関東LOVERS

東京都内で美味しい鍋が食べられるお店を厳選

2015年11月13日(金)/東京グルメ(ジャンル別)


寒くなると食べたくなるのは、お鍋ですよね。鶏肉・牛肉・豚肉・魚介や白湯・醤油味・味噌味・塩味など様々な種類がありますが、今回はそんな東京都内で食べたい美味しい鍋が食べられるお店をご紹介したいと思います。

チェックたまる

四谷三丁目駅から徒歩5分の立地、荒木町の中でも少し離れた先にある「あんこう」を専門とした都内でも珍しいお店。

たまる

店内は昔ながらの雰囲気を感じさせるテーブル席とカウンター席で構成されており、どこか懐かしい感じまで体感することができますね。

たまる

お店で味わうことができるメニューには、穴子をふんだんに使用した穴子丼やすずめ焼きなどの一品料理の数々も揃います。

たまる

出典:食べログ(上記3点)

中でもオススメなのが「あんこう鍋」。あんこうの深みのある味わいとたっぷりな野菜の味わいを存分に味わうことができ、日本酒との相性もたまりませんね。

チェック駒形どぜう 本店

浅草駅より徒歩1分の好立地、老舗店が並ぶ浅草エリアで1801年から200年以上親しまれ続けている「どじょう料理」を楽しむことができる下町の人気グルメ。店内は広い畳部屋に長年使われ続けた木の長机が並びます。

駒形どぜう

浅草の一等地に店を構えており、店内からは情緒あふれる雰囲気を楽しむことができ、自身の子供、孫の代まで慕われ続けた長年の常連客をはじめ、海外のお客様にも人気を集めている観光スポットのエリアにもなっておりますね。

駒形どぜう

「どじょう」は通年を通して楽しむことができ、臭みなどもない丁寧な下処理と長年の歴史で培った調理法が生きております。はじめに出る「どじょうせんべい」は、どじょうの骨をパリパリになるまで揚げており、お酒のつまみとの相性も抜群。常連が必ず注文する一品でもあります。

駒形どぜう

食べログ(上記3点)

一番のオススメ料理は「どぜう鍋」。大量のどじょうを自家製の味噌ベースにくぐらせてじっくりと火を通した一品。たんぱくでありながらも食べやすいどじょうを満足ゆくまで楽しむことができますね。

チェック米久本店

浅草駅から徒歩3分の立地に店を構え、1886年OPENの100年以上浅草エリアで歴史を支え続けている「すき焼き」の名店。浅草のすき焼きは有名で、その人気は海外のお客様にまで知れ渡るほど。

米久本店

店内は、赤じゅうたんの上に並べられたテーブル席を中心とした広々とした空間で、すき焼きの香りと音を楽しむことができるお店でもあります。

米久本店

お店で味わうことができるメニューには、「米久大山盛牛鍋」などのボリューム満点の肉を味わうことができる一品で、食べ応えも抜群のメニューでもありますね。

米久本店

出典:食べログ(上記3点)

お店で大人気のメニューは「すき焼き」。自家製のタレとジューシーで肉肉しい味わいと甘みたっぷりな野菜の旨味を楽しむことができるメニューでもあり、このすき焼きを追い求めて訪れるお客様が多くいるほど。

チェック鳳仙花

麻布十番駅から徒歩1分の好立地、麻布十番を拠点に置くサラリーマンを中心に賑わいを見せている韓国料理の名店があります。

鳳仙花

そこはテーブル席を中心とした全35席の空間が広がっており、連日賑やかな雰囲気で満席状態が続くほどの人気店でもあります。

鳳仙花

お店で味わうことができる韓国料理メニューには、海鮮の旨味を楽しめる「海鮮チヂミ」をはじめとして、ピリッとした辛みが特徴的な「チャプチェ」などの本格韓国料理の豊富なバリエーションを楽しむことができますね。

鳳仙花

出典:食べログ(上記3点)

