海外LOVERS

タイ・プーケットで食べたいローカルグルメ&オススメ食堂

2021年03月22日(月)/タイ

Pocket

過去に出掛けた海外旅行を振り返ってみると、泊まったホテルや訪れた観光地とともに、現地で食べた料理を思い出すことがありませんか?

「美味しかった」はもちろん、「イマイチ」や「お店の雰囲気が・・・」など案外昔のことでも覚えているものです。

食べることを目的で行く方もいるほど、「食」は海外旅行とは切り離すことが出来ないほど重要です。でも、プーケットならきっと満足できるはず。

「タイ料理って辛いでしょ?」「パクチーが苦手」なんて方も、心配無用。実は、日本人の口にあったメニューがたくさんあります。

そこでプーケットで忘れずに食べておきたいグルメと、出掛けておきたいオススメの食堂をご紹介します。

これは食べておきたい!タイのローカルグルメ

パッタイ

米粉から作った平たい麺で作る、タイ風焼きそばのこと。

パッタイ

出典:ameblo.jp

タイ料理ではお馴染みの調味料・ナンプラー、タマリンドやパームシュガーの酸味や甘み、にんにくなどが味の決め手。

日本人でも食べやすい味付けなので、タイ料理初心者や辛いのが苦手な方でも安心して食べられます。

パッタイ

出典:沖縄好きな元広島演劇人の西オーストラリアその後日記

鶏肉やニラ・もやし・海老などお店によって多少具材が異なり、砕いたピーナッツやパクチー・ライムが添えられることもあります。

トムヤムクン

ふかひれスープ・ブイヤベースと並んで世界3大スープの1つと言われています。

トムヤムクン

出典:プーケット人

「トム」は煮る・茹でる、「ヤム」は混ぜる、「クン」は海老のこと。

具材は海老以外に、フクロタケというキノコも入っています。海老の代わりに鶏肉を入れればトムヤムガイ、豚肉ならトムヤムムーとなります。

トムヤムクン

出典:フォートラベル

一口すすると口の中に酸味と辛みが広がりますが、お店によってはココナッツミルクや牛乳を加えてまろやかな味わいに仕上げたトムヤムクンナームコンもあります。

プーパッポンカリー

プーパッポンカリー

出典:My Life is a Journey 〜だいぶつのつぶやき〜

殻付きのワタリガニと卵のイエローカレー炒めのこと。卵のおかげで辛さが抑えられるので、辛いのが苦手な方でも食べやすい。

「プー」はカニ、「パッ」は炒める、「ポン」は粉を意味しています。

プーパッポンカリー

出典:落語とカメラと散策と

バンコクにあるソンブーンというお店が発祥と言われ、プーケットのレストランでも食べることが出来ます。

カニを使うということもあり、値段はちょっと高め。食堂によりメニューにない場合もありますが、あれば必食!

ガパオ

ガパオ

出典:フォートラベル

ガパオとは、タイ語ではホーリーバジルのこと。メニューに写真があれば指差しで簡単にオーダーできますが、ガパオだけでは恐らく通じません。

ガパオ

出典:まんぷく夫婦の世界一周グルメ旅

オーダーの際は「パッ、ガパオ、○○」で、○○には鶏肉ならガイ、豚肉ならムーまたはムーサップ、シーフードならタレーが入ります。

ワンプレートでご飯と一緒に食べるなら最初にご飯を意味する「カオ」または「ガパオライス」、さらに目玉焼きを付けるなら「カイダーオ」を付ければOK。

空芯菜炒め

空芯菜炒め

出典:Y’s Style

空芯菜を使った炒め物で、タイ語ではパックブーンファイデーン。「パックブーン」は空芯菜、「ファイデーン」は赤い炎

空芯菜は茎が空洞になっているので、シャキシャキとした食感が楽しめます。βカロテンが豊富で、体の熱を取って余分な水分を排出する効果も高いとか。

空芯菜炒め

出典:Maribuの南国プーケットおすすめ情報ブログ!

