東北LOVERS

福岡県に来たらぜひ買ってほしいお土産をご紹介!

2018年08月31日(金)/福岡

Pocket

にわか出典:Pinterest

今回は、福岡県民が選ぶ、ぜひお土産に買って欲しいものをご紹介します!
有名なものから珍しいものまで取り揃えましたので、どうぞご覧ください。

二〇加煎餅

にわかこらぼ

出典:和菓子ハンターが行く! – 通販お取り寄せレビューJP

博多駅が開業して、博多土産として初めて販売されたのが、東雲堂の「二〇加煎餅」でした。福岡市の無形民俗文化財である「博多仁和加(はかたにわか)」のお面をかたどった煎餅は、貰った方が笑顔になる楽しいお土産としておすすめです。
煎餅のサイズは、小・中・特大の3種類。
面白い表情の煎餅なので遊びたくなりますが、おまけで紙のお面が入っていますから、そちらの方で遊んでくださいね。
卵・小麦粉・砂糖を使った甘すぎない煎餅で、食感は、瓦煎餅より柔らかく、クッキーよりは固い感じです。
また、沖縄県産の竹炭と黒糖を使ったブラック二〇加、粒あんが入った二〇加最中も人気がありますので一緒にいかがでしょうか。
東雲堂は、ミュージカルの登場人物、ゲームや映画の主人公、漫画のキャラクターなどとコラボした二〇加煎餅をたびたび作っていますので、ちょうど販売されている期間に来福された方は、レアな顔の二〇加煎餅に出会えますよ。
ちなみに、二〇加煎餅は、せんべいではなく、せんぺいと読みます。

博多バームスティック

バーム

出典:二鶴堂

「博多の女(はかたのひと)」で有名な二鶴堂が、「博多の女」に使うバームクーヘンの、カリカリに焼けた端っこから考え出した商品が、「博多バームスティック」です。
味は、プレーン・白ごま・博多あまおう苺の3種類で、3種類の中から2種を詰め合わせて購入することもできます。
カリカリ、サクサクとした食感とバームクーヘンの味は、ありそうでなかった、よくぞこれを思いついてくれた!という新しい美味しさです。
博多あまおう苺のバームスティックは、2018年には「iTQi(国際味覚審査機構)の優秀味覚賞を受賞しました。
お土産にすると、喜ばれること間違いなしです。

博多ぶらぶら

ぶらぶら

出典:アマゾン

昭和4年創業の老舗和菓子屋「左衛門」が作っている、「博多ぶらぶら」は福岡県民ならだれでも知っている、一度見たら忘れられないCMで有名。
博多どんたくの先頭を飾る「山鉾」に顔を書いたパッケージは、インパクト大です。
餅粉と米粉を合わせた餅と、北海道産の小豆で作った軽く塩味がついたこし餡の組み合わせは絶妙で。
柔らかい餅に餡が絡んだ食感は、ついもう一つと手が出てしまいますよ。

季節限定ひよこ

ひよこ

出典:MONOTONE

ひよ子堂本舗吉野堂は、通常のひよ子とは別に季節ごとに福岡限定ひよ子を作っています。
1月下旬~4月初旬までが、ミルク風味の生地で練乳と国産の刻み桜葉を加えた桜あんを包んだ「桜ひよ子」、5月中旬~8月下旬までが、八女の新茶を精製した抹茶と白雪餡を合わせた「茶ひよ子」、9月上旬~11月下旬までが、コクがあり香ばしく焼き上げた生地で和栗あんを包んだ「茶ひよ子」、12月上旬~1月下旬までが、ミルク風味の生地で白雪あんと博多あまおう苺の苺あんを包んだ「苺ひよ子」の4種類で、各ひよ子によって皮の材料の配分も変えている丁寧な作りになっています。
福岡を訪れたら、季節感のある福岡限定ひよ子をぜひどうぞ!

博多あまび

あまび

 

出典:おみやげーと

福岡県産あまおう苺加工販売所の「伊都きんぐ」、はイチゴ加工のプロで、あまおうが入った「どらきんぐ生」というどら焼きや、あまおう苺入りアイスクリーム、などを作っています。
その伊都きんぐが、5月末頃から11月下旬まで期間限定で販売する「博多あまび」は、わらび餅の中にあまおう苺が練りこんであり、とても美味しいお菓子として博多銘菓の仲間入りをしました。箱の中には練乳ときなこが入っていて、3度ちがう味が楽しめるようになっています。そのまま食べて、次はわらび餅の定番のきなこで味わい、最後に練乳をかけて食べると、もちもちとしたイチゴのような美味しさです。
また、「博多あまび」は、あらかじめ切ってあるため、くっつかないよう餅粉がまぶしてありますが、「博多あまびミニ」は博多あまびを切らず塊のまま入れていて、自分の好みの大きさに切り分けて食べることができるようになっています。切りたての食感は、ツルツルとしてびっくりするほどおいしいと評判です。
日持ちがしないのですが、ぜひ食べていただきたい、超おすすめの一品です。

筑紫もち

もち

出典:全国の銘菓

福岡県民が貰って嬉しい進物の一つが、如水庵が販売する「筑紫もち」。
モンドセレクション最高金賞を何年も連続で受賞している逸品で、得意先へのご挨拶に、親戚への手土産に、お茶会の席にと大活躍です。
筑紫平野のもち米を使った餅に、きな粉がかかった優しい口当たりの和菓子は、添えてある黒蜜をかけると、また格別なおいしさ。
お子様から高齢の方まで、どなたにも好まれる上品なお土産としておすすめです。

