海外LOVERS

カナダ・BC州に来たらこれを買え!バンクーバー・ビクトリアのお土産を厳選

2019年03月25日(月)/カナダ

Pocket

カナダへ旅行、ワーホリや留学に行く人は年々増えていますが、帰国時に困るのがお土産選びですよね。

  • 学校や会社の人配るばらまき用は何にしよう?
  • 彼氏彼女、大切な友達にはちょっと特別なものをあげたいけど、何をあげよう?
  • 家族や自分用にはどんなものが思い出に残るかな?

など、渡す相手によってそれぞれ違ったものを渡したいですよね。今回はそんなお悩みに答えて、カナダのバンクーバーやビクトリアなどのBC州に来た時に買いたいお土産を、渡す相手別に紹介します。

学校に、仕事場に ばらまき系のお土産

お休みをくれた会社や、学校の友達へばらまける、できるだけかさばらなくて大量に安く購入できるものを紹介します。

メープルクッキー

一発目からかなりかさばるお土産を紹介してしまっていますが、カナダと日本を3往復した筆者は、日本に帰っていろんな人にお土産を渡した結果、誰からも一番喜ばれるのはやっぱりメープルクッキーです。

maple cookie2

出典:ameblo.jp

お土産屋さんで買うと少し割高ですが、カナダの綺麗な町並みの写真がパッケージになっており、渡すときに「カナダって綺麗な場所なんだね~」と必ず言ってもらえて、カナダの美しさも一緒に楽しんでもらえるのでおすすめです。

maple cookie

安さを重視するならパッケージはシンプルですが、LONDON DRUGなどのドラッグストアで安売りしている時を狙いましょう。

Murchie’sの紅茶

murchies tea

出典:ブリティッシュ・コロンビア州観光局

ビクトリア発祥の老舗カフェマーチーズでは、お土産も購入できます。写真の10包のティーバックが入ったパックなら、タバコの箱くらいの小さいサイズでかさばらず、たくさん買ってみんなに配れるので、お土産にぴったり。メープルフレーバーの紅茶など、日本ではなかなか味わえないカナダらしさ満点のフレーバーがおすすめ。

DAVIDs TEAのおもしろフレーバーの紅茶

davids tea

出典:tripadvisor.ca

トロント発祥のおしゃれな紅茶ブランド、デイビット・ティー。クラシックな紅茶はもちろんですが、「タルトフレーバー」や「チョコアーモンドフレーバー」など、面白いフレーバーがたくさんあり、このようなかわいい缶に入っているセットを購入して、学校や職場でどれがいい?とみんなでフレーバーを見ながら選んでもらっても楽しいですよね!

Bath & Body worksのハンドサニタイザー

bath&bodyworks

出典:thegalleria.eu

こちらはカナダではなくアメリカ発のブランドですが、豊富な香りの種類と可愛いパッケージでお土産の定番になりつつあるのが、手のアルコール消毒ジェル・ハンドサニタイザーです。

男性も使えるシンプルでさっぱりした香りから、とっても美味しそうなスイーツの香りのものまで種類は豊富で、ちょっと手を洗いたいときに一つ持っているととても便利な品。まとめ買いで安くなるので、ばらまき用のお土産に最適です。

彼氏や男友達に喜ばれるお土産

お世話になっている男性にちょっと特別なお土産を紹介します。

Rootsの服やレザー製品

カナダを代表するアパレルブランドと言えばルーツですよね。

フーディー

roots foodie

出典:Roots

冬ならルーツのフーディーを着た人を1日1回は見るのではないかというくらいカナダファッションの定番アイテム。裏起毛で暖かく、生地もしっかりしているので、外でも部屋着用としてもたくさん着てもらえるはず!

サイズは日本サイズより大きめなので、普段日本で購入するサイズより一つ小さいものを選ぶとちょうどいいです。

レザー製品

roots wallet

出典:roots.com

ルーツは洋服だけでなくレザー製品も有名なのです。バッグや財布、カードケースなどがあり、使っているうちに手に馴染んみ、味の出てくるレザー製品は長く使ってもらえます。

ジップアラウンドタイプの二つ折り財布は、カナダ紙幣サイズに合わせて作られてあり、カナダ紙幣より一回り大きい日本紙幣は入らないのでご注意ください!

Herschelの小物

herschel

出典:Amazon.com

日本でもハーシェルのバックパックを持っている人を見かけるようになりましたが、こちらもバンクーバー発のブランドです。シンプルなデザインにロゴがお洒落ですよね。

バックパックはさすがに日本にもって帰る際に型くずれしてしまうかもしれませんが、お財布、カードケース、ポーチ、PCケースなどの小物系ならかさばらずおすすめです!

