東北LOVERS

奄美大島を満喫しよう!絶景スポットや観光名所まとめ

2018年12月01日(土)/鹿児島

Pocket

奄美大島とは?

国内の南の楽園といえば…沖縄が有名ではないでしょうか。もちろん沖縄はとても素敵な観光名所です。しかしもっと手付かずの大自然が残る楽園、東洋のガラパゴスとして有名な「奄美大島」もその沖縄に匹敵する程。面積は712.35km2と、日本では択捉島、国後島、沖縄本島、佐渡島、奄美大島と言う順番で、5番目に大きな島でありながら、自然が豊かで来る方を満足させる、とてもお勧めの観光スポット。エメラルドグリーンに輝く海、山や川でのアクティビティはもちろん、おいしい郷土料理や、歴史を感じられる場所が数多くあります。

奄美大島ってどこにあるの?

スクリーンショット 2018-03-04 12.11.29

鹿児島と沖縄の中間よりちょっと下に位置しており、鹿児島の島なのですが、沖縄の島と言われても、間違う方もいるかもしれませんね。

さて、行き方ですが、飛行機は、東京(羽田/成田)・大阪(伊丹)・福岡・鹿児島・沖縄から直行便があり、下記の写真を参考にされると良いでしょう。

amami-access2

出典:https://rito-guide.com/amami-access/

具体的には、東京からだと2時間45分、続いて大阪約1時間半、福岡1時間20分、鹿児島30分、沖縄1時間ほど所要時間を要します。

では、次に、ガイドブックに載っているメジャーな観光名所はもちろんのこと、地元民ならではの文化を楽しむ工芸品やグルメスポットまで網羅的にご紹介させていただきます。

奄美大島のおすすめグルメスポット

鳥しん

IMG_1746

IMG_1751

 

IMG_1763

奄美市にある奄美鶏飯と島料理の有名店。スープも具材もご飯もたっぷりの「鶏飯」。2~3回に分けて食べられるという大満足のボリュームです。具材はモモ肉・錦糸卵・シイタケ・のり・ネギ・パパイヤ塩漬みじん切り・ミカンの皮など。鶏を約10時間煮込んで作られたスープは旨みがたっぷりと詰まっています。

IMG_1766

他にも焼き鳥各種や、南国の名物であるゴーヤチャンプルなど値段はリーズナブルで味は絶品。そんな料理の数々。IMG_1765

鶏肉の刺身、通称鳥刺しも食べることができます。本当にごく一部の新鮮な鶏肉しか刺身はできないことから、 新鮮さを売りにしていることが明白です。IMG_1744

最後に、みなさまに向けて、特に筆者がお勧めしたいのが、パッションフルーツジュース。濃厚な果汁たっぷりで非常に美味です。

IMG_1742 1

鳥しん
ジャンル 居酒屋、鳥料理、郷土料理
問い合わせ 0997-53-6515 予
住所 鹿児島県奄美市名瀬伊津部町12-6 鳥しん
営業時間 11:00~23:00
定休日 年中無休

鶏飯みなとや

鶏飯みなとや

出典:食べログ

奄美鶏飯の発祥の地として知られる鶏飯みなとや。元々は江戸時代、ここの女将さんが考案したのだとか。料金はシンプルで、大人1000円、子供500円。そんな元祖鶏飯の発祥の地でもあることから、地元の雌鶏をまるこど使った濃厚な鶏ガラスープはとても濃厚。また、鶏肉、金糸玉子、しいたけ、陳皮など具沢山なのも特徴の一つ。元祖鶏飯の発祥の地を訪れるならここ!

みなとや
お問い合わせ 0997-63-0023
住所 鹿児島県奄美市笠利町外金久81
営業時間 11:00~15:00頃(材料がなくなるまで)
定休日 不定休

奄美大島のおすすめ観光名所

とにかく綺麗な奄美大島の海やビーチが見たい!

油井岳展望台

油井岳展望台

他にも夕焼けスポットで人気があるのが奄美十景の1つ「油井岳展望台」。大島海峡とその先の加計呂麻島を見渡すことのできる絶景ポイントとして知られております。

油井岳展望台
住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町大字阿木名

土盛海岸

土盛海岸

出典:奄美まるごと情報局(上記2点)

とにかく綺麗な海をみたい!という方はまさにエメラルドグリーンである土盛海岸(ともり)がおすすめ。奄美大島で最も美しい海といわれており、奄美空港から車で10分とアクセスも抜群。遠浅の海であることから、シュノーケリングも楽しめます。なお、天然記念物であるオカヤドカリをみれたらあなたはラッキーかも?

