海外LOVERS

本場ドイツで食べたい!おすすめドイツ料理を厳選

2018年08月30日(木)/ドイツ

Pocket

1.ドイツ料理ってどんな料理

ドイツ料理といえば、ソーセージ。そのイメージ間違ってないですよ。街のいたるところに立ち食いファーストフード店がありますが、そこでは男性も女性も、子供もお年寄りもみんなソーセージを食べているのがドイツのイメージです。他にも豚肉料理を中心にドイツはがっつり肉食系料理を食べる国の一つです。北の海に面しているハンブルクなどに行けば魚料理も増えてくるかもしれませんが、基本ドイツのスーパーマーケットにはニシンのマリネとサーモンがひっそりと置いてあるくらいです。

2ドイツで食べたいおすすめ料理~肉料理編~

2-1.ヴァルストwurst

ミュンヘン

出典:Weißwurst München – das offizielle St

ドイツ語でソーセージです。フランクフルトは日本でも有名ですが、そのほかの街にもそれぞれソーセージがあるのご存知でしょうか。ミュンヘンのソーセージは真っ白なソーセージでWeiss wurst(バイスヴァルスト)と呼ばれ皮をむいて食べるのが特徴です。ミュンヘンに行くと朝ごはんに白ソーセージとビールを楽しんでいる方をよく見かけます。鮮度が大事なこの白ソーセージは南ドイツ以外ではあまり見かけることはできない貴重なソーセージ-セージです。ニュルンベルクのソーセージは他の地方のソーセージに比べて小ぶりでハーブがしっかり聞いてるタイプのソーセージです。

2-2.シュバイネハクセSchweinshaxe

ドイツ料理

出典:Schweinshaxe – Haflinger Haus

ドイツ代表海賊料理とでもいうべき豪快な料理です。大きな豚のすね肉にナイフが突き刺さって出ているあの料理。レストランでほんとにナイフが突き刺さって出てきます。外はカリッとなかはジューシー。1度は食べておきたいドイツ料理で定番料理です。

2-3.アイスバインEisbein

ドイツ料理

出典:Eisbein Essen 2012 – Bavarian Grill

シュバイネハクセンと並んで強烈な見た目の豪快料理。シュバイネハクセンはローストされたものですが、こちらは塩漬けにしてゆでたものです。料理名のアイスは、氷を使うわけではなく塩が氷のように見えることからアイスバインだそうです。じっくりと煮込んであるので以外とあっさり食べやすい料理です。

2-4.メットMett

ドイツ料理

出典:Gutes Essen Mett brötchen | Issa Deuts

メットはドイツ人に大人気のメニュー豚の生肉です。日本だと牛肉以外はしっかり火を通して食べますが、鮮度管理さえしっかりしていれば豚も生で食べられるようです。塩コショウで味を調えみじん切りの玉ねぎと混ぜたものをパンに塗って食べるのが一般的。マグロのような味がして食べるのに勇気はいりますが、食べてみると意外と美味しいですよ。

2-5.シュニッツェルSchnitzel

ドイツ料理

出典:Viking River Cruises Recipe: Wiener

こちらはドイツ風のカツレツです。牛肉シュニッツェル(Rinder Schnizel)や鶏肉のシュニッツェル(Hühner Schnitzel),アヒル肉シュニッツェル(Punten Schnizel)などいろんな種類のシュニッツェルがあります。

3ドイツで食べたいおすすめ料理~野菜料理編~

3-1シュパーゲルSpargel

ドイツ料理

ドイツ語でシュパーゲルとは白アスパラのことです。春にしか食べられないこのアスパラは決められた期間しかスーパーやレストランで販売することができず大体4月の中旬から6月の間で食べられる最高級の白アスパラです。普通のアスパラとはジューシーさや食感が全然違って一度食べたら忘れられない絶品です。運よくこの期間に旅行される際は少し高いですが試してみる価値ありです。

3-2カルトッフェルンザラーテkartoffelsalat

ドイツ

出典:Böhmischer Kartoffelsalat – Madame Cui

ドイツの家庭料理代表といえばカルトッフェルンザラーテことポテトサラダです。日本のじゃがいもとは違い、ポテトサラダ専用のポテトが売っているほど、ドイツ人はポテトにうるさいです。他にもじゃがバター用ポテトなど複数の種類が売っています。ほっこりマイルドなマッポテトにピクルスや玉ねぎベーコンを入れてつくるドイツのポテトサラダは侮るなかれ、とっても美味しいです。

3-3ザワークラフトSauerkraut

ドイツ料理

出典:10 Impressive Benefits of Sauerkraut |

ドイツの副菜の定番酢漬けのキャベツです。がっつり肉料理のお供には欠かせない一品です。野菜料理の少ないドイツではとってもありがたい野菜料理の一つです。

4.インビス料理編

インビスは立ち食いファースト店の総称で、主に中央駅や市内のいたるところで目にします。

4-1カリーヴァルスト(Currywurst)