味付けにニンニクや唐辛子を使っているため、ビールに良く合います。

一年中暑いプーケットでは、キンキンに冷えたビールと空芯菜炒めは最高の組み合わせ。

ヤムウンセン

ヤムウンセン

出典:タイフリークブログ

「ヤム」は和える、「ウンセン」は春雨。茹でた春雨に、野菜やシーフードを和えたサラダのこと。

現地では、紫玉ねぎやセロリ・キクラゲ・海老・イカ・豚ひき肉・パクチーなどがよく使われています。

ヤムウンセン

出典:TANEBI

ライムやレモン汁などの程よい酸味と、唐辛子のピリッとした辛さのバランスが最高

サラダというと冷蔵庫で冷やしたもののイメージですが、ヤムウンセンは、茹でたての具材をサッと調味料で和えて温かいまま食べるのが現地流。

タイスキ

日本のすき焼きをヒントにして広まったと言われるタイの鍋料理。

タイスキ

出典:フォートラベル

スープに魚介類や野菜・練り物などを入れるので、すき焼きと言うより寄せ鍋やしゃぶしゃぶの方が近いかも。

食堂では扱っていない場合もありますが、タイにはMKレストランやコカレストランといったタイスキ専門店もあります。

タイスキ

出典:フォートラベル

つけダレにはタイの調味料タオチオやオイスターソース・チリソースを使い、ニンニクやライム・唐辛子をトッピングして自分好みにアレンジ出来ます。

グリーンカレー

プーケットでグリーンカレーと言えば、ブルーエレファントという高級レストランが有名。

グリーンカレー

出典:あじあ人 @Asia-Jin

しかし、街中にある食堂でも充分美味しいグリーンカレーに出会えます。

日本の一般的なカレーとは全く異なり、スープカレーのような感じ。

グリーンカレー

出典:湯煙おやじの旅日記

鮮やかな緑色は青唐辛子やハーブからペーストを作るためで、ココナッツミルクの割合が多いと少し白っぽくなりますが辛さもマイルドに。

具材はお店によって異なりますが、鶏肉やナスがスタンダード

ソムタム

タイ東北部イサーン地方の料理で「ソム」は酸っぱい、「タム」は叩くと言う意味。

ソムタム

出典:日米学院マネージャーのブログ

ソムタム作りに欠かせないのがクロックと呼ばれる臼と、突き棒のサーク。

主に使われる材料は青パパイヤで、クロックに具材を入れてサークで叩きながら混ぜ合わせていきます。

ソムタム

出典:ブログが書けたよ!

調味料には、ナンプラー・ニンニク・ココナッツシュガー・ライムなどが入ります。

酸っぱい・辛い・甘いと言った複雑な味わいと、青パパイヤのシャキシャキ食感がクセになります。

カオマンガイ

茹でた鶏肉を、その茹で汁で炊いたご飯に乗せたチキンライス。

カオマンガイ

出典:ameblo.jp

中国の海南島やシンガポールなど、東南アジアの国々ではポピュラーなメニュー

チキンライスと言っても、日本で言うところのケチャップで味付けしたものとは全く違います。

カオマンガイ

出典:ameblo.jp

鶏の旨みがギュッとご飯に染みこみ、シンプルだけど実に奥が深い。

一緒に付いてくる甘辛のタレはお店によって味が異なるので、いろんなお店のカオマンガイを食べ比べてみるとよくわかります。

行っておきたい食堂 パトンエリア&プーケットタウン

パトンエリア

サバイサバイ

プーケットで最も賑やかなパトンエリアの、ビーチロードから路地に入った所にあります。

サバイサバイ

出典:フォートラベル

1987年の創業以来、地元の人はもちろん世界中から訪れる観光客の胃袋をガッチリ掴んでいます

ガッツリとした食堂と言う雰囲気ではないので、女性1人でも入りやすい。

サバイサバイ

出典:makitanの食うが如く

化学調味料を一切使用せず、メニューはタイ料理をはじめ洋食などバリエーションも豊富。

ぜひ食べておきたいのがグリーンカレー。ココナッツミルクたっぷりで少し甘めなので、タイ料理初心者でも食べやすい味付け。

サバイサバイ

出典:KM delicious trip

どのメニューもハズレ無しの美味しさ。クチコミでの人気の高さが分かります。

レストランの壁にはメッセージボードがあり、観光客が母国語でメッセージを書いたり写真を貼っていったりしています。

もちろん日本語もあるので、訪れたらぜひメッセージを残していきましょう。

バイレイ

パトンエリアでも有名なカオマンガイのお店。1つ¥200程度からという値段設定も有り難い。

バイレイ

出典:rak mark thailand

朝6:30頃にはオープンし、16:30には閉店。ただし売り切れ次第終了なので、気になる方はお早めに。

入口に調理台があるので、作業の様子がよく見えます。入店したらまずは人数を告げ、メニューから番号か指差しでオーダー。

バイレイ

出典:GO! GO!! GO!!!

特製のタレはピリッとした辛さで、一緒に付いてくる鶏の旨みが凝縮したスープも美味しい!

カオマンガイ以外にもチャーシューをご飯に乗せたカオムーデーンや、豚肉を揚げた物を乗せたカオムーコップなどもあります。

バイレイ

出典:四季のブログ/丹志井商店

テイクアウトや大盛りも可能。2020年8月にはコロナで観光客が激減したパトンを離れ、タウンの方へ一旦移転していました。

しかし、2020年10月には再び戻って営業を再開しているそうです。以前と外観が少し変わっているようなので、通り過ぎに注意!

