関東LOVERS

憧れの席!カウンター席で食べる回らないお鮨10選

2018年10月13日(土)/東京グルメ(ジャンル別)


それは、大人の食事を楽しむ憧れと期待がこもっている一席。家族と回転寿司に行くことはあるが、なかなか回らないお鮨となると…テーブル席などでカジュアルに食べることはあるが、しっかりとした空間で美しいカウンター席でとなると経験が少ない方も多いのではないでしょうか。

見事なまでの芸術的な握りを洗礼されたカウンター席で楽しむ極上のひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。今回は都内を代表するカウンター鮨店10選をご紹介していきます。

チェック鮨 あらい

銀座駅から徒歩5分の立地、日本を代表する鮨の名店があります。OPENしてわずか3年ほどで、トップクラスの鮨店に上り詰めた拝見には、名店での長年の修行の結果がありますね。

鮨 あらい

カウンター席7席をメインに、個室7席の計14席で構成されているお店で、プライベート空間で鮨を楽しむ個室もあるものの、特等席は大将の目の前で寿司を握るシーンと会話を楽しむことができるカウンター席

鮨 あらい

お店で味わうことができる握りには、プリプリとした食感が特徴的な海老などがあります。見た目の美しさと赤酢で作り上げるシャリとの相性を楽しむことができますね。

鮨 あらい

出典:食べログ(上記3点)

お店一押しのメニューは「中トロ」。見事なまでのサシが入っている中トロは口の中でとろけるほどのおいしさを楽しむことができ、癖になること間違えなしの一品でもあります。見た目の美しさから楽しむことができますね。

チェックすし 喜邑

二子玉川駅より徒歩7分、駅より少し歩いた先にあるのが鮨業界に衝撃を走らせた鮨の熟成を始めたとされる熟成鮨を味わうことができる名店。

すし 喜邑

店内はピリッとした空気感がありながらも、話しやすい大将との会話を楽しみながら握りを味わうことができる9席のカウンター席が広がっております。

すし 喜邑

お店で味わうことができる握りは熟成ネタの握り。ネタを熟成させたことによってネタ本来の旨味を最大限に引き出しており、これまで食べた同じネタとは印象が1段階も2段階も変わって、新しい世界を楽しむことができますね。

すし 喜邑

出典:食べログ(上記3点)

中でも特にオススメの熟成鮨は「熟成カツオの握り」。見事なまでに熟成したカツオは見ための美しさから楽しむことができ、大将から入る熟成の話とともに絶品の熟成カツオを味わうことができます。

チェック鮨 なんば

日比谷駅から徒歩2分の立地、新しくできた東京の名所スポットである東京ミッドタウン日比谷の3Fに新しくOPENした鮨の名店の一つ。

鮨 なんば

店内はOPEN仕立てということもあり、とてもきれいで洗礼されているわずか8席のカウンター席が広がっております。大人の雰囲気を感じることができる貴重な8席でもありますね。

鮨 なんば

お店で味わうことができる握りは、シャリとネタ、それぞれの温度を大切にしたこだわりを追求している握りでもあります。見た目の美しさも楽しめることでしょう。

鮨 なんば

出典:食べログ(上記3点)

中でも特にオススメなのが「穴子の握り」。ふっくらとした穴子は口の中でフワフワとした食感と穴子の甘みのある味わいを自家製のタレと温度を大切にしたシャリとの相性を楽しむことができる貴重な一品でもありますね。

チェックはっこく

銀座駅から徒歩3分の立地、新しくOPENした銀座の鮨屋を既に代表するほどの名店になっているお店。内幸町にある鮨とかみを立ち上げた鮨業界のレジェンドが新しく作り上げたお店でもあります。

はっこく

店内は、広々とした空間が広がっており、プライベート空間を楽しむことができる3部屋の個室と、大将の目の前で見事なまでの握りを目の当たりにできる6席のカウンター席が広がっております。

はっこく

お店で味わうことができる握りは30貫のおまかせ握り。どれも真摯なまでの想いを込めて握られており、どのネタも美しさと細部にまでに至るこだわりを楽しむことができる至極のひと時を楽しめる握りの時間。

はっこく

出典:食べログ(上記3点)

お店を代表するのは「突先」。お店の味を理解できる一品でもあり、赤酢の効いたシャリとマグロの旨味をシンプルに味わうことができます。この一品の満足感が高く、これから続く鮨の世界への期待が膨らみ続けていきますね。

チェック匠 進吾

青山一丁目駅から徒歩2分の立地、駅の近くにある表参道エリアのマダム層にも大人気の鮨屋がありますね。

匠 進吾

店内は、一歩お店に入ればその洗礼された空間と雰囲気に期待が膨らみます。

店内はわずか8席のカウンター席でありながらも、その美しいカウンター席はワクワクする気持ちを高めてもくれますね。

匠 進吾

お店で味わうことができる握りのシャリは赤酢を使用しており、見事なまでの酢とシャリとの相性を楽しむことができ、ネタの美しさも目で楽しむことができます。

匠 進吾

出典:食べログ(上記3点)

お店で味わうことができる握りで人気なメニューは「大トロの握り」。美しく見事なまでのピンク色をした色合いと綺麗なサシの入った大トロは、口にした瞬間にとろけるような味わいをたっぷりと味わうことができます。

