関西LOVERS

関西の鰻の名店を厳選

2016年07月28日(木)/関西


土用の丑の日は土用の間のうち十二支が丑の日。土用の丑の日に鰻を食べる習慣が広まったのは、江戸時代の発明家「平賀源内」の発案によるものというのは有名な話ですが、実際に鰻にはビタミンA、Bが豊富に含まれていて、夏バテ防止に効果があるのです。でもせっかく食べるのなら美味しい鰻を食べたい。というわけで、今回は味自慢の関西の鰻の名店を厳選してご紹介します。

関西の鰻の名店を厳選

PR

関西 鰻 名店チェック大阪の鰻の名店

☆鰻家(うなぎや)

鰻家 店

西中島にある鰻専門店。10席ほどのカウンター席だけの小さなお店ですが、清潔感のある、割烹料理屋のような佇まいです。注文が入ってから鰻を捌いて炭火で焼くので少々待ちますが、焼き立ての鰻の蒲焼きと熱々のう巻きを味わえます。カウンターから職人の仕事が眺められるのも楽しみの一つ。

鰻家 うなぎ

「うな重」は一尾を使い、ランクによって大きさが異なります。「うな丼」は半身。すべてに「きも吸い」と「香の物」が付き、うな重の上には「うまき」、特上には更に「うざく」と「八幡巻」が付きます。関西風なので、蒸しの行程の入っていない鰻は表面はパリパリで香ばしく、中はふわトロ。ほど良い濃さのタレが良く合います。ご飯にはタレが掛かっておらず、鰻と一緒に食べると良い塩梅に。ふわふわ卵のう巻きや、出汁が効いて臭みの全くない肝吸いも美味。行列ができることもありますが、予約は不可ですので、時間に余裕を持ってお越しください。テイクアウトもできますが、こちらは予約が必要です。

鰻家
住所:大阪市淀川区西中島4-5-22 第3新大阪ビル 1F
電話:06-6302-7200
営業時間:[月~金] 11:00~17:00[土] 11:00~19:00
定休日:日曜日・祝日・第2、4月曜日
アクセス:地下鉄西中島南方駅から徒歩3分

☆吉寅(よしとら)

吉寅 店

堺筋本町にある創業80年の老舗の鰻屋。ビルが建ち並ぶオフィス街の中に、風情ある日本家屋が静かに佇んでいます。門から玄関口まで続く、石畳の長い導入路がなんともおしゃれ。暖簾を潜った玄関先で靴を脱いで上ります。まるで何方かのお屋敷にお邪魔するかのような気分になりながら、部屋へ案内されます。中庭を望むテーブル席とお座敷、2階にも個室などがあり、落ち着いた和の空間で、関東風の鰻を楽しめます。

吉寅 うなぎ

人気メニューは、お吸い物と香の物が付く「鰻丼定食」。お吸い物は肝吸い、肝赤だし、豆腐の赤だしから選べます。鰻は一尾を使い、蒸しの入ったふっくらと肉厚の身に、あっさり味のタレが良く合います。表面もパリッと焼かれていて香ばしく、蒲焼きの美味しさを堪能できます。

吉寅
住所:大阪市中央区備後町1-6-6
電話:06-6226-0220
営業時間:11:00~14:30(L.O.14:00)17:00~21:30(L.O.20:30)
定休日:日曜・祝日
アクセス:地下鉄堺筋本町駅から徒歩約8分

☆魚伊(うおい) 本店

魚伊 店

高殿にある慶応3年創業の老舗鰻専門店。活鰻卸問屋なので、目利による良質の鰻を提供してくれます。お店は、住宅街の中に一際目立つどっしりと風格のある古民家のような外観。店内はカウンター席とテーブル席、小上りがあり2階はお座敷になっていて和風の落ち着いた雰囲気。

魚伊 うなぎ

関西風の炭火焼きに拘った蒲焼きは、備長炭の強力な熱で焼き面はサックりと香ばしく、身はふんわりと柔らかな、独特の食感に仕上げています。やや甘めのタレですが、しつこくなく上品な味わい。鰻の定番、「うな重」と「うな丼」ですが、こちらはうな丼の方がお高くなっています。うな重の鰻は2/5尾、うな重の上は2/3尾となっていますが、お重にそれ以上の大きさの鰻が入らないので、1尾を使ったうな重の特上はどんぶりなのだそう。うな重、うな丼は肝吸いと香の物が付きます。こちらは鰻メニューが豊富で、ひつまぶしならぬ「ひつまむし」や「うなぎ茶漬け」「うなぎの燻製」などが味わえ、蒲焼きやひつまむしの定食も。

