関東LOVERS

東京都内で美味しいお蕎麦を食べられるお店を厳選

2015年11月11日(水)/東京グルメ(ジャンル別)


蕎麦は、日本人が作り出した食材の中でも日本人の味覚・嗅覚を追求したものではないでしょうか?また「他の麺類よりも切れやすいことから、今年一年の災厄を断ち切る」いわゆる「年越し蕎麦」の風習からも分かるように縁起がいい食べ物でもあります。今回は、そんな東京都内で美味しいお蕎麦を食べられるお店を厳選して紹介したいと思います。

PR

チェック利久庵 日本橋店

利久庵 日本橋店 蕎麦

出典:http://tabelog.com

日本橋室町にある いかにも蕎麦屋という店構えをしているお店です。肝心のお蕎麦は白い更科そばで、ほんのりと甘みを感じます。名物の納豆そばは、納豆以外に かいわれや海苔、生卵などシンプルな具材を使用していますが、とても飽きのこないとてもおいしいお蕎麦です。

店名:利久庵 日本橋店
電話番号:03-3241-4006
住所:東京都中央区日本橋室町1-12-16
東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅(A1出口・A4出口)徒歩1分
JR総武本線 新日本橋駅 徒歩4分、東京メトロ東西線 日本橋駅 徒歩4分
JR中央線、東京メトロ銀座線 神田駅 徒歩10分
三越前駅から115m
営業時間:[月~金]11:00~20:30/[土]11:00~16:00
定休日:日曜日、祝日

チェック丹波屋

丹波屋 蕎麦

出典:http://tabelog.com/

サラリーマンの街・新橋のニュー新橋ビル1Fにある立ち食いそば屋です。このお店は、ものすごく狭いのですが、出勤時にお腹をすかせたサラリーマンが入れ替わり立ち替わり入ってきます。

そんな狭い店にも関わらず、ここの天ぷらは、店内で揚げています。天ぷらの品数も かなり多く、一つ一つの天ぷらは非常に大きく満足できます。

オススメは「春菊天そば」です。春菊の天ぷらは、サクサクなのは当たり前ですが、特有の苦味と旨味が、出汁の利いたあっさりしたお出汁とよく合います。また、そばのかえしで漬けた自家製青唐辛子を乗せると旨さが倍増します。トッピングでは「とろろ昆布」がオススメです。昆布から滲み出た旨みが、さらにそばを引き立ててくれます。

店名:丹波屋
電話番号:03-3508-9579
住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 1F
JR新橋駅 新橋駅烏森口から徒歩2分 ニュー新橋ビル1階
新橋駅から115m
営業時間:7:00~23:30
定休日:日曜・祝日

チェック小諸そば 新宿南口店

小諸そば

出典:http://tabelog.com/

チェーン店のお蕎麦屋ですが、侮ってはいけません。ここのお蕎麦は、コシがあり、香りもよいです。卓上に食べ放題のネギがあるのも嬉しいですね。あまり時間がないときは、お腹にサッと入れて満足できる立ち食い蕎麦が最高です。ちなみにここのダシの特徴として蕎麦は「関東風」。うどんは「関西風」となっています。

店名:小諸そば 新宿南口店
電話番号:03-5365-2088
住所:東京都渋谷区代々木2-11-20 新宿成和ビル 1F
都営地下鉄新宿線・大江戸線【新宿駅】徒歩2分
京王新線【新宿駅】徒歩2分
JR各線【新宿駅】南口/新南口 徒歩4分
新宿駅から368m
営業時間:[月~金]7:30~21:00/[土]7:30~19:00
定休日:日曜日、祝日

チェックおくとね

おくとね 蕎麦

出典:http://tabelog.com/

新橋にある立ち食い蕎麦屋です。ここのオススメは何と言っても舞茸天そばです。大きな舞茸天に、かなり変わっていますが、紅ショウガが乗っています。でもこれが、非常によく合います。はっきり言ってダシの味は立ち食い蕎麦の上を行っていますね。是非ご賞味ください。

店名:おくとね
電話番号:03-5568-3590
住所:東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 B1F
新橋駅から地下直通可能な新橋駅前ビル1号館の地下1階
新橋駅から129m
営業時間:
[月~金] 7:00~20:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日

チェックよもだそば

よもだそば

出典:http://tabelog.com

日本橋にある一風変わった立ち食い蕎麦屋です。何が変わっているかというと、通常の蕎麦だけでなく「きしめん」や、新潟の「へぎそば」も扱っているところです。都内で、そして立ち食い蕎麦で「へぎそば」は中々食べられないのではないでしょうか?

