海外LOVERS

香港人に聞いた、香港のおすすめのグルメスポット

2018年08月15日(水)/香港

Pocket

 

 @セイゴン

香港には餃子やシュウマイ、小籠包だけでなく、たくさんの麺類や海鮮料理、マンゴーやドリアンなどのフルーツスィーツと、美味しいグルメがいっぱいです。中国本土の中華料理と比べて辛くないのも特徴の一つです。そして香港はどこを歩いても飲食店だらけ。どこに行こうか迷ってしまいます。そこで香港人に聞いた、香港のおすすめのグルメスポットを紹介します。

【香港で点心を食べるなら】

 飲茶や点心といった言葉を聞いたことがありますか?これは実は中国本土ではなく香港で生まれた言葉です。中国本土は北京語を話し、香港では広東語が話されていますが、もともと飲茶や点心は広東語です。それが中国本土にも広がりこれらの言葉がそのまま中国本土でも使われています。それでは飲茶と点心の違いについてです。飲茶はお茶をのみながら、点心を食べること。つまり点心が餃子や小籠包、シュウマイなどの料理の総称です。そして点心には軽食や間食という意味があり、カスタードマンなどものスイーツも点心の一部としてカウントします。

ちなみにこの単語の由来ですが、香港では点心を頼む際、オーダー票のメニューに点(チェック)をつけて頼みます。心を決めてチェックを付けてオーダーをするので点心となったとか。また、点心は広東語でディムサムと発音し英語表記でDim sumになります。

それでは今香港で話題のディムサムの美味しいお店を紹介します。 

香港のディムサムの美味しいお店その①世界で一番安いミシュランレストラン?!Dimdimsum

香港には多くのメニューが500円以下なのにミシュランの星を獲得したレストランがあります。その名もDimdimsum。香港では知らない人はいないといっても過言ではないほど有名なお店があります。このお店は佐敦店、旺角店、灣仔店、沙田店と4店舗で旺角店は何と深夜2時まで空いてます。とても人気のお店なので行列は必至ですが、香港で美味しいディムサムが食べたいならここは要チェック。お願いすれば日本語のメニューを用意している店舗もあります。

香港のディムサムの美味しいお店その②インスタ映えするかわいいレストラン!YUM CHA

@Yuncha

香港女子の間で今話題のレストランが旺角にあります。その名はYUM CHAです。ここも連日行列が絶えない人気です。味もとっても美味しいのですが、人気の理由はもう一つ。こぶたの顔のついたとってもかわいい豚まん、黄色い顔をしたスライムのようなカスタードマンは一口食べるとドロッとしたカスタードがでてきてまた違った表情を楽しめたりと、味覚だけでなく、視覚でも楽しめる仕掛けがいっぱいです。待っている間に作っているところも見れてとても楽しいです。

【香港で海鮮料理をたべるなら】

香港料理は点心だけでなく海鮮料理もとっても美味しいです。新鮮な海の幸が豊富な香港でぜひ海鮮料理も食べてみてください。海鮮料理のおすすめ店を紹介します。

香港の海鮮料理の美味しいお店その①南Y島のレインボーレストランがお得すぎ!!

@レインボーHK

香港は本土と香港島以外にもたくさんの素敵な島があります。その中でも今回紹介したい島は新鮮な魚と干物を求め、本土からも多くの方が買い物に訪れるほどシーフードが有名な島、南Y島(ラマ島)です。


この島で紹介したいのがレインボーレストランです。なんとこのお店、インターネットか電話で予約するとレストランの専用船で尖沙咀(チムサーチョイ)もしくは中環(セントラル)まで送迎してくれます。(船の時間は決まています)早めの時間の船にのって、まずは島を散策し食事をすることも可能なのでとってもお得です。

送迎サービスだけでなく、もちろんお料理も絶品です。このレストランの魅力はレストランの前にたくさんの水槽が置いてあり、そこから好きな食材を選ぶとシェフおすすめの調理法で調理してくれるところです。

値段もキロ単位の表示ですが、調理代込みなので安心です。英語や広東語に自信がなくとも、めったにない機会なのでぜひ勇気を出して自分の目で食材をチョイスしてください。店員さんも観光客にはなれてますので指差しと計算機があれば意思疎通できます。とはいえメニューから選んでもどれも新鮮な食材で調理してくれるので美味しいです。迷ったらシェフのおススメコースがお得でお腹いっぱい食べられるので、これもおすすめです。船で海からの素敵な香港の街並みを眺めるクルーズ付きのレストランは絶対お得なので事前予約を忘れずに。 