赤い恋人

赤い恋人

出典:博多ギーク

某北海道銘菓のパクリではありません!
あちらは銘菓、これはお菓子ではなく、こんにゃく製品を作っている秋山食品が開発した、粒状の辛子明太子が練り込まれているこんにゃくです。
赤い恋人には、魚肉ソーセージを大きくしたような形状の「赤い恋人」、半分の大きさの「赤い恋人ハーフ」と乾燥してチップス状にした「赤い恋人チップス」の3種類があります。
食べ方は、スライスした場合は、刺身コンニャク風や、フライパンで焼いてマヨネーズなどを付けて、そのままの場合は、ウィンナーのように焼くか、焼き鳥風にするなどしていただけます。また、おでんのように煮物にしても最初から味が入っているコンニャクですので美味しく仕上がりますよ。
ユニークなだけではない、赤い恋人をどうぞお試し下さい。

関門うにまん

うにまん

出典:関門うにまん

ウニはフグと並ぶ、関門海峡の名産品で、下関の「雲丹醤油」やアルコール漬けの「粒うに」という有名なお土産が作られています。
「関門うにまん」は、2011年頃から芳賀茂元商店が経営する居酒屋で出されていたものを、人気が高まってきたため商品化したもの。
肉まんを黒くしたような見た目は、竹炭を練りこんで作った皮で、中身の餡は、練り雲丹と魚肉山芋などを合わせたものがぎっしりと入っています。
蒸し上げたほかほかの状態で割ると、ふわっとウニの香りがたち、ウニ好きな方へのお土産におすすめの一品です。
販売しているお土産処が少ないのもレア感があって、珍しいお土産として密かな人気となっています。

博多なかなか

なかなか

 

出典:中島商店

福岡土産といえば、辛子明太子ですね。
辛子明太子を作っているお店の総数は約100軒あり、作り方の基本は同じでも、各お店で工夫を凝らしています。
その中でも、中島商店の「博多なかなか」は、ぜひ試していただきたい一品です。
なんと乾燥の辛子明太子なのです!
干し辛子明太子は、カラスミに似た食感でネットリとした味わい。
辛子明太子の皮の部分をジャーキー風に仕上げた「博多なかなか皮ドライ」は、濃縮された旨みと辛味があり、お酒のつまみにぴったりです。
また、さらに桜チップでスモークした燻製の「博多なかなかスモークドライ」は、洋酒にも合う味に仕上がっています。
乾燥辛子明太子は、常温で持ち運びできてかさ張りませんので、ちょっと変わった辛子明太子はないかな、とお考えの方、いかがでしょうか。

めんツナかんかん

かんかん

出典:アマゾン

漬け込み型の辛子明太子を開発した「やまや」が作った、国産のビンナガマグロのホワイトミートを、からし明太子の漬け込み液となじませた缶詰です。
レギュラー・辛口・プレミアムの3種類があって、辛口は、唐辛子が倍量入っていて、プレミアムは明太子の量が多く入っています。
めんツナかんかんは、そのまま食べるのはもとより、チーズと合わせてホットサンド、バターを加えてスパゲティやチャンプル風、マヨネーズと海苔を足して丼に、などなど幅広い料理にアレンジできますので、料理好きな方へのお土産にすると喜ばれますよ。

あまおう~苺のお酒~

いちご

出典:umaiosake.com

大正11年創業の若波酒造の女性杜氏が作った、「あまおう~苺のお酒」は、あまおう苺と国産蜂蜜、本格麦焼酎を使ったリキュールです。
あまおう苺をリキュールに使うのは、国内初。添加物はまったく使われていません。
香りは、自家製のイチゴジャムをつくっている時のようなフレッシュさです。
アルコール分14%と、リキュールの中では低めですので、ストレート、ロック、水割りなどのほか、ヨーグルトやアイスクリームにかけても、お菓子の風味付けにも美味しくいただけますよ。女性の方への大人なお土産にいかがですか?

さしみ醤油

しょうゆ

出典:光洋水産

福岡県では、刺身を食べる時に、「さしみ醤油」というものを使います。
さしみ醤油は、再仕込み醤油と呼ばれる醤油加工品で、普通の醤油よりも旨味成分が多く加えられていて、刺身によく絡みます。
福岡県出身の某芸能人の方が、「刺身はさしみ醤油を味わうためのもの」というほど、美味しい醤油です。
また、さしみ醤油は刺身に使用するだけでなく、料理の味付けにも便利です。
煮物には砂糖を加えることが多いのですが、さしみ醤油を使えば味がすぐに決まります。目玉焼きにもおすすめですし、アボカドを醤油わさびで食べる際にさしみ醤油を使うとぐっと美味しさがアップします。
色々な料理に使えるさしみ醤油をお土産にいかがでしょうか。
博多阪急では地下食料品売り場「阪急うまか食品蔵」の「九州醤油図鑑」というコーナーで、60社100種類以上のミニサイズの醤油を揃えていて、博多阪急と九州の老舗醤油蔵が共同開発した商品などもおいていますので、どうぞ覗いてみて下さいね。


 

福岡県民がおすすめするお土産、いかがでしたか。
来福の際に、どうぞご参考になさって下さいね!