オススメは玉ねぎを丸ごと1個分使用した「特大かき揚げそば」です。見た目に食欲を掻き立てられます。玉ねぎの甘みが最高にダシにあいます。また、「チーズそば」といった創作蕎麦もあります。意外とチーズはそばとあいます。

店名:よもだそば
電話番号:03-3273-0505
住所:東京都中央区日本橋2-1-20 八重洲興業ビル1F
東京メトロ東西線、銀座線 日本橋駅 A3・A6出口より徒歩2分
JR東京駅 八重洲北口より徒歩8分
日本橋駅から216m
営業時間:[月~金] 7:00~22:00/[土、日、祝祭] 10:30~15:00
定休日:無休

チェックならや

ならや

出典:食べログ

池袋駅から徒歩7~8分程。大通から一本入った中池袋公園に面した建物の一階にあるお店です。カウンター含め26席ほどの店内はお昼時には人気の為、席待ちをしている人もいます。店内にはいつもテレビがついていて、暖かい接客をしてくださる昔ながらのお蕎麦屋さんという雰囲気でほっとします。平日夜は21時まで営業しているので、お酒を頂きながら蕎麦を楽しむこともできます。

麺はちょっと細めの平打ちです。オススメのカレー南蛮そばは、この麺によくからみ、かつ蕎麦の風味も生きていてとても美味しいです。スパイシーながらも「お蕎麦やさんのカレー」独特のだしの効いた濃厚なカレーですが、このお店の蕎麦とても良く合います。

最後にそばちょこでそば湯をいただけ、非常にサービスの良いお店です。うどんもとてもおいしいので、蕎麦好き・うどん好きどちらも大満足いただけるお店だと思います。

ならや
住所:東京都豊島区東池袋1-17-11 パークハイツ池袋 1F
電話番号:03-3984-6705
営業時間:[月~金]11:00~21:00/[日・祝]11:00~16:00

チェック鞍馬

鞍馬

出典:食べログ

西荻窪駅から徒歩数分のところにあるお店で、22席程のこじんまりとした店内で落ち着いてお蕎麦が頂けます。お店の真ん中に石臼があり、ああ、お蕎麦屋さんに来たなという気持ちになります。「自家製粉石挽十割手打蕎麦」とメニュー表にもあり、こだわりが感じられます。

蕎麦は十割蕎麦です。香りが強すぎずにそれでいて風味は損なわない。絶妙なバランスです。口当たりはするっとした細めの蕎麦。どんどん食べすすめられます。もし太めがお好きな場合は「甘皮そば」もあります。「田舎そば」として出しているお店もあるタイプのお蕎麦です。こちらも同様に十割そばですが、黒目の甘皮多め、少々ざらざらした印象のお蕎麦です。

おすすめは箱盛の蕎麦です。お弁当箱のような横長の箱で出てくる珍しいスタイルのお蕎麦です。暑い時期には「冷かけそば」もおすすめです。つゆは醤油の濃いめの東京の蕎麦らしい味わい。蕎麦湯で割って味わうにもぴったりです。是非最後まで味わって頂きたいです。

鞍馬(くらま)
住所:東京都杉並区西荻南3-10-1
電話番号:03-3333-6351
営業時間:[月~金] 11:30~16:00/[土・日・祝]11:30~17:00

チェック手打蕎麦むら岡

手打蕎麦むら

出典:食べログ

百草園の駅から徒歩10分程、雰囲気のある店構えのお店で,店内は16席程、時間によっては少々混み合うこともあります。夜の部は予約制となっているので、当日来店の場合はお昼が良いかと思います。

更級蕎麦と韃靼蕎麦があり、どちらもそれぞれおいしいです。韃靼蕎麦は少々苦味のある蕎麦ですが食べやすく仕上がっており美味しく頂けます。くるみ汁と併せていただくと、よく絡み合ってさらに美味しいです。茶色っぽい色の蕎麦でこしがある。食べごたえのある蕎麦です更級そばはくせは強くないあっさりとしたお蕎麦です。しかしその中に蕎麦の香りもちゃんと感じられ、こちらも美味しいです。