彼女や女友達に喜ばれるお土産

お世話になっている女性に、喜んでいるもらえる見た目もかわいいお土産を紹介します。

MAC

mac

出典:Influenster

日本でも大人気のコスメブランドMACは、アメリカ発祥と思われがちですが、実はカナダのトロントが発祥です。日本で手に入らないカナダ限定商品もあり、さらに日本で購入するよりも安く手に入るので、女性に渡すお土産としておすすめ。

特にMACのリップは発色が良いことで有名で、荷物としてもかさばらないので相手の女性の顔を想像しながら色を選んであげるのもいいですね。

Sephoraの化粧品

カナダ限定の化粧品は多くありませんが、セフォラは日本未上陸のコスメブランドがたくさん入っており、コスメ好きの女性に喜ばれます。

too faced

too faced

 

出典:Too Faced

too facedは女心をくすぐる可愛らしいパッケージばかりで、日本未上陸ブランドながらも、日本人女性に人気のブランドです。このブランドを知らなかったとしても、袋をあけた瞬間「かわいい~!」と間違えなく感動されるコスメです。

パッケージはどれもものすごく可愛いですが人気商品はチョコレートの香りのする高発色アイシャドウ「Chocolate Bon Bons」や、キャッチーなネーミングのマスカラ「Better Than Sex Mascara」です。

benefit

benefit

出典:NYLON japan

benefitはアメリカ・サンフランシスコ発のコスメブランドで、レトロなパッケージがおしゃれで、機能性も高いコスメブランド。お土産として単品でプレゼントするのももちろんありですが、benefitには写真のようなコスメキットがあります。

ブランドを代表する人気商品が、持ち運びにもぴったりなミニサイズで用意されており、ギフトにぴったりです。

香水

sephora

出典:BuyMa

セフォラには有名ブランドのロールオン香水や、小さな香水の詰め合わせキットなどががたくさん置いてあります。小さな香水は持ち運びや旅行のときにあるととても便利なので喜ばれます!

何をプレゼントすればいいか迷ったら、クロエの香水は男子受けも女子受けもする大人気香水なので、そちらを選んでみてはいかがでしょうか?

Rogersのチョコレート

rogers

出典:Rogers’ Chocolates

ビクトリア発祥の高級チョコレートブランドRogers。おすすめはカナダの自然や町並みが缶に描かれた「Canadian Art Tins」のコレクション。食べ終わった後も缶を取っておけるのがいいですね。

家族に喜ばれるお土産

誰よりもお土産を期待しているのが家族ですよね。そんな家族兼自分用のカナダらしさ溢れるお土産を見ていきましょう。

メープルシロップ

maple syrup

出典:BBC

筆者は家族に「メープルシロップ買ってきて!」と耳にタコができるほど言われました。カナダに行ったことの無い人は「カナダ=メープルシロップしか知らない!」という人も多いのではないでしょうか?

やはり重さのあるお土産のため、友達にはなかなか買ってきて!と言いにくいですし、本場のメープルシロップを買っていってあげると喜ばれます。

パンケーキの上にかけるだけではなく、砂糖や蜂蜜の代わりに料理に使えるのでおすすめです。

メープルシロップには実はグレードがあり、色が薄い方から「ゴールデン」<「アンバー」<「ダーク」<「ベリーダーク」と4つのグレードに分けられています。

色が薄いものから順に早い時期に収穫されており、色が濃くなるごとに味もしっかりとした濃い味になっていきます。

日本人に一番よく食べられているのは「アンバー」です。

アイスワイン

ice wine

 

出典:UCanada.com

カナダでは有名なアイスワインですが、日本ではなかなか見かけないですよね。アイスワインとは、気温が低い地域で自然に凍ったぶどうを材料に作ったワインのことで、甘口のデザートワインです。凍ったぶどうからは通常の1割程しか果汁が絞れず、収穫量も非常に少なく、とても貴重なワインなのです。

お酒が好きなお父さんにはもちろん、お酒があまり得意でないお母さんにも、アルコール度数が5%程でとても甘みが強いのでデザート感覚で楽しめて、喜んでもらえる事間違えなしです。

Starbucksのご当地マグカップ「You Are Here」

you are here mug

出典:Starbucks Mugs

スターバックスには「You Are Here」コレクションというご当地マグカップが存在します。マグカップには地名と、その場所を象徴するイラストが描かれていて、縦に重ねてコレクションできるようになっています。

カナダでも場所によって何種類もあるので、訪れた先々コレクションするものいいですね。

マグカップ以外にも、カナダ限定のタンブラーもあるので、日本のスタバに行くときに珍しいデザインのタンブラーを持っていけば、スタバの店員さんに「このタンブラーどこで買ったんですか?」と話のネタになること間違いなし!

Tim hortonsのタンブラー

Tims

出典:Tim Hortons

カナダのコーヒーショップと言えばティムホートンズですよね。スタバのタンブラーに比べてシンプルなものが多いですが、「Tim hortons」のロゴを見るたびに、日本では味わえないあの味が懐かしくなるでしょう!

都市や大学の名前の入ったパーカーやプルオーバー

canada cloths

出典:ワウネタ海外生活

これはダサい…と思う方と賛否両論あるお土産グッズになりますが、「カナダ」や「バンクーバー」など都市の名前の入った何かがほしい方にはおすすめです。

同じ地名の入ったお土産グッズのマグネットやスノードームなどは、飾る以外使う用途がないですが、洋服なら部屋着として毎日でも着る事ができるのでおすすめです。

大学に留学していた方であれば、すでに持っているかもしれませんが、自分が通った大学名の服を買うのもいいですね。

カナダの国旗シリーズ

canada flag

出典:www.compathy.net

カナダに行った!という証がほしい方へおすすめな国旗シリーズのお土産。お土産ショップにはたくさん国旗の写真の入ったお土産があります。キーホルダー、文房具、マグネット、トランプ、ショットグラスなどお土産の定番品の中から気に入ったものが見つかるでしょう。

旅の最後の締めくくり!楽しくお土産を選ぼう!

今回はビクトリアでおすすめのお土産についてご紹介しました。お土産を渡すときにはカナダでの素敵なエピソードもぜひ一緒に伝えてあげてください!