四国LOVERS

徳島で四季折々を堪能!おすすめイベントを調査報告

2018年11月01日(木)/徳島


徳島は海に面した緑豊かな県になります。そのため四季折々を満喫できるところが盛りだくさん!しかしあまり有名でない徳島県…。2017年度の魅力度 都道府県ランキングではワースト3位の中に見事ランクインするなど世間の皆さまから少し残念な県だと、とられています。

やはりみなさんも四国へ遊びに行くための通過点と思われています?そんなことありませんよ!徳島の魅力、気づいてない方が多くいらっしゃるようでとても残念です。そこで今回は徳島で楽しめる四季のイベントをご紹介したいと思います。

●徳島の春

春と言えばやっぱり日本を代表する花、桜の季節ですよね♪
徳島だってもちろんあります!お花見のイベントや桜まつりが開催していますよ。

①吉良のエドヒガン

出典:ジョルダンの季節特集

忌部神社の隣にあり、樹齢約400年のエドヒガンは見るものを圧倒する美しさです。
巨樹は幹周り4.5m、樹高20m、枝張りは東西約23m、南北19.2mにもおよぶと記されていました。この桜は県内最大規模で、なんと県の天然記念物にも指定されています。地上から約1.5㍍ほど上から幹が3つに分かれており、1つ1つが空に大きく枝を広げているのです。そのため春の桜が咲く頃にエドヒガンを見上げると、空を覆い隠さんばかりの薄紅色の花びらが目の前に広がり、なんとも言えないきらびやかな風景にうっとり…。言葉を飲み込んでしまうほど見惚れてしまいます。

出典:I LOVE TOKUSHIMA

昔から樹齢の長い桜には女神が宿るとされているのですが、そう言われるのも納得できる美しさを兼ね供えている桜ですね。もちろんそれだけではありません。
さらにその美しさをぐっと引き立てる町の景観にあります。エドヒガンに向かうまでの集落一帯、とても趣があって沿道にある垂れ桜など何とも言えない風景画の中にいるかのようです。

ここでは桜の見頃である3月下旬から4月上旬までの期間夜桜を楽しめるよう日没から23時頃までライトアップされていまので是非一度圧巻とされてしまう。吉良のエドヒガンに出会ってほしいと思います。

②於安パーク桜フェスティバル

出典:巡るめく四国

つるぎ町の丘陵地にある大型公園。広々として遊具もありまさにお花見にぴったりのスポットです。ソメイヨシノを始め垂れ桜や八重桜と多くのの桜が咲く桜の名所です。見頃は3月下旬から4月上旬までその期間はライトアップとして提灯が電灯され多くの人で賑わっています。

毎年4月の第一日曜日には桜まつりが開催され、半田そうめん早食い大会や餅投げ、福投げ大会とイベントも多数開催されています。
また模擬店もあり、ダンスに阿波おどり大会などにぎやかなお祭りとなっていますのでシートを引いてわいわいと楽しむのもいいかと思います♪

●夏

夏はやっぱり花火大会♪これは外せないイベントですよね。夜空に大きな火の花が次々と打ち上げられてなんともきらびやかです。徳島でももちろんオススメの花火大会がありますのでそちらをピックアップしました。

①BOATRACE 鳴門 present鳴門花火大会

出典:日本の祭り・花火大会検

開催日は大体阿波おどりの前日あたりに毎年開催されています。そのため花火より始まる祭り期間の鳴門市はとても熱く盛り上がりをみせています!!

開催場所は撫養川沿い親水公園と、回りに遮る建物などがないため見通し抜群の場所なのでどこらかでも見ることは可能です。今年は『第九』アジア初演100周年記念として、約一万発の花火が打ち上げられたのですが、速射連発といくつもの花火が組み合わさり短時間の間に数十〜百発の花火玉を連続で打ち上げるスターマインはとても見応えあがありました!

出典:るるぶ&more.

また特別有料席はオススメの見方です。大人1000円、子供500円にはなりますが、お金を払うだけあって席のゆとりもありぎゅうぎゅうにならない。また風通しもよく、汗だくともおさらば。どこを座っていても目の前に花火が打ち上げられるので有料で見る価値は十分にあるかと思います。
いつも早めに完売してしまうようなので行くと決められたら是非チケットを先行ゲットしてください。

②美郷ほたるまつり

出典:豆知識PRESS

夏…と言うよりは初夏にあたる5月下旬から6月中旬頃に開催され、ホタル館入館者を対象としてホタル観測ツアーがとりおこなわれています。

ホタルって名前や生態は把握してますがなかなか実物を見る機会ってありませんよね?とくに都会に住むかたは見る場所すらも検討がつかないのではないでしょか?
こちら美郷では1970年(昭和45年)に美郷地区全体が「美郷のホタルおよびその生息地」として国の天然記念物に指定されています。美郷に生息するホタルは光の強いゲンジボタルを始めヘイケボタル、成虫は光らないオバボタル、メスの成虫が飛べないヒメボタル、メスの成虫が幼虫のような形のオオマドボタルの5種類の生息されていますが、そんなに多種存在していたって、ご存知でしたか?