なお、シュノーケリングは北部海岸でも楽しむことができ、そちらもサンゴ礁が綺麗なのでおすすめです。特に、4月〜6月、10月以降はウミガメに会える確率は大幅にアップします。

土盛海岸
鹿児島県奄美市笠利町大字宇宿2127

あやまる岬

あやまる岬

サンゴ礁の海を一望できる「あやまる岬」では小高い丘の上から海岸線を見ることができ、その大パノラマは絶景で、奄美群島の最も有名な景勝地の一つ。絶景をみたい方に特におすすめです!180度のパノラマビューを楽しむことができ、とにかく空と海のコントラストが素晴らしいの一言。

あやまる岬
鹿児島県奄美市笠利町大字須野

ホノホシ海岸

奄美本島の東南部にあるホノホシ海岸。ここでは波が荒いこともあり、海岸に転がる石が玉石に。大きさは卓球の球やテニスボールぐらい。波が打ち寄せる毎に、玉石がぶつかりカラカラなることが特徴です。気をつけてほしいのが、この玉石を持ち帰ることは絶対にNGです。というのも、パワーを持っている玉石を持ち帰ることは災いを呼ぶという言い伝えがあるからです。

ホノホシ海岸
鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津

大浜海浜公園

出典:のんびり奄美(上記3点)

市街地に近く、キャンプ場やバースハウス等各種施設が整備されており、自然景観にも恵まれた海水浴場。大浜海浜公園は、まさに夕日が綺麗なスポット。なのでデートに最適。東シナ海に沈んでいく夕日を見にたくさんの観光客が訪れます。なお、日本の渚100選にも選出されている人気スポット。

大浜海浜公園
住所:鹿児島県奄美市名瀬小宿字大浜701-1

ビラ海岸

ビラ海岸

出典:アソビュー

美しい奄美大島の海を空から眺めて見たい方はこちら。ビラ海岸は奄美空港から車で15分の距離にあり、モーターパラグライダーで空から奄美大島の綺麗な海を眺めることができます。操作は全てベテランパイロットがしてくれるので気軽に楽しむことができます。

ビラ海岸
住所:鹿児島県大島郡龍郷町

ハートロック

出典:沖縄観光チャンネル

恋愛パワースポットとして知られるハートロックは、ハートの形をした潮だまりであり、干潮の時しか見らえないものとなります。「見られなかった」「見つけられなかった」という声も多数あるので、ハートロックを見るには、しっかり干潮時を見極めてから行きましょう。なお、場所は、それいゆふぁーむに近くにあります。是非カップルのみなさまは立ち寄って見てくださいね。

ハートロック
鹿児島県 大島郡龍郷町赤尾木1346-1

マングローブカヌーを楽しもう!

IMG_1768

金作原原生林

国立公園、金作原原生林(キンサクバル原生林)は亜熱帯植物のヒカゲヘゴが密集する地帯で照葉樹とシダ植物が作る亜熱帯の森。ヒカゲヘゴの葉は恐竜の餌だったと言われており、今にもゴジラがでてきそうな感じ。「サンゴとヤドカリ」と呼ばれるツアーに参加すれば、植物の名前や森の動物達などのレクチャーを受けることができます。また、マングローブカヌー体験もでき、マングローブ林をカヌーで進む体験は普段中々できないのではないでしょうか。

IMG_1769 1

金作原生林
住所:鹿児島県奄美市名瀬大字朝戸

黒潮の森マングローブパーク

マングローブカヌーは奄美群島国定公園特別保護区に指定されたマングローブ原生林のすぐそばにある「黒潮の森マングローブパーク」でも実施しており、こちらはジャックの豆の木のモデルにもなったといわれているモダマの木も間近で見ることができますよ。

黒潮の森マングローブパーク
営業期間 営業時間:9:30~18:00 入園は17:30まで
住所:鹿児島県奄美市住用町石原478

奄美大島で文化体験

奄美大島に来てその土地の文化体験をしたい場合はどこに行けば良いのでしょうか。いくつかご紹介させていただきます。

セントラル楽器

出典:あまみっけ。

奄美の島唄を知りたい、聴きたいと思ったら、まずは奄美市名瀬の中心商店街にある「セントラル楽器」へ。沖縄の文化に近い奄美大島の音楽文化発信の地がここセントラル楽器。例えば、三線などの楽器他、民謡のCDなどを販売しております。

セントラル楽器
住所:鹿児島県奄美市名瀬末広町1-20 0997-52-0530
営業時間:10:00-19:00
定休日:無休

大島紬村

大島紬村

出典:www.tumugi.co.jp

日本を代表する絹織物の生産地として知られる大島紬村。約1,300年の歴史を誇る、日本の伝統的工芸品として知られております。さて、ここ奄美大島紬村では、泥染め体験や手織りを通してご自身の手で最高級の着物である大島紬の製造過程を楽しめる他、販売も行なっているのでお土産スポットとしても人気。

大島紬村
住所:鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1945 0997-62-3100
開館時間:9:00~17:30
休館日:なし
製造見学料:大人500円、子供250円

奄美観光ハブセンター

最後にご紹介するのが、1969年創業の奄美観光ハブセンター。その名の通り、ハブの知識を深めることができる施設です。見所は、ハブとマングースのショー(ビデオ放送)と言っても過言ではないでしょう。開催時間は10時、14時、16時であり必見です。
また、売店ではハブ酒やハブ革を使った製品なども販売していることから記念品としてお土産にいかがでしょうか。

奄美観光ハブセンター
営業期間  開園:8:00~18:00
住所:鹿児島県奄美市名瀬長浜町3-15