関東LOVERS

地方のグルメも楽しめる東京にあるオススメのアンテナショップ

2017年04月09日(日)/東京 ショッピング


東京には、日本各地のアンテナショップが集まっています。アンテナショップではその地方の名産品や工芸品が買えたり、とびきりおいしいものやB級グルメなどがその場で楽しめるイートインコーナーもあります。出身者はなつかしさで胸がいっぱいに、またその土地の出身でない方には新鮮な驚きがあるかもしれません。そこで東京に数あるアンテナショップの中から地方のグルメも楽しめる東京にあるオススメのアンテナショップをご紹介いたします。

チェック北海道どさんこプラザ

どさんこプラザ

出典:ウォーカープラス

こちらは文字通り、北海道が開設しているアンテナショップです。JR有楽町駅から徒歩で1分の、東京交通会館1階にあります。ここでは北海道産の商品をなんと800種も揃えていて、店内には所狭しと北海道のおいしいものが並んでいます。マルセイバターサンド、ロイズのチョコレートといった定番の北海道スイーツや、ジンギスカン肉ソーセージなどの畜産物や海産物、ヨーグルトやチーズなどの乳製品などがいっぱい。店内には狭いけれどイートインコーナーもあり、揚げたてサクサクのコロッケや、ミルク感たっぷりのソフトクリームもいただけます。中でも夕張メロンのソフトは大人気です。

  • ○ずっと食べたかった北海のバームクーヘン「三方六」が売っていると聞き、入店。店内はコンパクトながら、北海道のグルメが種類豊富に置いてあります!結構混み合うので、帰省などで大荷物の方は気をつけてください。メロンのソフトクリームも気になりましたが、本日目当ての三方六をゲット。こちらで販売していたのは箱入り一本、¥629(税込)のみでした。箱を開けてみると、想像以上に大きくてズッシリとした中身に感動しました..!600円でこの大きさ重さは大満足です。
  • ○バニラソフトクリーム(360円)にハスカップソースのトッピング、メロンミックスソフトクリーム(390円)にあんこジャムのトッピングを付けてもらいました。ちなみにトッピングはどちらも60円でした。ハスカップソースのトッピングは甘酸っぱくてバニラソフトクリームと食べるとヨーグルトのような風味にもなり美味しいです。夕張メロンとあんこジャムはどうなのかな?と思ったらけど、これもまた合いました。メロンの和菓子もあるものね。そりゃ合うわよね。トッピングでより美味しくいただきました。ご馳走様でした。

<店舗情報>
店舗名:北海道どさんこプラザ有楽町店
営業時間:10:00~20:00定休日:年末年始
アクセス:JR有楽町駅より徒歩1分
住所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館1F
電話:03‐5224‐3800

チェック新宿みやざき館KONNE

新宿みやざき館KONNE

出典:レッツエンジョイ東京

こちらはJR新宿駅の南口からすぐ、新宿サザンテラスの入り口にある、宮崎県のアンテナショップです。「KONNE」とは「来んね!」という宮崎弁。2階建ての1階には宮崎県特産の食品と軽食コーナーがあります。こちらでここ最近評判を呼んでいるのが高級食材のキャビア。その名も「宮崎キャビア1983」。美しい化粧箱に入っています。ほかにももちろん食材、飲料など数多く揃っています。軽食コーナーでは600円~750円で本場宮崎の冷や汁やチキン南蛮、宮崎牛のカレーなどがいただけます。暑い季節には特に冷や汁が人気です。宮崎産のビールも楽しめますよ。また、2階にはおいしい宮崎の焼酎と工芸品の売り場となっています。

  • ○宮崎牛カレー(600円)
    具がほとんどないタイプの欧風カレー。ルーには宮崎牛の旨味がたっぷり出ており、牛独特のコクをまとっています。600円で頂くカレーとしては最高峰に美味しいと言ってよいと思う。ココイチとかそういう味は軽く凌駕しています。
  • ○5分くらい待って冷や汁が到着しました。はじめまして!なるほど、ご飯と汁はセパレイトで出てくるわけですね。宮崎出身者によると、ご飯に汁をかけるもよし、汁にご飯を入れるもよしとのことで。冷や汁の汁は、確かに味噌汁っぽいビジュアルをしていますが、とにかく冷たいのが特徴です。冷たい以外でいうと、キュウリが入っています。あとシソの葉。これもポイントと思われます。あとはたっぷりの胡麻と豆腐です。豪快にぶっかけて食べる。熱々のご飯が冷たくなっちゃうけど。そして味ですが、想像の二回りほど旨い。まず出汁が非常に風味豊かです。ここまで魚の出汁が効いた味噌汁はあるまい。そしてやはりシソがいい仕事をしておりまして、出汁と和の香りが相まって立派な料理へと昇格しているのであります。

<店舗情報>
店舗名:新宿みやざき館KONNE
営業時間:10:00~20:00 (軽食コーナー11:30より)
定休日:無休
アクセス:JR新宿駅南口より徒歩1分
住所:東京都渋谷区代々木2丁目2番1号新宿サザンテラス内
電話:03-5333-7764

