東北LOVERS

熊本県に来たらぜひ買ってほしいお土産を厳選

2018年12月19日(水)/熊本

Pocket

くまもと

出典:kumamoto.visit-town.com

熊本県は、海の幸にも山の幸にも恵まれた、自然豊かな県です。くまモン人気もあいまってお土産の種類はとても多く、あれもこれもと目移りしてしまいますよね。今回は熊本県に来たらぜひ買ってほしいお土産を厳選してご紹介しました。どうぞご覧ください!

チェック太平燕(たいぴーえん)

太平燕

出典:クマモトナビ

明治時代に、福州料理のアヒルの卵(太平)と豚肉とサツマイモの澱粉をこねて作ったワンタンのようなもの(燕)をスープに入れた太平燕を、華僑の方が日本に伝えたのが、熊本県の太平燕。アヒルの卵が入手できない熊本県では、アヒルの卵の代わりに揚げた鶏卵を、燕の代わりに春雨を使って作るようになったため、元来のスープ料理から麺料理と変化しました。

現在の太平燕は、キクラゲ・海老・タケノコ・白菜・いか・豚肉・キャベツなどの五目炒めの材料を春雨入りスーブにトッピングしたものになっていて、熊本県のご当地グルメとして人気。コクがある鶏ガラスープにしっかりと水分を吸収する春雨は好相性で、野菜もたっぷりと摂れて栄養バランスも良い麺類です。春雨、スープ、かやくをセットにしたインスタント製品がお土産として販売されていますので、熊本県民の郷土料理として定着した太平燕の味をぜひどうぞ!

チェックからし蓮根

辛子蓮根

出典:アサ芸プラス

禅僧の玄沢和尚(げんたくおしょう)が考案したという辛子蓮根は、熊本県内に広まり、郷土料理としてお正月などのハレの日に作られてきました。蓮根に開いている穴を利用した料理は、海老のすり身を詰めたものや、ひき肉を詰めたものなどが作られることが多いのですが、郷土料理としての蓮根料理は珍しく、ターメリックと小麦粉を練った衣で包み辛子味噌を詰めたものは、ここ熊本県のみ。

辛子蓮根は、スライスしてそのまま辛さを楽しむのも良いのですが、醤油やマヨネーズを付けて食べる、スライスしたものを天ぷらやフライにする、豚肉やベーコンで巻いて焼く、などのアレンジができますので、辛いからと敬遠せずに、体にも良い辛子蓮根を一度お試しくださいね。

チェック馬刺し

馬刺し

出典:九州竹田市庭

加藤清正が朝鮮出兵の際に兵糧攻めにあい、苦肉の策で倒れた馬を食したところ非常に美味しかったため馬肉文化が広まった、というのが、熊本県で馬肉を食用にすることになった理由だそう。ですが、実のところ一般家庭で牛豚鶏肉のように馬肉が食べられているわけではありません。ただ、こと馬刺しに関しては、ハレの日のご馳走としてとても人気があります

スーパーでもお盆や正月の頃になると、フグ刺しのように大皿に盛り付けられたり、小分けでパックになったりした馬刺しがずらりと並んでいます。国内で販売している馬刺しの多くは、海外からの輸入品で他県では熊本県産はほぼ見かけません。馬肉の国内生産量日本一の熊本県の馬刺しは、輸入品とはまったく風味が違います。ぜひ食べていただきたい熊本県産の馬刺しは、お土産用に真空パックで販売されていますので、この旨さを味わってみて下さいね。

チェックうにからすみ

うにからすみ

出典:saqai.com

天草で作られる「うにからすみ」は、天草産の希少な生からすみをほぐし、バフンウニと1対1の割合であわせて、日本酒と天然塩で低温熟成して作ります。
まろやかな生からすみの塩気、ウニの甘みとほろ苦さが絡み合って、お酒好き垂涎の、贅沢なコラボ。また、これをほかほかのご飯に混ぜ込むと、生からすみによって深みを増した「うに飯」ができ、オリーブオイルとガーリックを足してパスタに合えると極上の「うにパスタ」ができるので、お酒好きさんだけじゃなく家族で楽しめる高級なお土産になりますよ。

チェック天草大王

出典:熊本県

昭和初期まで熊本県で飼育されていた国内で一番大きいと言われた「天草大王」という種類の鶏。大型種であるがゆえに産卵数が少なく、輸入種が広がったため、絶滅しました。しかし、熊本県の農業研究センターが10年かけて研究し、試行錯誤してついに種を復元。背の高さ90㎝、体重7㎏ほどにもなる天草大王は、そこまで頑張って復元させたいほど美味!

