海外LOVERS

憧れのモルディブ観光ですべき8つのこと

2018年10月14日(日)/モルディブ

Pocket

今回筆者は週末の短い休みを使ってモルディブに行きました。短い期間でしたが、十分満喫でき非日常な時を過ごす事が出来ました。実際に行ってみて感じた事やオススメの行き方、そこでぜひ体験してほしい「モルディブですべき8つのこと」を紹介します。

1.はじめに

モルディブと言われると・・・まず思いつくのは水上コテージ!そしてハネムーンではないでしょうか?年々人気が高まり、旅行客が増えているのも事実です。でも・・・ハネムーンとかで有名だし、高いんじゃないの?や、友だち同士で行くのはどうなのか?と思う方もいると思います。そんな心配全くありません!ぜーんぶ拭い去ってぜひモルディブにのんびりとした、非日常な時間、そして優雅な時間を過ごしに行きましょう!

2.モルディブへの行き方をいくつか紹介!

日本からモルディブへは直行便がありません。第三国を経由して向かいます。第三国も何か国かあり、自分にあった時間や金額で選べます。経由地としてメジャーなのはシンガポール、ドバイ、スリランカです。その他にもマレーシア、香港、韓国などがあります。

①シンガポール経由

シンガポール経由で行く場合はシンガポール航空利用。シンガポール航空はベストエアラインNO.1に選ばれており、サービスや機材の質の高さが人気です。日本からシンガポール経由でモルディブに行く場合は14時間以上はかかります。しかし東京や大阪からは夜便が出ており、仕事帰りに行けるなど、時間を有効に使えるのが人気の理由の一つだと思います。

②ドバイ経由

ドバイ経由での行き方はモルディブだけでなく、ドバイの魅力も満喫できる事から、ハネムーンなどに選ばれる事が多いです。ドバイ経由ですと、エミレーツ航空利用になり、機材はとても最新のもので、サービスも最高です。座席の幅も広く感じました。そして燃油サーチャージは今0円という事で料金はお手数頃になっています。時間は15時間以上でドバイでのトランジットの時間が長いところが特徴です。

③スリランカ経由

時間を短くいきたい場合はスリランカ航空利用でコロンボ経由をおすすめします。日本からは最短で行くことが出来約13時間程。値段も一番安く行くことが出来ますが、毎日運航しておらず、決められた曜日のみになります。時間があり、値段を抑えて行きたい方には一番のおすすめです。

④タイ経由

今回筆者タイ経由で行きましたのでこちらの行き方も紹介します。値段も安く、時間も有効に使えるものはないか・・・とわがままを言い、大阪発でタイ経由のLCCエアアジアで行きました。個人手配になりますのであまり旅行会社やツアーのプランとしてはあまり出ていません。深夜便で仕事後に出発する事が出来て、寝ている間にタイに着きました。そこから約5時間半という長いトランジットで、モルディブに着いたの次の日のお昼11時頃。約15時間かかりましたが、深夜便で寝ている間に現地に到着するので時間は有効に使え、値段も連休でしたがLCCという事もあり6万程でした。やはり座席の幅は他の航空機と比べると狭く、荷物も別料金での預かりになりますが、空いていたので座席2つ分使っていたのもありますが・・・全然気にせず過ごす事が出来ました。モルディブ旅行

3.モルディブステイでしたい8つの事

1.リゾート選びをしましょう

「インド洋の真珠」とも呼ばれるモルディブ。モルディブは26の環礁と約1200もの島からなる国です。一つの島も小さいもので1週周るのに数分程で、大きい島でも40分程で周れてしまうくらいです。そしてモルディブの最大の特徴は1島1リゾート!島全体がリゾートの敷地で、そこにはゲストと働くスタッフのみです。各リゾートごとに個性が異なり、自然豊かな手着かずなリゾートから、最先端の施設などを取りそろえたリゾートもあります。ヴィラやアクティビティもそのリゾートごとに全く違ったものですので自分にあったリゾートを選びましょう。モルディブの海

マレにあるモルディブの空港、ヴェラナ国際空港から各リゾートへは水上ボートや国内線の飛行機など様々の方法で行きます。あらかじめ予約する前にはどこの環礁なのか、どうやって行くのかを調べる必要があります。リゾート手配で送迎してくれるところが多いのでコンタクトを取り、送迎のお願いをしておく事をおすすめします!

2.水上ヴィラに泊まろう!

モルディブの海 水上ビィラモルディブと言ったら、水上ヴィラ!というくらい定番。エメラルドグリーンの海に浮かんだ水上ヴィラが最高です。一生に一度は泊まってみたい!と思っている方も多いのではないでしょうか?

モルディブの海たいていの水上ヴィラはテラスに階段が付いていて、そのまま海に入る事が出来ます。朝起きてすぐに海に泳ぎに行き、疲れたらヴィラに戻って昼寝をして、また泳ぎに行くなんて贅沢も出来ます。水上ヴィラもリーズナブルなものから、1泊50万以上するものから様々です。子供連れですと泊まれない水上ヴィラも多く、大人だけの贅沢リゾート地です。人目も気にする事なく気ままに過ごすことが出来るのも水上ヴィラならではの楽しみ方です。テラスでお酒片手にたわいもない会話も綺麗な海を背景にすると急に優雅な気分になれますよ。

3.綺麗な海で泳ごう!