出典:吉野川市

暗闇の中を飛び回るホタル…。とても幻想的ですよ!見る機会がめったにないと思いますのでこちらもチェックしてみてください。まつりだけあり、それと同時に模擬店やフラダンス、太鼓のイベントも合わせて開催しています!

●秋

秋も秋でイベントが盛りだくさん♪その中で芸術の秋と食欲の秋にちなんで紅葉狩りに果物狩りをご紹介しようと思います。

①祖谷のかずら橋

祖谷のかずら橋

祖谷のかずら橋

出典:大歩危・祖谷観光ナビ

秘境・祖谷にあるかずら橋。冬場の山野で自生シラクチカズラ(重さ約5t)を編み連ねて作られており、長さ45m、幅2m、水面上14mあり、国指定重要有形民俗文化財になっています。そこに鮮やかに紅や黄、緑と紅葉やカエデが色づき広がる木々の間からかずら橋が掛けられており、渡る最中にふと見ると隙間より足元には透き通る川が流れていてスリル満点。
そしてこちら例年11月上旬から中旬にかけて紅葉の見頃となるので、それに合わせて19:00~21:30にはライトアップされ、昼間とはまた違った幻想的な風景を見ることが出来ます。

こちら以外にもオススメ出来るスポットがあります。
祖谷渓や大歩危や小歩危の遊覧船もあるためお時間あれば合わせてぜひ堪能してほしいです。

②パイロット松下園

出典:matsushitaen.moo.jp

秋のイベントとして欠かせないのが食べ物屋狩りです。
キノコに果物栗拾いと種類は豊富。そんな中、子供達も楽しめ採った物をおいしくいただけるとなると…果物狩りではないでしょうか?そちらををご紹介します。紹介するパイロット松下園は徳島県の勝浦町にあり、季節ごとの果物を狩ることが出来ます。秋ではみかんと柿が旬で食べ放題の時間制限なしとありがたい時間体制となっています。広くて緩やかな傾斜地でとても見晴らしがよく気持ちよく収穫が可能です。また日当たりもよくてもぎ取った果物は甘味が強く美味しくいただけます。原っぱでシートを広げて色づいた紅葉を見ながら食べる甘くて美味しい果物。最高のシチュエーションになっています。

●冬

冬といったらイベントの宝庫ですね!クリスマスにお正月、今回はクリスマスのイルミネーションをチョイスして紹介していきたいと思います。

①ケンチョピア

出典:阿波ナビ

徳島市街地の中心部にあります県庁の前にヨットハーバーがあるのですが、場所にちなんで「ケンチョピア」と呼ばれて親しまれています。市街地にヨットハーバー?と珍しい景観ですよね。毎年クリスマスシーズンになると、イルミネーションをやります。ヨットハーバーに係留するヨットのマストにLedを飾り付けてクリスマス期間を彩ってくれます。
水辺に移り明かりが揺れるととても幻想的。恋人と二人で川の側道をゆっくり散歩するのはいかがでしょうか?ライトアップは16:30から0:00まで24と25日は翌朝まで点灯しています。

また、近くになると冬のイルミネーションも開催されていますので合わせて見に行くのもおすすめです。

②牛岐城趾公園

出典:Gooブログ(上記2点)

平成18年に『恋人の聖地』としても認定されているこちらの公園。LEDの青色発光ダイオード発祥の地であり、Ledのトップメーカーがある阿南市。夜になると頂上に常設されている『キラキラ・ドーム』や『願いの木』と名付けられた各箇所に約8万個によるLEDによるイルミネーションが輝きます。
冬のクリスマス期間のイベントには、アナンルミナスプロジェクトマッピングとしてLEDで装飾されたツリーの周りで多彩なイベントが繰り広げられます。

いかがですか?
徳島も意外にいろいろイベントが盛りだくさんなんです!ただの通過点にしてしまうなんてもったいない!一度高速より降りてみて徳島メインの観光旅行も候補に入れてみてください。