魚伊
住所:大阪市旭区高殿4-8-10
電話:06-6953-3707
営業時間:11:00~14:00/16:00~21:00
定休日:第2火曜日
アクセス:地下鉄関目高殿駅5番出口から徒歩5分
京阪電車関目駅から徒歩10分

チェック鰻にしはら

にしはら

谷町四丁目駅近くにある、こだわりの鰻屋さん”鰻にしはら”。上品な甘みのあるタレは絶品で、ふわふわの鰻との相性が抜群で、タレがしみこんだご飯がまた美味しくてぺろりと一杯食べれてしまいます。鰻を焼いてもらえる為、料理が出てくるまでに30分程度時間がかかるので、あまり時間がない人は予約で時間を指定するとその時間で料理が出るように準備してもらえます。

住所:大阪市中央区北新町4-12
電話:06-6926-4478
営業時間:火~日11:00~14:00、17:00~21:00
定休日:月曜、第二火曜

チェックうなぎのじん田

1

カジュアルな天満の町並みの中に、一際高級感漂う店内。約100年間培った技術、そして焼きたての鰻を提供してくれる老舗。なんとうなぎのタレは初代1914年から守り続けているのだとか。テイクアウトもOKですよ。

じん田
ジャンル うなぎ
お問い合わせ 06-6882-5115
住所 大阪府大阪市北区池田町7-6 じん田
営業時間
9時~17時(1階店舗) /11時~15時(2階食堂ランチ) /17時~22時(21時30分LO)

伊賀喜

伊賀喜

天満橋近くにある鰻屋、伊賀喜。特徴としては、やや甘めに作られたタレと一緒に食べる鰻が関西風地焼き鰻であり、肉厚。食感も、まるで蒸しているかのように柔らかいです。接客も女性のスタッフさんは教育が行き届いており、フレンドリー。ご飯の大盛りは無料ですから、是非大盛りのご飯をご注文の上、肉厚で濃厚な鰻と一緒にお召し上がりくださいませ。

伊賀喜
お問い合わせ 06-6941-5678
住所 大阪府大阪市中央区谷町1丁目6-5 伊賀喜ビル
営業時間 [月〜金] 11:15〜19:30 [土] 11:15〜13:30
定休日 日曜日

チェック本家柴藤

4

創業300年以上の老舗であり、5階建てのビル全体が全てこちらの鰻屋である本家柴藤。シンプルで飾り気のない店内。こちらも地焼き鰻であり、備長炭で焼き上げるのが特徴です。使われる鰻は、◯◯産とかではなく、市場にて卸業者との長年の信頼と料理人の経験で一匹一匹を目利きしたものを使っており、たれは本たまり、本味醂、灘の酒を使った創業以来の製法を守り続けたタレを使用。値段は4000円以上と高めですが、お値段以上にもなる良好な鰻と言えるでしょう。

本家柴藤 (しばとう)
お問い合わせ 06-6231-4810
住所 大阪府大阪市中央区高麗橋2-5-2
営業時間 11:00~14:00(LO) 17:00~20:30(LO)
定休日 日・祝日・土曜不定休(但し六~九月の土曜、七月の祝日は営業)

チェック志津可

5

堂島川に面した最高のロケーション。西天満にある老舗鰻屋である志津可。景観の良いテーブル席、掘りごたつの完全個室、最大18名様対応のお座敷があります。こちらのもお店ですが、江戸前鰻が美味しいと評判があり、特に食べて欲しいのが、特選鰻重。なんと特選は1日20尾限定の共水鰻を使用。

共水うなぎとは、最高級ブランド鰻として名高いですね。食べ応え十分です。

他にも、大阪・淀川の天然うなぎも取り扱っています。職人の技と炭火にこだわった、ふわっと柔らかい最高の鰻を是非ご賞味ください。

志津可 (しずか)
お問い合わせ 06-6364-9129
住所 大阪府大阪市北区西天満1-13-7
営業時間 昼11:00~15:00/夕17:00~21:00
定休日 日曜・祝日

