東北LOVERS

鹿児島県の方なら絶対共感すること間違いなしあるある

2020年11月15日(日)/鹿児島

Pocket

独特の文化がある鹿児島県。桜島や西郷隆盛、白くま、焼酎、そして世界遺産の屋久島など、全国区的に有名になったものも数多くありますね。そんな鹿児島県には、へぇーっというあるあるがいっぱい!今回は県民の方が共感すること間違いなしのものを集めてご紹介します。

鹿児島 あるある 鹿児島食べ物

出典:じゃらん

あるある食べもの編

鹿児島ラーメンにはおまけがついてくる

鹿児島 あるある 鹿児島ラーメン

出典:たびらい

トンコツや鶏ガラのスープをベースに中太麺、野菜をたっぷりと入れて鹿児島の醤油を使った甘めの味付けがクセになる「鹿児島ラーメン」。そんな鹿児島ラーメンには、お茶と漬物がついてきます。

入店してラーメンを注文すると、まず出てくるのがお茶と大根の漬物。お茶は知覧茶などの鹿児島産の茶葉で、大根は浅漬けあり、たくわんあり、ぬか漬けありとお店によって違います。共通しているのは、ラーメンの提供より前に出されること。ラーメンができるまで、お茶とお茶請けの漬物でおもてなし、という感じですね。

鹿児島 あるある 鹿児島ラーメン3

出典:Mart

いつからこの習慣があるのかは、もうわからないそうですが、鹿児島ラーメンのお店では、「お茶と漬物は必須アイテムだから出さない、という選択肢はない」ということなので、ゆったりした気分で味わってみてください。

昆布巻といえばサバ

鹿児島 あるある 鹿児島サバ

出典:ぐるたび

おせち料理に使われることが多い昆布巻き。ミガキニシンやサケ、アユなどを昆布に巻いたものがよく知られています。しかし、鯖の購入金額が全国一という鹿児島県では、昆布巻にも鯖を使います。

鹿児島 あるある 鹿児島サバ2

出典:クックパット

3枚におろした鯖を棒状に切って、昆布で巻いて1時間ほど煮込む昆布巻きは、家庭で作ることが一般的なため、母の味として記憶している鹿児島県民はたくさんいるはず。カンピョウできっちり結んで作らなくても、昆布と鯖と家庭にある調味料で作れるため、お正月だけではなく、お弁当にも登場するとか。

鹿児島 あるある 鹿児島サバ3

出典:かごしまんま

市販されている昆布巻きは、日持ちするように濃い味付けのものが主流ですが、家庭でご飯のおかずにするには味が濃すぎます。鹿子島県の鯖の昆布巻は、しっかり味は染みているのにあっさりとして臭みもなく、ボリュームがある一品。料理に興味がある方、作ってみてはいかがでしょうか。

醤油や味噌が甘い

鹿児島 あるある 鹿児島しょうゆ

出典:サクラカネヨ

日本列島の味付けは北へ行くほどしょっぱくなり、南にいくほど甘い、という説は間違っていない、と実感するのが鹿児島のお醤油と味噌。砂糖の消費量日本一の県だけに、醤油も味噌もとても甘いのです。九州全体を指して甘い味、と言われますが鹿児島はまた特別。

刺身醤油だけではなく、煮物などの調理に使う醤油、味噌汁に入れる味噌なども甘いため、砂糖やミリンをたっぷり使ったレシピ本などを見て同量で調理すると、甘くなりすぎてしまうほどです。

鹿児島 あるある 鹿児島しょうゆ2

出典:かねよ

初めて県外で刺身を食べた時に醤油が甘くなくてびっくりする、という話は大げさではないんですよ。

鶏飯が給食に出てくる

鹿児島 あるある 鹿児島鶏飯

出典:ぷちぐる

鹿児島県は幼稚園や小学校、中学校まで、完全給食のところがほとんどです。その給食で、カレーライスより人気があるのが鶏飯(けいはん)。

鹿児島 あるある 鹿児島鶏飯3

出典:福平中学校

奄美地方の郷土料理で、丸鶏を煮てスープを作り、裂いた鶏肉に錦糸卵、椎茸、ネギ。刻みのり、陳皮、パパイヤなどの漬物をのせた汁飯です。

鹿児島 あるある 鹿児島鶏飯2

出典:田上幼稚園

サラサラと食べやすく、鹿児島県民が大好きな味で、鶏ガラではなく丸鶏で作るのがポイント。雑味のないコクのある味ですから、あっさりしていてもお腹も満足できるそうですよ。そんなにおいしい料理が給食で出るなんて、うらやましい!