ドイツ料理

出典:Currywurst Sauce, an Easy Recipe for

インビスの定番料理といえばカリーヴァルストです。大きめのソーセージぶつ切りにし、たっぷりとカレーパウダーをかけてさらに上からケチャップをかけて出てきます。大抵小さなパンとセットになっています。

4-2ポメス

ドイツ料理

出典:Pommes Frites with Pomegranate Teri

ポメスはドイツ語でフライドポテトのことです。ポテトにうるさいドイツ人のポメスはフレッシュという言葉がぴったりです。マクドナルドのフライドポテトもとっても美味しいですが、これはジャンルが全く違うフライドポテトです。駅構内などで簡単に見つかると思うのでぜひチェックしてみてください。

4-3ケパブ

ドイツ

出典:Döner Kebab Recipe (German, Turkish

ケパブはトルコ料理っというイメージですが、実はパンにそぎ落としたビーフやチキンを挟んで野菜とともに挟んで食べるスタイルはドイツ発祥なのをご存知でしょうか。というわけでドイツ国内には探さなくてもすぐ見つかるほどケパブ屋さんがたくさんあります。フレッシュな野菜が不足しがちなドイツ旅行でケパブはとてもありがたい存在です。

4-4.アイス(Eis)

夏以外は寒さの厳しいドイツですが、ドイツ人は甘いものが大好きです。子供からお年寄りまで、1年中アイスクリームを楽しんでます。なので、アイスのテイクアウェイショップがたくさんあります。甘すぎるということもなく、日本人の口にも合うアイスが1€ととっても安くドイツでは買えるので、ドイツの方に混ざってアイスを食べるのも悪くないですよ。

5.ドイツで食べたいおすすめ料理~パン/デザート編~

5-1プリッツエル(Brezel)

ドイツパン

出典:A Basket Of Freshly Baked Bavarian Pre

プリッツエルは油で揚げて作られるのでカロリーは高めのパンですが、腹持ちがいいのでプリッツェルダイエットも流行ったほどです。本場のプリッツェルは中はとってもしっとりしていて美味しいですよ。

5-2バームクーヘン

ドイツお菓子

出典:Original Baumkuchen aus der Konditor

バームクーヘンはドイツ発祥ということご存知でしたでしょうか。ドイツで1800年代に初めて作られたとされており、ドイツ語のバーム(木)のような見た目のクーヘン(ケーキ)ということでバームクーヘンと名づけられました。日本では最近かなり身近なお菓子となっていますが、ドイツ人にとてはクリスマスやお祝い事の時に食べる高級なお菓子。なのでバームクーヘンを食べたことのないドイツ人もたくさんいるのだそうです。また、バームクーヘンは法律で材料の割合や作り方が定義されており、厳しい基準をクリアしないとバームクーヘンとは呼べないのです。そんなバームクーヘンのドイツ最古のレシピはザルツヴェーデルでバウムクーヘン専門店を営むヘニヒ家が保有しています。「最初のザルツヴェーデルのバウムクーヘン工場」という名前のこのお店では手作りのバームクーヘンが購入できるだけでなく、作っているところも見学できるので、バームクーヘン好きにはたまらないスポットです。

5-3ハイネマンのシャンパントリュフ

ハイネマン

出典:Heinemann Konditorei Confiserie – 11 Be

バームクーヘンと並んでドイツの有名なお菓子と言えばハイネマンのシャンパントリュフで世界中の食通に愛されている有名なトリュフです。日本人街のあるデュッセルドルフに本店があり他はミュンヘンのマリエン広場に支店があります。ちなみに日本でもチョコレートの賞を受賞した実績もあります。お店にはチョコレートやケーキ、バームクーヘンやサブレなどもありますが、なんといってもおすすめはシャンパントリュフです。甘さ控えめのチョコレートの中から、噛むとジュワットとろけるシャンパンクリームが飛び出してきます。海外のチョコレートはちょっと甘すぎて苦手といった方にも絶対おすすめです。あまり出回らない貴重なトリュフは出会えたら即買い決定です。

6.ドイツビール

ドイツ

出典:New Jersey Oktoberfest | Resorts Atlan

料理ではないですが、ドイツと言えばビール。各地方でそれぞれご当地のビールがあるのはご存知でしたでしょうか。ケルンはケルシュと呼ばれるライトで甘めのビール。お隣のデュッセルドルフは黒ビールのアルトビール。ミュンヘンにはオクトーバーフェストでしか飲むことのできないアルコール度数なんと5.9%のビールがあります。ベルリンは白ビールを赤や緑のシロップで割ったビールカクテルが有名です。ドイツのビールは味がしっかり楽しめるように、日本ほどキンキンに冷やさず常温がメジャーです。また、1度ビールを頼むとオーダーせずとも飲み終わったら次のビールをもってきてコースターに鉛筆でチェックを入れます。おかわりがいらない場合はコースターでグラスの口を閉じておけば大丈夫です。

7.まとめ

ドイツはソーセージやビール以外にもたくさん伝統料理があります。期間限定のものや、なかなか他では食べらない料理も多いのでドイツに来たら食べ逃しがないようチェックしてみてください。