関西LOVERS

和歌山県で観光客にお勧めしたい郷土料理を厳選

2020年03月16日(月)/和歌山


熊野古道など、全国的にも有名な観光スポットがある和歌山県。和歌山県には昔ながらの郷土料理も多く存在します。今回は、和歌山県で観光客にお勧めしたい郷土料理を厳選してご紹介していきます。観光の際はぜひ、郷土料理を味わって和歌山のグルメを楽しまれてください。

紀州熊野地方の郷土料理

めはり寿司

熊野地方 めはり寿司

出典:Twitter

「めはり寿司」は、紀州熊野地方が発祥とされるおすすめの郷土料理。ご飯を高菜の葉で包んだ、おむすびのような料理です。元々農作業へ出かけるときに作られていたのが始まりのようで、お弁当として大変重宝されてきました。

名前の由来は諸説ありますが、目を見張るほどおいしいという説や、大きなおむすびを食べるときに見せる表情などの説がよく知られています。

「めはり寿司」は、和歌山だけでなく、三重県・奈良県の地域にも伝わる郷土料理。地方によって若干作り方や具材、大きさに違いがあります。

駅弁のめはり寿司

和歌山 めはり寿司 駅弁

出典:Twitter

初めて「めはり寿司」を食べられる方は、駅弁がおすすめです。駅弁は中身が酢飯になったものが多く、小さめの食べやすサイズです。駅やデパートなどで販売されていますので、気軽に和歌山の郷土料理を楽しむことができます。

総本家 めはりや

お店でゆっくり「めはり寿司」を味わいたい方は、新宮市の「総本家 めはりや」がおすすめ。こちらはめはり寿司の有名店で、大きめのめはり寿司が定食になったものが人気です。

イタドリの煮物

 イタドリ

出典:株式会社わらびの

「イタドリの煮物」は、おもに紀南地方で食べられている郷土料理。タデ科の多年生植物で、竹やふきのような見た目をしています。

イタドリは全国どこにでも生息している植物ですが、和歌山では山菜として大人気!春になると、新目を出したばかりのイタドリを目当てに、山菜採りに出かける方も多くいらっしゃいます。

春の味覚として人気のイタドリは、煮物の他にもあえ物や佃煮などで楽しむことができます。

「イタドリの煮物」は、皮をむいて湯掻きにし、醤油で煮込むシンプルな郷土料理。お好みで、ゴマやカツオ節をかけていただきましょう。

有田・御坊・日高の郷土料理

さばのなれ寿司

なれ寿司 和歌山

出典:Twitter

「さばのなれ寿司」は、おもに有田・日高地方に伝わるおすすめの郷土料理。秋祭りなどで作られてきた押しずしで、すし飯に鯖がのった発酵食品の郷土料理です。

「さばのなれ寿司」は、保存食として利用されてきたもので、通常4日~1か月間ほど寝かせて作ります。

じっくり漬かった「さばのなれ寿司」は、芳醇な香りが特徴。酢飯にしっかりと鯖の味がしみ込んでいます。

2週間~1か月と長期間漬けられたものが、「本なれ寿司」。4日ほどの短い期間漬けられたものは「早なれ寿司」と呼ばれ、初めて食べられる方にはこちらが人気です。

さばのなれ寿司が食べられるのはココ!

さばのなれ寿司 有田

出典:food-distr.pref.wakayama.jp

本格的な「なれ寿司」を食べてみたい方は、「紀州なれ寿司 八ツ房」がおすすめ。こちらは唯一、本なれ寿司を取り扱っているお店です。早なれ寿司と本なれ寿司の食べ比べをしてみたい方は、ぜひ一度訪れてみてください。

かまくら漬け

かまくら漬け 和歌山

出典:魚壱商店 天王寺店

「かまくら漬け」は、有田地方のおすすめ郷土料理。お魚と野菜を、塩・酢・酒で漬けた酢の物のようなお料理です。

人参やレンコン、サバ・昆布などを使用しますが、いろんなお野菜でアレンジがしやすいので、ご家庭でもチャレンジしやすい郷土料理です。

副菜として出されることが多く、どんなお料理にも合います。先に紹介した「なれ寿司」とも相性が良いので、ぜひいっしょに和歌山の郷土料理を味わってみてください。

御坊せち焼き

御坊せち焼き

出典:Rubese.net

「御坊せち焼き」は、御坊市で人気の郷土料理。そばと玉子をからませて焼く料理で、御坊市の名物的グルメになっています。

せち焼きは小麦粉などを使用せず、麺だけを焼きます。見た目は、焼きそばと広島風のお好み焼きの中間のような雰囲気。

せちがう(むちゃくちゃにする・責める)と言う方言が、名前の由来になっているようです。

御坊市にはせち焼きが食べられるお店が何軒かありますが、「元祖せち焼き やました」が発祥のお店とされています。

太地町の郷土料理

鯨の竜田揚げ

鯨の竜田揚げ 和歌山

出典:Twitter

「鯨の竜田揚げ」は、太地町の郷土料理。捕鯨発祥の地として知られる太地町では、クジラの料理がよく食べられてきました。

中でも「鯨の竜田揚げ」は、給食などにも登場していた人気の郷土料理。醤油やしょうがで味付けした鯨に、片栗粉をまぶし油で揚げて作ります。

昔は全国的にもよく食べられてきた鯨料理ですが、最近はなかなか高価なグルメとなってきました。太地町では郷土の味として現在でも継承されており、竜田揚げの他にもカツ揚げなどが食されています。

鯨の竜田揚げが食べられるのはココ!

