東北LOVERS

那覇市の食堂厳選10軒 安い&美味しいローカルグルメを食べよう!

2020年09月13日(日)/沖縄

Pocket

沖縄旅行を計画する時、どこでどんなローカルグルメを食べようかを一緒に考えることもありますよね。

アグー豚に海ぶどう、ミーバイにステーキ。沖縄そばに人参シリシリ、テビチにもずくの天ぷら。どれも魅力的で、アレもコレも食べたいものばかり。

専門店もいいですが、1ヶ所でいろんなものが食べられたら便利ですよね。そんな時に訪れたいのが「食堂」。

そこで旅行中にぜひ1度は訪れて欲しい、那覇市内のオススメ食堂をご紹介します。ぜひ参考にお出かけください。

まずは沖縄の食堂文化について知ろう!

まずは沖縄の食堂文化について知ろう!

出典:トリップアドバイザー

沖縄県内には、数え切れないくらいの食堂があります。

働いているのは地元のお母さん達が中心で、沖縄の家庭料理が気軽に食べられます

まずは沖縄の食堂文化について知ろう!

出典:世界旅ログ

今ではカフェのようなオシャレな食堂もありますが、観光客が入るには少し躊躇するような所も結構な割合であります。

勇気を出して一歩店内に足を踏み入れた後も、謎ワードが並ぶメニューに頭が混乱するかもしれません。

沖縄の食堂では難解なメニューに遭遇する!

沖縄の食堂では難解なメニューに遭遇する!

出典:家族で遊ぼう!

メニューも見てみると「みそ汁」「すき焼き」「ちゃんぽん」など、何となくイメージできるものがあります。

しかし実際に頼んでみると、そのイメージしたものとは大幅に異なるものが出てきます。

みそ汁

沖縄の食堂では難解なメニューに遭遇する!

出典:o2のとほほ -Blog-

「みそ汁」は確かにみそ汁ですが、どのお店も丼サイズ。

お店によって異なりますが、島豆腐・ポーク・豚肉・フーチバー(よもぎ)・島人参・生卵などとにかく具だくさん。

しかもみそ汁は単品ではなく、ご飯とちょっとした小鉢やおかずも付いてきます

また「みそ汁」と「みそ汁定食」と分かれていることもあり、定食には刺身が付いてくることもあります。

すき焼き

沖縄の食堂では難解なメニューに遭遇する!

出典:毎日ビール.jp

「すき焼き」は、牛肉や野菜・豆腐・しらたきなどが既に煮込まれた状態のものがお皿に乗って出てきます。

一般的な「すき焼き」よりもすぐに食べられて合理的かも。

ちゃんぽん

沖縄の食堂では難解なメニューに遭遇する!

出典:ミッキーの日常

「ちゃんぽん」は長崎名物の麺料理とは全く異なり、肉と野菜を炒めて卵でとじてご飯の上に乗せたもの

肉野菜炒め丼といったところですが、沖縄らしい一品。

思わず「?」となる謎メニューの数々

思わず「?」となる謎メニューの数々

出典:食べて食べて食べて。

ほかにも身の付いた豚の骨とレタスや青菜と一緒に出汁で煮込んだ「骨汁」、具だくさんの野菜炒めに目玉焼きが乗った「おかず」などもあります。

思わず「?」となる謎メニューの数々

出典:沖縄放浪日記 

最近は写真付きのメニューを置いている食堂も多いので、一か八かの勝負をしなくて済みそうです。

思わず「?」となる謎メニューの数々

出典:沖縄貸別荘のアーススタイル

通常飲食店ではお水やお茶を提供するところが多いですが、沖縄では何故かアイスティーが一般的

ポットややかんが置かれているので、セルフサービスで飲み放題という食堂もたくさんあります。

思わず「?」となる謎メニューの数々

出典:沖縄口コミ!

またテーブルにはマーガリンが置かれていて、地元の人はご飯に乗せて醤油を垂らして食べるのも一般的だそう。

とにかく沖縄の食堂は、観光客には未知のローカルグルメだらけなのです。

那覇市内で行くならこの食堂!

観光客が立ち寄りやすい那覇市内にも、食堂がたくさんあります。

どのお店も安い・早い・旨い・ボリュームと、文句なしの満足度。

那覇市内で行くならこの食堂!

