東北LOVERS

福島県でおすすすめの郷土料理を厳選

2019年03月20日(水)/福島


福島県は日本で3番目に大きな面積を誇る都道府県です。
そのため、県内は「浜通り」「中通り」「会津地方」の3つの地域にわけられ、気候や食べ物、性格まで違う、と言われています。
浜通りは海沿いの地域で、夏は海からの風で涼しく、冬はあまり雪が降りません。
中通りは山に囲まれており、夏は盆地特有のじめじめした暑さが続きますが、夜は窓を開けて寝ると涼しいくらいに。会津地方も山に囲まれているため、夏は盆地の暑さ、冬は豪雪地帯としても知られています。
そんな福島県の郷土料理について、地域ごとにご紹介します。

①【浜通り】どぶ汁

【浜通り】どぶ汁

「どぶ汁」と聞くと、何のことだか分からない人も多いでしょう。
とてもインパクトのあるこの名前、実は「あんこう鍋」のことを指します。
茨城県、福島県沿岸でよく食べられるどぶ汁。
作り方は、あん肝をまずいためてから、野菜やきのこを入れて、煮込みます。
一部地域では、水を加えず、あんこうや野菜からでた水分のみを利用するレシピも。
新鮮なあんこうがとれるこの地域ならではの料理ですね。

②【浜通り】うにの貝焼

出典:いわき市のグルメ

いわき市の名物である、うにの貝焼。
ホッキ貝の貝殻にうにを乗せ、石窯で蒸し焼きにした料理です。
明治時代から続くといわれている料理で、生ではあまり日持ちしないうにを保存するために作られたのが始まりといわれています。
日持ちすること以外にも、熱を加えたことで甘みがまし、うにのつぶつぶやふわふわな食感をより味わうことができます。

観光の際にできたてを食べられるのが、「いわき・ら・ら・ミュウ」です。
海産物や加工品が多く販売されており、お土産を買う際にもぴったり。
いわき市には、スパリゾートハワイアンズやアクアマリンふくしま、いわき湯本温泉など観光地もたくさん!
ぜひいわきのおいしい海の幸を味わってみてください。

③【中通り】いかにんじん

【中通り】いかにんじん

福島県民の中には、いかにんじんが全国的な料理だと思っている方が居るかも…。
そのくらい有名で、なじみのある料理が「いかにんじん」です。
ポテトチップスのいかにんじん味が出たことでも有名ですね。

名前の通り、スルメとにんじんを醤油やお酒でつけたこの料理。いかにんじんのルーツはわかっていませんが、松前漬けと関係がある可能性は高いとされています。
幕末、松前藩と福島県の梁川藩の領地を移し替える国替えが行われた際、いかにんじんが松前漬けとなったのか、松前漬けがいかにんじんの元となったのかは定かではありません。

福島県北部の郷土料理、いかにんじん。
お酒にも合うので、おいしい福島の日本酒と一緒にいかがでしょうか。

④【中通り】ざくざく

【中通り】ざくざく

出典:熊坂仁美.com

中通りにある二本松市の郷土料理「ざくざく」。
大根、にんじん、ごぼう、こんにゃく、鶏肉、凍み豆腐、しいたけ…。
中に入っている具材は家庭ごとに違いますが、味付けはしょうゆとみりんと塩のあっさりな味、具材は1㎝程のさいの目状になっているのが特徴です。

このざくざくは、昔から冠婚葬祭の際に食べられてきました。
特に「祭」の時期に食べられるのが一般的になってきた現代。
二本松市では、毎年10月に「二本松の提灯祭り」が開催されます。
二本松駅周辺の家庭では、お祭りにあわせてざくざくを作るのが一般的です。
お祭りは大変盛り上がり、夜になってもお囃子が鳴りやみません。
年齢、男女関係なく盛り上がるこのお祭りは、地域の小学生はお祭りの日に休校になるほど。
地元を離れた大学生や社会人も、この日に合わせて帰省するほど、地域に愛されたお祭りです。
屋台ではざくざくの販売もされているので、ぜひざくざくで体を温めながら、幻想的で迫力のある提灯祭りも楽しんでくださいね。