モルディブの海モルディブで過ごすリゾートの時間は、常に美しい海と共にあります。モルディブの海はどこも綺麗で澄んでいますが、島ごとに見える海の特徴が違っています。とはいえヴィラを降りたら、もうそこは綺麗なエメラルドグリーンの透明の海です。熱帯魚が見える近さで泳いでいたり、マンタやサメなども間近に見る事が出来ます。もちろんマンタもサメも人に危害を加える危険なものではありませんのでご安心を。サンゴ礁の近くを見るとそこにはたくさんの熱帯魚たちが。海がキラキラ輝き綺麗な色の熱帯魚が泳ぐところを見ると、まるで水族館のようです。モルディブの海

太陽が差し込むデイタイムから、夕日の赤く染まった様子など時間帯によって様々な表情を楽しんでください。シュノーケルやフィンを持っていき海の中で時間も忘れてのんびり過ごしてみてください。

4.のんびりステイを満喫!

とにかく時間を忘れてのんびり過ごすのにもってこいのモルディブ!普段はせかせかとプランを決めて動く方もここにきたらノープランで自分の気の向くまま過ごしてみてください。テラスで読書をしたり、海で泳いだり、ボーっと海や景色を眺めるだけでも贅沢な気分が味わえるのがモルディブの魅力のひとつです。スパやマッサージなどをお手頃な値段で行えるところも多いので日頃の疲れを癒しに行くのもいいですね。モルディブの海

5.絶景写真を撮ろう!

1島1リゾートのモルディブでは周りに一切遮るものがないため、どこを切り撮っても綺麗な絶景写真が撮れます。モルディブの海

海はもちろん島の中の自然や、ヴィラの中やテラスからみる風景も絶景です。日の移り変わりで同じ場所でもまた違った絵になり、写真を撮るのが楽しくなってきます。ぜひカメラを持ち歩き、様々な瞬間を撮ってみてください!

6.アクティビティを体験しよう!

モルディブといったら有名なダイビングスポットです。泊まっている島から離れてダイビングやシュノーケルをするのも楽しみの一つ。モルディブのリゾートではたいていのところがマリンスポーツを体験できるようになっています。オールインクルーシブのように全て含まれているところやそうでなく、現地で申し込むものもありますが、アクティビティの種類は豊富にあります。バナナボートやSUP、水上バイクなどの普段できない事に挑戦してみるのもいいし、海を見ながらのヨガやサンセットクルージングなどちょっぴり贅沢な気分を味わうのもいいと思います。サンドバンクが見られるツアーもおすすめです。1日に数組しか訪れる事が出来ないという制限付きですが、海もビーチも、空も全て自分たちだけのもの!と思えるくらい優雅なひと時です。リゾートごとに扱っているアクティビティが違うのでぜひチェックして、リゾートを選ぶ際のポイントにしてください。

7.南国フルーツ、海鮮食事を堪能しよう!

モルディブは世界で一番魚を食べる国としてNO.1になっています。海に囲まれた島ならではのカラフルな魚も食べられていますが、日本でもメジャーはマグロやカツオなどもたべられています。レストランではモルディブの伝統的エスニック料理や、新鮮な海鮮を活かしたBBQなどが並びます。。どれも日本人好みな味付けで美味しく頂けます。これは朝食ですが・・・。(笑)また、海の見える場所でのディナーや砂浜にキャンドル!なんてオシャレのものもありますのでシチュエーションも楽しめます。南国のフルーツ、マンゴーやココナッツパイナップルなども豊富です。トロピカルなドリンクももって写真映えにも挑戦してみましょう。南国フルーツジュース

8.リゾートファッションを楽しみましょう!

綺麗な海、贅沢なヴィラ、豊かな自然を目の前にして、Tシャツにパンツ!なんてスタイルはもったいないです。リゾートでファッションを楽しむ事でさらに非日常感を味わいましょう。一日に何度も着替えをして、映える写真を撮るのも楽しみの一つです。カラフルはお洋服に身を包んみ、気分も上げて過ごせる事間違いなしです!

4.特別な場所の一つに・・・

初めてのモルディブ旅行でしたが、英語はもちろん、日本語も多少は通じ、困る事は一切なく優雅な時を過ごす事が出来ました。憧れの場所でしたが行ってみるとそこは非日常な時を味わい、本当に贅沢な時間を過ごす事が出来、期待以上でした。ただ、数日間いるとダメ人間になる気がしてきましたが。モルディブ旅行

一度訪れると忘れる事の出来ない、そして魅力に引き込まれもう一度訪れたくなる場所になる事と思います。モルディブは憧れの場所の一つでもあり、遠い存在に感じている方も多いかもしれませんが、是非次の旅行の候補に入れモルディブでしかできない特別な体験をし、魅力を感じてみてください。