東北LOVERS

福岡県の観光モデルコース!北九州エリア門司港レトロを半日で回るコース

2018年10月20日(土)/北九州

Pocket

レトロ町並み

出典:トラベルブック

北九州エリアは、北部九州にあって関門海峡を挟んだ本州の山口県下関唐戸と門司港の距離は船で5分。海の幸や北九州名物のグルメも人気ですが、さまざまな文化施設やレジャースポットがあって、他県からの移住先としての人気が高まってきている地域です。今回は、そんな北九州エリアの、門司港レトロを半日で楽しむ観光モデルコースをご紹介します。

コース順路

小倉駅→JR門司港駅→旧大阪商船→旧門司三井倶楽部→港レトロクルーズ→海峡ブラザ→門司港レトロ展望室→九州鉄道記念館→門司港→小倉駅

コース詳細

モデルコースでは小倉駅を10時に出発する設定とします。門司港駅へはJR鹿児島本線使用して約15分で到着です。(小倉駅から門司駅に向かう電車は、8時台から10時台までは1時間に6本から7本運行していますが、11時台から16時台までは1時間に2本から3本の運行となりますので、参考になさって下さい)
門司港レトロと呼ばれる地区には、明治・大正時代に建てられた建築物や商業施設、ホテルなどがあり、国土交通省の「都市景観100選」を受賞しています。
このモデルコースでは、コンパクトに回ることができるコースにしましたので、徒歩で巡る設定となっていますが、門司港レトロを巡るには、レンタサイクル、人力車、2人乗り電動自動車などの方法がありますので、お好みでご利用下さい。では、出発しましょう。

JR門司港駅 10:15~10:25

駅

出典:門司港レトロ 観光

門司港レトロに位置する門司港駅は、明治24年(1891年)に「門司駅」という名称で開設されました。現在、現役の駅舎で重要文化財に指定されているのは、東京駅とこの門司港駅だけです。
現在使用されている駅舎は大正3年(1914年)に移転して建てられた二代目ですが、
平成24年(2012年)から着工された大規模補修・復元工事が行われています。
宮内庁所蔵の設計図や、国鉄時代の職員が保管していた資料などに基づいて進められている工事は、ネオルネサンス様式で建てられた木造2階建ての駅舎の、屋根飾りや壁紙、手すりの造形など、建築された当時の姿を取り戻し、2019年3月に完成予定です。
完成後は、2階にレストラン、1階にコーヒーチェーン店も入居することになっており、通過駅としてではなく、北九州の観光名所として復活することとなります。

駅2

建設当時の門司港駅 

出典:iza(イザ!)

JR門司港駅
【所在地】福岡県北九州市門司区西海岸1-5-31
【電話番号】093-321-8843

門司港駅から北九州市旧大阪商船までは徒歩3分ほどです。

北九州市旧大阪商船 10:30~11:00

大阪商船

出典:北九州市

大正16年(1917年)に建てられた、国の登録有形文化財になっている歴史的建造物であり、平成9年(2007年)には近代化産業遺産に認定されました。
八角形の塔が特徴的なヨーロッパ風の建築方法は、大正時代のロマンチックな建築物として門司港レトロの顔といえます。
建物内には、「門司港デザインハウス」という、門司港クラフトデザイン協会の審査を通った、地元の作家さんの作品を展示販売するアンテナショップが入っていて、服飾アクセサリー・文房具・食品・陶器などを購入することができます。
また、「わたせせいぞうと海のギャラリー」(ギャラリー入場料大人100円・小中学生50円)があり、原画の展示、クリアファイル、ポストカードなどの販売が行われています。

ギャラリー

わたせせいぞうギャラリー 

出典:トクトククーポン

北九州市旧大阪商船
【所在地】福岡県北九州市門司区港町7-18
【電話番号】093-321-4151(門司港レトロ総合インフォノーション)
【営業時間】9:00~17:00
【休館日】無休
【入館料】無料(わたせせいぞうと海のギャラリーのみ有料)

北九州市旧大阪商船から北九州市旧門司三井倶楽部へは徒歩2分ほどの距離です。

北九州市旧門司三井倶楽部 11:05~11:45

三井

出典:BS朝日

大正10年(1921年)に門司区谷町に三井物産門司支店の社交倶楽部として建てられものを、平成6年(1994年)門司港レトロが整備される際に移築されました。
ハーフティンバー様式というヨーロッパの木造建築工法で、各部屋にマントルピースがあり、アールデコ調の飾りが窓や柱に施されていて、大正期の建物の特徴がはっきりわかる建築様式は国指定重要文化財です。
大正11年(1922年)には、ノーベル物理学賞を受賞した43歳のアインシュタイン博士が講演で福岡を訪れ、夫婦で4日ほど宿泊しました。その部屋は「アインシュタインメモリアルルーム」として当時のまま保存され、使用された家具も復元して設置されています。

