東北LOVERS

沖縄県のおすすめスイーツを厳選

2019年06月30日(日)/沖縄

Pocket

おきなわイメージ

出典:沖縄ライフログ – はてなブログ

沖縄県には「ちんすこう」や「紅芋タルト」、「橘餅」(きっぱん)に「ジーマミー豆腐」などの銘菓・名物が多くありますが、県内のあちこちにとても美味しいスイーツショップがいくつもあるのです。

今回は、そんな沖縄県のスイーツ好きなら一度は食べて欲しいおすすめのスイーツを10選ご紹介します。

Hawaiian Pancakes House Paanilani(ハワイアンパンケーキハウス パニラニ)

パニラニ

出典:ヤプログ

甘いパンケーキも食事系のパンケーキもある、沖縄で一番人気のカフェ。生地に牛乳ではなく、バターミルクを使っているので、従来のパンケーキよりヘルシーです。生地に少し塩気があるので、甘さが強いトッピングもベーコンや卵などにもぴったり合います。

トロピカルパンケーキ

トロピカルパンケーキ

出典:旅の途中

ナッツナッツパンケーキ

ナッツナッツパンケーキ

出典:沖縄カフェ特集(Okinawa Cafe Time) – てぃーだブログ

生地にパイナップルを練り込んでマンゴーのホイップクリームをたっぷり使った「トロピカルパンケーキ」や、オリジナルのナッツソースにパナナを合わせた「ナッツナッツパンケーキ」は、このメニュー目当てにわざわざ来る人がいるほど。入店の際には「アロハ」、帰る時には「マハロ」と店員さんが声をかけてくれるのが、南国気分をより楽しめます。朝7時からのオープンなので、朝食にパンケーキを食べに行く、というのもおすすめです。

Hawaiian Pancakes House Paanilani
【所在地】沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣698
【電話番号】098-966-1154
【営業時間】7:00~17:00(L.O.16:30)
【定休日】無休

ミルミル本舗 本店

みるみる

出典:Twitter

南国の離島、石垣島にあるジェラートショップは、島内で1、2を争う景勝地にあり、広々とした海と島々の景色を眺められる人気スポット。多くの種類のジェラートが評判です。

牛乳のジェラート

牛乳ジェラート

出典:食べログ

一番人気は「牛乳のジェラート」。その日の朝に絞った牛乳を使っています。ジェラートの材料は、島内で収獲したフルーツや島豆腐、紅芋を使うようにしていて、「デラックスマンゴー」や「パッションフルーツ」、「スターフルーツ」「ドラゴンフルーツ」のジェラートは、フルーツ農園がいくつもある石垣島ならではの味!ハーフ&ハーフで楽しめます。

みるみるジェラート

出典:okinawaclip.com

ジェラートの色が美しいので、絶景と一緒に撮ればSNS映え間違いなしですよ!

ミルミル本舗 本店
【所在地】沖縄県石垣市新川1583-74
【電話番号】0980-87-0885
【営業時間】10:00 ~日没
【定休日】無休

琉球銘菓 三矢

みつや

出典:食べログ

地元では「サータアンダギーの三矢」として知られている「琉球銘菓三矢」は、「道の駅許田」のフードコーナーにあります。

サータアンダギー

みつや2

出典:リッカドッカ

こちらのサータアンダギーは、大き目のシュークリームくらいの大きさで、「ごま塩」や「紅イモ」、「かぼちゃ」など何種類もの味が特徴です。

ドラゴンボール

みつや3

出典:ホットペッパーグルメ

1日100個限定の「ドラゴンボール」は、サータアンダギーのタネとは違う、タピオカ粉を使った揚げ菓子で、香ばしい外側と中のしっとりふわふわとした食感が絶妙!こちらの方を食べたいという人も多く、売れきれてしまうことがあるので、早めの訪問がおすすめです。

幻の味 ブルース

みつや4

出典:恩納村ふるさと納税

また、地元の方でも入手するのが難しいと言われる「幻の味ブルース」は、シフォンケーキとカステラと菓子パンを合わせたような食感で、ふんわりとした柔らかな口当たりが魅力です。見つけたら、必ずゲットしてくださいね!

