東北LOVERS

種子島のおすすめ観光スポットを厳選

2020年06月21日(日)/鹿児島

Pocket

大隅諸島に属する種子島(たねがしま)は、鉄砲が伝来した島として有名ですが、近年は宇宙に一番近い島、世界で一番うつくしい発射場がある島として世界的に知られるようになりました。高低差が少ない島は、一番高いところでも282mほど。山がない風景は本土の方には珍しいものではないでしょうか。今回は、そんな種子島の魅力ある観光スポットをご紹介しましょう。

種子島のおすすめ観光スポットを厳選

出典:鉄砲伝来とロケットの島

種子島へのアクセス

種子島アクセス

種子島へは飛行機、高速艇、フェリーの3つのアクセス方法があります。一番早く到着するのは鹿児島空港から飛行機を利用して訪れる方法で、所要時間は40分ほど。高速艇での所要時間は90分ほど、フェリーでも3時間30分ほどですから、離島の中でもアクセス方法の選択肢が多い方です。また、いずれのアクセス方法でもロケットの打ち上げ日にはとても混雑しますから、予約はお早目にどうぞ

飛行機

 

種子島空港

出典:種子島空港

鹿児島空港から種子島空港へは1日4往復の便があり、所要時間は60分ほど。7時台・8時台・11時台・16時台と散らばった時間帯に飛びますから、比較的アクセスしやすい島といえるでしょう。

種子島飛行機2
本州から鹿児島空港へは、多くの空港から直行便が出ています。羽田・成田・伊丹・関西・中部・神戸からは早朝から午前中の便がありますので、早い時間に種子島にアクセスできます。富士山静岡・松山空港から鹿児島空港への到着は夕方着の便になるので、鹿児島に1泊した方が良いでしょう。また、関東や関西からは鹿児島空港経由のフリープラン、鹿児島発着の格安のフリープランのツアーもありますからツアーを利用するというのも良い方法ですよ。

高速艇

種子島高速艇

出典:種子島へ

鹿児島本港と種子島を往復する高速艇は、「トッピー」と「ロケット」の2艇。一日9便の運航で臨時便もあり、7時台から17時台までの間に出航しています。片道90分ですから、日帰りでの訪島も可能ですね。

フェリー

種子島フェリー
鹿児島本港を8時台に出発して、正午ごろに到着する「ニュープリンセスわかさ」と18時台に出発して22時前に到着する「はいびすかす」があり、観光客が多く利用するのは「プリンセスわかさ」です。3時間30分ほどの乗船時間中に、クジラを見かけることもありのんびりと過ごせる、と言いたいところですが、大型連休や夏休み期間などは、デッキや通路にまで人が溢れることもあるほどの混雑になりますから、小さな子供連れのご家族は注意した方が良いでしょう。もちろん、打ち上げなどがあればなおさらですから、お子様連れの方はよく検討してみてくださいね。

島内の移動手段

種子島レンタカー
種子島は、日本で10番目に大きい島で一周が180㎞ほどあります。島内にはバスがありますが、飛行機と高速艇などの時刻に合わせて運行しているため空港や港との連絡バスという位置づけなので、観光スポットから観光スポットへ向かう、という運行ルートにはなっていません。島民の方が強くすすめてくれるのが、レンタカーです。種子島に行くと決まったら、レンタカーも同時に予約するのがベストとのこと。

種子島自転車

一人旅だからレンタサイクルで周ろう、というのはおすすめできません。風が強い日が多く、冬は10度を切る気候なのでサイクリングを楽しむというより苦行になってしまいますから、島内をサイクリングで巡るのは、慣れていない人には無理なのです。レンタルバイクは爽快ですが、天気の良い日にかぎります。もちろん徒歩で一周、というのもやめておきましょう。のんびり徒歩で散策をしたい場合は、レンタカーで移動しながら観光スポットを散策してくださいね。

種子島に行く際の注意事項

種子島注意

コンビニエンスストア・スーパー

種子島コンビニ

出典:君の名は 聖地巡礼

種子島にはファミリーマートやアイSHOPなどのコンビニエンスストアが複数あり、スーバーも多数ありますから、ドライブ中におやつや飲み物が欲しくなっても困ることはありません。

