関東LOVERS

代々木上原でおすすめの人気フレンチ10選

2018年11月07日(水)/代々木・初台


グルメタウン・ベットタウンとしても人気が右肩上がりしている「代々木上原」エリア。
歴史としては浅く、代々木上原駅も完成して半世紀余りでありながらも、渋谷への交通の便の良さなども踏まえ利用者は年々増えており人気を集めております。
また、近年では、グルメタウンとしての注目も高く、これまで恵比寿や都内の中心地エリアで腕を振るってきた巨匠たちが、こぞって代々木上原エリアにお店を移転したり、新しく新店舗をOPENしたりと名店が集う注目スポットともなっておりますね。
今回ご紹介するのは、そんな注目スポットで腕を振るうフレンチの名店10選となります。
繊細な料理の数々を美食形にお届けするシェフの料理はどれも美しいものばかり。
是非とも素敵なフレンチ店との出会いを楽しんでみてくださいね。

Sio

代々木上原を拠点に置き、レストランの新時代を切り開く鳥羽シェフにより食のブームメントを巻き起こす新進気鋭のフレンチレストラン。ただ、美味しいだけではない、シェフのイノベーティブな発想が料理に、そしてお皿にまで表現されている新しいステージの食事を楽しむことができます。

Sio

鳥羽シェフは、幼いころから“ものづくり”を好み、仕事に一度は作ものの、その後料理の世界に入り、見る見るうちに頭角を現して、数年前には、都内の名店でシェフを務めていたほどの経歴を持っております。

Sio

一皿一皿にマッチした少しずつのペアリングを楽しむこともでき、乾杯のシャンパーニュからはじまり食事の終わりを告げるデザートワインまで5杯もの組み合わせを楽しむことができます。ワインだけではなく日本酒など、フレンチの枠を超えた料理にマッチしたお酒をペアリングすることができます。

Sio

出典:食べログ(上記3点)

お店で味わうことができる料理は、厳選に厳選を繰り返した野菜に肉、魚など豊富な種類の食材を調理することで、少量ずつ多くの料理を楽しむことができます。また、「フォアグラ ルバーブ セロリ」のように、見た目からは想像がつかない料理もあり、一皿が終われば次に何が出てくるのかワクワクする体験もしていける料理の世界を楽しんでいけます。

ラ・ファソン 古賀

代々木上原は、ベットタウンとしても名高い人気を誇っており、そんな閑静な住宅地の中にひっそりと佇むのが、代々木上原を代表するフレンチレストランでもある古賀シェフが切り盛りするお店。

ラ・ファソン 古賀

お店のコンセプトは、「体に優しく、かつ記憶に残る美味しさを追求した料理」。そのため、フレンチのクラシカルさを残しつつも古賀シェフ自らが選んだ食材を使用しお客様の身体まで気遣った料理を楽しむことができます。

ラ・ファソン 古賀

素敵な古賀シェフがキリッと料理に向き合うタイミングで、オープンキッチンでは料理の音や香りを楽しむことができ、さらには、古賀シェフが優しい笑顔を見せる会話などシェフの表情までもお店の楽しみ方の一つ。

ラ・ファソン 古賀

出典:食べログ(上記3点)

お客様の身体を気遣う料理でありお店のスペシャリテでもある「ソースキュリー」は、さらっとしたソースに、和牛のすね肉や数種類の野菜、たっぷりのコラーゲンなどの旨味を堪能することができ、油を使用していないので、ご年配の方や女性でも安心して味わうことができます。

ル ボークープ

高級フレンチが多く立ち並ぶ中で、肩肘張ることなくカジュアルに寛ぎながらフレンチを楽しんでほしいという想いの下誕生したお店。

ル ボークープ

お店をきりもりする佐藤シェフは、都内の最高級名店フレンチの数々で修業を積んだ実力者で料理への情熱は人一倍。そんなシェフが作る料理は目でも舌でも、そしてオープンキッチンから伝わる音でも楽しむことができるなど五感を刺激するフレンチでもありますね。

ル ボークープ

店名の由来にもなっている「たくさん・多い」という名のもとに、お店の料理は好きなものをチョイスできるプリフィックススタイルを取りながらも、どの両輪もボリュームがある満足できる品々ばかり。

