関東LOVERS

都内で個性的なソフトクリームが食べられるお店

2017年02月20日(月)/東京スイーツ


観光地に行くと、ついつい食べたくなっちゃうのがソフトクリーム。でも、東京でもおいしいソフトクリームが食べられるお店があるんです。そこで、東京で評判のちょっと個性的なソフトクリームを提供しているお店をご紹介します。心もトロけるような甘いユウワクにあなたは勝てますか?

チェック東京ソラマチ 東毛酪農63℃

東京ソラマチ 東毛酪農63℃

出典:食べログ

スカイツリーに行く時に立ち寄りっていただきたいのがこちらの「東毛酪農63℃(とうもうらくのう ろくじゅうさんど)」です。東京ソラマチの4階にあります。店名の63℃(ろくじゅうさんど)とは63℃という温度で30分間牛乳を殺菌しているところから。高温殺菌に比べて、63℃での低温殺菌された牛乳はのど越しが良く、甘みがあるのにスッキリとしていておいしい牛乳なんです。そんなこだわりの牛乳で作られるソフトクリームは牛乳のおいしさが存分に味わえます。

ソフトクリームの味は「牧場ミルク」「コーヒーミルク」「コーヒーミックス」「いちごミルク」「抹茶ミルク」「抹茶いちご」の6種類。カップかコーンを選べて、コーンも竹炭ごま、海の塩、ワッフルの3種から選べます。濃厚だけどあと味はさっぱりとしたソフトクリームです。どれも380円。

○ワッフルコーンにスタンダードな牧場ミルクソフトを発注。
濃厚なミルクの味だけれど、甘ったるいわけではなく、とてもすっきりとした甘さ。これは、美味しい……!実は、バニラ味は好きだけれど、ミルク味ってほんの少しだけ苦手で尻込みしていたのですが、これはいいミルクソフト。
○いちごミルク 海の塩コーン
シルキーなソフトクリーム。さっぱりしたミルク風味に、ちょいと優しいイチゴピューレの味。コーンは天然粗塩使用との事でしたが、うーむあんまり違いが……。私のビンボー舌には繊細過ぎる違いだったかも知れませぬ。ソフトクリームは濃厚に限る!って人には合わないでしょうが、さっぱりあっさり冷たいものを……という気分にはピッタリかなぁと思いますです。ごちそうさまでした!

-店舗情報-
[店舗名] 東毛酪農63℃
[営業時間] 10:00~21:00
[定休日]なし
[アクセス] 都営浅草線押上駅より徒歩6分
[住所] 東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 4F
[電話番号]03-5809-7134

チェックミルク&パフェ よつ葉ホワイトコージ 東京スカイツリータウン・ソラマチ店

ルク&パフェ よつ葉ホワイトコージ 東京スカイツリータウン・ソラマチ店

出典:ヒトサラ

ソラマチからもう一店ご紹介します。こちらは牛乳やバターなど乳製品のメーカー「よつ葉」のデザートカフェです。「よつ葉」は北海道の会社で、北海道以外での出店はここが唯一のお店なのだそうです。ソラマチの3階にあり、こちらはフードコートになっているので座って食べることが出来ます。

十勝産の牛乳を使い純乳脂肪タイプのソフトクリームは濃厚で深いコクがあります。でもあと味は意外にさっぱりしています。コーンのソフトクリームバニラは330円。ワッフルコーン、カップは380円。北海道産のかぼちゃをミックスした「ソフトクリーム 北海道産かぼちゃ」はバニラと同じく330円、ワッフルコーン、カップは380円です。北海道のうま味がしっかり味わえます。ほかにはソフトクリームをベースにしたパフェやフロート、クレープも多数ありますよ。

○初回なんで一番シンプルなソフトクリームにしました
さて、お味は…濃厚というよりは、サラッと溶けてなくなっていく感じがします。口触りはかなり滑らかです。個人的にはもっと濃厚な味を期待していたんですが、提供された時にキレイな白色してたのであっさりなんだろうとは薄々感じていました。濃厚な感じのって、結構黄ばみがかってるのが多いじゃないですか。これはこれで美味しいですが、やや期待はずれかな?
○期間限定の赤いパフェとソラマチ限定の白いパフェを食べました。赤いのはイチゴがメインになっています。白いパフェは他に白いプリンやソフトクリームやホイップクリームなどがのっていました。食べるとガッツリと牛乳の味がしっかりとします。北海道!という味ですね。そして、とっても濃厚なんですけど、さっぱりとしているんですよね。個人的にはイチゴもいいけど、やっぱり白いパフェかな?

