関東LOVERS

超おススメ!矢部駅周辺のラーメングルメスポット!

2017年07月23日(日)/神奈川


神奈川県北西部に位置する大都市の相模原市は、言わずと知れたラーメンの激戦区です。特に矢部駅周辺にはおススメのラーメン屋が数多くあります。自然が豊かな相模原市を散歩や観光で訪れた際には、ぜひ、矢部駅周辺のラーメン屋へ立ち寄ってみてください。そこで今回は矢部駅周辺でおススメのラーメン屋をご紹介します。どれも目を見張る美味しいラーメンばかりですよ!

チェック①きじとら(矢部駅より徒歩7分)

超おススメ!穴場の矢部駅のラーメングルメスポット! きじとら ラーメン

出典:食べログ

矢部駅の近くにある、見ためはガッツリ!しかし、あっさり系で女性にもおススメできるラーメン屋が、ここ「きじとら」です。
何がガッツリかというと、普通にラーメンを注文すると、何と!野菜と厚切りのチャーシューがどっさり!いや、てんこ盛りで出て来ます。また、きしめんのような平打ち麵は、麺をガッツリ食べたい人も満足させてくれるボリュームです。しかし、食べてみるとあら不思議!全然あぶらっこくないのです。あっさりしていて食べやすい。野菜もしゃきしゃきしていてスープと合わせて食べると丁度いい感じですね。厚切りのチャーシューは柔らかく、口の中でとろけます。こんなにボリュームがあってヘルシーなラーメンなのにお値段は驚きの600円です。懐にも優しいラーメンで、学生さんたちにも人気があります。気になった方、ぜひ一度おこしくださいませ!迫力満点のラーメンが待っています。

○ラーメン 600円(並200g、にんにく・しょうが入。なお、サイズは違っても料金同じ)
スープはパンチのある塩で、すっきりさわやかなしょうが風味が美味しいです。にんにくも付けてもらいましたが、くどさもなかったです。麺はきしめんみたいに太くツルツルしてコシがありました。加水率高めにも関わらず、スープと良く絡む感じ。チャーシューは、ホロっと崩れて肉の臭みもあり、好みのチャーシューでした。
○麺は割る前の割り箸と同じ幅があり且つ厚みも同じくらいの平打ちビラビラ麺です!しかもかなりの剛麺ですので啜る感じでは無く持ち上げてもしゃもしゃ食べる感じ顎も疲れる固い水とんって感じだな( ̄▽ ̄;)しかし食べて見て思った(°∀°)意外や意外随分あっさりした塩味で野菜を炒めないタンメン見たいなものだと!茹で野菜で油脂も少なく結構ヘルシーだったりして♪CPも良いですね

チェック②山猫亭(矢部駅より徒歩12分)

山猫亭 ラーメン

出典:食べログ

塩の心地よい香りが漂っていて、香りだけでも美味しいとわかるラーメン屋がここ「山猫亭」です。あっさりした淡麗系の塩スープのラーメンが代表的で、重くなく、女性にもおススメです。そして家族でも行くことができるラーメン屋として地元では大人気です。そんなラーメン屋の代表的なメニューは、香る塩ラーメンです。何と言ってもこのラーメン、上面と下面でスープの味が異なるのです!えっ?と思われた方もいらっしゃると思いますが、上面は鶏ガラの塩スープで、下面になると花咲ガニのスープの味になるのです。店主が考えたオリジナルなラーメンで他とは一線を画しています。

山猫亭 生卵ご飯

出典:食べログ

また、ラーメンと一緒に特製の「たまごかけご飯」を食べることをおススメします。生卵ですが、凄く濃厚で醤油もいらないほど。玉子本来の味を堪能できます。そんなユニークなラーメンを、ここ相模原市で味わうことができます。気になった方、ぜひ一度行ってみましょう!心地よい塩の香りがお出迎えします。

○「香る塩ラーメン」を頂きました。函館塩ラーメンをイメージしたものとのことですが、かなりハイレベルなお味でした。塩ラーメンとして、今まで食べた中でも、指折りのお店だと思います。味わい深いスープ。喉越しの良い多加水麺、とにかくバランスが良いです。スープにはちょっと趣向があって、花咲ガニのスープダレが少し加えられていてます。その部分だけが、他とはまた違う旨みや風味が味わえます。2重にスープの味が堪能できました。モチモチした麺の食感も良く、箸が止まらない状態でしたね。
○「あおさらーめん」を注文。あおさと海苔って何が違うのだろう?あおさが半分以上占めてチャーシュー2枚メンマ・ネギ・青菜等々とアクセントとして柚子が乗っかってた。あおさを避けスープを味わうと鶏ガラ+塩味、私の大好きな組み合わせだ。予想に反して旨いスープ!!薄くもなく濃くもなく丁度良い塩加減。そして塩味にマッチしてるあおさが磯の香りを演出してくれてる。麺は細麺か中太麺を選べるが中太麺にして正解、麺を食べ尽し残ったスープも飲み干してしまった、普段ならスープは残す方だか美味しいかった証しです。

チェック③ラーメン 學 (矢部駅より徒歩4分)

ラーメン 學

出典:ガジェット通信

こってりとしたボリューム満点の二郎系ラーメンが食べたい!そんな方におススメするのがここ「ラーメン 學」です。外観から二郎系のラーメンだとわかる装飾になっています。
まず、ラーメンですがなじみのもやしどっさりのラーメンで、スープも濃厚です。もやしの下には太麺が詰まっていて、もやしを食べ終わる頃には麺に濃厚なスープがしみ込み、味わい深くなります。一緒にトッピングされている豚肉は柔らかいのが嬉しいですね。
こってり系のラーメンですが、トッピングされているもやしや野菜、豚肉はしっかりしていて、食べ応えがあります。ちょっとラーメンの重さは感じますが、美味しく味わえますよ。食べ終わった後は満足感でいっぱいです。こってり系のラーメンがお好きな方、ぜひ、一度訪ねてみましょう!学生さんにも人気のあるお店なので、少し若い気分に浸ることもできますよ。