ル ボークープ

出典:食べログ(上記3点)

食材はシェフ自ら目利きしたものばかりで、中でも「フィレ肉」は北海道十勝の草原でのびのびと育った肉を使用しており、口の中でホロっとほどけるような柔らかさを体験することができる自慢の食材でもあります。

ナイン ストーリーズ

そこは駅から少し歩いた先の閑静な住宅地の中に突然現れる美食のフレンチを味わうことができるお店で、シェフはアジアベスト3に入選した都内の名店フレンチ店で修業を積んだ実力の持ち主。

ナイン ストーリーズ

土日になれば、代々木上原を訪れる方や地元民のために、カフェタイムもOPENしており、そこでは、イチゴやチェリーなどを使用した見た目から見事な「ミルフィーユ」を楽しむことができ、コーヒーや紅茶と合わせればホッとすること間違えなし。

ナイン ストーリーズ

夜になれば一気に雰囲気を変えて、食通な大人たちが集まる美食空間となります。シェフの料理は、どれも美食家たちの絶妙なポイントを刺激してくるような見事なものばかり。見た目も鮮やかでワクワクする料理を体験することができます。

ナイン ストーリーズ

出典:食べログ(上記3点)

秋口から旬を迎える「ジビエ料理」も得意としており、一皿で鴨肉の胸肉、キュイス、フォアグラなど数種類を楽しむことができ、そこに合わせるソースも風味が良いさっぱりとした味わい。食材とソースの相性を楽しめる一品でもありますね。

メゾン サンカントサンク

代々木上原駅から徒歩0分。そこは駅に隣接したエリア内でも一番近くにあるお店でもあります。駅チカということもあってか、連日多くの方で賑わいを見せており、日々満席が続くほどでもあります。

メゾン サンカントサンク

お店では、調理される季節の厳選した食材を使用し、無添加ゼロの全て手作りにこだわった料理ばかり。そのため、代々木上原を訪れる食通や地元マダムたちにも絶大な人気を集めております。

メゾン サンカントサンク

また、お店で味わう料理にマッチしたワインも楽しめます。ワインは全て自然派にこだわり抜いたものばかりで、無添加のワインは風味が良く、口にした際に広がっていく旨味が料理の良さを引き立ててくれますね。

メゾン サンカントサンク

出典:食べログ(上記3点)

無添加にこだわる料理では、ボリューム満点でお店自慢の「前菜の盛り合わせ」やまぐろの頬肉をシンプルにバターと蟹味噌、ナッツのソースとともにソテーした一品など安心した食材と見事な腕前の料理を体験することができます。

アトリエ フジタ

肉料理を得意とするフレンチ店が多い中、代々木上原エリアに誕生したのが瀬戸内海から産地直送で仕入れた新鮮な魚介類をふんだんに使用した魚をベースとしたフレンチを楽しめるお店。

アトリエ フジタ

お店は、ただカジュアルに気軽なフレンチを楽しむことができ、オープンキッチンではシェフと会話を楽しみながら食事をすることができるため、アットホームな雰囲気を楽しめます。気が付くと時間が過ぎているような居心地の良さも感じますね。

アトリエ フジタ

お店では、魚をベースとしたフレンチに合わせる白ワインだけではなく、シェフが厳選した日本酒も楽しむことができます。フレンチと日本酒の見事なまでのマッチを体験できるのもお店の特徴の一つと言えます。

アトリエ フジタ

出典:食べログ(上記3点)

料理は、どれも見事な盛り付けと魚介の良さを存分に楽しむことができ、中でも瀬戸内海を代表する「サワラ」は、ボリューム満点で白身の淡白さと甘みを感じる脂の旨味が絶品で、日本酒と合わせれば自然と笑みがこぼれてしまうほどでもあります。

サンフォコン

そこは代々木上原エリアに誕生した隠れ家の中の隠れ家的なフレンチの名店。わずか3坪しかない場所にキッチンとカウンター席が広がっており、その距離の近さはライブ感満点の空間でもあります。

サンフォコン

お店が得意とするのは秋口から旬を迎えてくるジビエ料理。ジビエ独特の臭みを感じることのないシェフの見事な下処理と調理を目の前でワクワクしながら目で楽しみ、耳で調理の音を楽しみ、そして鼻で香りを楽しむことができます。