チェック江戸前うなぎ あさず

5

住吉にある「江戸前うなぎ あさず」では小ぶりな鰻の江戸前鰻を食べられます。黒を基調にした店内でジャズが流れており、おしゃれ空間のためデートにも最適。お店はカウンタ−、テーブル席、座敷があります。メニューはうな重(上)3500円、うな重(中)1800円、う巻き、肝串、鰻ざくが各1000円、白焼き2850円。そして、ひつまぶしが3700円。

江戸前うなぎ あさず
お問い合わせ 06-6678-6556
住所 大阪府大阪市住吉区万代6-18-2
営業時間 11:30~14:00 17:00~20:00 日曜営業
定休日 月曜日

チェックふくのや

7

ふくのやは北新地にあり、ランチに行くのがおすすめ!夜は高級割烹店であることもあり、財布には厳しいかもしれません。特徴としては、鰻一尾分を使用した鰻重(3000円)が食べられる点。江戸前の蒸焼きです。他にもふぐが有名であり、綺麗に並べられたフグの刺身である「てっさ」なども美味しくいただけます。

ふくのや
お問い合わせ 06-6341-2908
住所 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-11 北陽ビル 1F
営業時間 11:30~13:15 17:00~22:00
定休日 日曜・祝日

チェック舟屋

舟屋 大阪

こちらもうな丼のお店で、JR寺田町すぐの好立地。関西風の腹開きと関東風の蒸しの二つの良いところをとった方法で調理されていて、ふわふわの鰻を楽しめます。店内は満席のことが多いですが、回転率が比較的早く待ち時間も少なく料理にありつけます。予約は不可ですが、お弁当としてテイクアウトも可能。時間がない人はテイクアウトでうな丼を楽しむことも。

住所:大阪市生野区生野西2-1-34
電話:06-6741-7625
営業時間:11:30~14:30、16:30~21:00 ※持ち帰りの場合は11:30~21:00
定休日:木曜、月一回臨時休業あり

関西 鰻 名店チェック兵庫の鰻の名店

☆うなぎ割烹 きた八

きた八 店

夙川駅から阪急沿線を西宮北口方向にしばらく行った辺りのビルの1階に全部で14席ほどの小ぢんまりとした店内ですが、1本の栃の木から造られているというカウンターやテーブル席は見事。実家が鮮魚店という目利の店主が厳選する鰻は大きくて肉厚。注文が入ってから焼き上げますので、20分ほど待つことになります。

きた八 うなぎ

こちらの蒲焼きは関西風ですが、使うのは炭火ではなく上火式のグリラーで焼き面はパリパリの絶妙な焼き加減。鰻重、鰻丼はもちろんですが、こちらの自慢は「櫃(ひつ)まぶし」。まず1杯目はそのままで、刻んでもパリッとした鰻の食感を楽しみ、2杯目は昆布と鰹を使ったコクのある熱々の出汁をかけ、みつ葉とわさびを添えて戴きます。3杯目はお好みで。2杯目に出汁をかけずにみつ葉とわさびの薬味だけで戴いて、3杯目に薬味と出汁で戴く食べ方もお勧めです。

うなぎ割烹 きた八
住所:西宮市西田町5-4 的場ビル 1F
電話:0798-73-9333
営業時間:11:30~13:15/17:00~21:00
定休日:木曜日
アクセス:阪急夙川駅、阪神西宮駅、JRさくら夙川駅から徒歩約12分

☆山信

山信 店

灘区の大石にある鰻店。住宅街に溶け込んだ普通の民家のような建物で、地元の方から親しまれているお店です。元々、卸とお持ち帰りの店だったこともあり、店内はカウンター席とテーブル席合わせても12席ほどと小さく、行列ができることも。

2012/ 7/18 11:34

炭火で焼かれた関西風の蒲焼きは、ふわふわの絶妙な焼き加減でタレはあっさりと優しい味付け。メニューは鰻丼で「並丼」鰻2切れ1300円、「上丼」鰻3切れ1900円、「特丼」鰻4切れ2500円の3種類。すべてに味噌汁が付き上・特丼には肝の串焼き1本も付いて来ます。これでこのお値段ですからCP抜群。しかもご飯の大盛りは無料。蒲焼きや鰻丼のテイクアウトも可能。

