東海LOVERS

鹿児島でお勧めの観光名所を厳選

2017年09月05日(火)/鹿児島県

屋久島はとても自然豊かな場所です。特に縄文杉のルート、白谷雲水峡には是非行ってみましょう。バスの時刻も限られているため、レンタカーを借りていかれるのが良いでしょう。

チェック白谷雲水峡<屋久島>

白谷雲水峡

白谷雲水峡の写真を見て、真っ先にもののけ姫を連想された方は正解です。そうです、もののけ姫の着想を得たのが、ここ白谷雲水峡だからです。面積423.73ヘクタールの自然休養林。清流が育んだ森は潤いに富み、およそ600種類を数える苔に覆われた深い緑の森。

屋久島

屋久島でも屋久杉コース、白谷雲水峡コースと人気を二分します。もちろん屋久杉コースと白谷雲水峡を結ぶコースもありますが、計10時間程なので別々で行かれる方が多いのもうなずけるでしょう。写真のように、苔が生い茂っている光景はまるで物語の世界に入り込んだようで幻想的。

屋久島

縄文杉のルートは当初トロッコ道をひたすら歩き、途中から山道になり傾斜道を登ることになります。平坦なトロッコ道は楽ですが、山道に入ると一気に体力を奪われることでしょう。川も良く横断するため、橋を通ることも多々。ちなみに湧水地の水は飲めるため、ペットボトルを持ち歩けば飲料水には困らないことかと思います。

白谷雲水峡
【所在地】鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦
【電話番号】0997-42-3508(屋久島レクリエーションの森保護管理協議会

チェック翁杉<屋久島>

翁杉

2,000年の樹齢。厳しい自然の中での長きにわたり屋久島の森に鎮座し続け、その迫力ある威風堂々とした容姿と風格を基に翁杉と名付けられたそうです。

チェックウイルソン株<屋久島>

ウイルソン株

屋久島にある屋久杉の切り株がここウィルソン株。切り口付近の周囲が13.8mもある巨大な切り株です。伐採当時の推定樹齢3,000年。豊臣秀吉により400年前に伐採されたのだとか。

ウイルソン株

ウイルソン株の中から外をのぞいてみました。空を仰ぐとハート型と謳われておりましたが、筆者はハート型を撮れませんでした。おそらく角度が大事なのでしょう。

チェック大王杉<屋久島>

ウイルソン株 大王杉

縄文杉が再発見されるまで、最大の屋久杉とされたことからその名を冠することになった“大王杉”。下部に大きな割れ目があり、中は空洞なのが特徴。高さは24mもあり、樹齢は約3000年にもなります。

チェック縄文杉<屋久島>

4

屋久島といえば縄文杉。世界遺産としても登録されており、屋久島に来たら押さえて欲しい名所。何が縄文杉の凄さなのでしょうか。それは屋久島に自生する最大級の屋久杉であり、樹高 25.3m 胸高周囲 16.4m が及ぶ点。そして、樹齢 2,000年代~7,200年と歴史がある点です。ここまで来るのに片道5時間はするため、その徒労を考えると、「やっと縄文杉に到着した!」という感極まりなくなる方も多いのだとか。このように、当コースでは縄文杉だけでなく翁杉、ウィルソン株、大王杉と幾つもの屋久杉の大木と会うことが一度に会えるのは非常に嬉しいですね。

チェック海中温泉<屋久島>

屋久島の海中温泉

世にも珍しい海に沈む海中温泉がここ屋久島で楽しめます。満潮時と干潮時の差を利用して、時間帯限定で温泉が出現するのがこの海中温泉。名を平内海中温泉といい、干潮の前後約2時間のみ入浴可能な、海の中から湧き出ている珍しい温泉です。もちろん混浴なので、岩場で着替えをして、入ることになります。料金は近場に募金箱なるものが置いてあり、気持ち程度で100円納金するシステムです。海のような温泉、そして夕日を見ながら楽しめ、最高のひと時を過ごせること間違い無し。


鹿児島県桜島は、熊本県の阿蘇山と並ぶ有名な火山として知られていることかと思います。現在でも噴煙が見られ、噴火を繰り返してきたのが桜島の魅力を引き上げている証拠でしょう。

チェック湯之平展望所<桜島>

湯之平展望所

まずご紹介するのが、湯之平展望所。標高373mで桜島において一般の人が入ることのできる最高地点です。ここから北岳や大正溶岩原など見れて、見晴らしがよい展望台です。

 

チェック黒神埋没神社<桜島>

大正噴火の時に黒神埋没神社の鳥居は、埋もれました。その光景が当時の凄さを物語っているとして、黒神埋没神社は桜島における観光名所として人気を博しています。

チェック月讀神社<桜島>

月讀神社

出典:じゃらんnet

710年頃に創建されたと伝わる「月讀神社」は、桜島の産土神である月讀命(つきよみのみこと)を祀っていて、桜島港に近い場所に建っています。月讀命は桜島で産まれたとされ、桜島に生まれた人は生涯、また死後も月讀命に守られていくと言われています。大正時代の桜島大噴火で溶岩に埋没し、その後現在の場所に移設されました。交通安全や縁結びのご利益があるパワースポットといわれています。

月読稲荷神社

出典:鹿児島観光ガイド

また、社殿の近くには稲荷神社があり、商売繁盛・五穀豊穣などのご利益が受けられますので、ぜひご参拝ください。

月讀神社
【所在地】鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722−8                   【電話番号】099-293-2109

チェックChirin’s Heart<知林ケ島>

ちりんずはーと

指宿市にある無人島の「知林ケ島」は、「愛の島」とも呼ばれています。船で行くことができない島。歩いて800メートルほどの砂の道を歩くのが唯一の上陸方法。3月から10月の干潮時にのみ出現するため、事前に引き潮の時間を確認しておく必要があります。片道で20分ほどかかるため、満ちてくる時間は必ず確認しておきましょう。「愛の島」と言われているのは、この砂の道が毎年必ず現れるため、強く縁が結ばれる「縁結び」のご利益があると考えられてきたからです。

島には「Chirin’s Heart」(ちりんずはーと)というオブジェがあり、離れた位置にある片方ずつのハートが見る位置によっては重なってハートに見えるという仕掛け。絶好の写真スポット!

かい

出典:マニマニマグ

また、化石になった貝殻をふたつ合わせるとハート型になる「モクハチアオイ」を採取でき、恋愛の強力なパワースポットとして人気。カップルで訪れるのがおすすめです!

知林ケ島(ちりんがしま)
【所在地】鹿児島県指宿市西方
【電話番号】0993-22-2111(指宿市観光課)

チェックガジュマル<喜界島>

喜界島

出典:論座 – 朝日新聞デジタル

隆起性のサンゴ礁でてきているため、今も年間約2mmの隆起を続けている喜界島には、カジュマルの巨木が多く生息しています。その中でも、手久津久(てくづく)集落にあるものは、樹齢100年を超えていると推定されており、高さ18mほど、幹の周径は16m、枝張りの大きさは42mという大きさ。

ガジュマル

出典:の島・喜界島へ – Seesaa ブログ

沖永良部島にあるカジュマルとともに日本一の大きさと言われていて、巨木に宿る神秘的な生命のパワーを全身で感じられるパワースポット。奄美大島から近い位置にあるので、奄美大島旅行のコースに加えてみてくださいね!

喜界島のガジュマル
【所在地】鹿児島県大島郡喜界町手久津久
【電話番号】0997-65-1111(喜界町企画観光課)