東北LOVERS

福岡県の観光モデルコース!北九州エリア1日で回る2コース

2018年10月27日(土)/北九州

Pocket

赤煉瓦

出典:ジャパン九州ツーリスト

北九州は、近代化遺産と産業遺産があり、また、美しい夜景ポイントや、レトロな街並み、楽しく学べる施設などがいくつもあるエリアです。今回は、小倉駅を起点とし、レンタカーを使用して1日で回る2つのモデルコースをご紹介します。

近代化遺産・産業遺産を巡り夜景を楽しむコース

コース順路

小倉駅→門司赤煉瓦プレイス→東田第一高炉跡→官営八幡製鉄所眺望スペース→いのちのたび博物館→皿倉山→小倉駅

コース詳細

小倉駅を10時にレンタカーで出発する設定です。小倉駅から国道199号線を経由して15分ほどで門司赤煉瓦プレイスに到着します。

門司赤煉瓦プレイス 10:20~12:00

赤煉瓦プレイス

出典:YouTube

入り口付近に、北九州出身のイラストレーターわたせせいぞう氏の壁画がある門司赤煉瓦プレイスは、平成12年(2000年)まで、サッポビール九州工場醸造施設として稼働していた建物です。
国の重要文化財であり、近代化産業遺産にも認定された九州初のビール工場「旧サツポロビール醸造棟」、大正2年(1931年)に建てられた「北九州市門司麦酒煉瓦館」、大正6年(1935年)に建てられた「赤煉瓦写真館」などを残して、資料館や飲食店として存続させていて、重厚感のある赤煉瓦の建物群は、レトロな情緒たっぷりです。
「北九州市門司麦酒煉瓦館」では、サッポロビールの歴史をたどる展示では、サクラビールの時代からサッポビールへと名を変えていくラベルの変遷や、ポスターの展示があります。
ギャラリーや雑貨店もありますので、お買い物も楽しむことができますよ。

雑貨店

出典:門司赤煉瓦プレイス

門司赤煉瓦プレイス
【所在地】福岡県北九州市門司区大里本町3-11-1
【電話番号】093-372-0962
【営業時間】門司麦酒煉瓦館 9:00~17:00
【休業日】門司麦酒煉瓦館 12/29~1/3
【入場料金】門司麦酒煉瓦館 中学生以下 50円/高校生以上 100円

モデルコースでは、早めの昼食をこちらでいただきます。

ARK(アーク)門司本店

アーク

出典:akr0930716454.owst.jp

赤煉瓦の建物の中にあるブッフェレストランです。
平時のランチで50種類、土日祝のランチで70種類ほど並ぶ料理は多国籍で、ソフトドリンク付の90分食べ放題。
ネタを選んで、その場で握って貰える寿司や、自分で作ることができるソフトリームマシン、季節の果物のフェアなどがあり、大人も子供も大満足できる料理となっています。
テラス席からは、下関側の風景や巌流島、関門海峡を見渡すことができますので、爽快な気分になること請け合いです!

アーク料理

出典:So-net

ARK(アーク)門司本店
【所在地】福岡県北九州市門司区大里本町3-11-1
【電話番号】093-342-8333
【ランチ営業時間】月~金及び祝前日 11:00~15:00/土日祝 11:00~15:30
【ランチ料金】平日ランチビュッフェ 1480円~/土日祝ランチ 1680円~
【休業日】不定休
Café de Brique(カフェドブリック)

ブリック外観

出典:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

おしゃれ外観と内装から、ドラマや映画のロケに使われることもあるカフェ。
赤煉瓦の建物の雰囲気を楽しみながら気軽なランチがいただけるお店です。
オープンテラスがありますので、天気が良い日は景色を楽しみつつお食事ができますよ。
メニューは、カレーやパスタの他、ハンバーグのセットなどがあります。
メニュー例
スパイシーカレーライス(850円)、カレードリア(950円)、エッグハッシュドビーフ(900円)、鉄板ハンバーグ(980円/ライス・サラダ付き)、豚ロースしょうが焼き(850円)、海老のアメリケーヌパスタ(850円/バゲット・サラダ付き)など

カフェドブリック

出典:ホットペッパーグルメ

Café de Brique(カフェドブリック)
【所在地】福岡県北九州市門司区大里本町3-6-1
【電話番号】093-371-2600
【ランチ営業時間】11:30~14:00
【定休日】月曜日
BRICK HALL(ブリックホール)