ルーム

アインシュタインメモリアルルーム 

出典:トリップアドバイザー

また、「放浪記」で有名な女流作家林芙美子の資料が揃った4室にわたる「林芙美子記念室」(記念室入場料 大人100円・小中学生50円)があり、150点ほどの資料と60枚ほどのバネルで林芙美子の作品や生涯を紹介していて、林芙美子の書斎が再現されているところが見どころです。

書斎

林芙美子書斎 

出典:Bridge of Love KANMON

1階にあるレストラン「三井倶楽部」は、和洋折衷の料理がいただけますが、「よこすかカレーフェスティバルご当地カレー部門」でグランプリを受賞した焼カレーが有名になりました。タマネギとニンジンが入ったバターライスを瓦の皿に入れて、フグ・エビ・イカ・ジャガイモ・ワイン漬けのバナナフリット・卵・チーズをのせて焼いた「海鮮焼カレーセット」(1490円/カレー・コンソメスープ・サラダ・漬物・バナナゼリー・コーヒー)は数ある焼カレーの中でも別格ですよ。

焼カレー

出典:三井倶楽部

北九州市旧門司三井倶楽部
【所在地】福岡県北九州市門司区港町7-1
【電話番号】093-321-4151
【営業時間】9:00~17:00
【休館日】無休
【入館料】無料(林芙美子記念室のみ有料)

北九州市旧門司三井倶楽部から門司港レトロクルーズの乗り場まで、海峡ブラザの敷地内を通って3分ほどで着きます。

門司港レトロクルーズ 遊覧船サンタ号 12:00~12:15

サンタ号

出典:いつか来た道 – ココログ

約15分という短時間のクルーズで、広々とした海上から門司港レトロの全体の光景を眺めることができ、関門橋もすぐそばまで寄って眺めることができる、どなたにも楽しめるクルーズですので、幅広い年齢の方におすすめできます。
出港時間はおおむね30分間隔ですが、集客状況によって少し前後するそうです。
この観光モデルコースでは、12時に出港する設定としました。

クルーズ

サンタ号から見た門司港レトロ 

出典:やまねこ日誌 – FC2

門司港クルーズ遊覧船サンタ号
【所在地】福岡県北九州市門司区港町5-1海峡ブラザ前受付ブース
【電話番号】093-331-0222
【出港時間】平日 11:00頃~/土日祝 10:00頃~)
【定休日】不定休(天候次第)
【料金】小学生以下400円・中学生以上 800円

サンタ号を降りて、すぐ目の前が海峡ブラザですが、下船にかかる時間を考えて、海峡ブラザに到着するまでに10分の余裕を持たせました。

海峡プラザ (昼食・体験・ショッピング)12:25~14:25

海峡プラザ

出典:みやだい

海産物店・レストラン・雑貨店・お土産店などが多数ある、西館・東館からなる複合商業施設です。
今回のモデルコースでは、こちらで昼食をいただきます。
飲食店が7店舗あるので、昼食選びに苦労することはありません。
また、名物の焼カレーを出すお店がいくつもありますので、焼カレーが食べたい人も困ることなく楽しめますよ。

海峡寿司海守(かいしゅ)

海守

出典:食べログ

関門海峡の地物・天然の魚介を中心とした回転寿司店です。
価格設定は、基本的には1皿120円・185円・250円・295円・370円・440円・540円で、特別なネタが入った場合には別の料金で掲示されます。
くじらベーコンや真ダコ、生トラフグ、生うに、ふぐ白子などの門司港ならではのネタから、カニマヨネーズやコーンマヨネーズ、サーモンねぎマヨネーズなどの手軽なネタまで揃っている使い勝手が良いお店です。
なお、クジラは、寿司ネタとして、ベーコンの他に「さえずり」(295円)、「赤身」(250円)、「胃袋」(295円)があり、クジラ好きな方におすすめ!
また、ミンククジラの竜田揚げ、フグの唐揚げ、海峡タコの唐揚げなどが各540円で食べられますので、お寿司と一緒いかがでしょうか。