金融機関

種子島金融機関
金融機関は郵便局と鹿児島銀行、南日本銀行、JAバンク、ろうきんなどがあります。種子島のファミリーマートのATMは一部利用できない金融機関がありますので、郵便局のATMを利用する方が無難です。郵便局は6カ所にあり種子島郵便局以外のATMは、平日9:00~17:30、土曜日9:00~12:00で日祝は稼働していません。種子島郵便局のみ日祝日もATMが稼働しています。また、簡易郵便局にはATMがありませんのでご注意ください。

キャッシュレス決済

種子島キャッシュレス
クレジットカードなどのカード類、QRコード決済は使える店舗が増えていますが、念のため現金の用意を忘れないようにしてください。

携帯電話

種子島携帯電話

出典:the360.life

圏外の場所は少なくおおむね通じますが、携帯電話のキャリアによって違いがありますので、事前に契約している会社のサービスエリアマップで確認しておくことをおすすめします。

その他

種子島その他
種子島にはマツモトキヨシやドラッグストアモリなどのチェーン店があり、薬局も複数ありますが、念のため常用しているものかあれば持参しましょう。虫よけスプレーや虫さされの薬、日焼け止めは必携です!病院は公立種子島病院をはじめ、いくつもの病院があり、多くの診療科がありますから安心です。

観光スポット

種子島観光

出典:種子島

天女ケ倉展望所(あまめがくら)

天女ケ倉展望所

出典:天女ヶ倉

237mの標高にある「天女ケ倉展望所」は、さえぎるものがない360度ビュー。見晴らしが良いため水平線や20㎞ほど離れた馬毛島の全体を眺めることもでき、島内の田園などのんびりとした光景が楽しめます。

天女ケ倉2

出典:天女ヶ倉

ハングライダーやパラグライダーの離着陸ポイントもあり、気持ちよくテイクオフできる場所として愛好家にも人気。また、天女ケ倉展望所があるエリアは日本有数の星空スポットとしても知られていて、星空観察に最適な地として愛好家が訪れています。なおロケットの発射時には、宇宙目指して飛んでいくロケットと白い雲が遠くに見えるスポットでもあり、いろいろな楽しめる展望所です。近くにある天女ケ倉神社には、天狗が残していったと言われる巨石が御神体として祀られており、種子島のパワースポットの一つになっています。

天女ケ倉展望所
【所在地】鹿児島県西之表市安納
【電話番号】0997-23-0111(種子島観光協会)

種子島開発総合センター

鉄砲館

出典:種子島開発総合センター

昭和58年(1983年)に開設した「種子島開発総合センター」。民俗資料館としてのいちめんも持ち、種子島の歴史や習俗、民俗、自然などについてジオラマや写真などの展示物で紹介しています。

鉄砲館2

出典:種子島開発総合センター

また、鉄砲が伝来し火縄銃を国内で初めて作製した地にちなんで、古式銃を国内外から100点以上集めて展示し、「鉄砲館」という愛称がつけられました。小学校でも学ぶ鉄砲伝来を、伝来した地でリアルに感じられるチャンスです。ぜひ鉄砲館コンシェルジュに案内してもらって詳しい説明を聞いてくださいね。なお、鉄砲伝来の地「門倉岬」には、この鉄砲館で知識を学んだあとに訪れることをおすすめします。

種子島開発総合センター
【所在地】鹿児島県西之表市西之表7585番地
【電話番号】0997-23-3215(西之表市社会教育課文化財係)
【開館時間】8:30~17:00(最終入館16:30)
【休館日】毎月25日・12月30日~1月2日※7月・8月・日曜日の25日は開館します。
【入館料】中学生まで140円・高校生280円・大学生以上440円・未就学児 無料

門倉岬

門倉岬

出典:NO.2 鉄砲伝来!

種子島の最南端にある「門倉岬」は、鉄砲伝来の地として知られ鉄砲伝来記功碑が建っています。岬にある公園は、断崖絶壁の岬から長く続くきれいな海岸線や屋久島が見える絶景スポット。

門倉岬2

出典:門倉岬

また、種子島宇宙センターから遠い位置にありながらも打ち上げの見学が可能な場所として知られています。見学スポットのリストに上げられることが少ないので、あまり混雑することなくゆっくり打ち上げを眺められる穴場的な場所ですよ!