琉球銘菓 三矢
【所在地】沖縄県名護市許田17-1 道の駅許田内
【電話番号】0980-54-3021
【営業時間】9:00~19:00
【定休日】無休

PANCAKE HOUSE JAKKEPOES(パンケーキハウス ヤッケブース)

ヤッケブース

出典:うちなーちゅら

客層の半分は、外国人の方という、アメリカンな雰囲気のお店です。こちらのパンケーキは、薄いホットケーキのようなふかふかとした生地。食事系にも合い、ソーセージ、目玉焼き、ベーコンなどがついてボリュームがある「ミートラバー」は、男性に人気があります。

あんこラバー

あんこラバー

出典:livedoor Blog

「あんこラバー」は、きな粉に抹茶、餡子にホイップクリームたっぷり!餡子とホイップクリームはとても相性が良く、甘い物が好きな方にはたまらないおいしさです。

ストロベリー&バナナ

ストロベリーとバナナ

出典:livedoor Blog

他にも、「ストロベリー&バナナ」「あんこ&バナナ」など12種類ほどがあります。何人かで訪れて、食事系のパンケーキとデザートのパンケーキの両方を注文してシェアするのもおすすめですよ!

PANCAKE HOUSE JAKKEPOES
【所在地】沖縄県中頭郡読谷村字都屋436 No.44
【電話番号】098-894-4185
【営業時間 月・木・金 9:00~16:00(LO15:30)
土・日・祝 8:00~16:00(LO15:30)
【定休日】火曜・水曜

ふくぎや国際通り店

ふくぎや

出典:国際通り

全国でも数少ない、バウムクーヘンの専門店で、4種類のバウムクーヘンを作っています。

バウムクーヘン(ガジュマル・プレーン・紅芋)

バームクーヘン

出典:NAVER まとめ

プレーンなタイプは沖縄の蜂蜜を使いしっとりとした「フクギ」、沖縄黒糖を使った「ガジュマル」は本当に木の株のような見た目とブランデーケーキのように密度があるタイプ、紅芋を使った赤紫色の「紅の木」と、豆乳を使ったやさしい大豆の甘さが感じられる「豆の木」はしっとりタイプです。全ての商品が、試食をして購入できるのは嬉しいサービスです、大きさは「フクギ」と「ガジュマル」はSサイズからLサイズまで、「紅の木」と「豆の木」はSサイズのみとなっています。

切れ端(かけら)

ふくぎや切れ端

出典:食べログ

こちらのお店では、空港店では販売していない切れ端の販売が人気です。すぐに売れきれてしまいますから見つけたらラッキーですよ!自分用にいかがでしょうか。

ふくぎや国際通り店
【所在地】沖縄県那覇市久茂地3-29-67
【電話番号】098-863-8006
【営業時間】10:00 ~ 22:00
【定休日】無休

松原屋製菓

まつばら

出典:沖縄の海と空にかこまれた暮らし

沖縄のお菓子がずらりと並ぶ、創業60年以上の老舗です。

沖縄菓子の数々

まつばら2

出典:沖縄の海と空にかこまれた暮らし

サータアンダギーをはじめ、コンペンや松風(マチカジ)せんべい、チンピンやポーポーが一つから購入できます。

伝統行事用の菓子(ナントゥーもち・ムーチー)

まつばら3

出典:食べログ

地元に根付いたお菓子店のため、法事や結納、伝統行事などのお菓子も並んでいてとても数が多いので、見ているだけでも楽しめますよ。特に観光で訪れている方には、珍しいお菓子を一つだけ購入してすぐに食べられるのでおすすめです!

松原屋製菓
【所在地】沖縄県那覇市松尾2-9-9
【電話番号】098-863-2744
【営業時間】9:00~20:00
【定休日】無休

oHacorte港川本店(オハコルテ)

オハコルテ

出典:うらそえナビ

外国の人々が多く生活していた「港川外人住宅街」の中にある、フルーツタルトの専門店は、リノベーションされた外人住宅を活かした店舗で、雑貨店「oHaco」も併設しています。

季節のタルトいろいろ

オハコルテ2

出典:リクルート チューイチョーク株式会社 – チューイチョーク

季節が感じられるタルトは、春夏は数種類の柑橘類やパッションフルーツ、アメリカンチェリー、秋冬は、ちょっと珍しいブドウのゴルビーやリンゴ、フレッシュベリーなど。目移りしてなかなか決められないフォトジェニックなタルトは、味もリッチで大人気です。

