬼婆が住んでいたという伝説が残っています。

安達ヶ原ふるさと村

出典:フォト蔵

都でお姫様を育てる乳母だった女性は、大切に育てたお姫様が病気であることを知ります。その病気を治すためには、妊婦の生き胆が必要だといわれました。乳母は、妊婦の生き胆を探す旅に出かけます。何年経ったでしょうか、乳母はついに妊婦の旅人を、この安達ヶ原で見つけたのです。その旅人を殺めた乳母は、その旅人が持っていたお守りに見覚えがありました。そう、乳母が殺したのは、大切に育てたお姫様だったのです。
お姫様は、いなくなってしまった乳母を探しに、この安達ヶ原まで旅に出たのでした。それを知った乳母は、誰でも殺める鬼婆となってしまったのです。僧侶に退治された鬼婆は、現在、阿武隈川すぐそばの黒塚に眠っています。

そんな伝説がある安達ヶ原の地。毎年綺麗に桜が咲くことで、地元の方にも愛される場所となっています。特に小さなお子さん連れの方に人気な安達ヶ原ふるさと村。なぜ人気なのか、それはお子さんが遊べるスペースが充実しているから!

園内には、屋内外のキッズスペース、和紙工芸体験や、鯉の餌やりなど、家族連れにぴったりの施設が充実しています。キッズスペースは無料で利用できるので、お花見の際はぜひ利用してみてくださいね。

基本情報

名称:安達ヶ原ふるさと村

住所:福島県二本松市安達ヶ原4-100

電話番号:0243‐22‐7477

岳温泉の桜坂

詩人・高村光太郎の妻である智恵子は、この福島県で生まれ育ちました。安達太良山を見ながら育った彼女は、安達太良山の下にある空が「ほんとの空」だと言っています。
そんな「ほんとの空」の下にあるのが「岳温泉の桜坂」です。

岳温泉桜坂

出典:フォト蔵

岳温泉は、安達太良山のふもとにあります。安達太良山は、特に冬のスキー場期間、秋の紅葉には多くの観光客が訪れる観光地です。ロープウェイがあるので、お子さんやお年寄りの方でも楽しめる場所となっています。その近くにある温泉街が「岳温泉」です。

桜坂の桜は、岳温泉街の中心部から、鏡ヶ池までをつなぐ道路に。途中には足湯があり、地域の方と話をしたり、ゆっくり桜を眺めることができる場所です。観光客はもちろん、地元の方もよく訪れるお花見スポットで、犬の散歩をしていたり、近所の方が挨拶していたり、心もほっこり。

岳温泉桜坂

出典:シティ情報ふくしま

夜間のライトアップも行われているので、ぜひ日中とは違った夜桜も楽しんでみてくださいね。ただ、夜は冷え込むので、あたたかい服装で。冷えた体を温泉で温めるのもおすすめです。

基本情報

名称:岳温泉の桜坂

住所:福島県二本松市岳温泉1-250

電話番号:0243‐24-2310(岳温泉観光協会)

霞ヶ城

福島県のお城と言ったら、鶴ヶ城を思い浮かべる方が多いかもしれません。白虎隊の悲劇は、ドラマ化されるなど、全国的に知られていますね。白虎隊よりも若くして戦場に赴き、二本松のために戦った「少年隊」は、白虎隊に比べて知名度が低いです…。

霞ヶ城公園

出典:桜・花見スポット – ウォーカープラス

そんな少年隊が活躍したのが、二本松市にある「霞ヶ城」です。霞ヶ城は、毎年春には多くの桜が咲き、その姿はまるで「霞」のよう。地域の方に愛されたお花見スポットで、地元の学校では午後の授業を休みにして、霞ヶ城へお花見に行くのだとか。

城跡から眺める桜ももちろん綺麗ですが、おすすめは本丸跡からの眺め。二本松市内を一望することができるので、より春の陽気を体感することができますよ!遠くには安達太良山が見える絶景スポットでもあります。

この二本松市、秋に行われる「二本松提灯まつり」が市内のビッグイベントとなっています。
そこで活躍するのがお祭りを運営している、各地区の「若連」です。若連の夜のお花見では、お祭りのお囃子を演奏していることも。

基本情報

名称:県立霞ヶ城公園

住所:福島県二本松市郭内3-232

電話番号:0243‐55-5122(二本松市観光連盟)

合戦場のしだれ桜

合戦場のしだれ桜

出典:桜・花見スポット – ウォーカープラス

福島県のしだれ桜といったら、三春の滝桜を思い浮かべる方が多いですよね。二本松市には、そんな三春滝桜の孫桜「合戦場のしだれ桜」があります。遠くから見ると一本の大きな桜に見えますが、近づいてみると、2本に分かれている「夫婦桜」であることが分かります。三春の滝桜にも引けを取らない大きさと色鮮やかな姿です。

合戦場のしだれ桜

出典:LINEトラベルjp

合戦場のしだれ桜は満開になると色が薄くなる特徴があり、見ごろは満開になる少し前。

また、夜間のライトアップは県舞台照明音響事業者協議会が毎年実施しており、しだれ桜の濃いピンク色が映える、あたたかい色の照明を使っています。夜間のライトアップの桜は、色が薄くなってしまうことがありますが、合戦場のしだれ桜はその心配もありません!