門倉岬
【所在地】鹿児島県熊毛郡南種子町西之﨑原

千座の岩屋(ちくらのいわや)

千座の岩屋

出典:千座の岩屋

砂浜に半分埋まった鳥居が印象的な南端浜田海岸にある岩窟「千座の岩屋」。中に入ると1000人もの人が座れるという千座の岩屋は種子島最大の、海による浸食でできた洞穴です。

千座の岩屋2

出典:千座の岩屋

洞穴の構造により波の音が独特の反響音を作り出すのも興味深く、思わず聞き入ってしまいます。自然が作った造形も神秘的な雰囲気で、ぜひ訪れて欲しいスポットですが、この洞穴に入れるのは、干潮時の2時間ほどだけ。事前に干潮の時刻を確認してからプランをたててくださいね。

千座の岩屋
【所在地】鹿児島県熊毛郡南種子町平山広田
【電話番号】0997-26-1111(南種子町企画課観光経済係)

広田遺跡公園

広田遺跡

出典:2020年 広田遺跡

国の史跡である集団埋葬墓の遺跡「広田遺跡」と、それに隣接する「広田遺跡ミュージアム」があるのが「広田遺跡公園」です。遺跡は良好な状態で保存され、ミュージアムには多くの出土品が展示されていて、見ごたえがあり知の欲求を満たしてくれます。映像コーナーでは遺跡の概要や種子島の歴史をわかりやすく紹介。

広田遺跡2

出典:広田遺跡ミュージアム

広田人の復元模型などで、本州の弥生人より小柄でおしゃれな広田人を知ることできます。出土品の中には古代の貝細工など興味深いものもあり、貝製品の出土品は4万個以上!じっくり見学すれば、広田人の独自文化の豊かさに驚くことでしょう。また、勾玉や貝殻アクセサリー作り体験なども楽しめます。夏休みの自由研究にもおすすめですよ!

広田遺跡公園
【所在地】鹿児島県大熊毛郡南種子町平山2571
【電話番号】0997-24-4811(広田遺跡ミュージアム)
【開館時間】9:00~17:00
【休館日】月曜日・12月29日~1月3日
【入館料】中学生まで150円・高校生以上300円
【体験料金】勾玉・貝殻アクセサリーなどの制作体験
初級コース300円・中級コース500円・上級コース1,000円・特設コース3,000円

喜志鹿崎灯台(きしがさきとうだい)

喜志鹿崎灯台

出典:喜志鹿崎灯台 : DI☆ction☆ARY

種子島の最北端に建つ「喜志鹿崎灯台」。真下の海は東シナ海と太平洋の海流が交わっている海域のため、ぶつかり合う三角波の荒々しい姿を見ることできます。

喜志鹿崎灯台2

出典:喜志鹿崎灯台

大隅海峡を挟んで遠くには九州最南端の大隅半島の稜線も薄く見える絶景スポット。見晴らしのよさにリフレッシュした気分になれますよ。また、鹿児島県肝属郡にある内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられるロケットの見学スポットとしても知られていて、種子島上空を飛行するロケットを見に多くの人が訪れます。チャンスがあれば、ぜひご覧になってください!

喜志鹿崎灯台
【所在地】鹿児島県西之表市国上喜志鹿崎
【電話番号】0997-85-5382(天城町商工水産観光課)

種子島宇宙センター

種子島宇宙センター

出典:種子島宇宙センター

世界一うつくしいロケット発射場といわれる「種子島宇宙センター」。訪れると、自然に囲まれた建物とロケットのコントラストがきれいで、ワクワク感が高まります。初めての方は、バスでセンター内を見学する無料ツアーに参加するのもおすすめ。45分ほどのバスツアーは、発射場や本物のロケット、指令室などをまぢかで見られるためとても人気があります。

宇宙科学技術館

出典:種子島宇宙センター 施設紹介 | ファン!ファン!JAXA!

バスツアーの前に、宇宙について学べる宇宙科学技術館を訪れましょう。世界のロケットの模型やロケットエンジンについて学べる映像、打ち上げの瞬間が体験できるシアターなどなど1時間はたっぷり楽しめます。映画やドラマ、アニメにも宇宙やロケットが題材になったものが多いので、親子でアレにでていたのにそっくり、ここはあのシーンに似ている、と盛り上がることでしょう。

宇宙センターお土産

出典:もらって嬉しい!

宇宙を堪能した後は、宇宙食や記念品が買えるお土産ショップのチェックも忘れずに!