タルトサンド

オハコルテ3

出典:おしゃれな出産内祝い・プチギフトお菓子|沖縄オハコルテ – 

持ち帰り用に販売されている「タルトサンド」は、バタークリームやチーズクリームにマンゴー、クランベリーなどのドライフルーツを混ぜたものを挟んでいて、沖縄土産にもおすすめ。また、イートインで出されるコースターとおてふきは、持って帰りたくなる可愛さなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

oHacorte港川本店
【所在地】沖縄浦添市港川2-17-1oHaco内
【電話番号】098-875-2129
【営業時間】11:30~19:00
【定休日】無休

しまドーナッツ

しまドーナッツ

出典:okinawaclip.com

黄色い屋根に青い扉が可愛い一軒家のドーナッツ店。島豆腐のおからと豆乳を使った焼きドーナッツを作っています。

しまドーナッツ2

出典:虹亀商店

10種類ほどあるトッピングには、紅芋やジーマーミーなど沖縄らしい食材もあります。ドーナッツにトッピングを埋め込むようにしているので、上から見るとクッキーのようにも見えるドーナッツは、揚げていないのでとてもヘルシーです。1つ200円以下の価格なのも魅力。全部買いたくなってしまいますね。11時から15時までという短時間の営業で、売切れたら閉店ですから、全種類揃っている時に訪れるなら、早めに行くのがおすすめです!

しまドーナッツ
【所在地】沖縄県名護市伊差川270
【電話番号】0980-54-0089
【営業時間】11:00~15:00(売り切れ次第終了)
【定休日】祝日

やちむん喫茶シーサー薗

やちむん

出典:沖縄ゆるり贅沢旅のすゝめ

屋根の上にいくつもシーサーが乗っている「やちむん喫茶シーサー薗」は、亜熱帯植物に囲まれていて、自然の景色や樹々ゆれる音などが堪能できる古民家カフェ。島内でも他にはない景色が広がっています。瓦屋根が窓のすぐ近くにあるので屋根の上にあるシーサーを間近に見ることができます。お土産品ではない、雨に濡れ、太陽に照らされて年月をへたシーサーがこんなに近くで見られることはめったにない体験かも。

ヒラヤーチーとウルトラみかん生ジュース

やちむん2

出典:ことりっぷ

室内の古民家の雰囲気とともに、ゆっくりとお過ごしください。ヒラヤーチやチンピン、黒糖ぜんざいなど、沖縄のおやつが味わえます。ウルトラみかん生ジュースは、季節の柑橘をいくつか合わせてしぼっています。爽やかな酸味が楽しめます。やちむん(焼物)という名のとおり、飲み物や御菓子に使っている器も味がありますよ。店内にはやちむんの販売スペースもありますから、焼物好きな方には、ぜひ行って欲しいお店です!

やちむん喫茶シーサー薗
【所在地】沖縄県国頭郡本部町伊豆見1439
【電話番号】0980-47-2160
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】月曜日・火曜日

雪花の郷 那覇店(しぇーほぁのさと)

雪花の郷

出典:ぐるなび

台湾スイーツの「雪花冰」(しぇーほぁぴん)が食べられます。国内では、あまり食べられるお店がないので、那覇に来たなら、わざわざでも行って欲しいお店です!

マンゴー雪花冰

雪花の郷2

出典:食べログ

ブームになっているケーキのようなかき氷ほどデコラティヴなものではなく、シャリシャリのかき氷でもない、ふわふわとした軽いくちどけの氷菓子。氷を削るというより、とても細かく粉砕した感じです。「アイスでも氷でもない」というキャッチフレーズはまさにそのとおり!「ロマンティックスペシャル」「「落ち葉の詩」「淡い恋心」など、シャレたネーミングも楽しい「雪花冰」を、ぜひ一度どうぞ。

雪花の郷 那覇店
【所在地】沖縄県那覇市牧志2-12-24
【電話番号】098-866-4300
【営業時間】10:30~18:00(夏休み期間は19:00まで)
【定休日】水曜日・年末年始
※水曜日も営業している時があります。電話でご確認ください。

沖縄県のおすすめのスイーツ店10選、いかがでしたでしょうか。昔ながらの沖縄銘菓や、種類の多いクレープ、フォトジェニックなジェラードやケーキなど色々なスイーツがあり、多くのお店から10選に絞り込むのに苦労したほど魅力的なお店ばかりでした。この記事が沖縄のスイーツ選びの参考になりますように!