出典:kana-briefing

その中から特にオススメしたいのが、こちらの10軒。

できるだけ空腹の状態で、体調を万全にしてお出かけください。

お食事処みかど

1962年の創業以来、地元の人や観光客にも絶大な支持を受けている人気の食堂。

お食事処みかど

出典:タベノミー

国道58号線沿いにあり、黄色い看板に赤い字で「みかど」と大きく書かれているのでよく目立ちます。以前は24時間営業でしたが、現在は8:00~24:00です。

お食事処みかど3

出典:食べログ沖縄 沖縄食べ歩きグルメブログ

沖縄そばやすき焼き・かつ丼・ゆしどうふ定食・ビーフカレーなど、メニューは30種ほどありますが、イチオシはちゃんぽん(みかど風)。

お食事処みかど

出典:酒と築地と肴と料理

お店によってポークランチョンミートや豚肉を使うところもありますが、みかどは沖縄ならではのコンビーフハッシュを使っているのが特徴。

「みかどのちゃんぽんが一番ウマい」というリピーターもたくさんいます。

お食事処みかど

住所:那覇市松山1-3-18

電話番号:098-868-7082

お食事処三笠

美味しくてボリューム満点、しかもお値打ちで沖縄の家庭料理が食べられる食堂。

お食事処三笠

出典:沖縄ランチブログZ

こちらも24時間営業でしたが、当面の間は8:15~24:00となっています。

2016年に現在の場所に移転してきたため、店内もまだまだキレイ。

お食事処三笠

出典:トリップアドバイザー

席はテーブル席・カウンター席があり、カウンター席ならテキパキと作業をするお母さん達がよく見えます

メニューは定番のみそ汁や沖縄そばが¥600、ポークたまごやちゃんぽん(三笠風)が¥650、一番高いすき焼き・牛肉のしょうが焼き・カツカレーなどが¥750。

お食事処三笠

出典:たひお備忘録

店の入口にサンプルがあるので、メニュー選びもラクラク。少し濃いめの味付けなので、ご飯がドンドン進みます

お食事処三笠

住所:那覇市松山1-12-20

電話番号:098-868-7469

いちぎん食堂

いちぎん食堂

出典:SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out

国際通りの松尾交差点や、ゆいレール美栄橋駅から徒歩6分くらいの場所にあります。

ゴーヤーチャンプルーやソーキそば、沖縄の食堂ではお馴染みのA・B・Cの各ランチなど代表的な沖縄料理が食べられる24時間営業の食堂

いちぎん食堂

出典:Ready Steady Go Okinawa!

なかでも人気が高いのがステーキ。スープ・サラダ・ライス付きで200g¥1100からあり、400gでも¥1900という安さ

食券を購入し、お店の方に渡す時に焼き方の希望があれば伝えましょう。

いちぎん食堂

出典:Choku’s Room

いちぎん食堂はとにかくご飯が大盛り!小食の方や、ほかの食堂で食べ歩きを楽しむ方は少なめでオーダーをした方がベター。

またオリオンビールもあるので、食事+飲み+シメがこの1軒で完結できちゃいます。

いちぎん食堂

住所:那覇市久茂地2-12-3

電話番号:098-868-1558

やんばる食堂

1974年の創業で、外観からディープな雰囲気がヒシヒシと伝わってきます。

やんばる食堂

出典:レジャーランドすえつな

店内にはテーブル席と小上がりがあり、壁には至る所にメニューがびっしりと貼られています。

やんばる食堂

出典:milkteagirl

ABCの各ランチやポークたまごにすき焼きと、ご飯類から汁物・麺類・炒め物などメニューは80種以上

サバ・サンマを使った煮付け・唐揚げや白身魚のフライなどの魚メニューもあるので、滞在中はお肉ばっかり食べていると言う方にオススメ

やんばる食堂

出典:食べて・飲んで・遊んで(*´д`*) 沖縄を満喫♪

お店には駐車場があるので、レンタカーを借りている方にも便利です。ほかにも豚のモツが入った中味汁や、沖縄では定番の黄色いカレーもあります。

こちらも24時間営業でしたが、9:30~22:30(金・土曜は23:30まで)に変わっています。

やんばる食堂

住所:那覇市長田2-5-24 1F

電話番号:098-854-3781

ハイウェイ食堂

国道58号線沿いで、那覇泊港からも歩いて行ける距離にあります。

24時間営業なので、深夜・早朝でもお腹が空いたらすぐに行ける有り難い食堂。

ハイウェイ食堂

出典:アラウェブ

駐車場もあるので、レンタカー利用の多い観光客にも便利です。

お店はカウンター席が多めなので、一人旅でも気軽に利用できそう

ハイウェイ食堂

出典:デイリーポータルZ

メニュー数が多く、食券機には1つのボタンに2つメニューが書かれています。

出てきた食券をお店の方に渡す時に、どちらをオーダーするか伝えます。

ハイウェイ食堂

出典:フォートラベル

数あるメニューの中でもステーキが人気。味はもちろん安く食べられるので、ガッツリ行きたい時にはぜひチャレンジを。

ハイウェイ食堂

住所:那覇市前島2-3-6

電話番号:098-863-2277

花笠食堂

国際通りから歩いて3分くらいの場所にあるので、国際通り周辺のホテルに滞在しているなら一番行きやすい食堂かも。

花笠食堂

出典:OKINAWAりびん!

