関東LOVERS

茨城弁まとめ!茨城弁の特徴・代表的な方言を徹底理解

2019年05月12日(日)/茨城


筑波山や牛久大仏など、自然の中にある観光スポットが多い茨城県ですが、茨城県の方言とはいったいどんなものなのでしょうか。今回は、茨城県の方言について詳しくご紹介していきます。挨拶に使う方言や、ちょっと変わった方言など、茨城県で使われている方言を、分かりやすく解説!茨城県へお出かけの際にも、ぜひ参考にされてください!

Contents

茨城弁

茨城弁まとめ!茨城弁の特徴・代表的な方言を徹底理解

出典:ウィキペディア

茨城弁は、最近ドラマでも注目されるようになった方言。昔から聞く田舎風の言葉遣いが特徴で、かわいい雰囲気があると評判になっています。茨城弁とはいったいどのようなものなのでしょうか。

無アクセントの茨城弁

無アクセントの茨城弁

茨城弁は東関東の方言で、東北の方言に似た雰囲気があります。無アクセントの方言で、「橋」と「箸」も同じアクセントで話すのが特徴。イントネーションも抑揚が無く、喜怒哀楽が分かりにくいと言われています。

茨城弁の濁音と省略

茨城弁の濁音と省略

茨城弁では、か行とた行に濁音が入ります。同じ言葉の並びなのですが、濁音が入ることで方言の雰囲気が高まります。また、単語を省略することも多く、短い方言が多いことも特徴のひとつです。ここからは、実際に使われている茨城弁の例をご紹介。茨城弁の単語や応用など、わかりやすく解説しますので、参考にされてください。

一人称・呼び方

牛久大仏

出典:株式会社LIG

まずは一人称。茨城弁では、自分のことや相手の事をどのように呼んでいるのでしょうか。それぞれの呼び方をご紹介します。

おれげ

俺と言う意味。

おめー

お前・あなたと言う意味。

わだし

私と言う意味。ちょっと濁音が入ります。

わだしたぢ

私たちと言う意味。こちらも濁音が入ります。

語尾・語頭に付ける方言

牛久大仏8

出典:daibutu.net

茨城弁の語尾や語頭に付ける言葉をご紹介します。知られていない方言も多いので、使い方といっしょに見ていきましょう!

~だっぺ

~でしょうと言う意味。一番多く使われる方言で、茨城弁と言えばだっぺが有名です

いがっぺ

いいでしょうと言う意味。

いがっぺの使いかた

「これいがっぺ(これいいでしょう?)」など。

~すっぺ

~しようと言う意味。

~すっぺの使い方

「お茶でもすっぺ(お茶でもしよう)」など。お誘いするときに使用します。

あーいに

あんな風にと言う意味。

あーいにの使いかた

「あーいになっちゃいけない(あんな風になっちゃいけない)」など。

~さ

~に・~へと言う意味。

~さの使い方

「散歩さいくけ?(散歩でも行きますか)」など。

~なんしょ

~してくださいと言う意味。

~なんしょの使い方

「お上がりなんしょ(上がってください)」など。

挨拶

牛久大仏7

出典:スピリチュアルな習慣

茨城弁で挨拶をするとき、どのような方言をつかうのでしょうか。ここでは茨城弁で挨拶に使う方言をご紹介します!

こんにぢは

こんにちはと言う意味。おなじ言葉の並びですが、やはり濁音が入ります。

いいでんき

良い天気ですねと言う意味の挨拶。いい電気ではないです。

まだ会うべ

まだと使うとちょっと違う風に聞こえますが、また会おうと言う意味の挨拶。こちらも濁音入りまくりです。

さいな

さようなら言う意味の挨拶。さようならより短めになっています。省略する茨城弁の代表格。

心情・感情など(形容詞)

牛久大仏5

出典:ちくブロ

茨城県民は嬉しいときやつらいとき、どんな方言を使っているのでしょうか。ここでは感情を表す茨城弁をご紹介します!喜怒哀楽がわかりづらい茨城弁ですが、知っている方言は出てくるでしょうか。

ひゃっこい

冷たいと言う意味。これはとても有名な茨城弁です。

ひゃっこいの使い方

「この氷ひゃっこい(この氷冷たい!)」など。使いやすそうな方言です。

いまっど

もっとと言う意味。

いまっどの使いかた

「いまっどちょうだい(もっとちょうだい)」など。

しゃーんめえ

仕方ないと言う意味。

しゃーんめえの使い方

「こうなったらしゃーんめえ(こうなったら仕方がない)」など。

はらくち

お腹いっぱいと言う意味。

はらくちの使い方

「はらくちだあ(お腹いっぱいだ)」など。

やっこい

ひゃっこいに似てますが、やわらかいと言う意味。

やっこいの使い方

「このぬいぐるみふかふかでやっこい(このぬいぐるみふかふかで柔らかい)」など。

だいじ

大丈夫と言う意味。

だいじの使い方

「元気ないけどだいじ?(元気がないけど大丈夫?)」など。こちらの方言は良く使われています。

だいだ

だめだと言う意味。

だいだの使い方

「こりゃだいだっぺ(こりゃだめだ)」など。

ほげほげ

たっぷり、満足と言う意味。

ほげほげの使い方

「ほげほげ食べなさい(遠慮なく食べなさい)」や、「ほげほげだ(満足だ)」など。

わがる

分かると言う意味

わがるの使い方

「わがったけ?(わかったかい?)」、「わがんめ(わからないだろ?)」、「こりゃわがんねー(これは分からない)」など。

行動・動作(動詞)

