関東LOVERS

四谷三丁目のディープエリア荒木町グルメ10選

2018年10月08日(月)/新宿


歴史の古い荒木町エリア。明治時代にはお屋敷があったなど都内でも人気のエリアであった。今でも古き良き雰囲気を残しており、滝が流れる池や木々に囲まれており、多くの人気店や高級店が隠れているディープなエリアでもあります。一人でぶらり、大切な方とのデート、仕事での接待や会食など利用シーンに合わせて楽しむことができるお店が連なります。

今回ご紹介するのは、そんな荒木町エリアでディープなお店10選をご紹介していきます。

和食 こんどう

四谷三丁目駅から徒歩5分の立地、荒木町の中でも中心地にお店を構えており、荒木町を代表する日本料理の名店の一つ。食材の良さをダイレクトに感じることができるお店でもあります。

和食 こんどう

店内はテーブル席とカウンター席の全15席のこじんまりとした空間であり、シンプルな造りであることから静かな時間をゆったりと過ごすことができるお店でもありますね。

和食 こんどう

常に食材のことを考え続ける近藤大将は、四季の食材を選りすぐり、食材にあった調理法で焼き、揚げ、生でなどバリエーション豊かな楽しみ方を体験することができます。通えば通うほど食材の深さを感じることができますね。

和食 こんどう

出典:食べログ(上記3点)

お店一押しのメニューは「牡蠣酒蒸し、長芋に土佐酢のジュレ」。牡蠣を酒で蒸すことによってふっくらとした状態にし、長いものとろみと酢の酸味をジュレで味わうことができる一品。牡蠣のクリーミーな味わいとジュレとの相性は口の中でさっぱりとした旨味に変化していきます。

うぶか

四谷三丁目駅から徒歩5分の立地、荒木町の中でも入口に近い場所に店を構え、多くの食通や富裕層の舌を唸らせてきた「蟹」の専門店。都内でも珍しく蟹をふんだんに使用した日本料理を味わうことができます。

うぶか

店内は和食店とは思えぬ洗礼された、まるでフレンチ店かのような雰囲気のお店で、14席のこじんまりとした空間では、ゆったりとした時間を過ごすことができますね。

うぶか

お店で味わうことができるメニューには、蟹以外にもシンプルでさっぱりとした味わいの季節の汁ものや、厳選に厳選を繰り返した鮮魚のお造りなど日本料理らしいメニューも豊富に味わうことができます。

うぶか

出典:食べログ(上記3点)

お店一押しのメニューは「蟹ご飯」。ふっくらと炊き上げたご飯は美しく米が立っており、噛めば噛むほど甘みを感じることができます。そこに贅沢なまでの蟹をトッピングしており蟹の旨味と米の甘みを満足ゆくまで堪能することができる一品。食べれば自然とお店のファンになってしまうほどでもありますね。

季旬 鈴なり

四谷三丁目駅から徒歩3分の立地、荒木町の中でも中心エリアに位置した場所に店を噛ませる日本料理を楽しむことができる隠れ家的なお店があります。古き良き雰囲気も味わうことができることから昔からの常連客も多く訪れていますね。

季旬 鈴なり

店内はテーブル席とカウンター席の全19席で構成されており、木のぬくもりとどこか懐かしい雰囲気を感じることができる空間作りがされております。ゆったりとした時間が流れる中で食事を楽しむことができます。

季旬 鈴なり

お店で味わうことができる日本料理の特徴は素材をシンプルに活かすという点。

魚であればシンプルに生で食したり焼いたりするなど食材が一番おいしく食べることができる状態で味わうことができますね。

季旬 鈴なり

出典:食べログ(上記3点)

お店一押しのメニューは「海老天バラとカリカリ梅の土鍋ご飯」。海老天のプリッとした食感と梅の酸味のある味わいを土鍋で味わうことができます。ふっくらとした白米との相性もたまらない一品ですね。