中でも特に人気のメニューは「ホルモン鍋」。コクの深みを感じながらピリッとした辛みのあるスープと噛めば噛むほど出てくるホルモンの旨味を堪能することができる鍋で訪れた方の大半が注文される人気の一品になります。

 

チェック山くじら すき焼 ももんじや

1718年創業。両郷の中でも特に古い300年もの歴史を持っている老舗中の老舗とも言えるすき焼きとジビエを味わうことができるお店。

山くじら すき焼 ももんじや

1700年代と言えば、徳川吉宗が将軍をしている江戸中期の時代であり、そのころから多くの方の舌を唸らせてきたお店であり、歴史に裏付けされた味わいを感じることができるのも、このお店の楽しみ方の一つ。

山くじら すき焼 ももんじや

店内は、80席の座敷がズラっと奥まで広がっており、そこは連日多くの方で満席になるほどの賑わいを見せており、今では日本人だけではなく海外の観光客にも人気を集めているお店にもなっております。

山くじら すき焼 ももんじや

出典:食べログ(上記3点)

お店で味わうことができる人気の一品は、「猪肉すき焼き鍋」。猪肉の臭みのない新鮮な味わいとすき焼きのコクのある味わいのマッチを楽しむことができ、自然と笑みがこぼれビールが進むほどの旨味を堪能することができますね。

 

チェック小林食堂

五反田駅から徒歩7分の立地、そこは駅から歩いた先にある大人の隠れ家的なレストランでもあります。美食を追い求める食通がこぞって通っているイタリアンのお店でもありますね。

小林食堂

お店では、普通のイタリアンではなくフレンチの良さを取り入れた新しいスタイルのイタリアンを味わうことができ、繊細なフレンチの良さと、イタリアンのボリューム感を楽しむことができる贅沢なお店。

小林食堂

また、お店で味わうことができるイタリアンとフレンチのコラボメニューにマッチするワインもソムリエが厳選に厳選を繰り返すことで料理一つ一つに合うワインをセレクトして楽しむことができます。

小林食堂

出典:食べログ(上記3点)

お店のスペシャリテは「魚介のパエリア鍋」。海老やムール貝などの魚介の旨味を存分に堪能することができる鍋で、パエリア風のためボリュームも満点の一品でもあります。

 

チェック神田新八

神田駅より徒歩1分、そこは神田で仕事をするサラリーマンが夜な夜な美味なる食事とお酒を追い求めて訪れる隠れ家的な和食店。

神田新八

お店で味わうことができる料理の数々は、全国各地より厳選した旬の食材をシンプルに調理したものばかりで、余計な手を加えないことで食材本来の味わいを楽しむことができるのもお店の特徴の一つ。

神田新八

また、純米酒へのこだわりが強く、神亀酒造をはじめとした80種類以上あるお燗番が丁寧に一本一本燗つけをしてくれるほどで、お酒好きにもたまらないお店。

神田新八

出典:食べログ(上記3点)

お店一押しメニューは「あんこう鍋」。骨以外全て食べられるという新鮮なあんこうは、生肝から身まですべてを味わうことができます。自家製の味噌出汁がポイントとなるお店オリジナルのアンコウ鍋は、訪れたら欠かさず食べたくなる一品。

チェックでりかおんどる 新大久保本店

韓国料理のお店が多く連なる新大久保エリア。その新大久保駅から徒歩5分の立地に店を構えるのが、新大久保の中でも特に人気の高い韓国料理店になります。

でりかおんどる 新大久保本店

お店は広々とした空間が広がっており、1Fにはテーブル席と座敷の全50席が、2Fにはテーブル席50席がある全100席もある大箱店舗でありながらも連日高い人気を誇っている名店でもあります。

でりかおんどる 新大久保本店

お店で味わうことができるメニューには、今大人気のとろける濃厚なチーズたっぷりの「チーズタッカルビ」をはじめとして、肉の旨味を存分に味わうことができる「ハラミ丼」など肉料理を中心とした品々も多く楽しむことができます。