おすすめの撮影スポットは、桜から菜の花が咲いている斜面を下った場所。素敵な写真をカメラにおさめてみては。

基本情報

名称:合戦場のしだれ桜

住所:福島県二本松市東新殿字大林145

電話番号:0243‐65‐2803(岩代支所地域振興課)

三春滝桜

三春滝桜

出典:ぐるたび – ぐるなび

福島県の桜の名所といったらやっぱりここ。日本三大桜の一つとされている三春の滝桜は、なんと樹齢1000年以上!大正11年に、桜としては初めて国の天然記念物に登録されました。
高さは13,5m、根回りは11,3m、枝張りは、幹から北に5,5m、東へ11m、西へ14m、南はなんと14,5m!生の迫力は、テレビやネットでは味わうことができません。

三春の滝桜でもうひとつおすすめなのが、屋台。特に平成24年に販売開始した「三春グルメンチ」は、三春町のB級グルメとしても人気です。三春町は、全国的に見てもピーマンの生産量が多い街なんです!
苦手なお子さんも多いピーマンですが、三春グルメンチはピーマンたっぷりなのに苦くない!ピーマン嫌いなお子さんも食べられる、と評判です。ぜひ、滝桜を見ながら三春の特産品・ピーマンたっぷりの三春グルメンチも味わってみてくださいね。

基本情報

名称:三春滝桜

住所:福島県田村郡三春町大字滝字桜久保

電話番号:0247-62-3690(株式会社三春まちづくり公社 観光部・みはる観光協会)

鶴ヶ城

福島県ないでも有数の観光スポットとして知られる会津・鶴ヶ城。かつて、葦名・伊達・蒲生・上杉・加藤・保科・松平と、名の知れた藩主たちが会津を治めました。

鶴ヶ城

出典:ジョルダンの季節特集

ざっくり鶴ヶ城の歴史を説明すると、葦名直盛が黒川城をつくり、そこからこれまでの鶴ヶ城の歴史が始まります。
その後、伊達政宗の領地となりましたが、彼はあまり会津の整備には力を入れていなかったよう。その後、蒲生の時代に7層の天守閣が完成、黒川の名を若松に変え、城の名前を鶴ヶ城と今の名前に改名しました。加藤の時代に、現在の鶴ヶ城(5層)の天守閣と変わり、保科の時代を経て幕末へ。松平の時代には、京都守護職に任命され、その後戊辰戦争へとつながります。

鶴ヶ城は「難攻不落の城」とも呼ばれ、地震でも、あの戊辰戦争でも崩れることはありませんでした。旧政府軍の反発を無くすため、明治政府からの命令で取り壊しとなり、現在の鶴ヶ城は昭和40年に再建されたものです。
2011年の大改築で、取り壊される前の赤瓦となり、日本で唯一の赤瓦の城となっています。その姿はまるで鶴のよう…。

鶴ヶ城夜桜

出典:会津若松観光ナビ

桜の開花時期には、観光客はもちろん、地元の方の散歩やジョギング、犬の散歩にも利用される鶴ヶ城。いつもはお城の内部の見学だけして鶴ヶ城を後にしてしまう方も、ぜひ春は桜と鶴ヶ城の共演も楽しんでみてくださいね。

特に夜桜はとってもロマンチック。ライトアップされた夜桜がお堀に映る姿は幻想的です。
会津は観光スポット、温泉街も多いですから、春の会津を一日中満喫する旅に出てみては。

基本情報

名称:鶴ヶ城

住所:福島県会津若松市追手門1-1

電話番号:0242‐27‐4005(一般財団法人会津若松観光ビューロー)

会津鉄道沿線

ローカル線の旅って憧れませんか?福島県にもいくつかローカル線がありますが、その中でも人気トップなのが「会津鉄道」です。そんな会津鉄道は、春には沿線で桜が咲き、春を満喫できるローカル線の旅ができますよ!

会津鉄道湯野上温泉駅

出典:GANREF

特に有名なのが湯野上温泉駅です。茅葺屋根の駅舎は全国的にも珍しく、駅には囲炉裏も。
外に出ると足湯もあり、近くには県内でも有数の観光地「大内宿」があるため、多くの方が利用する駅となっています。茅葺屋根の駅舎と桜の相性はばっちり。まるでタイムスリップしたかのような気持ちになりますね。
また、足湯につかりながら桜や電車を眺めるのもおすすめです!電車の運行本数が少ないので、ぜひ待ち時間にどうぞ。

会津鉄道は、実は無人駅が多いです。無人駅から乗る際は、そのまま電車に乗り、車掌さんに声をかけるか、ワンマン運転の場合は整理券をもらい、運賃箱に入れるだけ!有人改札では、行先を伝えてお金を払い、切符を貰うだけです。電車の扉は自動では開かないこと、ICカード等は利用できず、現金のみが利用できることには気を付けてくださいね。

会津鉄道

出典:www.aizutetsudo.jp

そんな会津鉄道では、お座トロ展望列車が4月から11月の土日祝日を中心に運行しています。
トロッコ席、お座敷席、展望席が合わさった列車だから「お座トロ展望列車」。
4月から11月のトロッコ席には窓がなく、より自然を体感することができますよ!橋の上で停車したり、トンネルを楽しむ仕組みがされてあったりと、会津の自然を満喫するならぜひ乗りたい電車。会津鉄道で、春の会津の自然を満喫する旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

基本情報

名称:湯野上温泉駅

住所:福島県南会津郡下郷町大字湯野上字大島乙74

電話番号:0241‐68-2533

福島県の桜の名所についてご紹介しました。今回は春の魅力についてご紹介しましたが、福島は四季を通して魅力たっぷり。春の福島で、ぜひ素敵な時間を過ごしてくださいね!