チェック鮨 いまむら

白金高輪駅から徒歩10分の立地に店を構える白金のマダムや富裕層を中心に人気を集めている注目を集めている鮨店があります。

鮨 いまむら

店内は洗礼された空間が広がっており、落ち着きのある雰囲気とゆったりとした空間が広がっているわずか9席のカウンター席が並びます。カウンター席では大将との会話を楽しむこともできる特等席でもありますね。

鮨 いまむら

お店で味わうことができる握りには、美しい包丁さばきで下処理された小鯛の見た目を楽しみながらシャリとの相性を楽しんでいける「小鯛の昆布締め」や、ノドグロの旨味を楽しめる「ノドグロの酒蒸し」などがあります。

鮨 いまむら

出典:食べログ(上記3点)

お店一押しの握りは「鮪の巻き寿司」。マグロのトロっとした旨味とシャリの相性を楽しむことができ、一口口にすれば、目を閉じて自然と笑みになってしまうほどの味わいを堪能することができますね。

チェック鮨 はしもと

新富町駅から徒歩3分の立地、OPENしてわずか4年ほどで都内を代表する鮨の名店にまでのし上がった注目を集めているお店の一つでもあります。

鮨 はしもと

日本橋の名店で修業し、ネタにあわせて絶妙な加減で〆や熟成、燻すなど臨機応変に対応しながら鮨を味わうことができるお店でもあり、ネタの良さを最大限に引き出しているため、その旨味は絶品そのものといえますね。

鮨 はしもと

店内は、美しいまでの木を基調としたわずか8席のカウンター席が広がっており、そこは落ち着きと大人の雰囲気を楽しむこともできます。

鮨 はしもと

出典:食べログ(上記3点)

中でもおすすめの握りは「秋刀魚の握り」。秋の季節にしか味わうことができない貴重な握りの一つでもあり、秋刀魚の良さを最大限に活かした包丁の切り込みが見事で目でも楽しめるほどの握りでもありますね。

チェック銀座 鮨 かねさか 本店

銀座駅から徒歩5分の立地、鮨業界を代表する名店中の名店とも言われているお店があります。そこは最高の職人が最高の食材でおもてなしをする江戸前寿司の老舗。

銀座 鮨 かねさか 本店

店内は、洗礼された空間が広がっており、カウンター席を中心としてテーブル席を含んでいる全16席の空間が広がっております。そこは大人が至極の時間を過ごすための場所でもありますね。

銀座 鮨 かねさか 本店

お店で味わうことができる握りは、鯛の昆布〆やシマアジ、赤身などといった豊富な種類なネタを楽しむことができ、どれもネタとシャリの美味さを存分に味わうことができます。

銀座 鮨 かねさか 本店

出典:食べログ(上記3点)

中でもオススメなのが「毛ガニ」。新鮮な毛ガニの甘さと噛めば噛むほど出てくる毛ガニの味わいを味わうことができ、口の中に広がる毛ガニの美味さは絶品そのものと言えますね。

チェック鮨 竜介

銀座駅から徒歩9分の立地、ネタにマッチした独創的な技法を取り入れた大将のネタの旨味を最大限に引き立てる鮨の名店があります。

鮨 竜介

店内は静けさを感じながら洗礼された特別な装飾をしていないわずか7席のカウンター席の空間が広がっており、そこはゆったりとした時間を過ごすことができます。

鮨 竜介

お店で味わうことができる握りは、新鮮なウニを握りで味わうことができ、さらには、プリプリとした食感と甘みのある味わいが特徴的な海老なども堪能することができるなど、その握りはどれも絶品そのもの。

鮨 竜介

出典:食べログ(上記3点)

中でもオススメなメニューは「赤身の握り」。赤酢を使用したシャリと見事なまでの美しい味わいの赤身との相性を堪能することができますね。口にした食感に幸せを感じるほど。

チェック鮓 ふじなが

麻布十番駅から徒歩4分の立地、富裕層が集まるエリア麻布十番の地元民や常連客を中心に絶大な人気を集めている鮨の名店になります。

鮓 ふじなが

店内は、洗礼され見事なまでの手入れがされている10席の美しいカウンター席が広がります。

鮓 ふじなが

お店で味わうことができる握りは見事なまでの包丁の切り込みが入っており、イカやぼたん海老、さよりまでどれも見た目の美しさと深い味わいを楽しむことができますね。

鮓 ふじなが

出典:食べログ(上記3点)

中でもオススメの握りは「熟成マグロ」。見事なまでの熟成がされたマグロはトロ顔負けの味わいとシャリとの相性を味わうことができる一品で、そのおいしさは絶品の一言に尽きますね。


 

憧れのカウンター席。そこに座ることも一つのステータスになり、ピリッとした緊張感の中、目の前に出される握りには感動を覚えることでしょう。目の前で鮨を握る匠の技術を目の当たりにしながら、大将との会話を楽しむ時間を過ごせるのもカウンター席の醍醐味と言えることでしょう。

カウンター席の中でも雰囲気は様々。自身にマッチした雰囲気のカウンター席を巡ってみるのも楽しみ方の一つと言えますね。