種子島宇宙センター
【所在地】鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永字麻津
【電話番号】0997-26-2111
【見学時間】9:30~17:00
【休業日】月曜日・12月29日~1月1日

宇宙ヶ丘公園

宇宙ヶ丘公園

出典:H-ⅡA22号機打ち上げ

ふだんは島民の憩いの場としてにぎわう「宇宙ヶ丘公園」。ロケット打ち上げの見学場が併設されているため、打ち上げ当日にはたいへんな混雑になります。抽選になることもありますので、どうしても宇宙ケ丘公園で打ち上げを見たい方は、情報をキャッチするようにしてください。見学場があるくらいなので、島内屈指の見晴らしの良い絶景スポットです。ロケットの打ち上げがない時も、発射場を眺められますよ。

宇宙ヶ丘公園
【所在地】鹿児島県熊毛郡南種子町中之下1972
【電話番号】0997-26-1111
【開薗時間】24時間

種子島酒造

種子島酒造

出典:種子島酒造株式会社

明治35年(1902年)創業の「種子島酒造」は、種子島産の芋を使った芋焼酎を製造しています。自社農園で原料となる芋を栽培し、創業以来使い続けているカメツボ(甕壺)で仕込むというこだわりよう。安納芋や白豊芋、紫芋などを使った本格芋焼酎は、島外に広く出荷されていてファンも多い人気の銘柄です。

種子島酒造2

出典:種子島酒造株式会社

焼酎好きな方におすすめなのが、工場見学。仕込みの工程などの説明を受けながら見学したあとは、お待ちかねの試飲です。工場の直営売店では、ここでしか販売していない焼酎もありますのでそれをお目当てに訪れる方もいるとか。芋焼酎好きな方、ぜひどうぞ!

種子島酒造
【所在地】鹿児島県西之表市西之表13589番地3
【電話番号】0120-77-0265
【開館時間】8:00~17:00(見学は16:30まで)
【休館日】日祝・年末年始・盆休み
【見学料】無料・要予約

宝満神社

宝満神社

出典:宝満神社

神武天皇の母である玉依姫が高天原から宝満へ降臨し、この地で水田を開いたことを称えて建立された「宝満神社」。降臨する際に赤米をもたらして、水稲農耕文化がここから始まったと言われていて、この赤米を現在も神事に使用するために栽培しています。ご利益は、五穀豊穣・子孫繁栄・地域安穏。近年には、宝満という名称から宝くじにご利益がある神社としても知られるようになっています。境内には大きなソテツがあり、赤い鳥居とのコントラストが異世界感をかもしだしていますから、写真撮影を忘れずにどうぞ!

種子島宝満池

出典:宝満神社 

すぐ近くの宝満池には、妖怪が住むという伝説があり、整備されていない池にオニバスやヒシなどの植物が豊かに生息しています。この広い池は、神社とともに種子島のパワースポットのひとつ。たっぷりとマイナスイオンを吸収できますよ。

宝満神社
【所在地】鹿児島県熊毛郡南種子町茎永
【電話番号】0997-26-7233

グルメ

種子島グルメ

eastcoast(イーストコースト)

イーストコースト

出典:種子島でサーフィン

鉄浜海岸の前に建つ「eastcoast」は、コテージも併設しているレストランカフェです。種子島には海岸近くにあるカフェがとても少ないため、この立地はぜひ訪れたいところ。サーフィンにぴったりの波が来ることで人気の鉄浜を眺めながら、ランチが楽しめます。

イーストコースト2

出典:種子島でサーフィン

テラス席では、サーフィンをしている人を眺めながら潮風にふかれてリゾート気分が満喫できますよ。人気メニューは、タコライスとパンケーキ。南国らしいマンゴージュースやグァバジュースなども味わえます。

オムライス(照り焼き味)

イーストコーストオムライス

出典:種子島 ゆうえみ日記

ランチでは、照り焼き味のオムライスやカレー、ヒレカツ、ミックスフライなど10種類ほどのメニューがありどなたでも満足できることでしょう。最高のロケーションでのランチ、おすすめです!

eastcoast
【所在地】鹿児島県西之表市安城140-2
【電話番号】0997-25-0763
【営業時間】ランチ11:30~15:00・ディナー15:00~22:00
【定休日】火曜日

種子島魚匠一条

一条

出典:種子島のグルメ

刺身の盛り合わせが絶品と地元の方が推薦する「種子島魚匠一条」。ニガタケやボタンボウフウ(長命草)など、他の地域ではあまり口にする機会がない食材をおいしく調理して提供しています。