ホール

出典:食べログ

サッポロビール醸造棟をリノベーションした店内は、異国情緒が感じられる雰囲気抜群の内装で、ランチには、ココナッツカレーランチ(980円/ラッシー・サラダ付き)やハンバーグランチ(980円/9品の小鉢・ジェラード・ドリンク付)、パスタランチ(980円/サラダ・ジェラート・ドリンク付き)などがいただけます。

ホール2

出典:トリップアドバイザー

BRICK HALL(ブリックホール)
【所在地】福岡県北九州市門司区大里本町3-6-1
【電話番号】093-391-4411
【ランチ営業時間】11:30~15:00
【定休日】月曜日

次の目的地のTOTOミュージアムへは、国道199号線を経由して、約20分で到着です。

TOTOミュージアム 12:20~13:20

TOTO

出典:TOTO

大正6年(1917年)創業のTOTOのものづくりや、水まわり品の歴史、製品の発達などについて展示されているミュージアムです。
映像での説明があり、衛生陶器の進化の過程や、新製品を完成させるために人々が奮闘する姿を描いていて見ごたえがあります。
おおくの展示物は、食器を作っていた時代の製品の展示や海外へ輸出している水回り品をそれぞれの地域での特徴を説明して展示するなど、面白く興味深い内容ですから、ちょっとヒトに話したくなる知識を学ぶことができますね。
ガイド付きでの見学も行っていますので、ご希望の際にはお問い合わせください。
なお、都合によって開館時間や休館日が急に変更となる場合があるので、事前に開館しているかどうか確認をしておく方が無難です。

トイレ

出典:ameblo.jp

TOTOミュージアム
【所在地】福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1
【電話番号】093-951-2534
【開館時間】10:00~17:00
【休館日】月曜日・年末年始・夏期休暇
【入場料】無料

TOTOミュージアムから東田第一高炉へは国道3号線を経由して20分ほどで到着です。
東田第一高炉から官営八幡製鉄所眺望ベースへは5分、そこからいのちのたび博物館へも5分ほどです。

東田第一高炉跡 13:45~14:15

東田

出典:ぐるリッチ!北九州

近代製鉄発祥の地である官営八幡製鐵所は、明治34年(1901年)に操業を開始しました。
平成27年(2015年)に登録された「明治日本の産業革命遺産」の一部で、現在は、東田第一高炉の一帯を史跡公園として公開しています。公園内に八幡製鐵所の歴史を知ることができるパネルや銑鉄を運搬する貨車などを展示し、迫力がある高炉の内部を詳しい解説板を読みながら鑑賞することができるようになっています。
高炉の内部といっても、全部を覆っている屋内になっているわけではありませんので、雨の日には合羽かカサの用意をおすすめします。

内部

出典:ぐるリッチ!北九州

東田第一高炉跡
【所在地】福岡県北九州市八幡東区東田2-3
【電話番号】093-582-2391(市民文化スポーツ局文化部文化企画課)
【営業時間】9:00~17:00
【休業日】年末年始
【料金】無料

官営八幡製鉄所旧本事務所眺望スペース 14:20~14:35

スペース

出典:スターフライヤー

平成27年(2015年)に登録された「明治日本の産業革命遺産」の一部である官営八幡製鐵所の関連施設は、現在も稼働している製鐵所の坑内にあることから一般公開されていないのですが、同年に設置された、この眺望スペースから旧本事務所をみることができます。入り口に記念撮影用のボードがあるので、記念撮影に最適です。

スペース2

眺望スペース入り口 

出典:りくまろぐ

官営八幡製鉄所旧本事務所眺望スペース
【所在地】福岡県北九州市八幡東区東田5丁目
【電話番号】093-582-2922(北九州市企画調整局世界遺産課)
【開場時間】9:30~17:00
【定休日】月曜日・12/29~1/3

