東北LOVERS

佐賀県の「そば街道」のおすすめの店を厳選

2019年02月23日(土)/佐賀

Pocket

三瀬高原

出典:るるぶ&more.

三瀬高原は、福岡県と佐賀県の県境の三瀬峠にある自然を満喫できるスポットです。三瀬ループ橋という巨大な橋からの眺めも気持ちよく、ドライブコースとしても人気があり、おしゃれなレストランやショップも増えています。

また、美味しい天然水ときれいな空気はそば作りにびったり。九州には珍しくそば店が多く並び「三瀬そば街道」と呼ばれるようになりました。今回は佐賀県の「そば街道」のおすすめの店を厳選してご紹介します。どうぞご覧ください!

三瀬そば

三瀬そば

出典:食べログ

そば街道は、このお店の開業から始まったと言っても過言ではない、平成2年(1989年)開業の老舗。大人気店なので、行列必至です。少し太目のコシの強い食べ応えのあるそばは、信州産のそば粉を使っています。

板そば

板そば

出典:佐賀新聞

「板そば」(2~3人前・1350円/3~4人前・1850円)は、出て来た瞬間、食べきれるのかと心配になるほどのボリューム!しかし、甘めの汁がよく絡み、気が付いたら完食しているという大人気のそば。リーズナブルにお腹いっぱいそばを食べたい、という人にはとてもおすすめです。そばと一緒に注文されることが多いのは、「だし巻」(360円)と「唐揚げ」(500円)。ちょっと一杯飲みたくなる味ですよ。

ふるまい

ふるまい

出典:食べログ

「ふるまい」(1550円)は、割子そば3種・天ぷら・鶏飯・小鉢・香の物のセットで、いろいろ食べたい人にぴったり。
温冷ともそばの種類が多く、定食も7種類あり、老若男女が楽しめるメニュー構成です。

持ち帰り

出典:Twitter

持ち帰り用の乾そばの販売もありますので、ご自宅でもお店に近い味が味わえるかも?

三瀬そば
【所在地】佐賀県佐賀市三瀬村大字三瀬2858-2
【電話番号】0952-56-2400
【営業時間】火~金曜日10:30~17:00/土日祝10:30~19:00
【定休日】月曜日

木漏れ陽

木漏れ陽

出典:佐賀ポータル

かなりわかりにくい場所にある「木漏れ陽」は、「北山そば」と呼ばれる、原種のそばを育てている「友田農園」が手がけるそば店。しっかりと管理されたそば粉で作る香りのよいそばは、二八でコシがありツルツルとしたのど越しです。自家製のそば粉を使っているのは三瀬高原ではここだけ。また、「そばの芽ジュース」(260円)と「そば粉のガレット」(630円)がある店も、ここだけです。

ジュース

出典:食べログ

そばの芽のジュースは、そばの実から発芽させてカイワレのように双葉まで育ったものと豆乳を使用し、クセがなくすっきりと美味しく飲むことができます。

ガレット

出典:食べログ

ガレットはそば粉のクレープで、香ばしく焼いた薄い生地でベーコンやシメジ、そばの芽などを巻いて食べます。薄いのですが食感はもっちりとしていますよ。

檜コース

出典:朝日新聞デジタル

そば尽くしの「檜コース」(1950円・限定20食)は、そばの芽ジュース・そばの芽の和え物・そばの芽のサラダ・そば豆腐・森そば・そば雑炊または混ぜご飯・そばの芽のゼリーと盛りだくさんで、味は全体的に薄味。素材の味が存分に楽しめるお店です。

木漏れ陽
【所在地】佐賀県佐賀市富士町上合瀬453-1
【電話番号】0952-57-2873
【営業時間】11:00~17:00
【定休日】水曜日

無声庵

無声

出典:Gooブログ

よく繁った樹木の向こうにある古民家風の建物は三瀬そばの姉妹店「無声庵」。庵、の名にふさわしく道路から奥まった場所に建てられています。

いろり

出典:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

店内に入ると囲炉裏がある待合。壁には味のある字体の「蕎麦の唄」が描かれた額がかかり、窓からは整えられた庭を眺めることができます。熊本県産のそば粉を使用した十割そばは、麺が太めでつるつるの食感。

天ざるそば

天ざる

出典:佐賀市 – まいぷれ

「天ざるそば」(1350円)はそばの盛りが多いうえに、天ぷらがとても美味しいと一番人気です。

床並そばセット

床並

出典:Deskgram

また、「床並そばセット」(1550円・温泉玉子のせかけそば又はぶっかけそば、自家製ひとくち豆腐、豆腐を使った白玉団子、みそ田楽)もファンが多いセットです。温泉玉子とそばの絡み具合がクセになるそうですよ。もちろん三瀬そばの看板メニュー「板そば」(2人前1250円)もいただけます。「山の奥の古民家にそばを食べに来た」という雰囲気が楽しめるお店です。

