東北LOVERS

アクセス困難の秘境!?青森県の絶景スポット!仏ヶ浦の見所まとめ

2018年05月05日(土)/青森


仏ヶ浦とは?

仏ヶ浦とは?

仏ヶ浦とは、青森県下北半島西岸の下北郡佐井村南部に所在する景勝地であり、様々な奇形の岩が立ち並ぶことで有名な日本の絶景スポット。一例を挙げると、岩といえども、如来の首、五百羅漢、一ツ仏、親子岩、 十三仏観音岩、天竜岩、蓮華岩、地蔵堂、 極楽浜などの岩が挙げられます。

仏ヶ浦は何故できたのか?

緑色凝灰岩を主とした岩石が非常に長い間の海蝕を受けた結果形成されたものと言われております。そもそも仏ヶ浦ができたのは、今からなんと約2000万年前にも遡るのだとか。日本列島がユーラシア大陸から分離して日本海が誕生する際に 大規模な海底火山活動により生まれたと考えられております。

仏ヶ浦のアクセスは?

海に面した断崖絶壁の真下にあるため、ここに行くためには下記2つの方法があります。

①船で海から行く

②車で行く方法

①船で海から行く

仏ヶ浦の船発着所

仏ヶ浦観光船は佐井から、4月20日〜10月末日まで営業運航しております。各会社によりますが、一例を挙げると、所要時間1時間30分の遊覧コースとなっており、約30分間仏ヶ浦に上陸して、観光を楽しむ事ができるものです。

詳しくは各遊覧船のホームページをご覧ください。

②車で行く方法

②の方法だと、下の写真のような山道を下っていきます。崖の上の駐車場に車を停めてから30分くらいおります。降りるのは良いのですが、帰りの登りがきつい、という方が多いようです

仏ヶ浦に車で行く場合

仏ヶ浦の見所まとめ

仏ヶ浦の見所といえば、なんといっても自然の力で作られた奇岩群です。写真を一挙ご紹介させていただきます。
仏ヶ浦の見所まとめ
自然が作り出したものとは思えない様々な形の岩と、樹々の濃い緑と白い凝灰岩のコントラストは絶景です。

仏ヶ浦の見所まとめ 仏ヶ浦の見所まとめ 仏ヶ浦の見所まとめ

仏ヶ浦 仏ヶ浦
海はとれも綺麗で透き通った海を見ることができます。IMG_2678 1

IMG_2689
仏ヶ浦には地蔵菩薩が祀られており、地蔵堂のほか、海岸の数カ所に石の地蔵様が鎮座しています。仏ヶ浦周辺の福浦地区や牛滝地区の漁師にとって、 この場所は大切な信仰の場所となっているようです。

IMG_2667

仏ヶ浦の概要

仏ヶ浦(ホトケガウラ)
所在地  青森県下北郡佐井村
交通アクセス
①下北交通バスターミナルからバスで120分
②船で30分
電話番号  0175-38-4515(佐井村役場)
ホームページ:http://saikanko.sakura.ne.jp/

仏ヶ浦に行った方の声(口コミ・感想)

観光船で仏ヶ浦に行った方の口コミ

  • ◯観光船は片道30分、仏ヶ浦には30分上陸し、船のスタッフさんが案内してくれます。自然の織りなす絶景がそこには広がっていました。下北半島を訪ねるなら恐山と合わせて観光することをお勧めします。
  • ◯青森港から佐井まで小さい観光船が出ています。それに乗船すると一望できます。下北半島沿いに行くので色んな景色が眺めることができますよ!

駐車場から徒歩で仏ヶ浦に行った方の口コミ

  • ◯仏ヶ浦は大きな岩が群立していて、とても迫力あります。階段を降りていくのはいいのですが、帰りは大変でした。
  • ◯心臓破りの坂?階段?があります。なかなかハードなのでご注意ください。でも景色は本当に素晴らしかったです!
  • ◯階段を降りていくと大変です。心臓破りの階段があります。油断して降りて行きましたが帰りは大変でした。しかし景色は最高です。西遊記に出てきた三蔵法師が出てきそうな場所です。一見の価値はあると思います。まだ未体験の方は海の方から行くべきでしょう
  • ◯駐車場から600メートル、坂道と階段を下って海岸に出ます。結構膝に響きます。海岸に出て、岩を眺めていると、どうやってこんな形になったのだろう、自然の力のすごさに感激しました。浜辺を少し歩いて行きました。何も穏やかだったので、水辺近くまで行くことが出来ました。大きさと言い、岩の形と言い、岩の白さと言い、仏様が海辺に立っているという神秘的な感じがしました。海岸から駐車場までの登りはそれなりにきついです。