北九州市いのちのたび博物館 14:40~16:40

いのちのたび

出典:それいけ北九州お出かけ特集 / それいけ北九州

「展示解説web」をスマートフォンで利用しながら昆虫・魚類・鳥類・爬虫類などの詳細な情報を知ることができるシステムがあるので楽しみながら知識を深めることができ、エンターテイメント性が高い展示方法で、いくつものゾーンに分かれていて、太古の時代の生物から民俗文化財まで多様な展示物を見ることができます。
「アースモールと多様性館」は、全長35mの巨大なセイスモサウルスの骨格標本をはじめ、頭上には翼竜や首長竜、ステゴサウルス、トリケラトプスが並んでいて、迫力満点!
毎月イベントがあるので、訪れた際に珍しいイベントが開催されているかも知れませんよ。
じっくり見て回ると3時間以上かかる、という博物館ですが、このモデルコースでは見学時間2時間の設定にしています。

恐竜

出典:スナップレイス

北九州市いのちのたび博物館
【所在地】福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1
【電話番号】093-681-1011
【開館時間】9:00~17:00
【休館日】年末年始・6月下旬頃に害虫駆除のための休館日あり
【入場料】小中学生 200円/高校生 300円/大人 500円

いのちのたび博物館から皿倉山へは国道3号線を経由して35分ほどで到着します。

皿倉山 17:15~18:30

皿倉山

出典:フォートラベル

非営利団体「新日本夜景・夜景100選事務局」によって、「新日本三大夜景」のひとつに、また、「日本の夜景100選」にも認定された、北九州トップの夜景スポット。
山頂から眺める夜景は、さすが選ばれるだけあって素晴らしいものです!
車両でのぼることができるのは、皿倉平までで山頂までは上れませんので、ケーブルカーで約6分、スロープカーで約3分乗り継いで下さいね。ケーブルカーもスロープカーも見事なパノラマの景観が楽しめます。
山頂には恋人の聖地に認定された、内部にハート型のモニュメントがある天空ドームという建造物があり、データスポットとしても人気があります
展望台にはレストラン「Cafeマウンテン」」があって、コーヒー(320円)、紅茶(320円)以外に、パンケーキ(520円)、ケーキ(400円)そば団子(1本160円)などの甘味、ざるそば(550円)、焼カレー(880円)などの軽食をいただきながら景色を眺めることができます。
モデルコースでは、夜景を楽しんでいただくため、ケーブルカーとスロープカーの運転時間が遅くまである、土日祝日に皿倉山に登る設定としました。

ドーム

天空トーム 

出典:たびらい

 

皿倉山
【所在地】福岡県北九州市八幡東区尾倉1481-1
【電話番号】093-671-4761(皿倉山登山鉄道㈱)

 

ケーブルカー+スロープカー
【営業時間】平日 10:00~18:00/土日祝及び特別夜間運行期間 10:00~22:00
平日 上り最終 17:20・下り最終 18:00
土日祝及び特別夜間運行期間
上り最終 21:20・下り最終 22:00
【利用料金】小学生 600円/中学生以上 1200円

皿倉山から小倉駅までは北九州都市高速道路を使って45分ほどで到着しますので、
20時頃に小倉駅構内到着となります。

春限定おすすめグルメと藤を楽しむモデルコース

コース順路

小倉駅→合馬観光たけのこ園→河内藤園→門司港レトロ→三井倶楽部→小倉駅

コース詳細

小倉駅をレンタカーで9時30分に出発し、国道199号線と県道61号線及び北九州都市高速道路を経由して約25分で合馬観光たけのこ園に到着します。

合馬観光たけのこ園と合馬竹林公園 10:00~12:30

合馬茶屋

合馬茶屋 

出典:食べログ

春限定の旬の味覚「合馬のたけのこ」。
えぐみが少なく柔らかい、質の良いたけのこを産出する合馬地区は年々知名度が上がっており、関西の料亭でも使われることが多くなっています。
その合馬のたけのこの、採れたてならではの特別な料理を「合馬茶屋」でお召し上がりください。
毎年、2月下旬からゴールデンウィーク頃まで営業している「合馬茶屋」では、「梅コース」(2200円)と「竹コース」(2700円)をいただくことができます。両方のコースを合計して100食のみの提供が基本です。
日によってはそれ以上準備することもあるそうですが、いずれにしても予約不可で、開店の1時間ほど前から行列ができるという人気料理ですので、お店に早く着いていないと食べ損なう可能性大!ということで、このモデルコースでは10時30分のお店の開店時間より30分前に到着できるように設定しました。
コースの内容は、梅コースが、たけのこ尽くしで、刺身・煮しめ・天ぷら・木の芽あえ・白和え・きんぴら・しんじょう・お吸い物・たけのこごはんとなっていて、竹コースはさらに茶碗蒸しとたけのこのステーキ雲丹ソースかけがついています。
「たけのこの刺身」は、採れたてのものをアク抜きせずに生で提供します。市販のたけのこを刺身にするには採ってから時間がたっているためアク抜きの行程が必要で、さらに湯がかなくては食べることができませんが、「合馬茶屋」では収穫直後のものを提供するため生食が可能なのです。めったに食べられない生のたけのこをぜひどうぞ。
また、単品メニューの「焼きたけのこ」(700円)は、コースに追加する方がほとんどという人気メニューです。こちらもアク抜きせずに焼くため、鮮度が重視されるメニューです。