○極太麺を使った學釜玉麺。
ガツーンと効いたタレにブラックペッパーがいい感じで、かなりジャンクな味わい!おー、これは好きかも。野菜の下に卵黄、タレには少量のマヨネーズが入っていますが、いずれもジャンクな味わいを消すことなく、上手く調和していく感じですね。驚いたのはブタ!大判&厚切りで脂身も程よく絶品です。
○油膜が5mmほど張った、カエシ(醤油ダレ)メインの素朴なスープ。
完全なる非乳化で、わずかにそばつゆのような酸味が後味に残る。
麺はテロンとした太めの平打ちで、スープをよく吸う。
豚は1cm強の厚さがある塊が2つ。
赤身メインでしっとりしており噛み応えがあった。

チェック④一平家(矢部駅より徒歩10分)

一平家 ラーメン

出典:食べログ

神奈川県と言ったら横浜家系ラーメンです。ここ相模原市でもおススメの家系ラーメンがあります。それは、ここ「一平家」です。家系ラーメンですが、スープはなんと透明に近く凄くあっさりしたラーメンです。
食べ終わった後も重く感じないので女性や子どもにもおススメできますよ。他の家系とは違い、ある意味くせになるスープです。
また、どっさりのってくるボリューム満点のチャーシューは食べ応えがあります。歯ごたえがあるのに口の中ではとろとろとなり、
チャーシューそのものの持つ味が口の中で広がりますよ。麺と一緒に食べると絶妙なハーモニーが生まれます。
特製のスープはご飯と一緒に食べると、ご飯にスープの味がしみ込んでたまらない一品になります。
そんなあっさり系の横浜家系ラーメンを、一度食べてみてはいかがでしょうか。
元気なスタッフが笑顔満点であなたのご来店をお待ちしています。

○基本のラーメン(650円)の太麺(太麺と細麺が選べるシステム)を。
キャベツに、煮卵に、青菜? ノリ3枚というビジュアル。麺とチャーシューは潜航中の模様。まずはキャベツをよけてスープから――豚骨ダシがずっしりくる、そこはやっぱり家系スピリッツ。だがあまりどぎつくはなく、パンチ力より切れ味で勝負って感じ。カエシは豚骨のスタイルに合わせて懐深く、鶏ガラなどの風味も包んで、マイルドにバランスが取れている印象。鶏油も控えめでクドくない、歳月を経て角が取れまろやかになったかのような、ちゃんと家系なのに食べやすい、「おかあさんの家系」って感じがしますね。
○・ラーメン並・チーズ
スープ、豚骨醤油、鶏油 バランスいいです。なかなか濃厚、臭み無し美味しいスープ!太麺注文しました。そんなに太くないですがスープと相性ピッタリ!チャシューなかなか厚め、小松菜シャキッと海苔香りふつう美味しい!さて、トッピングのチーズですよ〜!!スープにあう!麺に絡んで美味しい!チーズダブルでもいいです!とろけるチーズだと思いますが(≧∇≦*)美味しい!今日もごちそうさまでした。

チェック⑤ラーメン屋 小川(矢部駅より徒歩15分)

小川

出典:食べログ

細めのちぢれ麺が好評で、地元の方だけでなく遠方の方にも人気のある相模原市のラーメン屋です。ちぢれ麺に絶妙にマッチしているのがここの特製のスープで、甲斐路軍鶏の濃厚な出汁で作っているのでコクがあります。しかも重くなく、また、ちぢれ麺と丁度良い感じに絡み合います。
また、トッピングされているチャーシューはトロトロで食べやすく、特製スープと一緒に食べるとチャーシューのトロトロとスープのコクが、素晴らしいハーモニーを生み出します。
しかし、これだけでは終わらないのがここのラーメンで、麺を食べていくとなんと下の方に、鶏そぼろが出現します。心地良い風味の正体は、どうやらこの鶏そぼろのようです。そんなユニークで美味しいラーメンをぜひ味わってみてくださいね。

○「醤油らーめん」を注文しました。
さて、黒と白が豪快に配色された創作風どんぶりに入ってきたラーメンは、「甲斐路軍鶏を使用した鶏出汁100%」と謳う鶏白湯の強壮な香りにまずグッとくる、鶏油がぎっしり浮かぶスープ、刻みたまねぎを中央に、ほうれんそうが添えられ、これは鶏チャーシューか? 2枚が乗っかっている、スタイリッシュなビジュアルですね。こんな香りで来られちゃあ、スープから攻めなきゃ失礼でしょ。というわけでレンゲで一口――こ、これはっ!? やばい…すさまじく旨いっ!! 麺もいい。オーソドックスな中華細麺が程よくぱつんとした歯ざわりで鶏白湯スープをやんわり絡めてくる。あと鶏チャーシュー、これがびっくりの美味しさでした。
○「酸辣麺」を注文。スープは辣油が強めに効かされているにもかかわらずすっきりしていて、どことなく和風を感じる不思議な味わい。ベースの出汁は醤油・塩らーめんと同様と思われ、鶏の出汁がしっかりと、かつ優しく感じられます。旨いです。麺も他のメニューと同じものが使われているようですが、この麺は酸辣麺にも良く合っています。ツルツル食感で美味しい。