ー店舗情報ー
[店舗名] ミルク&パフェ よつ葉ホワイトコージ 東京スカイツリータウン・ソラマチ店
[営業時間]」10:00~21:00
[定休日] ソラマチに準ずる
[アクセス]都営浅草線押上駅より徒歩6分
[住所」東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 3F
[電話番号]03-5809-7055

チェック和栗や

和栗や

出典:食べログ

こちらは千駄木にあるお店です。店内には12席あり、モンブランや和栗を使った和テイストのスイーツを提供してくれますが、和栗のソフトクリームも評判です。ただしソフトクリームはテイクアウトのみで、店内ではいただけません。お店の入り口の隣にソフトクリームの受付があるのでそちらでオーダーします。

こちらのソフトクリーム「栗薫ソフトクリーム」は生乳に和栗のペーストを30%も練り込んであります。そのうえ香料、着色料、乳化剤、安定剤は一切使わない、いわば混じりっ気なしのソフトクリーム。コクのある生乳に和栗のインパクトがすごいです。ソフトクリーム一つでしっかり和栗のおいしさが堪能できます。谷根千歩きの時にはぜひどうぞ!

○テイクアウトのソフトクリームを食べた(500円)。
栗を使ったソフトクリーム。薄く茶色がかっている。濃厚で口当たりがざらざらする。ほのかな栗の香りが上品。甘すぎずないのも好み。コーンはさくさくで、ソフトクリームと一緒に食べると食感がよい。
○栗香ソフト 500円
ソフトは、甘さひかえめ、なめらかで、栗の味が良くします。
久しぶりにおいしいソフトを食べました。
香料・安定剤・乳化剤不使用です。

ー店舗情報ー
[店舗名]和栗や
[営業時間] 11:00~19:0 0
[定休日] 1月曜日 [アクセス」千代田線「千駄木」駅より、徒歩5分
[住所]東京都台東区谷中3-9-14
[電話番号] 103-5834-2243

チェックたいやき ひいらぎ

たいやき ひいらぎ

出典:a bit of mint chocolate – So-net

こちらは店名からも分かるように美味しいたい焼きで知られるお店です。恵比寿駅から歩くこと2~3分のところにあります。外観はちょっと趣のあるたたずまいで、どこか懐かしい雰囲気がします。店先のベンチで買ったたい焼きをいただくこともできます。皮がカリカリのたい焼きで人気のひいらぎですが、季節限定でおいしいソフトクリームがいただけます。

北海道産のフレッシュミルクで作った「バニラ(300円)」、京都の抹茶を入れた「抹茶ソフト(350円)」、同じく京都のほうじ茶を入れた「ほうじ茶ソフト(350円)」がありますが、ぜひともお試しいただきたいのが「たい焼きソフト(450円)」です。カップにはソフトクリームがたっぷりと入り、そこに「ひいらぎ」自慢のたい焼きを入れてあります。ソフトクリームのヒヤッ!と、たい焼きのアツッ!が楽しい組み合わせになっています。また、クリーミーなソフトとカリカリの皮との相性も絶妙です。夏季限定なのでホームページで確認されたほうがいいでしょう。

○やっと念願の「たい焼きソフト」をいただきました。
数分待った後、名前を呼ばれ、注文した人の分をまとめて作ってくれるというやり方でした。ソフトクリームの上に、小さめのたい焼きが乗るのかと思いきや、たい焼きはあったかい普通サイズ。なるほど。アイスは美味しかったですし、見た目も愛らしくて可愛いのですが、一度食べて満足かなぁ。アイスがどんどん溶けちゃって、、、^^; 私、食べ方が下手だったみたいです。
○《たい焼きソフト》
これはプラスチックのコップにソフトクリームが入り そこにたい焼きが 頭からダイブした物
味は想像つくだろうが 予想以上に 熱々のたい焼きとソフトクリームの相性が良いぞ

ー店舗情報-
[店舗名]たいやき ひいらぎ
[営業時間] 11:00~20:00 (売り切れ次第終了)
[定休日] 月曜日
[アクセス] JR山手線「恵比寿駅」より徒歩2分 東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」より徒歩4分
[住所」東京都渋谷区恵比寿1-4-1 恵比寿アーバンハウス 1F
[電話番号] 03-3473-7050

 

今回は東京でキラリと個性の光るソフトクリームが食べられるお店をご紹介しました。ソフトクリームは気軽に食べられるスイーツ。ぜひ、ご紹介したお店にいらしてくださいね。