⑤【中通り】鯉料理

鯉って食べられるの?
そんなことを思った方もいらっしゃるでしょう。

実は、中通りにある郡山市は鯉の生産量が日本一!
かつて安積開拓が行われた時代、安積疎流が完成しました。
水田ができ、水力発電所ができ、製糸業は紡績業が発達しました。
製糸業や紡績業で使われた蚕。
そのさなぎをえさにしていたのが鯉でした。

郡山市は内陸部にあるため、昔は新鮮な魚が流通していなかったんです。
そのため、郡山市では鯉の料理が作られるようになりました。

今では市内の飲食店で、鯉のお寿司、鯉のなめろう、鯉のアヒージョなど、和洋問わず様々な料理を食べることができます。
郡山市は新幹線の停車駅としても、大きな役割を果たしています。
福島県に来た際、郡山駅を利用する方も多いでしょうし、ぜひ鯉料理を食べてみてはいかがでしょう。

⑥【会津地方】鯉の甘煮

【会津地方】鯉の甘煮

出典:出典:Redsun’s – Jugem

郡山市の鯉料理は、産業の発展とともに普及していきました。
会津地方の場合は、郡山市とはちょっと違った普及の仕方をしたんです。

かつての会津藩家老が、天明の大飢饉対策を機に考えたのが藩政改革でした。
各家庭に池を作り、そこで鯉を育て、もし何かあった時は食べる。
それが鯉料理の普及した理由です。

会津地方の飲食店でよく見かける「鯉の甘煮」ですが、砂糖やしょうゆ、みりん、酒など当時としては高価なものばかり。
そのため、冠婚葬祭やお祝いの際に食べられた料理でした。

家庭で作られる機会は減りましたが、会津の旅館や飲食店で提供している場合があります。
会津地方は観光地も多いですし、温泉街もあるので、ぜひ合わせて食べてみてくださいね。

⑦【会津地方】こづゆ

【会津地方】こづゆ

出典:みんなのきょうの料理

二本松市のざくざくは、冠婚葬祭の際に食べられてきました。
会津地方の冠婚葬祭に欠かせないのが「こづゆ」です。

こづゆは、ほたての貝柱の出汁を使った料理です。
糸こんにゃく、豆麩、にんじん、しいたけ、里芋、銀杏、きくらげなどの具材が入っています。
会津地方は福島県でも内陸部にあるため、ほたての貝柱など、海産物は貴重な食材でした。
そのため、庶民はあまり食べることができなかったといわれています。
時代の変化とともに、庶民家庭にも広まるようになり、今では会津を代表する郷土料理となっています。

⑧【会津地方】にしん・スルメの天ぷら

【会津地方】にしん・スルメの天ぷら

出典:NIKKEI STYLE –

会津地方は内陸部。
ほたての貝柱や鯉も、海が近くないことで普及した食材です。
もうひとつ会津地方で有名なのが、にしんとスルメの天ぷらです。

内陸部にあるため、新鮮な魚ではなく、身欠きにしんやスルメ、棒たら、昆布などが流通していた会津地方。
会津地方でも特に水が綺麗な地域で、その水を使い、にしんやスルメを水につけて戻します。
にしんもスルメも、綺麗な水を吸ってふっくらとした食感が戻ります。

会津地方は、蕎麦の産地としても有名な場所です。
そのため、おいしいお蕎麦とにしん・スルメの天ぷらがセットになっている飲食店も少なくありません。
特に、強清水では蕎麦をメインにしている飲食店も多いので、観光の際はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

にしんは骨が多いですが、飲食店によっては骨を細かく取り除いていたり、そのままで天ぷらにするお店もあります。
小さなお子さんやお年寄りの方は特に注意してくださいね。


福島県の郷土料理についてご紹介しました。
このほかにも、福島にはおいしいグルメもたくさん!
観光地もたくさんありますし、魅力もたっぷり。
関東からのアクセスもいいですし、週末にゆっくり旅をするならぜひ福島に足を運んでみてはいかがでしょう。