牛久大仏4

出典:フォートラベル

次は茨城県民の行動に関する方言をご紹介します。他県民にはわからない方言も多いですが、面白い方言もあるので楽しんでいただけると思います。

あがす

説明すると言う意味。

あがすの使いかた

「あがすから聞いて(説明するから聞いて)」など。解き明かすから来ているのではないでしょうか。

いしゃる

どく。席を外すと言う意味。

いしゃるの使い方

「そごいしゃれ(そこをどいてください)」。「いしゃってやれ(どいてやれ)」など。

いっける

乗せると言う意味。

いっけるの使い方

「車にいっけどいてくれ(車に乗せておいてくれ)」など。

かだす

片付けると言う意味。

かだすの使い方

「ちらかってっからかだす(散らかっているから片付ける)」など。

くっちゃべる

しゃべると言う意味。こちらは方言でなくても一般に使ってる方も多いのでは?

くっちゃべるの使い方

「くっちゃべるな!(しゃべるな!)」など。

ひすばる

干からびると言う意味。

ひすばるの使い方

「ひすばった野菜(ひからびた野菜)」など。

びだまる

へたりこむ・動けなくなると言う意味。

びだまるの使い方

「今日は仕事で疲れてびだまったな。(今日は仕事で疲れてへとへとだ)」など。

ぶつ

まくと言う意味。

ぶつの使い方

「水をぶつ(水をまく)」など。

までる

片付けると言う意味。

までるの使い方

「までとくから(片付けとくから)」など。

よばる

呼ぶ・招待するの意味。

よばるの使い方

「結婚式によばれた(結婚式に招待された)」など。

わっかぐ

割ると言う意味。

わっかぐの使い方

「堅いからわっかぐ(堅いから割る)」など。

恋愛系方言

牛久大仏3

出典:Deskgram

行動や感情を表現する茨城弁をご紹介しましたが、恋愛系の方言もやっぱり知っておきたいものです。茨城県民は、告白のときや異性をデートに誘うとき、どんな方言を使うのでしょうか。茨城弁を覚えて、好きな茨城県民に使ってみましょう!

すぎだ!

「好きです」と言う意味のストレートな告白の方言。

うんと好きだっぺ

すぎだより熱い表現の「とても好きだよと」言う意味。とても可愛らしい告白の方言です!

好きになっちゃったぺよ

「好きになったんです!」と言う意味。学生時代にこの言葉で告白された方もいるのでは。

怒っているときやケンカに使う方言

牛久大仏2

出典:日産 – 日産自動車

茨城弁でケンカや争いをするときは、どんな方言を使うのでしょうか。ケンカや争いはしないに越したことはありませんが、茨城県のお友達人や恋人と、穏やかに生きるためにも知っておいて損はありません。ケンカや争いに関する方言を知っていれば、争いごとを止められるかもしれません!

いじやける!

「腹が立つ!」と言う意味。標準語で「むかつく!」みたいな雰囲気です。

いしゃらなにいってんだ!

「馬鹿が何を言ってるんだ!」と言う意味。非常に怒ってます。

このうすら馬鹿が!

「この大馬鹿者が!」と言う意味。目上の人が使う方言でしょうか。

びたつけてやる!

懲らしめてやると言う意味。

おめーぶくらすぞ!

「お前ぶん殴るぞ!」と言う意味。こう言われたら早く逃げなくては。

まだまだあるこんな方言!

牛久大仏9

出典:超高層マンション・超高層ビル

挨拶や告白で使う茨城弁をご紹介しましたが、茨城県民が普段なにげなく使っている単語などをご紹介します。何かの暗号かと思うほど不思議な単語がいっぱい!これを覚えたら、茨城県民ともっと仲良くなれるかも。

あおなじみ

青あざと言う意味。おさななじみみたいな仲間っぽい方言です。

あがっぺだ

へたくそと言う意味。

あがまっかん

赤色・真っ赤と言う意味。お土産の名前ににありそうな方言です。

あっぱとっぱ

あたふたする、あわてると言う意味。一度使ってみたい方言です。

お風呂と言う意味。めちゃくちゃ短い方言です。お風呂に入れは、いに入れ!

いき

駅と言う意味。駅とは一文字違いです。

かぎまーし

炊事と言う意味。かき回すイメージでしょうか。

ごしゃっぺ

デタラメと言う意味。こちらも有名な茨城弁です。

しみじみ

まじめにと言う意味。普通の言葉ではちょっと違う意味になってしまいます。

むぎもなく

とてつもなくと言う意味。

でれすけ

だらしがない・しまりがないと言う意味。こちらも茨城を代表する方言のひとつ。

たかっぽ

高いところと言う意味。これは可愛らしい方言です。

まえて

手前と言う意味。なんだか逆ですね。

よっぱら

さんざんと言う意味。酔っ払いの略ではありません・・・。

わーんか

少しと言う意味。

るすい

留守番の意味。

らいさま

雷様と言う意味。今はあまり使われないかもしれません。

まとめ

牛久大仏6

出典:フォートラベル

いかがでしたでしょうか。今回は茨城弁についてご紹介しました。茨城県には面白い方言や、ちょっと変わった方言がたくさんあります。「だっぺ」や「ひゃっこい」は、「でれすけ」などは、すぐにでも使えそうな方言ですね。茨城県のいろいろな方言を参考に、茨城県民との交流を深めてみてください!