関東LOVERS

歴史あるタレとふわふわ食感が特徴的な都内ウナギの名店10選

2018年10月17日(水)/東京グルメ(ジャンル別)


日本を代表する食材である「鰻」の歴史は古く、遡ること5,000年前。縄文時代から食され始めており、1399年に串を刺して焼き上げ始めたことから「かば焼き」が始まったとされております。

その後、関東と関西で鰻の調理方法は分かれていき、関東では背中から開き一度蒸してから焼き上げるという技法を、関西では腹から開いてそのまま焼き上げるという技法が取られております。鰻は日本全国で親まれ始め、1960年には馴染みのある「鰻重」が誕生したと言われておりますね。

今回ご紹介するのは、そんな鰻を贅沢に使用した鰻の名店10選となります。お店それぞれのこだわりや受け継いできた歴史ある技法によって鰻の変化ある味わいを楽しんでもいけますね。

かぶと

池袋駅から徒歩6分の立地、予約は1年待ちとも言われているほどの日本を代表する鰻の名店がそこにはあります。連日絶品の鰻を求めて賑わいを見せておりますね。

かぶと

店内は、カウンターが8席 小上がりが3席、テーブル席が4席の計15席で構成されており、こぢんまりとした空間では、鰻を焼き上げる香りと音を静かに楽しむことができる特等席が並んでおります。

かぶと

お店で味わうことができる鰻は、天然と養殖の食べ比べをすることができたり、秘伝のタレを使用した「かば焼き」や、シンプルに鰻を味わう「白焼き」などを堪能することができる一品が揃っております。

かぶと

出典:食べログ(上記3点)

中でも特に人気の鰻メニューは「うな丼」。ふっくらとした鰻の見た目とフワフワとした食感、そこに自家製のタレの深みを感じることができる極上のウナギの味わいを堪能することができますね。

うなぎ 魚政

四ツ木駅から徒歩1分の好立地に店を構える、ゆったりとした時間が流れる街の中でひときわ人気を集めている鰻の名店がそこにはあります。

うなぎ 魚政

店内は、テーブル席を中心とした全40席で構成されており、広々とした空間の中では、鰻の豊潤な香りが立ち込めており食欲をそそりますね。

うなぎ 魚政

お店で味わうことができる鰻メニューには、ふっくらとした白身の旨味を堪能することができる「天然うなぎの志ら焼」やパリパリとした食感が癖になる「骨せんべい」などを楽しむことができます。

うなぎ 魚政

出典:食べログ(上記3点)

中でも特に人気のメニューは「うな重」。時間をかけてふっくらと焼き上げた鰻の食感と秘伝の自家製のタレとの相性を味わうことができ、一口口にすれば自然と笑みがこぼれるほど。

石ばし

江戸川橋駅から徒歩6分の立地、駅から少し歩いた先に鰻の芳しい香りを感じながら近づいていくと、そこには鰻の名店があります。列を作ることもあるほどの人気店でもありますね。

石ばし

1910年にOPENしてから創業100年の歴史を誇る店内は、和をモチーフにした雰囲気を感じながら鰻を楽しむことができるテーブル席中心の計40席で構成されている広々とした空間となりますね。

石ばし

お店で味わうことができる鰻は天然物の最高級の一品。中でも「白焼き」はふわっとした優しい食感を感じながらも、鰻本来のシンプルな味わいを堪能することができる贅沢な一品でもあります。

石ばし

出典:食べログ(上記3点)

お店で人気の鰻メニューは「うな重」。見事なまでの美しい鰻の見た目を味わうことができ、鰻の食感とご飯との相性を楽しむことができ、黙々と食べ進めてしまうほどの味わいを堪能することができますね。

山の茶屋

国会議事堂前駅から徒歩3分の立地、そこは鰻業界の中でも料亭クラスの佇まいのお店で鰻を味わうことができるお店でもあります。

山の茶屋

店内は、洗礼された料亭のように個室を中心とした全40席で構成されており、そこは接待や会食での利用を中心として人気を集めてもおり、日々著名人や食通に愛され続けられております。

山の茶屋

お店で味わうことができる鰻は、ほろ苦い味わいが特徴的な「肝串」やパリパリとした食感が特徴的な「骨せんべい」など日本酒などお酒にマッチする品々が揃います。

山の茶屋

出典:食べログ(上記3点)

お店で人気の鰻メニューは「かば焼き」。ご飯などはなく自家製のタレに漬け込みながら、じっくりと時間をかけながら味わうことができる鰻の味わいを堪能することができることもあり、常連を中心に人気を集めているお店でもありますね。

五代目 野田岩 麻布飯倉本店

赤羽橋駅より徒歩5分の立地、そこは東京タワーのふもとにお店を構えている鰻の名店となりますね。常連を中心に人気を集めております。

五代目 野田岩 麻布飯倉本店

店内は、広々とした空間が広がっており、16席のカウンター席と59席の座敷で構成されている全75席ものゆったりとした時間と空間が広がっておりますね。

五代目 野田岩 麻布飯倉本店

お店で味わうことができる鰻料理には、玉子のさっぱりとした味わいと鰻のふっくらとした食感が特徴的な「うまき」などがあります。

五代目 野田岩 麻布飯倉本店

出典:食べログ(上記3点)