無声庵
【所在地】佐賀県佐賀市三瀬村大字杠2234-80
【電話番号】0952-56-2023
【営業時間】火~金曜日11:00~17:00/土日祝11:00~16:00
【定休日】月曜日

西国御領 風羅坊

風羅坊

出典:佐賀ポータル

個性的な看板と隠れるように建てられた店の構えが、とても雰囲気があるそば店。

風羅坊入り口

出典:instazu.com

スキがなく作りこまれた佇まいと、店内が見えないくぐり戸にちょっと気後れしそうになりますが、いざ内部に入ると靴を脱いで上がる板の間に、古民芸家具などがあしらってありとても落ち着きます。手打ちの十割そばに使うそば粉は、毎年あちこちのそば粉を打って試食して決めているとのこと。あまり知られていない産地のそばも、美味しいと感じたら選んできたそうです。

そば会席

そば会席

出典:Fukuu

「そば会席」(1900円・十割そば、季節のかわりそば、そばがき)、「海老天せいろ」(1900円・十割そば、海老と野菜の天ぷら)、「十割もりそば」(1100円)などがおすすめ。そばつゆは、3種類の九州産の醤油を使用して甘さ控えめできりっとした味に仕上がっています。

そば屋の天丼

出典:Twitter

「そば屋の天丼」(1400円)は、ひそかな人気メニュー。特に男性に人気が高く、そばと一緒に頼むひとが多い一品です。営業時間が短いのでご注意くださいね

西国御領 風羅坊
【所在地】佐賀県佐賀市富士町大字合瀬1051-1
【電話番号】0952-57-2841
【営業時間】10:30~15:00/土日祝10:30~16:00
【定休日】火曜日

手打ちそば季節料理の店 さがいち

さがいち

出典:食べログ

こちらのそばは、北海道と茨城県のそば粉を合わせています。そば粉10小麦粉1の「外一」(といち)という配合の蕎麦が基本で、十割そばもできます。

さがいちざるそば

出典:食べログ

看板メニューは3種類の小鉢がつく「ざるそば」(1000円)。小鉢は野菜の総菜です。「ひるのそば膳」(860円・増量980円)は、そば、麦とろごはんまたは雑穀入り発芽玄米、小鉢、サラダのセット。サラダに使う無農薬の野菜は50度洗いで美味しさを引き出すという丁寧な作り方をしています。

手打ち

出典:食べログ

そばを打つのは女性の方で、甘味には、店の周りにの樹々の花から採ったはちみつを使用しています。注文すると石臼で蕎麦を引くところから始まるため、提供されるまでにかなり時間がかかります。さっと食べて次へ行こうとお考えの方向けではありませんのでご注意くださいね。

手打ちそば季節料理の店 さがいち
【所在地】佐賀県佐賀市富士町大字松瀬2618-31
【電話番号】0952-51-0952(要予約)
【営業時間】11:30~19:00
【定休日】木曜日

松玄

松玄

出典:kammi – So-net

こちらでは、あちこちの産地のそば粉を食べ比べてから決めたという「常陸秋そば」を使っています。このそば粉は関東で多く使われるため九州では希少扱いされるそう。一年分を玄蕎麦の状態で温度管理をしながら貯蔵し、使う分だけ石臼で毎日挽いています。また、十割蕎麦でも1割は玄蕎麦、9割は皮を取り除いたものを使い、地下100メートル以上の深さから汲み上げた天然水を使うというこだわりよう。しっかり味わって食べたいものですね。そば湯は、濃くてしっかりそばの味がしますよ。

松玄そば

出典:kammi – So-net

通常のメニューは、冷温そばが12種類ほど(880円~1860円)のほか四季の限定メニュー(春はタケノコそば、タケノコ天ぷらそばなど4種類、夏は冷やかけそば、ミョウガそばなど4種類、秋はきのこ南蛮、秋ナスの揚げびたしそばなど3種類、冬はあんかけそば2種類)が楽しめます。

鴨せいろ

かもせいろ

出典:食べログ

一品メニューの「とり飯」(320円)、「鶏天」(700円)、「鶏せいろ」(1320円)、「鶏団子そば」(1200円)、「鶏南蛮そば」(1320円)などには未冷凍のみつせ鶏を使用し、「鴨せいろ」(1860円)、「鴨南蛮そば」(1860円)には、ハンガリー産マグレドカナールというフォアグラをとるために育てられた鴨の胸肉を使用するという、そば以外にもこだわりがうかがえるお店です。