刺身の盛り合わせ

一条刺身

出典:種子島でおすすめ

刺身には地魚が使われていて、聞いたことがない名前の魚も登場。刺身の盛り合わせは、1人前、2人前ではなく大中小!たっぷりと刺身がたべられますよ。焼き魚も煮魚も揚げ物も、中または大の盛合せ。ボリュームがあってリーズナブル、と島内1、2を争う人気店です。どちらかというとグループで訪れた方が何種類も食べられて、地元食材を堪能できますよ。

種子島魚匠一条
【所在地】鹿児島県西之表市東町23
【電話番号】0997-23-1838
【営業時間】17:00~23:00(L.O22:00)
【定休日】不定休

美の吉食堂

美の吉食堂

出典:美の吉食堂

ビジネスホテルと食事処をかねた「美の吉食堂」。南種子町の特産品でもあるインギー地鶏を使った料理が有名です。インギー地鶏は、インギー鶏と黄紋プリマスロックとの優良配合鶏。明治27年(1894年)に座礁したイギリス(地元の言葉でインギー)帆船が積んでいた食用の鶏を、島民が譲り受けたことから種子島に根付いた鶏をインギー鶏と呼び、それ自体は鹿児島県の天然記念物に指定されています。

インギーうどん

美の吉食堂うどん

 

出典:美の吉食堂

メニューは、インギー地鶏を使ったうどん、焼鳥、唐揚げ、陶板焼き、親子丼などのほか、塩サバ定食や野菜炒め定食、カレーライスなどもあり、あまりインギー地鶏に興味がない人と一緒でも安心ですよ。

美の吉食堂
【所在地】鹿児島県熊毛郡南種子町中之上2264-4
【電話番号】0997-26-0033
【営業時間】月~金11:00~14:00・16:00~21:00/土7:00~14:00・16:00~21:30/日7:00~21:30
【定休日】年中無休

種子島宇宙センター職員食堂

宇宙センター食堂

出典:種子島宇宙センター

宇宙センターに勤務する方々も利用する「種子島宇宙センター職員食堂」。大きな窓からは、発射台や海などが一望できます。令和元年(2019年)にリニューアルオープンし、観光客を意識したメニューも増えました。

ロケットカレー

宇宙センターカレー

出典:JAL

こうのとり御膳

こうのとり御膳

出典:種子島でおすすめ

ロケット形のごはんと星形のポテトがのった「ロケットカレー」やブルーの宇宙をデザインしたプレートも可愛い「Kidsプレート」、安納芋のポテトサラダ、きびなごの天ぷらなどの地元食材が満載の「こうのとり御膳」(要予約)など、見て楽しい食べておいしいメニューが多くあります。宇宙センターの午前中の見学のあとがちょうどランチタイムになるので、こちらに寄って見学の感想を話しながら食事するときっと良い思い出になることでしょう。

種子島宇宙センター職員食堂
【所在地】鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永字麻津
【電話番号】0997-26-2111
【営業時間】11:00~14:00
【定休日】第2・第4土曜日

八千代

八千代

出典:JAL

旅行客向けのメニューが豊富な日本料理店「八千代」。若い大将が競りで仕入れた新鮮な魚介を使ったランチの御膳が自慢です。夜の食事も寿司、黒豚しゃぶしゃぶ、会席、串カツと幅広いメニュー構成ですから、肉が食べたい人も魚が食べたい人も満足できるお店です。

日替わり花かごランチ

八千代ランチ

出典:種子島-グルメ

旅行客向けに地魚を使ったコースや多くの種類の焼酎や日本酒もあり、予約をすれば地元食材を多用したお弁当を作って貰えます。テイクアウトして、景色の良い場所に行ってピクニック気分でランチというのも良いですね!

八千代
【所在地】鹿児島県熊毛郡中種子町野間5297-47
【電話番号】0997-27-0066
【営業時間】ランチ11:30~14:00・ディナー17:30~23:00
【定休日】月曜日

活魚料理味処 井元(いのもと)

井元

出典:JAL

いろいろな料理が食べられる「活魚料理味処井元」。活魚を使った料理はもちろん、ランチではロースカツや唐揚げ、ミックスフライ定食、麺類も提供しています。また、黒豚餃子やエビ焼売、枝豆やモズク酢などの居酒屋メニュー、寿司や会席もありと幅広い客層に対応

上伊勢海老定食黒豚しゃぶしゃぶアイス付き

井元定食

出典:種子島でご当地グルメ

ちょっとツマミとお酒が飲みたい人としっかり食事がしたい人が一緒に楽しめる便利なお店ですよ!