チェック大阪百貨店

大阪百貨店

出典:食べログ

キャッチコピーは「浪花のええもん うまいもん」。ここなら大阪ならではのおいしいものが手に入ると大評判のお店です。「どさんこプラザ」と同じ、有楽町の交通会館の1階です。大阪名物の蓬莱の豚まんは人気の一品。なんと発売から60年以上ものロングセラー商品なんです。また、今人気なのがマスカルポーネチーズの入ったティラミスのようなチョコレート「呼吸チョコ」です。そして店内にあるイートインコーナーでは大阪のB級グルメが食べられます。大阪名物のお好み焼きやたこ焼き、いかやき、キムチや蓬莱の焼売もいただけるんですよ。アルコール類もあるので、仕事帰りや買い物帰りにたこ焼きでちょっと一杯、なんていうこともできますね。

  • ○レジで注文して、自分の陣取った席まで運ぶシステム。その席には青のりやマヨネーズ、ソースなどが完備。好きなだけかけられるのはちょっと嬉しい。味はふわとろ系。好みの問題だけど、銀だこの方が好き。でも銀だこはどこでも食べれる。このふわとろ系を食べられるお店はそもそもあまり見たことがない。
  • ○たこ焼き 390円
    やっぱりノーマルなたこ焼きがいいですね。混んでいないからすぐ出てきました。ほんとトロットロー、うますぎます。実はここのキムチ、すごくおいしいです。混んでるときは、たこ焼き出てくるまでの箸休めにとってもいいですよー。
  • ○お好み焼き。たこ焼は、絶えず焼いていますが、イカやきとお好み焼きは注文受けてから焼いてくれます。薄めの仕上がり。具はイカゲソとチョッピリお肉。460えんでこの味なら、いいと思いますよ~。チョッピリ小腹がすいたときにはいいですよ。ごちそうさまでした(^^)/

<店舗情報>
店舗名:大阪百貨店
営業時間:平日10:00~22:00 日祝祭 10:00~20:00
定休日:無休
アクセス:JR有楽町駅より徒歩1分
住所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 1F
電話:03-5220-1333

チェック銀座わしたショップ本店

わした

出典:レッツエンジョイ東京

こちらのお店は沖縄県のアンテナショップで、沖縄産の食品、加工品、工芸品、泡盛、かりゆしウェアまで約4000種類をとりそろえています。オープンして23年という、長きにわたって愛されてきたショップです。JR有楽町駅から徒歩で4分ほど、各地下鉄の銀座駅からなら徒歩7分ほどの所にあります。お店の入り口は朱色の門で、その上にはシーサーがのっていたりと、いかにも沖縄!といったムードが漂います。地下1階と、1階の2フロアからなり、地下には沖縄の民族楽器、三線もあります。おみやげでも定番のサーターアンダーギー、ちんすこう、海ぶどうなどは根強い人気です。泡盛のラインナップもスゴイ!奥にはイートインコーナーがあり、「ソーキそば(700円)」や、「タコライス(500円)」、「オリオンビール(500円)」などもいただけます。ブルーシールアイスやソフトクリームも大人気。東京に居ながら沖縄ムードも楽しめますよ。

  • ○ちゅらウィッチの黒糖ラムレーズン5個入り
    雑誌や賞を取ったサクサクサブレのあいだに黒糖ラムレーズンクリームがたっぷり挟まった大人向けのスイーツ♡パインバナナと迷ったけどレーズンサンドとか好きなのでこちらに…黒糖とラムレーズンの香りが上品な感じで1つ開けて食べたら…すぐ全部食べてしまった( ̄▽ ̄;)(笑)
  • ○因みに「わした」とは沖縄方言で「私達」を意味します。要は、親しみを込めて私達のお店という意味ですね。今回はその人気商品の中から、身体に優しい勝連産の太もずくを1キロ購入します。もずくは沖縄の方からは親しみのある食品です!その沖縄で、 県内最大のもずくの産地と言われるのが、本島中部の東海岸沿いにあるうるま市勝連です。実食した感想ですが、もずくと一緒に付いてきた専用のもずく酢を掛け頂きます。勝連産のもずく、太くてしっかりとした歯ごたえがあり美味しいもずくです。

<店舗情報>
店舗名:わしたショップ 銀座店
営業時間:10:30~19:30
定休日:年末年始
アクセス:JR有楽町駅より徒歩4分 地下鉄銀座駅より徒歩7分
住所:東京都中央区銀座1-3-9 実業之日本社銀座ビル 1F
電話:03‐3535‐6991

今回ご紹介の他にも、東京には多数のアンテナショップがあります。各地の美味しいものや、名産品が東京で楽しめたり、購入できるアンテナショップにぜひ出かけてみてください。意外な発見があるかもしれません。行ってみたらその地方に旅に出たくなるかも?

PR