東海LOVERS

九州各県の日帰りで登れるおすすめの山をご紹介

2016年05月14日(土)/九州

九州は湯布院や別府、雲仙や天草、阿蘇、指宿など観光地も有名ですが、山登りも気軽に行けるところがたくさんあります。ここでは九州の各県別に日帰りで登れる九州各県の日帰りで登れるおすすめの山をご紹介させていただきます。

九州各県の日帰りで登れるおすすめの山をご紹介

チェック・貫山(福岡県)

貫山(福岡県)

やまクエ

九州高速道小倉南インターを降りて国道322号線を南下、平尾台入り口西交差点を左折して県道28号線を5キロほど走ると登山口の吹上峠に着きます。一帯は平尾台と呼ばれていて、広大なカルスト台地となっており、歩きはじめると正面に羊の群れを思わせる白い石灰岩が無数に散らばる羊群原を見れます。標高587mの大平山を過ぎていったん下り、急な坂を喘ぎながら登ると四方台に。さらに緩やかな道を北に進んで再び急坂を登ると標高712mの貫山に着きます。頂上からは関門海峡、小倉市街地と皿倉山、福智山などを見渡せるでしょう。

チェック・英彦山(福岡県)

九州高速道小倉南インターを降りて国道322号線を南下、香春交差点を添田方面に左折、県道52号線を添田町方面に進み国道500号線と合流してほどなく英彦山別府駐車場に着きます。登山コースは複数ありますが、一般的なコースは別府駐車場から奉幣殿へ向かい中岳へ向かうコース。奉幣殿まではスロープカーを利用できます。奉幣殿の右横の鳥居が登山道の入り口。一ノ岳展望台、中津宮を過ぎ1時間20分ほどで水汲み場がある彦霊神社に到着します。ここから石段を15分ほど登ると中岳に。

観光アドバイス

頂上からはくじゅう連山方向の眺めがよいです。時間があれば南岳、北岳へ足を伸ばしてもよいでしょう。

チェック・天山(佐賀県)

天山(佐賀県)

九州高速道多久インターを降りて国道203号線を西に進み、道の駅厳木から県道37号線へ左折、厳木ダムを過ぎて約5キロで右折、突き当りを右折して10分ほどで天川登山口に到着、さらに頂上までは歩いて30分ほどで到着します。頂上から東に向かって広大な草原状となっていて、春にはシュンラン、キンラン、夏はシギンカラマツ、コオニユリ、秋はマツムシソウ、トリカブト、ムラサキセンブリなどが咲くお花の山です。

チェック・雲仙岳(長崎県)

雲仙岳(長崎県

雲仙岳とは妙見岳、国見岳、普賢岳、平成新山など雲仙温泉街を取り囲む山群の総称です。中でも、平成新山は1990~1996年の普賢岳の噴火によってできた溶岩ドームです。
雲仙市街地から車で15分ほど走ると広い駐車場がある仁田峠に着き、仁田峠からはロープウェイで妙見岳頂上近くの展望台に行けます。雲仙市街地、橘湾の向こうに天草諸島、北方向には多良山系を望めるでしょう。またここから国見岳、平成新山、普賢岳を周回することも可能。5月中旬からのミヤマキリシマ、11月初旬からの紅葉。厳冬期の霧氷など四季折々の見どころがあります。

チェック・くじゅう連山(大分県)

くじゅう連山(大分県)

くじゅう連山は標高1791mの中岳を中心として、久住山、大船山、三俣山など1700mを超える山が8座あります。主な登山口は長者原登山口と牧ノ戸峠。どちらも週末になると観光客や登山客で混雑します。長者原登山口から歩いて2時間ほどで着く草原の坊がつるでは、キャンプをもできます。すぐ近くには法華院山荘があり温泉に入ることも。

cc39f58dba9dbe0f4032ec83af5f996f_s

法華院山荘も週末は多くの登山客で賑わい、特に5月後半から6月初旬のミヤマキリシマの時期と10月中旬から下旬の紅葉の時期は、3万人を超す登山客があり登山道は人で埋め尽くされます。

チェック・太郎丸嶽・次郎丸嶽(熊本県)

太郎丸嶽・次郎丸嶽(熊本県)

ファンファン福岡

熊本県は阿蘇が有名ですが、地震や中岳の噴火により立ち入りが禁止の場所や、登山が不可能になっている場所があります。また南外輪山、北外輪山とも道路が破損している箇所が多くあります。ここでは比較的安全な場所を紹介します。

今回紹介するのは天草にある山。九州高速道松橋インターから西方向へ国道266号線を走り、上天草を過ぎて松島に入り合津交差点を直進して国道324号線を南下、今泉三叉路を右折してすぐに登山者駐車場があります。西辺集落の中を歩き、森の中を歩くとすぐに太郎丸分岐点が現れます右に行くと太郎丸岳で出発から1時間ほどで頂上に着きます。

3

fujikoubou.html.xdomain.jp

頂上からは松島方面の風景が綺麗です。分岐へ戻り次に次郎丸岳。ロープ場などもありやや角度のある登りが多くなります。頂上からの眺めはよく、東側は崖となっているため高度感があります。

チェック・行縢山(宮崎県)

行縢山(宮崎県)

じゃらん

九州高速道延岡インターを降りて国道218号線を西に向かうと「行縢山」の案内板や標識があり、それに従い進むと、国道から分岐して7キロほどで行縢神社に着きます。行縢神社から北方向へ歩くと滝見橋が現れ、雄岳と雌岳の間にある落差77mの行縢の滝を見れます。ここからは石段の急坂登りとなり、山ノ神峠を過ぎると一旦くだり、山腹斜面を巻くように登ると頂上到着。春は崖に咲くイワツツジ、フジツツジ、アケボノツツジを見れます。

2

やまクエ

チェック・開聞岳(鹿児島県)

開聞岳(鹿児島県)

出典:指宿市観光協会

九州高速道から指宿スカイライン頴娃インターを降りて県道17号線を南下すると池田湖が現れ、県道28号線を再び南下すると開聞岳ふれあい公園に着きます。広い駐車場に車を停めてキャンプ場の中を通り開聞岳を目指します。登山道は東側から西側へ螺旋を巻くような道となっており、2時間半ほど歩いて頂上到着。池田湖、枕崎方面への海岸線などの美しい景色を見れます。