たけのこ料理

竹コース 

出典:Twitter

御食事のあとは、車で5分ほどの場所にある「合馬竹林公園」に向かいましょう。

竹林公園

出典:トリップアドバイザー

約1.2ヘクタール(東京ドームの4分の1)の散策路は、約150種の竹・笹などが鑑賞できるように整備されています。珍しい種類の竹もありますので、食後のお散歩にいかがでしょうか。
また、展示館では、竹を使ったレコード用の針や、電球のフィラメントなどの展示や、竹細工のおもちゃ、インテリアがたくさん飾られています。
竹の玩具や竹細工を作る体験もできますので、ご家族におすすめのスポットです。
このモデルコースでは、竹細工などを作る体験時間も含めての滞在時間の設定となっています。

竹製品

出典:これのこそ! – Jugem

合馬観光たけのこ園
【所在地】福岡県北九州市小倉南区大字合馬1871-10
【電話番号】093-451-0977
【開園時間】9:00~16:00
【定休日】シーズン中は無休
合馬竹林公園
【所在地】福岡県北九州市小倉南区大字合馬
【電話番号】093-452-3452(合馬竹林公園展示館)
【営業時間】3月~11月 10:00~17:00/12月~2月 10:00~16:00
【休業日】火曜日・12/29~1/3
【入園料】無料

合馬竹林公園から河内藤園へは県道61、62号線経由で約25分です。

河内藤園  13:00~15:00

ふじ

出典:ラジカルな日常

アメリカのCNNが「日本の最も美しい場所31選」に選んだことで有名になった、個人が運営する藤の絶景スポットです。
有名になりすぎて観光客が急激に増えたため交通渋滞の原因になってしまいましたが、チケット予約制になって問題が解消しました。4月下旬からゴールデンウイークにはコンビニでのチケット購入が必要となります。チケットでは2時間ごとの入園時間指定式となりますので、モデルコースも滞在時間を2時間と設定しています。
購入時のチケット代金は500円ですが、開花の状況によって入園料が異なりますので、訪れた際に差額を支払う場合は、見ごろに来た、ということですから、たっぷりとご鑑賞ください。
約306㎡に広がる大藤棚、80mや100mの藤のトンネル、22種類の藤など、いわゆる藤の名所と呼ばれているところとはまったく趣が異なる色の洪水に驚くこと間違いありません。非常にSNS映えするため写真を撮りたくなりますが、夢中になるあまり藤を傷めないようどうぞ気を付けて撮影して下さいね。
なお、園内にはトイレや飲食物の販売店はありませんのでご注意を。

ふじ2

出典:ZEKKEI Japan

河内藤園
【所在地】福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48
【電話番号】093-652-0334
【開園時間】8:00~18:00
【開園期間】4月中旬~5月中旬
【入園料】咲き初め・咲き終わり 500円/中ごろ 1000円/見ごろ 1500円の変動制
高校生以下無料

河内藤園か北九州都市高速道路を経由して40分ほどで門司港レトロに到着します。
車での移動ですので、少し離れた位置の建物を訪れる設定にしました。

門司電気通信レトロ館 15:40~16:10

電気通信

出典:Fukupedia – FC2

大正13年(1924年)に建てられた大正モダンの鉄筋コンクリートの建築物で、通信省門司郵便局電話課庁舎として使用されました。
明治から平成にかけて使われてきた、大人は懐かしく子供には珍しくて新鮮な、黒電話から初期の大きなバッテリーを使用する携帯電話のショルダーホン、公衆電話などの貴重な電話機、通信機器が展示されていて、電話交換手の体験をすることもでき、記念写真コーナーもあります。