あるある生活編

鹿児島の冬

鹿児島 あるある 鹿児島冬

出典:かごしま写真展

鹿児島県は南国のイメージが強いのですが、本土内の地域は、本州の人が想像よりも寒いのです!12月から2月の平均気温は、最低気温が3℃から5℃、最高気温が15℃に満たないくらい。雪が積もることもあるんですよ。

鹿児島県が暖かいというイメージは、南西諸島の一部が鹿児島県に属していて、リゾート地である奄美大島や与論などの離島が多いからだといわれています。

鹿児島 あるある 鹿児島冬3

出典:我が魂の島

そのイメージどおり、沖縄県に近い与論島は最低気温が10度を下回ることはありません。しかし、鹿児島市などを冬の時期に訪れる時は、寒いことを忘れないでくださいね。

薩摩時間

九州には、独特の時間の流れがあります。島時間、日向時間、博多時間そして薩摩時間。それぞれ単に会合の集合時間に遅刻する、というだけではなく意味があります。

薩摩時間は、だいたいの集合時間を決めて、三々五々集まってくる、という時間感覚。遅れた人が参加するたびに乾杯して盛り上がります。ただし、これはオフの会合に限るとのこと。友達や親せきとの飲み会には、のんびり遅れて参加するそうです。

会社の会議や仕事の打ち合わせ、結婚披露宴など、オンのときは時間厳守!この使い分けが上手にできてこその、薩摩時間ですね。

火山灰

鹿児島 あるある 火山灰

出典:桜島・錦江湾ジオパーク

桜島からの灰が降ることが日常的な鹿児島県。天気予報では降灰予報が出されます。半年間で1000回以上も噴火したこともあるため、噴火した!というニュースを見ても、鹿児島県民は動じません。だいたいどんな規模なのか想像がつくため、慌てることはないそう。それくらい鹿児島県では、降灰は身近なものです。

鹿児島 あるある 火山灰2

出典:HACHI

降ってくる火山灰は、風向きによって街の汚れ方が違うので、天気予報でまず風向きを調べます。洗濯物を外に干すかどうかをいつも気にしているとか、学校の机がいつもザラザラしているだとか、傘やマスクが必要だとか、火山灰対策はとても大変。そんな火山灰を処理するために、鹿子島県では、火山灰専用の袋「克灰袋」を提供し、家庭で火山灰をすてるときは、「宅地内降灰指定置場」という、捨て場に置きます。

鹿児島 あるある 火山灰3

出典:モルタルマジック

本当にたいへんですが、そんな火山灰を利用して魚を灰干しにしたり、固めてお土産用のオブジェを作ったり、がんばって灰と戦っている鹿児島県民なのです。

あるある方言編

鹿児島 あるある 鹿児島方言

出典:大日本観光新聞

鹿児島弁だけど、期待されても困る方言

鹿児島弁といえば「ごわす」「〇〇どん」などが思い浮かぶ方も多いはず。これは昔のアニメやドラマの中で、西郷隆盛が使う言葉として広まり、西郷隆盛=鹿児島弁というイメージが定着したから、という説が濃厚です。

鹿児島 あるある 鹿児島方言3

出典:おいどん君

ちなみに、「〇〇どん」は「大工どん」「医者どん」などの用法で現在も年配の鹿児島県民は使っていることもあるそう。しかし、武士が使っていた言葉で「~でございます」の意味があった「ごわす」は、もう死語と言っても良い言葉。普通の会話で使われることはないので、鹿児島県の人が「ごわす」というのを期待しても出てきませんよ!