白子

フグ白子 

出典:食べログ

海峡寿司海守(かいしゅ)
【電話番号】093-332-2334
【ランチ営業時間】平日 11:00~14:30/土日祝 11:00~20:00
【定休日】不定休

元祖瓦そば たかせ門司港レトロ店

たかせ

出典:瓦そば たかせ

こちらは山口県下関発祥の、日本瓦の上で茶そばを焼いた「瓦そば」(1000円)がメインのお店です。
また、スライスしたウナギをご飯に乗せた「うなめし」(2160円)も人気がありますが、、ランチの時間帯限定の「瓦そばうな茶セット」(2200円)と、「瓦そば2人前とうなめし1人前」(4536円)は、名物が両方食べられるので多くの人が注文しています。
そのほか、白子豆腐(432円)、ふぐの唐揚げ(864円)、ふぐ皮サラダ(874.円)などの単品もありますので、もう少し食べたい、というときにどうぞ。

そばうなめし

瓦そばとうなめし 

出典:Imgrum

元祖瓦そば たかせ門司港レトロ店
【電話番号】093-322-3001
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】水曜日

ナンダン

ナンダン

出典:食べログ

名物の「焼カレー」(680円)も提供しているインド料理のお店で、カレーの辛さがお子様用の1から激辛の8の中から選ぶことができます。ちなみに、こちらの焼カレーは、イカ・エビ・アサリが入ったシーフードピラフの上にカレーとチーズがたっぷり乗せられていて玉子がないタイプです。
ランチメニューは、チキン・ベジタブル・シーフード・日替わりの4種類で、ナンまたはライスとサラダがついて各850円とリーズナブルです。ナンは100円アップで、チーズナン・ガーリックナン・スウィートナン・バダミナンに変更できます。
また、タンドリーチキン、シークカバブなどの一品料理もありますので、本格的なインド料理が楽しめますよ。

ナンダン2

焼カレーとナン 

出典:rubese.net

ナンダン
【電話番号】093-332-5533
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】不定休

門司港レトロ食堂

レトロ食堂

出典:福岡ぶろぐ

焼きカレーのセットメニュー(カレー+サラダとデザート)だけで5種類あり、カレーは30種類のスパイスを使った本格派です。
スタンダードな「焼きカレーセット」(1080円)
お子様でも食べられる「甘口焼カレーセット」(1080円)
珍しい「くじら焼きカレーセット」(1280円)
全国コロッケコンクールで金賞をとった「金賞コロッケ焼きカレーセット」(1280円)
特産のフグが入った「ふぐ焼きカレーセット」(1280円)
さらに、門司港発祥のうどんの出汁にちゃんぽん麺を入れた「ちゃんらー」(680円)、小倉発祥「焼うどん」(680円)、北九州名物ぬか(じんだ)で魚を煮た「じんだ煮定食(1080円)など、北九州市の名物もいただけます。
このほか、定食類が、9種類のおかずがついた「レトロ定食」(1480円)、クジラの赤身カツがついた「くじら定食」(1080円)など10種類、「お子様ランチ」(640円)、「お子様うどん」(640円)、洋食のビーフシチューセット(1380円)、オムハヤシセット(1080円)などなど多くのメニューがあってお子様からご高齢の方まで楽しく食事できるお店です。

ちゃんらー

ちゃんらー 

出典:福岡ぶろぐ

門司港レトロ食堂
【電話番号】093-322-5512
【ランチ営業時間】11:00~15:00
【定休日】無休

海 門

海門

出典:関門うにまん

フグやウニを使ったちょっと贅沢なランチがいただけます。
単品の「ふぐ丼」(1410円)、「海の幸丼」(1350円)、1日限定5食の「ウニ丼」(2700円)、同じく1日限定5食のフグとウニを使った「贅沢丼」(3500円)、「海の幸焼きカレー」(1320円)、「焼カレー」(940円)の他、「ふぐ丼定食」(1800円/ふぐ丼・ふぐ唐揚げ・ふぐお吸い物)、二段弁当(1030円/白ごはん・ふぐ唐揚げ・エビ塩焼き・筑前煮・だし巻玉子・サンマじんだ煮・サラダ・味噌汁)、三段弁当(1600円/白ごはん・刺身・ふぐ唐揚げ・エビ塩焼き・筑前煮・だし巻玉子・サンマじんだ煮・サラダ・味噌汁)などがあります。
おもちゃがついた「お子様弁当」(600円)もありますので小さなお子様と一緒でも大丈夫ですよ。