活魚料理味処 井元
【所在地】鹿児島県西之表市西町189-1
【電話番号】0997-22-1218
【営業時間】ランチ11:30~14:00・ディナー17:00~23:00
【定休日】不定休

STEPPIN’LION(ステッピンライオン)

ステッピン

出典:サーファーが通う

一軒家カフェ「STEPPIN’LION」は、南米のリゾートにあるカフェのような雰囲気で、ジャマイカ料理を提供しています。

ジャークチキンボールとジャークチキンプレート

ステッピン2

出典:種子島のジャマイカ風カフェ

ジャークチキンや金時豆とお米をココナツミルクで炊いたライスアンドピース、ブラウンシチューなど本格的なジャマイカ料理が並びます。

ロワイヤルチーズバーガー

ステッピン3

出典:口コミ一覧 

また、ハンバーガーの人気も高く、とくにボリューミーなロワイヤルチーズというトマトと焼き玉ねぎ、パテとベーコンをチーズバーガーに挟んだバーガーが一番人気です。テイクアウトしても良し、店内でくつろぐのも良し、バカンス気分を満喫してください!

STEPPIN’LION
【所在地】鹿児島県熊毛郡中種子町野間5293-1
【電話番号】0997-27-0502
【営業時間】11:30~19:30
【定休日】火曜日

Hanauta(はなうた)

種子島はなうた

出典:はなうた (Hanauta)

一軒家のカフェレストラン「Hanauta」は、可愛くてオシャレな雰囲気です。

プレートランチ(ハンバーグ)

種子島はなうた2

出典:はなうた

いろいろな料理が少しずつ載ったプレートランチは、女性に人気。パスタやピザ、カレー、デザートもあり、店主が「ジャンルにとらわれないさまざまな料理を提供します」と言っているとおり、多種類の料理が食べられます。アルコール類も揃っているため、おしゃれな雰囲気の中で女子会したいグループにもおすすめですよ。

Hanauta
【所在地】鹿児島県熊毛郡南種子町茎永610-11
【電話番号】0997-26-7520
【営業時間】ランチ11:30~14:00(L.O.13:30)・18:00~23:00(L.O.)
【定休日】日(祝日の場合は営業)・月曜日

種子島ジェラートHOPE

種子島ジェラートHOPE

出典:JAL

イタリア製のマシンで作る本物のジェラートを提供する「種子島ジェラートHOPE」。種子島産の安納芋やタンカン、ドラゴンフルーツなどを含めて、10種類ほどのジェラートが味わえます。季節ごとに次々に種類が変わるので、何度訪れても飽きることはありません。シングル・ダブル・トリプルなどの注文ができ、コーンかカップかも選べます。

トリプル(安納芋・たんかん・ドラゴンフルーツ)

種子島ジェラードHOPE2

出典:種子島でおすすめ

盛りつけが上にかさねるのではなく、縦に並べているので、トリプルになっても食べやすいですよ!ちょっと小腹が空いているときは、店内でナポリピッツァも食べられます。ジェラートと一緒にいかがでしょうか。

種子島ジェラートHOPE
【所在地】鹿児島県熊毛郡南種子町平山500-131
【電話番号】0997-22-9566
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】火曜日

cafe南帆

南帆

出典:○種子島1日目

昭和な雰囲気がただよう店内に店主が作った器が並ぶ「cafe南帆」は、ハンバーグが人気の洋食店です。ドリアやチャーハン、ホットサンドにピザなどもありますが、大半の方はハンバーグを注文するそう。

ホワイトハンバーグ

南帆2

出典:JAL

ハンバーグが有名な店で修業したという店主が作るのは、クリームソースがかかったホワイトハンバーグやオニオンリングがのったオニオンハンバーグなど4種類。ポーク100%のハンバーグはジューシーで柔らかい食感です。お味噌汁に白いご飯もついたランチは、ボリューム満点ですよ!

cafe南帆
【所在地】鹿児島県西之表市西之表14449-7
【電話番号】090-8505-4207
【営業時間】12:00~21:00
【定休日】月曜日

種子島の観光スポットをご紹介しました。種子島は宇宙センターなどのハイテク施設があるかと思えば、古代の遺跡もあるという面白い島です。地元の食材も珍しくておいしいものがいろいろあり、マリンスポーツやパラグライダーなどのアクティビティも満喫できます。大人も子供も楽しい時間が過ごせる種子島。どうぞ良いバカンスをお過ごしくださいね!