サンフォコン

料理にマッチしたワインも見事。フランスの田舎を自ら足しげく通ったシェフが厳選に厳選を繰り返したサンセールのワインを体験することができますね。

サンフォコン

出典:食べログ(上記3点)

シェフのジビエ料理に、フランスで修業を積んだパティシエでもある奥様の「デセール」など、小さなフランス文化を代々木上原でひっそりと楽しめる場所でもあります。

Grill Bistro enu by NODE UEHARA

チャコールグリルをご存知ですか?チャコールグリルとは、七厘焼きを指してます。代々木上原エリアに誕生した珍しいジャンルのビストロフレンチを味わうことができるお店。

Grill Bistro enu by NODE UEHARA

単なるチャコールグリルではなく、「みやじ豚」や「やまゆり牛」など肉料理でも数多くの種類の肉を味わうことができるのもお店の特徴の一つでもありますね。

Grill Bistro enu by NODE UEHARA

駅から徒歩0分の駅に最も近い場所にお店を構えており、店内ではオープンキッチンでライブ感溢れる臨場感を体験できるのも面白い。落ち着いた空間もライブ感を高めてくれ食事をするだけではなく、「楽しむ」を体験できるお店でもあります。

Grill Bistro enu by NODE UEHARA

出典:食べログ(上記3点)

お店で味わうことができるメニューには、ビストロフレンチということだけあって、繊細な技法を使いながらも、ビストロの豪快なボリュームの要因も楽しむことができるのがうれしい限りですね。

36.5℃ kitchen

有名グルメガイドブックであるミシュランにも掲載された店舗で修業を積んだシェフがOPENした人気のお店。料理学校の講師まで経験したほど、技術だけではなく知識も豊富な料理を体験できますね。

36.5℃ kitchen

シェフが北海道出身ということもあり、北海道の厳選された食材や契約農家の野菜などをふんだんに使用した北海道の後代の土地で育った肉や野菜は旨味たっぷりの味わいをリーズナブルな価格で堪能することができます。

36.5℃ kitchen

店内は、カジュアルな雰囲気のテーブル席とカウンター席の16席の広さで、ただ食事をするだけではなく、代々木上原エリアに住むママさん会や若者がパーティーで使用したりと年齢層に関係なく使えることができるのがうれしい。

36.5℃ kitchen

出典:食べログ(上記3点)

36.5度は微熱を表しており、少し熱いぐらいの熱量をもった料理を楽しめます。中でも北海道の肉や野菜をふんだんに使用した「カレー」はフレンチとしては珍しいメニューでありながらも、繊細さを感じることができる料理を楽しめますね。

emuN

恵比寿で長年多くの方に愛され続けていたフレンチの名店。2017年に代々木上原エリアに移転をしてきて、既に強い人気を集めているお店でもあります。

emuN

お店をきりもりする笹嶋シェフのフレンチは、シンプルに素材の良さを生かした料理。「料理とは我が人生そのものである」を掲げるシェフの料理は、素材への知識から始まり培った技術が盛り込まれております。

emuN

恵比寿にお店を構えていたころとは違い、代々木上原エリアに移転して少しカジュアルになったことからも、より多くの人が親しみやすくなりましたね。

emuN

出典:食べログ(上記3点)

お店のスペシャリテは「マグレカナール・フォアグラ・キャベツ」。肉料理でありながらも、フォアグラやキャベツなどバリエーション豊かな食材の組み合わせがあっての一品で、フレンチのクラシカルなロジカルを感じる一品でもあります。

美しいフレンチの数々に魅了されましたか?
繊細なフレンチも作るシェフによって、気を使う部分が違うので表現方法が変わるのも面白い限りですね。
ただ、どのフレンチにも共通して言えることは2つ。
1つ目は、食材に対して真摯に向き合い食材の良さを最大限に引き出している点。
2つ目は、お客様を喜ばせよう、幸せにしようというシェフの熱い想いが一皿一皿の料理に表現されている点。
この2つを楽しむことができるのが代々木上原エリアのフレンチでもあります。
是非とも、自身のお気に入りのフレンチ店との新たな出会いを楽しみに訪れてみてくださいね。