門司電気通信レトロ館
【所在地】福岡県北九州市門司区東港町1-32
【電話番号】093-321-1199
【営業時間】9:00~17:00
【休業日】月曜日・12/29~1/3
【入場料金】無料

松永文庫 16:20~17:00

松永文庫

出典:ぐるリッチ!北九州

昭和20年(1945年)以降に、故松永武氏が集められた12,000点を超える映画・芸能に関する貴重な資料を展示している資料館で、旧大連航路上屋にあります。
平成21年(2009年)に、これらの資料(スチール写真をはじめ、シナリオ・新聞記事・映画情報誌・パンフレット・ポスター・映写機・アニメーション撮影台など)が北九州市に寄贈され文化施設として一般公開されています。
その内容は、学術関係からも問い合わせが来る豊富さです。
めったに見られないものが多数ありますので、ぜひごらん下さい!

松永文庫2

出典:YouTube

松永文庫
【所在地】福岡県北九州市門司区西海岸1-3-5 旧大連航路上屋1階
【電話番号】093-331-8013
【営業時間】9:00~17:00
【休館日】月曜日
【入館料】無料

港ハウス 17:10~18:00

港ハウス

出典:門司港レトロ案内

北九州市の特産品や名産品などのお土産数ナンバーワンを誇る、北九州観光コンベンション協会直営の「北九州おみやげ館」と、明治28年(1895年)創業のふぐ蒲鉾で有名な蒲鉾専門店「なかうめ」、雑貨店とハンドメイドの「スマイルハウス」、フグやウニなどの海産物、レトルトの焼きカレーなどを扱う「わらべ」の3店が入っている「かいもん市場」が入っている物産館です。
北九州エリアの物産はもとより、山口県のお土産も揃うので、ゆっくりお選び下さい。
また、設備の良いトイレがありますので、どうぞご利用下さいね。

おみやげ

出典:kanmon.info

港ハウス
【所在地】福岡県北九州市門司区東港町6-72
【電話番号】北九州市おみやげ舘 093-321-6167
かいもん市場 093-321-4151
【営業時間】北九州おみやげ館 10:00~18:00
かいもん市場 9:30~18:00
【定休日】無休

このモデルコースでは、ディナーまでいただいて帰路につく設定となっています。

三井倶楽部 18:10~19:30

三井倶楽部

出典:食べログ

北九州市旧門司三井倶楽部1階にあるレストラン「三井倶楽部」は、和洋折衷の料理が多く中でも「よこすかカレーフェスティバルご当地カレー部門」でグランプリを受賞した「海鮮焼カレーセット」(1490円/カレー・コンソメスープ・サラダ・漬物・バナナゼリー・コーヒー)は数ある焼カレーの中でも別格。タマネギとニンジンが入ったバターライスを瓦の皿に入れて、フグ・エビ・イカ・ジャガイモ・ワイン漬けのバナナフリット・卵・チーズをのせて焼いた、ここでしか食べられない味に仕上がっています。
しかし、実はこちらでは「ふぐ料理」が提供されている、ちょっとした穴場スポットなのです。観光で訪れる人はランチに訪れることはあっても、こちらのディナーでふぐ料理を、と考えることはあまりないそう。
ちなみに、関門では「ふぐ」とは呼ばず「ふく」と呼ぶので、メニューにも「ふく」と書かれています。
「ふく大皿会席」(7450円~13500円)、「ふく和会席」(4530円)、「ふく洋会席」(5500円)、「ふく大皿洋会席」(7450円)などなど多くのメニューがあり、高級なイメージが強いふぐ料理を比較的リーズナブルにいただくことができますので、おすすめです!
クラシックな洋館の雰囲気の中での「ふく料理」は、きっと満足できるものとなることでしょう。

ふく料理

ふく和会席(2人前) 

出典:ホットペッパーグルメ

三井倶楽部
【所在地】福岡県北九州市門司区港町7-1
【電話番号】093-332-1000
【ディナー営業時間】17:00~21:00
【定休日】不定休

門司港レトロから小倉駅までは国道199号線を経由して約30分で到着します。
レンタカーの返却などの手続きをして、小倉駅構内へは20時15分到着の予定です。

北九州を巡る2つのモデルコースはいかがでしたでしょうか。
旅のご計画の参考になれば幸いです!