山信
住所:神戸市灘区大石南町1-4-7
電話:078-881-3039
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日
アクセス:阪神大石駅から徒歩6分
阪神西灘駅から徒歩12分

☆割烹 戎家

戎家 店

芦屋にある1933年創業の鮨と鰻の老舗割烹料理店。和モダンの高級感のあるお店は、1階がカウンター席とテーブル席、2階はお座敷になっており、ゆっくりと食事が楽しめます。

戎家 うなぎ

こちらのお店では、”江戸焼うなぎ”と呼ばれる関東風の鰻と、希少な備前入江の「天然アオうなぎ」が味わえます。

アオうなぎは川と海の混じり合う汽水域に生息し、主に栄養豊富なアナジャコを餌にしていることから、独特の旨さがあるとされています。

その名の通り背が青い色をしており、皮が柔らかく、丸々と太っているのに上品な脂で、嫌なしつこさがありません。この天然アオうなぎを、蒲焼、白焼、うな重(肝吸い付き)、ひつまぶしといったメニューで、5000円から戴けます。冬は冬眠するというアオうなぎ。毎年4月頃~11月頃まで提供されます。貴重な鰻なのでお値段は張りますが、一度食べたら虜になるかもしれません。

割烹 戎家
住所:芦屋市前田町4-10
電話:0797-22-4533
営業時間:11:30~14:00
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
アクセス:JR・阪神芦屋駅、阪急芦屋川駅から徒歩10分

☆東京竹葉亭 西宮店

東京竹葉亭 西宮店

東京竹葉亭 西宮店は銀座の竹葉亭からのれん分けされたお店。江戸前の鰻蒲焼を中心とした伝統の懐石料理が楽しめます。そのクオリティーの高さからミシュランで一つ星も獲得。うな重やひつまぶしだけでなく、ウナギのコース料理も。特にうな重は桐と葵があり、葵はご飯の間にもウナギが挟まっています。特徴としては、鰻を一度蒸し上げた後、三回タレをくぐらせて焼き上げている点に尽きるでしょう。そのため、ふっくらと柔らかく、伝統のタレの風味が口中に広がり非常に美味しいです。

東京竹葉亭 西宮店
お問い合わせ 0798-37-3939
住所 兵庫県西宮市鞍掛町5-1 白鷹禄水苑内
営業時間 [月~金] 11:30~14:30 17:00~21:00
[土・日・祝] 11:00~15:00 17:00~21:00
定休日 第1・第3水曜日

☆青柳

青柳

創業63年で神戸・元町界隈の中でも老舗。特徴としては辛さと甘さのバランスが絶妙の自慢のたれ。そして四国高知のうなぎを使っている点。しかも焼き方には工夫があり、地焼きの関西風のため香ばしさが絶妙です。ランチタイム(11~14時)には、『鰻柳川定食』(1575円)や『鰻茶漬け』(1365円)など吸い物や小鉢、香物付のメニューが5種あり、リーズナブルに鰻を楽しめす。

青柳 (アオヤギ)
お問い合わせ 078-331-2292
住所 兵庫県神戸市中央区元町通3-11-14
営業時間 11:00~14:00、17:00~21:00
定休日 月曜

☆青葉 三宮店

青葉 三宮店 (あおば)

三ノ宮駅から徒歩5分程の場所にあり、朱色の暖簾が目印の老舗。江戸前うなぎではなく、関西風うなぎが楽しめます。こちらも上記のお店同様とても人気があることから満席になる前に行くことをおすすめします。おすすめは鰻重(3200円)。焦げ目にたれが絡まっていて、ジューシー。

青葉 三宮店 (あおば)
お問い合わせ 078-321-0339
住所 兵庫県神戸市中央区北長狭通2-8-5 阿部ビル 1F
営業時間 [平日] 11:30 – 14:30/17:00 – 21:00 [土曜日] 11:30 – 14:30/17:00 – 21:00 [日曜・祝日] 11:30 – 14:30/17:00 – 21:00
定休日 水曜日