うに丼

うに丼 

出典:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

海門
【電話番号】0066-9712-489215(予約可)
【ランチ営業時間】平日 11:30~14:30/土日祝 11:00~21:00
【定休日】無休

MOJISHO

MOJISHO

出典:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

九州ご当地グルメグランプリ3年連続1位の「伊萬里牛ハンバーグ」をはじめ、松尾勝馬牧場生産の「伊萬里牛」を使用した料理を提供しています。
ランチ限定メニューは、「伊萬里牛味噌ホルモン鉄板定食」(980円)、「唐揚げ定食」(780円)とリーズナブル。単品メニューで「カレー」(680円)、「焼きカレー」(980円)、「伊万里牛黒焼きカレー」(1560円)、「伊萬里牛カルビ丼」(1380円)、プレートメニューの「ハンバーグプレート」(1580円)、「メンチカツプレート」(1580円)などがあり、甘口カレーの「お子様向けカレーセット」(500円)もありますので、お子様連れもでも安心ですね。

やきかれー

祈り牛焼カレー 

出典:BIGLOBE Beauty

MOJISHO
【電話番号】050-3464-6748(予約可)
【ランチ営業時間】11:00~14:00
【定休日】無休

門司港レトロ コミュカフェ

カフェ

出典:食べログ

ジェラードやクレープ、ケーキ、ソフトドリンクの種類が多いカジュアルなお店。
門司港らしく、バナナを使った「バナナチョコクレープ」(450円)、「バナナジュース」(390円)などの他、フードメニューもあり、スパゲティやたこ焼き、北九州名物の、小倉焼きうどん研究会のレシピで作られた正統派の「小倉発祥焼きうどん」(650円)、白ごはんにカレーをかけて、チーズと温泉卵を乗せたタイプでどなたでも食べやすい味に仕上がっている「門司港名物焼カレー」(800円)、焼きカレーをクレープで包んで食べる珍しい「焼きカレークレープ」(600円)などがいただけるカフェです。

ヤキカレー

焼カレー 

出典:食べログ

門司港レトロ コミュカフェ
【電話番号】093-332-3121
【営業時間】10:00~20:00
【定休日】無休

お土産店では、北九州市のさまざまなお土産菓子のほか、門司港オリジナルのバナナのスイーツも扱っている「門司港レトロ菓子館」と「Retfon」(レトロン)、「菓舗にしはら」や、フグの形をした最中の「梅園」、試食OKの干物店「じじや」、フグのお茶漬けやフグ料理セット、トラフグの唐揚げを売るフグ専門店「日高本店」、フグ蒲鉾の「なかうめ」、北九州市名物の「平塚明太子専門店」、明太子こんにゃくの「赤い恋人」を販売している「かば田」などお土産選びもとても楽しむことができます。

お土産

出典:フォートラベル

モデルコースでは、オリジナルグラス作り又はオリジナルオルゴール作りのいずれかの体験を1時間行う設定にしています。

赤煉瓦ガラス館「エッチング体験」
ガラス

出典:山口県・長門市・今が旬 – Seesaa

気に入ったガラス製品を選び、圧縮空気で専用の砂を吹き付けてガラスの表面を削る手法である「サンドブラスト技法」で絵付けする体験です。
指導を受けながら作るので、安心安全です。

体験

出典:門司港レトロ 海峡プラザ

赤煉瓦ガラス館
【電話番号】093-322-3311
【体験料金】1300円~2000円程度
【所要時間】約1時間
【体験できる時間】10:00~17:00

オルゴールミュージアム門司港「オルゴール作り体験」

オルゴール

出典:ameblo.jp

オルゴール本体のデザインや選曲を、好きなパーツを選んでオリジナルオルゴールを作ることができます。

オルゴール2

体験作品例 

出典:るるぶ&more.

オルゴールミュージアム門司港
【電話番号】093-322-3008
【体験料金】2000円~3000円程度
【所要時間】約30分から1時間
【体験できる時間】10:00~18:00
海峡ブラザ
【所在地】福岡県北九州市門司区港町5-1
【電話番号】093-332-3121
【営業時間】お土産・雑貨などの物販 10:00~20:00
飲食店 11:00~22:00
【休業日】無休

海峡ブラザから北九州市旧門司税関までは5分ほどです。

北九州市旧門司税関 14:30~15:00

税関

出典:もじこう観光ナビ

明治45年(1912年)に2代目の門司税関の庁舎として建設された瓦ぶき2階建構造のレンガ造りの建物を、平成3年(1991年)から4年かけて外観の復元を行いました。平成19年(2007年)に近代化産業遺産に認定されています。吹き抜けになっているエントランスホールを入ると、常設の門司税関広報提示室があって密輸の方法やイミテーショのンブランド品の展示物などがあり、巧妙なワザに驚いてしまうかもしれません。