標準語だと思って使っている方言

鹿児島 あるある 鹿児島方言4

出典:タウンワーク

鹿児島弁は難解だ、とよく言われます。それは、標準語とはまったく違う単語を使った言葉があるから。「そがらし」(すごくたくさん)、「げんね」(恥ずかしい)、「だっきしょ」(らっかせい)などなど、言われた際に意味が想像できない単語があるのです。

ここまで違えば、鹿児島県民も標準語じゃないよなーと思っています。しかし、標準語だと思っていた言葉が鹿児島弁だった!というものもありますので、いくつかご紹介しましょう。

だからよ。

鹿児島 あるある だからよ。

出典:HappyTogether

「そうだよ」とか「そうだったね」ということを鹿児島弁では「だからよ」と言います。だからよ、は沖縄や宮崎でも使いますから、鹿児島を含めて南九州あたりでは使っていても違和感がなく、方言だと気が付かない鹿児島県民は多いそう。しかし、東京はもちろんですが、九州内でも、福岡県や佐賀県では「だからよ」と言ったら、「だから〇〇だよね」と続くのを、待たれてしまい、あれ?と困惑することになるのです。この「だからよ」は「そうだね」などの意味のほか、

鹿児島 あるある だからよ2

出典:フォークリエイト

「きのうの試合、どうなった?」
「だからよ~。」(それなんだよね~)※溜息まじりにがっかりした口調で

という使い方も。この場合、あぁ、負けたんだなと推察できますから、ここでこの話題は終了。よくない結果は、突っ込んで聞かないのがお約束です。また、

「あそこの和菓子おいしいよね」
「だからよ!」(本当にそうだね)

という具合にも使えます。若者が「それな!」と言っているのと同じニュアンスで使われることが多いようですよ。

~でした。

~でした。

これは、あまり違和感がないかもしれない言葉。「おいしかったです」「楽しかったです」というところを「おいしいでした」「楽しいでした」と言います。標準語を話す方は、何かひとつ足りないなと感じつつ、通じないこともない言葉です。だから、ずっと鹿児島弁と知らずに使っている人も多いかも。かわいい言葉ですよね!

濃ゆい

「味が濃い」「色が濃い」ということを「濃ゆい」と言います。標準語を話す方に通じないことはないのですが、なぜ「ゆ」が入るのかと疑問が沸きあがります。でも、「ゆ」が入る理由は鹿児島県民にも謎なんだそう。しろくまのCMで「練乳こゆい!」と言っていたので、このCMが流れていた地域では濃ゆいに違和感はないかもしれませんね。近年になって「こい」という言葉より明確に「濃さ」を表現する単語として広まってきているそうですよ。「濃ゆい」頑張れ!

てそい

てそい

県外の人との会話で通じないといえば「てそい」。ふだん、よく使う言葉なので、まさか鹿児島弁とは思っていなかった若者多数!意味は「めんどくさい」です。「片付けなさい!」というお母さんに「えー、てそい~」って子供時代から使っているのでまったく方言と思っていなくて、県外の人に「はい?」と聞き返されて驚く、というパターンがとても多いそうですよ。「てそいわぁ」「てそいですね」という使い方もあり。めんどくさい、より短くて使い勝手が良いのですけどね。

~が。~け?

鹿児島 あるある 鹿児島方言5

出典:南国しろくま

短くて便利といえば、これは究極!「~しましょう」という意味がある「~が。」「飲みに行きましょう」というのは「飲みに行くが」、「食事にいきましょう」は「食事に行くが」となります。「~ですか?」「~だよね?」などの意味がある「~け」は、「どこに行くの?」は「どこ行くけ?」、「いま何時かしら?」は「いま何時け?」。疑問形にしたければ、け?をつければだいたい間違いないそうです。鹿児島県を訪れた際には使ってみてはいかがでしょうか。

鹿児島県のあるある、いかがでしたでしょうか。今回取り上げたもの以外にもたくさんの、鹿児島県あるあるがありますよね!鹿児島県出身のお友達などにいろいろ尋ねてみても楽しいかもしれません。あるある、を知ることでもっと鹿児島県に親しんでみてくださいね。