臭みがなくジューシーな鶏脂は味わい深く、噛み応えがあるのに柔らかい肉質で、焼鳥や水炊きにすると、他の鶏とは旨味が違うと生産者が胸を張る天草大王。丁寧に育てて加工した商品は、丸どり、もも肉や手羽先、ぼんじり、ハラミなど以外に、「しゃぶしゃぶ鍋セット」「炭火コロコロ焼き」、クリスマスシーズンには「ローストチキン」も販売していますので、ご自宅でじっくり味わってみて下さいね。

チェック山うにとうふ

山うに豆腐

出典:あれんじ – 熊本日日新聞社

約800年前に五木村に辿りついた平家の落人が、保存食として作ったのが「豆腐の味噌漬け」。その味噌漬けを参考に、五木堅豆腐という九州産大豆「ふくゆたか」を使用した密度が非常に高い豆腐を、もろみ味噌にじっくりと時間をかけて漬け込んで発酵させて熟成したものが「山うにとうふ」。ペースト状に近く、ねっとりとした舌ざわり。塩ウニのようにもクリームチーズのようにも感じられ、ご飯のお供だけではなく、酒のつまみにもぴったり。

また、トーストに塗る、パスタと合える、カナッペにするなどの美味しいアレンジもできます。現在のラインナップは、オリジナルの他、ユズ、唐辛子、シソ、黒ゴマ、ショウガなど6種類。添加物が入っていない手造りの「山うにとうふ」は、食にこだわりのあるグルメの方に喜ばれるお土産です。

チェック朝鮮飴

朝鮮飴

出典:47都道府県お土産菓子サイト「kubarou」

安土桃山時代から伝統の製法が受け継がれている熊本県の伝統銘菓。シンブルな作り方で、材料はもち米・水あめ・砂糖のみ。表面に片栗粉をまぷした日持ちする和菓子で、滋養があると言われています。ちなみに片栗粉は、飴どうしがはがれにくくなるのを避けるためにまぶしてありますので、かるくはたいてからお召し上がりください。

老舗園田屋が作りだしたときには「長生飴」「肥後飴」などと呼ばれていました。しかし、文禄・慶長の役の際に肥後熊本藩初代藩主であった加藤清正が、朝鮮出兵にこの飴を携帯し、長期間味が変わらない美味な菓子と高く評価したことから「朝鮮飴」と呼ばれるようになったのだとか。長方形の短冊形のものや丸型のもの、ホワイトチョコレートでコーティングしたものなどがあり、どの年代の方にもおすすめです。そのままが一番美味しいと言われますが、きな粉や黒蜜を添えると美味しさがひきたちますよ!

チェックいきなり団子

いきなり団子

出典:いきなり団子

熊本県で昔から作られている「いきなり団子」は、急な来客の時にもいきなり出せる、生の材料(生き成り)を使って作るということの両方の意味を含んでいると言われています。基本的な材料は、サツマイモと小豆餡、団子生地か小麦粉の組みあわせ。簡単に作ることができるので熊本県では家庭でも作られていますが、その作り方は家庭ごとに違うそう。店舗ごとにも違いがあって、サツマイモの上に餡を乗せて団子生地で包む、サツマイモで餡を挟んで薄い衣をつける、餡の中に栗を入れる、四角い形、細長い形と、いくつものつくり方がされています。

近年は、ムラサキイモを使ったり、黒糖を加えたりしたもの、辛子高菜を入れてお菓子というより総菜のようにしたものなど、アレンジが盛んにおこなわれています。せっかく多くの種類から選べるようになったのですから、家庭では作りにくいタイプの「いきなり団子」をお土産にいかがでしょう。昔からのお土産が斬新な形になっているのも面白いのではないでしょうか。

チェック晩白柚(ばんぺいゆ)