写真

摘発写真 

出典:税関

2階は展望室となっていますので、町並みや海上の風景をご覧ください。
1階にある「Fruit factory Moon de Retro」(フルーツファクトリームーンデレトロ)では、テラス席ではレトロな雰囲気を楽しみながら、店内では白壁のバカンス気分を感じながら「焼きバナナパルフェ」(790円)、「レトロジュレ」(780円)、「パニーニ」(680円)などをいただくことができます。また、「フルーツサンドイッチ」(380円)、「ジャム」(380円)、「フルーツシェイク」(550円)、「ドライフルーツ類」(335円~)をテイクアウトできますから、散策のお供にいかがでしょうか。

フルーツ

出典:ことりっぷ

北九州市旧門司税関
【所在地】福岡県北九州市門司区東港町1-24
【電話番号】093-321-4151
【営業時間】 9:00~17:00
【休業日】無休

Fruit factory Moon de Retro
【電話番号】093-321-1003
【営業時間】11:00~17:00
【休業時】不定休

 

北九州市旧門司税関から門司港レトロ展望室へは3分ほどで到着します。

門司港レトロ展望室 15:10~15:40

展望室

出典:NAVER まとめ

黒川紀章氏が設計した103mの高層マンション「レトロハイマート」の31階にある、約270度パノラマの展望室です。足元もガラス張りなので、怖がりの方はお気を付けくださいね。
マンションの屋上に設置されたデジタルカメラを操作して鮮明な画像を見ることができる「デジタル望遠鏡」や情報潜望鏡の「アイステア」などの最新設備が整っていて、ゲーム感覚も楽しみながら、門司港レトロの全景や関門海峡、門司市街地を眺めてみましょう。
カフェ「AIR’S CAFÉ」もありますので、座って景色を眺めながら飲み物やスイーツを楽しむことができます。

眺望

展望室からの眺望 

出典:トリップアドバイザー

門司港レトロ展望室
【所在地】福岡県北九州市門司区東港町1-32
【電話番号】093-321-4151
【営業時間】10:00~22:00
【休業日】年4回不定休
【入場料金】小中学生 150円/大人 300円

門司港レトロ展望室から九州鉄道記念館へは10分ほどの距離です。

九州鉄道記念館 15;50~16:50

記念館

出典:門司港レトロ 観光

鉄道好きの方はもちろん、あまり興味もない方も、一度は来ていただきたい施設がこの九州鉄道記念館。九州の鉄道の歴史、蒸気機関車の模型、歴代の「つばめ」についての紹介コーナーなど充実した鉄道情報施設です。
明治時代から活躍していた客車(実物)の展示場では、当時の服装の車掌や乗客の人形を背景とともに配置して、音響で当時の様子を再現しています。

明治

出典:www.lok.jp
誰しも一度は憧れた電車の運転は、門司港から折尾間の実際の風景を見ながら運転シミュレーター(1回200円)で体験することができますのでぜひどうぞ!
速度を上げて行くと景色が流れる速さが違うので、本当に運転しているようでワクワクすること間違いなしです。

シミュレーター

出典:[レールファン音楽館] Railfan ONGAKUKAN – ココログ

「九州の鉄道大パノラマ」では、ショータイムにスクリーンに映る実際の映像とナレーション、博多駅や鹿児島中央駅を忠実に再現したバノラマをナレーション合わせて電車が走っていきます。ショータイム以外の時間では、実物のマスコンを使用した運転操作卓でゲージを動かしたり、バノラマ内に置かれたCCDカメラからの映像を楽しんだりすることができますよ。

パノラマ

出典:裏辺研究所

九州鉄道記念館
【所在地】福岡県北九州市門司区清滝2-3-29
【電話番号】093-322-1006
【開館時間】9:00~17:00
【休館日】第2水曜日/7月は第2水木曜日/8月は無休
【入館料】4歳未満無料・中学生以下150円・高校生以上300円

九州の鉄道大パノラマ上演時間(上映時間約10分)
平日 11:30/13:00/14:30/16:00
土日祝 10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00

九州鉄道記念館から門司港駅までは徒歩7分ですので、17時には到着します。
モデルコースでは、待ち時間を考慮して17時30分頃に小倉駅到着と設定しました。お疲れ様でした!

門司港レトロを半日で回るモデルコース、いかがでしたでしょうか。
ご家族でもカップルでも、年齢を問わずに楽しめるのが門司港レトロです。
半日たっぷり遊んで学ぶことができ、美味しい食事もできますので、どうぞ訪れてみて下さいね!