香港の海鮮料理の美味しいお店その②漁師街、西貢(セイゴン)は海鮮天国

@セイゴン

南Y島だけでなく、香港本土にも巨大な水槽から食材を選んで調理してくれる街があります。その街の名は西貢(セイゴン)です。

セイゴンについたらシーフードストリートを目指しましょう。お昼どきには港に戻ってきたボートの上でその日とれた魚介類を売っている漁師さんをたくさん見かけることができて、とても活気のある光景を見ることができます。

そして門をくぐるとずらっと並んだレストラン。どこのレストランも大きな水槽を構えていて、まるで水族館に来ているようです。ラマ島に比べて多少割高ですが、食材の種類も豊富でスケールが違います。

また、ロブスターの刺身や大振りなウニの刺身など高級食材が日本に比べると驚きの値段で食べられますので旅のしめくくりのディナーにいかがでしょうか。あまりまだ観光客は多くなく、ほぼ現地の方でどこのレストランも夕飯時には満席です。香港のサービスは丁寧さよりも早くて美味しいが重要視されているので、食器は各自で殺菌します。周りの客を見渡すと無料で出てくる大きなポットのお茶を使って上手にコップやはしやお皿を洗っている光景をよく見かけます。忙しい店ほど洗剤の洗い残しの可能性があるっという良い意味なので、この行為は失礼にあたりません。現地の方に混ざって、最高の海の幸を楽しんでください。 

【香港のスィーツ編】

香港は日本では高級なマンゴーをはじめとする果物が格安で食べれることで有名です。ちなみにホテルやタクシーに持ち込むことはできませんが果物の王様ドリアンも食べれます。とっても匂いは強烈ですが、王様と言われるだけあって味はとてもまろやかで一度食べたら忘れられません。ぜひ香港で一度食べてみてはいかがでしょうか。

 香港のスイーツの美味しいお店その①スイーツアイランドと呼ばれる長州島がある?!

@長州島

香港島からフェリーで高速艇35分(400円程度)もしくは普通艇55分(200円程度)でいける長州島はご存知でしょうか。この島では香港本土ではあまり手作りされなくなった香港の伝統スィーツが食べられることでとても有名です。
ここでおすすめしたいのが、フレッシュなマンゴーやドリアンをお餅で包んだスィーツです。香港本土でも見かけますが、この島のものは中のフルーツがとっても新鮮でここでしか食べられない絶品です。また、豆腐スィーツもたくさん種類があるので女子にはとっても嬉しいです。

香港のスイーツの美味しいお店その②巨大な大仏様の元で食べる豆腐花が絶品

香港の観光ガイドブックには必ず載っている観光スポット巨大な大仏様のもとにある売店で食べれられる杏仁豆腐のようなスィーツがとっても美味しいです。山水を使った手作りのもので、できたてなので温かく、甘いシロップをかけていただきます。舌触りもとてもなめらかでとても美味しいので、大仏様の観光に行く際は腹八分目でお出かけください。この売店にはほかにも、ちまきなど香港の母の味が楽しめる料理が並んでいますので何をたべようか迷ってしまうくらいです。

【おまけ編】

美容にいいあの食材が屋台で食べれる?!

香港は漢方の街でも有名です。いたることろに漢方のお店がありますが、屋台でも実は女子に嬉しい漢方が気軽に食べられるのです。それはスッポンゼリーです。店頭によく小さな器に黒い物体、、、その正体がスッポンゼリーです。コラーゲン豊富でお肌によく、気軽に食べれるので是非お試しください。次の日はお肌がプルプルです。 

日本食が恋しくなったら。。。

@和HK

香港は海の幸が豊富で、日本人の有名なシェフも多く全体的に日本食レストランのクオリティーもとても高いです。特に筆者のおススメはハーバーグランドホテル1階の和というお店です。ここは刺身、お寿司や焼き物など40種類のお料理が食べ放題で大人798HKDです。お料理すべてが絶品で日本にあっても絶対通いたくなるほど美味しいです。

香港は日本からたった4時間で気軽に行ける国の一つです。今では格安航空も複数就航していますので、週末だけの弾丸旅行だって十分楽しめます。ぜひ美味しいグルメを求めて香港旅行を計画してみてはいかがでしょうか。