お店の前には、メニューのサンプル。これがあるだけで難解な沖縄ローカルグルメが一目でわかり、かなり助かります。

素朴ながら、温かみを感じる町の食堂といった雰囲気が溢れています。

花笠食堂

出典:プカプカプク日記 ~Life is Trip~

オススメは、コラーゲンたっぷりでトロトロのテビチ

花笠食堂といえば、アイスティーも有名。セルフサービスでオリジナル、もちろん無料です。

花笠食堂

出典:や~さん堂 7 

観光客が多い場所柄か、ほかの食堂よりも単価は若干高め

それでもボリュームや美味しさに充分満足できます。

花笠食堂

住所:那覇市牧志3-2-48

電話番号:098-866-6085

高良(たから)食堂

1972年創業と歴史があり、古くから地元の人に愛されてきた食堂。

高良食堂

出典:美食磁石

ボリュームの多い事で知られる沖縄の食堂の中でも、よりデカ盛りなメニューの数々

量に似合わず安いこともあり、ガッツリ食べたい男性に人気。

高良食堂

出典:仙台ランチスペッシャル

那覇空港近くの営業所でレンタカーを借りて、そのままランチを食べるなら特にオススメ。

空港からなら10分かからず、駐車場もあります。

食券機のメニューボタンが少なく思えますが、その脇には手描きのメニューがビッシリあります。

高良食堂

出典:万次郎の歩む飲む読む その弐

冷やし沖縄そばやまぐろ丼・ロコモコ丼・エビドリアなど、ほかの食堂では目にしないメニューも多くバラエティに富んでいます

何度も通って、気になるメニューの制覇を目指しましょう!

高良食堂

住所:那覇市若狭1-7-10

電話番号:098-868-6532

軽食の店ルビー

那覇泊港の近く、国道58号線沿いにあります。「軽食の店」と店名に付いていますが、騙されてはいけません

軽食の店ルビー

出典:おきなわ散歩みち

実際はどのメニューもボリューミー!「これのどこが軽食?!」と疑いたくなるほど。

人気のランチには、手のひらを越えるようなドデカいとんかつが出てきます。

カツカレーもご飯・ルウ・とんかつ、どれもがパンチのあるビジュアルです。

軽食の店ルビー

出典:Mr.スティービーのKOZA薄笑ブログ

もちろん沖縄そばや豆腐ちゃんぷるー・ヘチマの味噌煮・みそ汁など、定番メニューもしっかりあります。

お水やアイスティーはやかんに入って置いてあるので、セルフサービスでグラスに注いで料理の到着を待ちましょう。

軽食の店ルビー

出典:那覇ウォーカー+

雑誌やクチコミサイトでも取り上げられることが多いですが、地元民率も高め。

芸能人も訪れているようで、壁にはサインがたくさん飾られています。

軽食の店ルビー

住所:那覇市泊3-4-15

電話番号:098-868-1721

ななほし食堂

首里エリアで人気の高いあやぐ食堂の姉妹店で、自家製のゆしとうふが美味しいと評判のお店。

食堂とは言っても、外観も中もカフェのようなオシャレさ。

ななほし食堂

出典:tavi-que

沖縄そばや汁物・ちゃんぷるー・ちゃんぽんやかつ丼などの丼ものや、しょうが焼き・チキンケチャップ・魚フライ・煮付けなどの定食類などバラエティに富んだラインナップ。

ななほし食堂

出典:続・狂犬使いのダラダラ

やはりゆしとうふを使ったものが人気で、オススメは自家製ゆしとうふと沖縄そばがコラボした「ゆしとうふそば」

あっさりしながらもコク深いスープと麺、そして優しいゆしとうふがベストマッチ。

ななほし食堂

出典:宅打ちな日々

ほかにも自慢の豆腐を使った麻婆丼もオススメ!

人気店なので、お昼時にはかなりの行列ができることも。

10:00から営業しているので、ランチには少し時間をずらした方がいいかも。

ななほし食堂

住所:那覇市首里鳥堀町1-45-2 1F

電話番号:098-917-1747

空港食堂

場所的には建物の隅の方にあるためわかりづらいのですが、知る人ぞ知るといった感じでいつも混んでいます。

空港食堂

出典:す。マイル!のんびり楽しくANAのSFC修行

「滞在中にたくさんの食堂を巡ってきてもまだ食べ足りない!」「帰る前にもう一度食べたい!」そんな時にはぜひ訪れてみて。

空港食堂

出典:ラーメンデータベース

ちゃんぽんやかつ丼・ゴーヤーチャンプルー・沖縄そば・タコライスなど、定番の沖縄ローカルグルメがお手頃で食べられます。

主なメニューは¥600台が中心なので、お財布にも優しい。

空港食堂

出典:食べログ

存分に味わって満足しても、ノンビリし過ぎは禁物。空港内だからと呑気に構えていたら、あっという間に搭乗手続きの時間が来てしまいます。

余韻を残しつつ、楽しい思い出と満腹感を携えて飛行機に乗り込んでください。

空港食堂

住所:那覇市鏡水150 那覇空港 国内線ターミナルビル1F

電話番号:098-840-1140


沖縄の食堂には、誰もが行きたくなる要素がたっぷり詰まっています。

食べ物そのものはもちろん、働くお母さん方や毎日通う常連さん。いかに地元に人に愛され支持されているか、食堂という空間へ足を踏み入れただけでわかります。

そして訪れる観光客が度肝を抜かれる、その圧倒的なビジュアルやコストパフォーマンス。

沖縄のローカルグルメの素晴らしさを、ぜひ食堂で体感してください。

※定休日や営業時間・料金などは、お出かけ前に各店舗へご確認ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業時間などが大幅に変わっている場合があります。