晩白柚

出典:ja-banpeiyu.com

台湾から持ち込んだ白柚の株を改良して作られた晩白柚は、初めて見たら、ほぼ全員が驚く大きさ。世界一大きい柑橘類。次に驚くのが、その皮の厚さ。直径が25センチ以上の小ぶりのスイカほどの大きさが珍しくないほど大きいのに、3~5㎝ほどは皮なのです。実も巨大で大きいものは男性の手の平いっぱいくらいの大きさがあり、袋を外して実だけをいただきます。ハッサクのようなサクサクとした歯ざわりで食べ応え抜群です。
晩白柚は購入したときにはまだ熟していないものが多いので、追熟を待ってください。一週間ほどで、ヘタが茶色くなって皮に触った時に柔らかくなっているのが感じられれば食べ頃になっています。

また、生でそのまま食べる以外に、実はジャムに、分厚い皮の白い部分は砂糖漬けにすることができます。加熱が面倒な方は、果肉と外側の皮を刻んだものを砂糖と一緒に煮沸した瓶に詰めるたけでもとろりとしてきてゼリーに近い食感に仕上がりますし、実を使ってサワーにしてもとてもおいしくできますよ。貰った方が驚いたり楽しんだりする姿が想像できる果実は、他にありませんから、美味しくて珍しいお土産としておすすめです!

チェック肥後太鼓・胡麻太鼓

たいこ

出典:Now 新聞

「肥後太鼓」は、しょうゆ風味のあられと炒りたてのピーナツを水あめで固めた手づくりの煎餅で、少しガーリックパウダーが使われているのが隠し味。甘辛い味があとを引き、食べながらもう一枚食べようかと考えてしまう美味しさです。無農薬の材料は熊本産で、添加物もありません。ざくざくした食感で少し硬めになっています。「胡麻太鼓」は、老舗ごま屋のオニザキの胡麻を使用し、胡麻、アーモンド、大豆をミックスした生地を白蜜で固めています。90パーセントくらいは胡麻なので、口の中いっぱいに胡麻の味が広がります。白ごまと黒ゴマがあり、ごま好きにはたまらない煎餅です。肥後太鼓も胡麻太鼓も素朴でヘルシーなお菓子ですので、どなたにもおすすめです!

チェック晩白柚蜂蜜

晩白柚蜂蜜

出典:はちみつのある食卓

ミツバチを使って晩白柚の花の蜜を採取し、丁寧に濾過して作ったのが「晩白柚蜂蜜」。ほんのりと晩白柚の風味がするハチミツはフルーティーですっきりとした味わい。八代市でしか作られていない希少なハチミツです。手ごろな価格でクマモンのパッケージなどもありお土産にびったり。ハチミツは好きな方は何種類も集めたいものですから、この希少なハチミツは喜ばれること請け合いです!

チェックもちもち焼酎レーズンサンド

レーズンサンド

出典:くまもと菓房

熊本県の米焼酎「白岳しろ」に漬け込んだレーズンを使って作ったレーズンサンド。レーズンサンドにはクッキー生地が使われることが多いのですが、このレーズンサンドは柔らかくした丸ボーロのような生地でふんわりもちもちしています。
バタークリームとレーズンの割合も絶妙で、焼酎の香りはしますが、味にはあまり強い影響がなくとても美味しい、街のお菓子店で売っているレベル。お土産にする洋菓子の中でも群を抜いて美味しいと評判ですよ。

チェック誉の陣太鼓

陣太鼓

出典:高島屋

熊本県を代表する銘菓である「誉の陣太鼓」は、北海道の大納言小豆を使用した餡でじっくりと練り上げた求肥を包んだ、水羊羹のような和菓子で、紙製の缶詰に入れているため周囲にヒダがついていて、太鼓の形になっています。羊羹の中に求肥が入っているということで、おはぎのようにきな粉をまぶすとこれがまた美味しい!濃く入れた緑茶との相性は最高です。また、くまモンのバッケージに入ったミニサイズの陣太鼓もあり、手軽で美味しいお土産としておすすめです。

熊本県のお土産、いかがでしたか?ご存じないものもあったのではないでしょうか。
熊本に来られた際には参考になさってくださいね!