鮨 てる

四谷三丁目駅から徒歩5分の立地、荒木町に隠れる鮨の名店。荒木町にOPENしてもうすぐ10年。日々進化をし続ける中で荒木町を代表する鮨店に発展しております。

鮨 てる

店内は木を基調としたカウンターが8席のこじんまりとした空間。鮨屋らしく大将が目の前で寿司を握り会話を楽しみ、ゆったりとした時間があっという間に終わるかのように時間が過ぎていくほど楽しく幸せな時を過ごしていけますね。

鮨 てる

お店で味わうことができるメニューは鮮魚を使用した一品料理から始まります。口の中に広がる鮮魚のおいしさは、後半始まる握りへの期待を高めてくれるほどおいしい味わいを楽しんでいけますね。

鮨 てる

出典:食べログ(上記3点)

お店で味わうことができるのは、「昆布〆の鱚」。鱚のさっぱりとした味わいを昆布〆することによって身が引き締まり旨味を凝縮してくれます。さっぱりとしたシャリの食感と鱚の味わいの相性を楽しむことができ、口にした瞬間にそっと目を閉じて旨味を噛みしめるほどの幸せな時間を過ごしていけますね。是非一度荒木町に寄った際には訪れてみてくださいね。

多仁本

四谷三丁目駅から徒歩3分の立地、荒木町の入り口付近に店を構え、日本料理とワインなどのお酒のマリアージュを堪能することができる貴重なお店。まだOPENして数年でありながらも、既に荒木町を代表する名店に成長していますね。

多仁本

店内は高級鮨屋のような木を基調とした9席のカウンター席のみ。落ち着きのある空間と本物を知る大人たちがこぞって集うお店で、お店では店主の料理の味と雰囲気を楽しんでいる大人たちで満席になるほどの人気を集めています。

多仁本

お店では四季によって変わる季節の食材をメインとした日本料理の数々を存分に堪能することができ、豊富な取り揃えがされているブルゴーニュ地方のワインとともに料理を味わうことができます。

多仁本

出典:食べログ(上記3点)

お店一押しのメニューは「北海道産黒毛和牛と京都大原のタケノコ」。黒毛和牛の肉肉しいしっかりとした味わいとタケノコのコリコリとした食感の相性を自家製の出汁とともに頂きます。口の中に広がる美味しさで常連になること間違えなしでもあります。

荒木町たつや

四谷三丁目駅から徒歩3分の立地、店名に荒木町の名を掲げるほど荒木町を愛している極上の日本料理を味わうことができるお店。OPEN仕立てのお店でありながらも荒木町の食通たちの舌を唸らせ始めている注目のお店でもあります。

荒木町たつや

店内はカウンター席7席とテーブル席4席の全11席ほどのこじんまりとした空間でありながらも、高級感あふれる洗礼された空間は落ち着きがあり、大将との会話もゆったりと楽しむことができますね。

荒木町たつや

お店で味わうことができる日本料理は出汁の旨味をじんわりと楽しむことができ、「ハマグリの沢見椀」などはシンプルでありながらもハマグリの豊潤な香りと深みのある味わいを出汁として味わうことができます。大将の敏腕が光る一品でもありますね。

荒木町たつや

出典:食べログ(上記3点)

中でもオススメなのが「ブリのソテー 辛味大根と山椒」。脂ののったブリの甘みのある味わいとふっくらとした白身の旨味をソテーでシンプルに味わうことができます。大根おろしと山椒が良いアクセントになっており食べやすくなっておりますね。

焼鳥 おがわ

四谷三丁目駅から徒歩4分の立地、大通りから一本入った先、荒木町の中でもディープな場所に店を構える人気の焼鳥店。日本料理が有名な荒木町の中でも負けず劣らずの注目度のあるお店でもありますね。