中でも特に人気のメニューは「うな重」。食べやすい大きさにカットされた鰻のふわふわとした食感とタレの深みのある味わいをご飯とともに味わうことができる絶品の一品で、訪れた方の大半が注文するほど。

初小川

浅草駅から徒歩5分の立地、1907年から歴史ある浅草エリアで100年以上もの間、多くの食通の舌をうならせ続けてきている鰻の名店がそこにはあります。

初小川

店内は、テーブル席が6席、小上がりが4席、座敷が4席の全14席のみのこぢんまりとした空間が広がっておりながらも、活気のある賑わいを見せておりますね。

初小川

お店で味わうことができる鰻は、ほろ苦さと、噛めば噛むほど出てくる肝の味わいを堪能することができる「肝串」など楽しむことができ、くちどけ優しい日本酒との相性も抜群ではあります。

初小川

出典:食べログ(上記3点)

中でも特に人気のメニューは「うな重」。とろっとしたタレの深いコクと甘みを楽しむことができ、ふわっとした食感の鰻との相性も抜群の一品でもあります。お店に訪れたら必ずと言っていいほど注文される一品でもあります。

はし本

江戸川橋駅から徒歩4分の立地、そこは都内でも古き歴史を持つ1835年創業の150年以上もの間、江戸川橋エリアで人気を集めている鰻の名店になります。孫の代まで常連を作り続けており、数多くの方々に注目を集めているお店でもありますね。

はし本

現在は6代目の大将が、代々引き継いできている割きや串打ちにはじまり、備長炭による焼きの技法を使ってお店の鰻料理を守り続けております。店内は、テーブル席を中心とした全20席で構成されているお店であり、こぢんまりとした空間はどこか懐かしさを感じることができるお店でもあります。

はし本

お店で味わうことができる鰻は、「鰻短串」などといった、シンプルに鰻の味わいを楽しんでもらうために串に刺してじっくりと焼き上げた一品を堪能することができますね。

はし本

出典:食べログ(上記3点)

中でも特に人気のメニューは「特上うな重」。通常の鰻よりもふっくらとした鰻の食感と自家製の秘伝のタレの味わいを堪能することができる一品で、一度食せば癖になるほどの旨味を堪能することができます。

つきじ宮川本廛

築地駅から徒歩5分の立地、1893年から100年以上もの間、築地を訪れる常連客や業者、さらにはインバウンドのお客様まで幅広い層の舌を満足にしてきた鰻の名店。

つきじ宮川本廛

店内は、木をモチーフにしている和の雰囲気を感じることができるテーブル席を中心とした空間が広がっておりますね。

つきじ宮川本廛

お店で味わうことができる鰻は、鰻を一度蒸しあげてから焼き上げる関東風の技法を使用したふっくらとした身と鰻の旨味をダイレクトに楽しむことができる「白焼き」を堪能することができます。

つきじ宮川本廛

出典:食べログ(上記3点)

中でも特に人気のメニューは「うな重」。関東風の蒸しあげてから焼き上げることによって、ふっくらとした身に仕上がり、外のパリッとした食感との相性を楽しむことができる一品でもあります。

日本橋いづもや

三越前駅から徒歩3分の立地、そこは階段を上り下りする際にギシギシと音を立てるほどの歴史を感じさせる木造建築の一軒家の雰囲気を楽しむことができる鰻の名店。

日本橋いづもや

1946年創業の半世紀以上もの間、多くの鰻好きの舌をうならせてきたお店で、テーブル席を中心とした全90席もある空間が広がっております。

日本橋いづもや

お店で味わうことができる鰻は、かば焼きの語源にもなったとされている「蒲の穂焼き」などがあります。串に刺した鰻はふっくらとしており、鰻の味わいをダイレクトに楽しむことができます。

日本橋いづもや

出典:食べログ(上記3点)

人気を集めているメニューは「いづも焼き」。世界で初めて鰻100%で作った魚醤を使用した一品で、鰻の優しい食感と鰻のエキスが効いている魚醤の旨味を堪能することができる一品です。

恵比寿 鰻 松川

恵比寿駅から徒歩7分の立地、駅から少し歩いた先にあるのが恵比寿エリアで人気の鰻の名店になります。

恵比寿 鰻 松川

店内は、カウンター席が9席、テーブル席が8席の全17席のこぢんまりとした空間が広がっておりますね。

恵比寿 鰻 松川

お店で味わうことができる鰻は、肝のほんのりとしたほろ苦さを味わうことができる「肝串」をはじめ、鰻の味わいをシンプルに味わう「白焼き」なども揃います。

恵比寿 鰻 松川

出典:食べログ(上記3点)

中でも人気のメニューは「うな重」。鰻料理の代名詞とも言われる一品でありながらも、タレの旨味と鰻の食感との相性を楽しむことができます。

いかがでしたでしょうか?

「鰻」一つを取ってもお店によって違う味わいを楽しめることも鰻を味わう上での醍醐味とされております。

自身にマッチした鰻の食感・タレの旨味を探し追い求めてみるのも鰻を知る一つのきっかけになっていきますね。