日によって変わる「変わりそば」もあり、更級蕎麦に季節の香りを練りこんだものとのこと。「二色そば」を選べば、せいろと変わりそば両方が味わえます。気になる方は試してみるのもおすすめです。

蕎麦以外のメニューも充実しており、天ぷらや手作りデザートまでどちらもおすすめです。

手打蕎麦むら岡
住所:東京都日野市百草515
電話番号:042-592-1257
営業時間:[木~月] 11:30~15:30/[夜の部] 予約制要~15:00

チェック布恒更科

布恒更科

出典:蕎啜反射

大森海岸駅、もしくは大森駅から徒歩10分程。店内は40席程あり、お座敷の席もあるのがうれしいゆったり落ち着いたお店です。老舗ですが入りづらいということはなく、安心して利用できます。お昼と夜の二部営業でランチでもディナーでも利用でき便利なのも良いところです。

「あら挽き」「生粉打ち」「更級」の三種類から選べ、それぞれ違った食感、味が楽しめます。太めの蕎麦が好みの方は「あら挽き」がおすすめです。うどんよりも太いような蕎麦で食べごたえ十分です。更級は白っぽくさらさらとしてかつ香りも豊かな蕎麦です。全体的に量が多いのでたくさん食べたい方も安心です。季節ごとの変わり蕎麦があり、冬に頂いたゆずの変わり蕎麦が香りさっぱりとしていて美味しかったです。

更級系ということで、つゆが濃いめで美味しいです。いわゆる黒っぽいつゆです。濃い味ですがまろやかで、蕎麦とよく合い味を引き立てます。

お酒を飲まれる方であれば、充実したメニューと美味しいお酒が楽しめます。天ぷらは丁度良い上がり具合で、ふわっと上品に仕上がっています。特にこのお店のサイドメニューでおすすめは「蕎麦味噌」です。他であまり頂いたことがないので珍しいなとも感じましたが、こちらがとてもおいしいです。蕎麦の食感がプチプチと心地よく、濃い味噌味がお酒とよく合います。

東京で関東の蕎麦を味わいたいなら一度は訪問したい、特別感のあるお蕎麦やさんです。

布恒更科 (ぬのつねさらしな)
住所:東京都品川区南大井3-18-8
電話番号:03-3761-7373
営業時間:[月~土]11:30~15:00、17:00~20:00[祝]11:30~15:00

チェックそばきり すずき

そばきり すずき

出典:ヒトサラ

西武池袋線保谷駅から徒歩10分、住宅街を歩いていくとお店があります。お店といっても外観は周りの一軒家と変わらない為、ぱっと見お蕎麦屋さんと気づけないかもしれません。落ち着いた店内は14席、ゆっくりと美味しいお蕎麦が味わえます。また、蕎麦売り切り次第閉店となりますので事前の予約がオススメです。

単品での注文も可能ですがコースメニューの「そば三昧」がおすすめです。小鉢2つ、そば豆腐、そばがき、蕎麦2種とたっぷりいただけます。この量とクオリティで1500円、帰りのお会計で思わず確認してしまうほどの満足感です。

セットで出てくるそばがきはあまりお蕎麦やさんで食べる機会がなかったですが、つゆの味付けと良く合う一品です。独特の食感がやみつきになります。そば豆腐も舌触りがよく、ほんのり甘く、こちらも食感がとても良いです。

蕎麦は十割蕎麦。細めながらしっかりこしのあるものでのどごしがとても良いです。せいろそばのそばつゆは少々濃いめ、薬味には大根おろしが添えられています。もう1つの蕎麦はトマトの冷がけそばです。トマトと蕎麦の組み合わせは珍しいですが、トマトの酸味が絶妙に蕎麦に合い、さっぱりしていて箸がすすみます。夏には特におすすめの一皿です。平打ち麺のトマトとチーズ汁がでていることもあるようですが、こちらも美味しいとのこと。

都会の喧騒から離れ、ゆっくり静かにお蕎麦を楽しむ。大人のランチにぴったりなお店です。

そばきり すずき (そばきり すゞ木)
住所:東京都練馬区南大泉4-43-32
電話番号:03-5387-2010
営業時間:11:30~14:00(L.O)

今回は前半かなり、立ち食いに偏ってしまいましたが、気軽に、手早く、そしてうまい。そんなお蕎麦屋さんにみなさんも行ってみてはいかがでしょうか?