焼鳥 おがわ

お店でコの字型の15席のカウンター席のみで、キッチンで焼き上げる焼鳥の焼きあがる音と香りを楽しみながらお酒を嗜むのが荒木町の大人たちの楽しみ方でもあります。

焼鳥 おがわ

串焼きと聞くと焼鳥だけと思われがちですが、少し苦みがあるのが特徴的な金針菜の串焼きや季節になると人気を集める銀杏などの野菜系の串焼きも豊富に揃っていることから女性にも人気を集めているお店でもありますね。

焼鳥 おがわ

出典:食べログ(上記3点)

お店で人気の高い焼鳥は「砂肝」。時間をかけて焼き上げた砂肝はコリコリとした食感と噛めば噛むほど出てくる旨味をシンプルに塩コショウで味わうことができます。お酒との相性も良く常連に大人気の焼鳥でもありますね。

どろまみれ

四谷三丁目駅から徒歩4分の立地、曙橋エリアにも近くなってきた荒木町を歩いた先にある焼き鳥店。荒木町の中でも珍しくテイクアウトができる焼鳥店ということもあり、常連客だけではなく荒木町付近に住む方々にも人気を集めているお店でもあります。

どろまみれ

店内はカウンター席とテーブル席で構成されている全30席ほどのお店。決して広くはないものの、常に賑わいを見せており、焼鳥を焼く香りと賑わいのある雰囲気が常連客を中心に人気を集めている要因の一つでもありますね。

どろまみれ

お店で味わうことができるメニューには、15種類の野菜を使用したシンプルな野菜盛りをはじめ、焼きタケノコや焼きレンコンのような野菜を中心としたメニューも豊富に取り揃えられておりバランスよく食事ができるお店でもあります。

どろまみれ

出典:食べログ(上記3点)

お店人気のメニューは「比内地鶏の極上白レバー」。数量限定でお店に訪れる際には予約をすることをお勧めするほどで、口にした際のトロっとした濃厚なレバーの旨味を堪能することができますね。

松庵

四谷三丁目駅から徒歩4分の立地、荒木町の中でも珍しい「蕎麦」と日本料理を味わうことができるお店。路地裏に店を構えておりながらも、美味なる蕎麦を追い求めて食通たちを中心に人気を集めております。

松庵

テーブル席とカウンター席の全16席で構成されたお店では、カウンターから蕎麦を打ちカットする手際のよい技法を間近で見ることができるだけではなく、蕎麦打ちを見ることまでできるため、蕎麦をだべるだけではないゼロから楽しむことができますね。

松庵

お店で味わうことができるのは蕎麦だけにあらず、絶品なウナギを使用したうな丼や山の幸、海の幸をふんだんに使用した季節の八寸など、見事なまでの日本料理も合わせて楽しむことができます。

松庵

出典:食べログ(上記3点)

お店一押しのメニューは、やはり「蕎麦」。手打ちから盛り付けまですべての工程を店内で見ることができることができ、打ちたての蕎麦は豊かな風味とコシのある味わいを口いっぱいに味わうことができます。

たまる

四谷三丁目駅から徒歩5分の立地、荒木町の中でも少し離れた先にある「あんこう」を専門とした都内でも珍しいお店。

たまる

店内は昔ながらの雰囲気を感じさせるテーブル席とカウンター席で構成されており、どこか懐かしい感じまで体感することができますね。

たまる

お店で味わうことができるメニューには、穴子をふんだんに使用した穴子丼やすずめ焼きなどの一品料理の数々も揃います。

たまる

出典:食べログ(上記3点)

中でもオススメなのが「あんこう鍋」。あんこうの深みのある味わいとたっぷりな野菜の味わいを存分に味わうことができ、日本酒との相性もたまりませんね。


 

荒木町エリアでは特に「和」を中心とした料理の数々が注目を集めております。どのお店も歴史だけではなく食としてのレベルも非常に高く、満足いくものばかり。ディープなエリアでディープな食事。あなた好みのディープなお店を探してみてはいかがでしょうか。自分なりのお店を発見できた時、荒木町のディープな大人の仲間入りを果たせることでしょうね。