松玄
【所在地】佐賀県佐賀市三瀬村三瀬2638-7
【電話番号】0952-56-2117
【営業時間】11:30~15:00
【定休日】木曜日

精進料理 むくの木

むくの木

出典:kammi – So-net

木々が繁る中にたたずむ民家のような建物は、30年以上続く精進料理店

むくの木2

出典:食べログ

2500坪ほどもある庭に建てられた日本家屋では、季節ごとに掛け軸が取り替えられ、生花が活けられて、旅館のような上品で贅沢な空間になっています。

むくの木3

出典:kammi – So-net

三瀬が「そば街道」と呼ばれ始めた頃に、そばをメインにした「そば会席」(要予約・5000円)や「そばセット」(1500円)を提供するようになりました。

むくの木てんぷら

出典:優しい雨

天ぷらは、山菜や大葉などの野菜が中心。そばの盛りは大盛にもできます。ゆっくり流れる時間を美味しいそばをいただきながら堪能してみてはいかがでしょうか。

精進料理 むくの木
【所在地】佐賀県佐賀市三瀬村三瀬403-2
【電話番号】0952-56-2368
【営業時間】11:00~日没
【定休日】不定休

ひの木屋うどん

ひのきやうどん

出典:クックドア

福岡県側から来ると、三瀬トンネルを抜けてすぐ、「そば街道」の入り口にあるお店。
「うどん」とついていますが、そばもとても有名なのです。三瀬はうどん店が多かった頃もありました。そば店が増えて来たことによって、店名をうどんからそばに変更するところもいくつか出てきたのですが、こちらはうどん店のまま営業しています。

ひのきやうどん2

出典:佐賀ポータル

人気の「野菜天ぷらそば」(890円)は、ボリューム満点。野菜天ぷらも手打ちそばの麺の量もかなり多めで、若いバイカーに人気が高いのも頷けます。

コンニャク

ひのきやうどん3

出典:さがの日々

また、自慢の手作りコンニャクはぷりぷりぷるぷるの食感。市販品との違いに驚くほどです。ぜひ召し上がってくださいね!

ひの木屋うどん
【所在地】佐賀県佐賀市三瀬村三瀬1701-18
【電話番号】0952-56-2234
【営業時間】11:00~18:30
【定休日】不定休

大八そば

だいはちそば

出典:食べログ

大きな看板が目印の「大八そば」は、地元の方に愛される老舗。温かいそばの汁はカツオだしで、そば街道の中でも突出して美味しいと評判です。活性水素入りの水で茹でているという、北海道産のそば粉を使った二八そばのしっかりしたコシと歯ごたえによく合います。

木盛り

出典:麻雀ウォッチ

人気の「特製木盛りそば」(3500円)は3~5人分あり、木板にのって出てきます。こちらについてくるつけ汁は甘めです。のびにくいそばなので、時間をかけて食べても最後まで美味しく食べられますよ。

からあげ

出典:天階(三瀬プロジェクト)

みつせ地鶏を使った「地鶏そば」(1000円)、「唐揚げ」(1050円)も人気です。

大八そば
【所在地】佐賀県佐賀市三瀬村三瀬2862-1
【電話番号】0952-56-2690
【営業時間】10:30~20:00
【定休日】水曜日

そば庵はなの蔵

はなのくら

出典:のっちの温泉日記

三瀬高原の外れ、大和町にある一日限定20食の十割そばのお店です。

はなのくら2

出典:食べログ

湛然の里(たんねんのさと)の中にあります。ここは、以前登記所だった場所を改築して静かな田舎の一軒家にしています。のんびりくつろぐために工夫凝らした室内には、お座敷とテーブル席があり、素朴ながらステキな空間。食べ終わってもしばらく座っていたくなりますよ。

はなのくら3

出典:トリップアドバイザー

限定20食ながら、ざるそばの他に、鴨南蛮、とろろそば、おろしそば、と選択肢が多いのも嬉しいですね。なお、食後にはコーヒーがご店主手作りの器で供されます。サメ皮ですりおろすワサビは1本丸ごと出てきますから、お好きなだけどうぞ!

そば庵はなの蔵
【所在地】佐賀県佐賀市大和町松瀬3013-4
【電話番号】0952-63-0222
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】火・水・木曜日

三瀬そば街道の店舗を厳選してご紹介しました。気持ちの良いドライブと美味しいそばをどうぞお楽しみください。お気に入りのお店が見つかりますように!