でりかおんどる 新大久保本店

出典:食べログ(上記3点)

中でも人気のメニューは「トッポギ鍋」。辛さ十分のスープの中にモチモチとした食感のトッポギや水水しい味わいの野菜、野菜たっぷりの春巻きなどを入れて大量の汗をかきながら食べる一度食べれば癖になること間違えなしの一品を楽しむことができます。

チェックチョンギワ 本館

赤坂見附駅から徒歩2分の立地、多くの韓国料理店が連なる中で特に人気を集めている観光料理の高級人気店がそこにはあります。

チョンギワ 本館

店内はシックな大人の雰囲気を漂わせており、そこにはテーブル席45席の広々とした空間が広がっております。お店の中は韓国料理のピリッとした辛みのある香りが食欲をそそってくれますね。

チョンギワ 本館

お店の中で味わうことができるメニューには肉たっぷりの優しい味わいが特徴的な「ハンゲタン」をはじめ、ピリッとした辛みのある「ビビンバ」に、ジューシーで肉肉しい味わいの「サムギョプサル」などが揃いますね。

チョンギワ 本館

出典:食べログ(上記3点)

中でも特に人気のメニューは「スンドゥブチゲ」。汗が出るほどの辛みのあるスープの中には、コクのある味わいと豆腐や野菜の旨味を楽しむことができる具材がいっぱい入っており食べ応えも十分な一品。

 

チェックぼたん

明治時代より続く「鳥すきやき」を専門に取り扱う老舗名店。そこは、今だにガスを使うことなく備長炭と鉄鍋で作り上げる料理を味わうことができる大人が集うお店。

ぼたん

戦争の影響を受けることなく残った昭和初期の建物の中では、鶏一羽の旨味を存分に堪能することができる料理を楽しめることから、美食家たちがこぞって訪れるなど、その人気は絶大なものとなります。

ぼたん

お店で味わうことができるメニューは鶏に纏わるメニューばかりで、親子丼や卵焼き、焼鳥など鶏料理のラインナップは幅広く揃っているのも特徴の一つ。

ぼたん

出典:食べログ(上記3点)

中でも人気は「鶏すきやき」。鶏一羽の部位を全て余すことなく食べることができるすき焼きで、鶏本来の旨味というものを全身で感じることができる極上の一品。うまいの一言以外出てこないほど。

チェック七宝 麻辣湯 赤坂店(チーバオ マーラータン)

七宝 麻辣湯 赤坂店 鍋

出典:http://tabelog.com/

ラーメン評論家「石神秀幸」さんが経営されていて赤坂見附駅から徒歩2、3分の場所にあります。店内だけでなく、テラス席もあるオシャレなお店です。

オススメは、「薬膳火鍋」です。ヘルシーなので女性に大人気です。中央に仕切りがある専用の鍋に、お好みで2種類のスープを選びます。中でも是非味わってもらいたいのは「酸菜湯(サンラータン)」です。このスープの特徴は、「酸菜」という漬物が具として入り、全くクセのない酸味と、漬物のシャキシャキとした食感が、とてもあいます。

この鍋に、豚肉・羊肉・野菜盛り合わせ・豆腐・春雨・鍋用点心を入れて食べます。片方の鍋には店名にもなっている「薬膳麻辣湯」を選んでほしいです。30種類以上の薬膳を使用し、自家製のラー油を合わせた辛味と旨味が一体となった鍋になっています。体がポカポカすること間違いありません。

〆は、乾麺か雑炊となっていますが、乾麺がオススメです。具材から旨味が出たスープで煮た乾麺に、卵を落としていただきます。最高ですよ。

店名:七宝 麻辣湯 赤坂店
電話番号:03-6435-5941
住所:東京都港区赤坂3-8-8 赤坂フローラルプラザビル 1F
東京メトロ 赤坂見附駅から徒歩3分
赤坂見附駅から114m
営業時間:[月~土、祝] 11:30~23:00/[日] 18:00~23:00
定休日:年中無休