道の駅たいじ 鯨の竜田揚げ

出典:Twitter

そんな鯨の竜田揚げが食べられるは、「道の駅たいじ」。太地町のグルメが楽しめる道の駅で、おいしい鯨の郷土料理が、定食や丼物などで提供されています。

那賀地方の郷土料理

ふな焼き

ふなやき

出典:YouTube

「ふな焼き」は、那賀地方のおすすめ郷土料理。ホットケーキのような雰囲気で、昔から和歌山ではおやつとして食べられてきました。

名前の由来はお魚のフナではなく、「ほうらく」と言う道具から。ほうらくは船底の形に似ていたので、「ふな焼き」と呼ばれるようになったそうです。

「ふな焼き」の作り方ですが、小麦粉・ベーキングパウダー・卵・黒砂糖をまぜたものを、両面じっくり焼いていきます。作り方も見た目も、いたってシンプルな郷土料理。

現在の家庭でも簡単に作れるので、ホットケーキミックスなどを使って、お子さんといっしょに作ってみてはいかがでしょうか。

亥の子餅

和歌山 亥の子餅

出典:おいしい健康

「亥の子餅」は、那賀地方のおすすめ郷土料理。秋の収穫祭に作られていた料理で、里芋入りのお餅に、たっぷりの小豆をまぶしたものです。

那賀地方で旧暦の10月に行われる「いのこ祭」。「亥の子餅」は、そのお祭りのときに振舞われた郷土料理とされています。贈り物として作られていたようで、枡や折り箱に作った餅を入れて配っていたそうです。

「亥の子餅」には里芋がたっぷり入っているので、お餅の粘りが通常よりも強くなります。家庭でも簡単に作ることができるので、お餅好きの方はぜひ挑戦してみてください。

桃山町の郷土料理

鯖飯

鯖飯 和歌山

出典:Twitter

「鯖飯」は、桃山町奥安楽川地区のおすすめ郷土料理。塩サバ入りの炊き込みご飯で、昔は収穫のあとなどに振舞われていました。

作り方はとても簡単で、味付けは醤油のみ。干物の塩サバをご飯といっしょに炊き、炊き上がったら骨を取り混ぜ合わせます。あとからネギをのせて出来上がり。お好みで生姜などを加えると、風味が良くなります。

最近では瓶詰の塩サバなどもあるので、ご家庭の料理としても簡単に作れそうですね。ぜひ和歌山の郷土料理に挑戦されてみてください。

紀の川の郷土料理

じゃこ寿司

じゃこ寿司 和歌山

出典:Twitter

「じゃこ寿司」は、紀の川市のおすすめ郷土料理。川じゃこを使った押し寿司で、昔から秋祭りなどで作られてきました。

川じゃこは一般で知られる小さなちりめんじゃこではなく、オイカワと言うお魚。こちらは川雑魚と呼ばれており、「じゃこ寿司」の名の由来になったそうです。

「じゃこ寿司」の作り方ですが、一度干すか素焼きにした川じゃこを、醤油と砂糖で煮てから握り酢飯の上にのせ1日ほど寝かせます。柿の葉でくるっと巻いたら出来上がりです。寝かせずにそのままお寿司として食べてもおいしいそうです。ほかの川魚でも代用できるので、釣り好きの方は、レシピに加えてみてはいかがでしょうか。

じゃこ寿司が食べられるのはココ!

じゅげむ 紀の川

出典:Rettyグルメ

紀の川市でじゃこ寿司が食べられるのは、県道3号線沿いにある「じゅげむ」。食べやすいサイズのじゃこ寿司が、テイクアウトでいただけます。

 紀の川漬け

紀の川漬け

出典:JapaneseClass.jp

「紀の川漬け」は、紀の川市のおすすめ郷土料理。和歌山大根を使ったお漬物で、昔からこの地方でよく作られてきました。

普通のたくあんは一度大根を干してから漬けるのですが、「紀の川漬け」は畑で採れた大根を、そのまま漬ける早漬けたくあんです。

早漬けのお漬物なのでクセが少なく、他の漬物と比べると塩分濃度が低いのが特徴。みずみずしい食感の優しい味付けで、いくらでも食べられそうな雰囲気です。

「紀の川漬け」は全国的にも有名で、商品化されているものも多い郷土料理。和歌山を観光で訪れた際は、ぜひお土産品として購入されてみてください。

関西圏の郷土料理

滋賀県で観光客にお勧めしたい郷土料理を厳選

奈良県で観光客にお勧めしたい郷土料理を厳選

兵庫で観光客にお勧めしたい郷土料理を厳選