ソムタムヤムパオ

ソムタムヤムパオ

出典:フォートラベル

ソムタムが美味しいと有名なお店。パトンエリアの中心部からカリムビーチ方面へ向かったところにあり、トゥクトゥクやバイクタクシーでの移動が便利

現地の人に人気で、観光客にはまだあまり知られていない穴場。食堂と言うよりもオシャレなカフェのようで、居心地の良さも抜群。

ソムタムヤムパオ

出典:ひかるぶろぐ

ソムタム以外にもシーフードを使ったメニューがたくさんあり、特にカキやイカなどが人気。

メニューはタイ語・英語・中国語の表記のみで、日本語はありません。

ソムタムヤムパオ

出典:タビナカ

主なメニューには写真が載っているので、オーダーは指差しで問題ありません。

パトンエリアは観光客が多いため値段が高めですが、ここはローカル中心なのでとってもリーズナブル。1度行ってみる価値ありです。

プーケットタウン

ナチュラルレストラン

周りを緑に囲まれた一軒家のレストランで、都会の中に佇むオアシス的存在

ナチュラルレストラン

出典:YADORIGI

店内もイスやテーブル・インテリアなども木をふんだんに使い、まるで森の中にいるよう。

プーケット在住の日本人や、欧米系の観光客にもよく知られています。

ご飯ものや麺料理に魚介類など、タイのローカルフードを中心に200種ほどのメニューが揃っています。

ナチュラルレストラン

出典:LINEトラベルjp

なかでも豚肉を使った料理が評判で、ムーホンという豚の角煮のようなものがオススメ。

スパイスが効いていて、トロトロでコラーゲンもたっぷり。現地の方に合わせた価格設定なので、とってもリーズナブル。

ナチュラルレストラン

出典:トリップアドバイザー

メニューは写真付きなので、見やすくオーダーしやすいのも有り難い。

食堂はちょっと抵抗があると言うタイ料理・タイ旅行初心者でも、安心して出掛けられるお店です。

アップタウンレストラン

ロビンソンデパートの近くという立地なので、プーケットタウンの散策の際にぜひランチに訪れたいお店

アップタウンレストラン

出典:プーケットしまかぜ案内人

地元の人も多いのは、それだけ美味しい証拠。かといって辛いメニューばかりというわけではないので、日本人にも好まれる味付け。

特に麺料理やチャーハンが人気。お腹が空いて、ガッツリ食べたい時にピッタリ。

アップタウンレストラン

出典:livedoor Blog

クチコミでも有名になったのが、トムヤムヌードル。あっさりしてそれほど辛くなく、食べやすい。

明るい店内で清潔感もあり、女性一人でも安心して利用できます。

アップタウンレストラン

出典:トリップアドバイザー

「毎日食べても飽きないようなメニューを」と心掛けているオーナーさんの思いが、60を越えるメニューに反映されています。

プーケットの食堂やレストランはテーブルで会計を行うのが一般的ですが、こちらでは渡された木札を食後にレジで提示して済ませるスタイル

コタ・カオマンガイ

コタ・カオマンガイ

出典:バンコクナビ

プーケットにあるカオマンガイを扱うお店は数百あると言われる中、1・2を争うほど有名なカオマンガイ専門店

見た目はいかにもローカル食堂と言った感じでひっきりなしに地元の人が出入りしていて、お昼時には席が埋まるほどの人気店。

コタ・カオマンガイ

出典:フォートラベル

これだけ地元の人に支持されているというのは、観光客としてもお店を選ぶ基準になりますね。

お店によってはパサつきがちな鶏肉も、こちらのお店では心配なし。

とてもジューシーで、それに負けない鶏のエキスと旨みが染みこんだご飯がベストマッチ

コタ・カオマンガイ

出典:行政書士中村裕司の日記

少し甘めのタレをかけるとさらに美味しさアップ。また豚足や揚げた豚肉なども一緒に乗ったミックスもあるので、いつもと違うカオマンガイを試したい方にオススメ。

値段も¥200程度からとリーズナブル


食堂で食べるタイ料理の魅力は、何と言っても安いこと。

それにご飯ものや麺料理にシーフード、肉料理にスープや野菜と、バランス良く食べることが出来ます

タイ語や英語がわからなくても、写真付きメニューを置いている食堂も多いので安心。

ぜひプーケットでは、地元の人に交じって食堂で美味しいローカルグルメの食べ比べをお楽しみください。

※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、時短営業や休業の場合もあります。お出かけ前に最新情報をご確認ください。