チェック人形町今半 本店

人形町今半 本店 鍋

出典:http://tabelog.com/

創業明治28年の歴史を持つ、すき焼きで有名な人形町にあるお店です。ここでは、すべて仲居さんが調理をしてくれます。よって、一番おいしく食べられるタイミングで提供してくれるのが嬉しいですね。

お肉は柔らかく、割り下によく合います。それを卵に絡めて口に運べば、幸せな時間が訪れること間違いありません。〆は、残った溶き卵を卵かけご飯にしていただきます。ちなみに変わった食べ方としてはポン酢につけて食べるのも美味しいですよ。

店名:人形町今半 本店
電話番号:03-3666-7006
住所:東京都中央区日本橋人形町2-9-12
地下鉄人形町駅A1出口から 徒歩1分
人形町駅から117m
営業時間:ランチ 11:00~15:00/ディナー 17:00~22:00
定休日:無休

チェックぼたん

ぼたん 鍋

出典:http://tabelog.com/

神田で明治30年ごろから営業している「鳥すきやき」の老舗店です。「都選定歴史的建造物」に指定されている店構えは、入店するのに少し勇気がいるかもしれません(笑)。

店内は、料亭のような造りで、大広間に通されます。食事は、畳に座布団を敷いたところで食べるので太った方には少々、つらいかもしれませんが、我慢してください(笑)。

それだけ美味しいのです。鳥肉は多くの部位が出てくるので、食感や味を色々楽しむことができます。牛のすき焼きと違い、鳥肉なのであさっりと頂けます。〆は、ご飯を入れ、残った溶き卵を一緒に煮詰めて親子丼でいただきます。トロトロで美味しいです。

店名:ぼたん
電話番号:03-3251-0577
住所:東京都千代田区神田須田町1-15
営業時間:
[月~土] 11:30~21:00(最終入店20:00)
定休日:日・祝

チェック東京 鍋田雷 大井町店

田雷 大井町店 鍋

出典:http://tabelog.com/

大井町から徒歩1分ほどのところにあるもつ鍋が食べられるお店です。もつ鍋の種類は、白・黄金・赤の3種類あります。おすすめは、やっぱり白ですね。これにトッピングでコラーゲンボールを入れてもらえれば、さらに深い味わいになり、お肌がプルプルになります。女性も喜びますね。
もつは、脂がのり、柔らかくてとても美味しいです。ついつい追加注文してしまいます。〆はラーメンですね。細麺を使用しているのですぐに食べられます。逆に早く食べないとスープを吸ってしまうので注意してください。

店名:田雷 大井町店
電話番号:03-5783-6685
住所:東京都品川区東大井5-17-1 北橋ビル 1F
大井町駅から125m
営業時間:
[月~木]17:30~翌1:00/[金曜日]17:30~翌2:00/[土日祝]17:00~翌1:00
定休日:なし

チェック野趣家

表参道駅から徒歩2分の立地、そこは名だたる高級ホテルのデザインをしたデザイナーが手掛けたお洒落な空間を楽しむことができる日本料理店。

野趣家

お店で味わうことができる料理は、シンプルな調理で素材の良さを活かした料理で、丹波立杭焼の器に盛り付けて楽しむことができる目で楽しみ,舌で楽しむ品々と出会うことができます。

野趣家

お店で楽しむことができるお酒にも注目。和酒に洋酒、そしてワインまで幅広いお酒を取り揃えており、好みにマッチしたお酒が必ずと言って良いほど見つかるのも嬉しい限り。

野趣家

出典:食べログ(上記3点)

お店一押しメニューは「活け〆鱧のしゃぶしゃぶ鍋」。鱧をサッと出汁に通すことによって花が開いたかのような美しさと鱧の旨味を出汁のコクとともに楽しめる強情の一品でもあります。

さて、いかがでしたでしょうか?これからどんどん寒くなってくるのでポカポカするお鍋を食べて冬を乗り越えてください。