関西LOVERS

夏は冷麺!関西の美味しいお店を厳選

2016年07月03日(日)/関西


7月7日は七夕ですが、「冷やし中華」の日でもあります。
この日が二十四節気の「小暑」となることが多く、夏らしい暑さが始る頃で、冷やし中華の美味しい季節になるからだとか。
そこで今回は、冷やし中華などの冷麺の美味しいお店をご紹介。
暑さで食欲がない時でも冷麺ならツルッと食べられて、そうめんや蕎麦よりも具材が多いので栄養も豊富です。

PR

チェック◆大阪の冷麺の美味しいお店

☆大観苑(たいかんえん)

大観苑

出典:www.gourmetbiz.net

ホテルニューオータニ大阪の3階にある中華料理店。
広い店内はゴージャスで、窓からの見晴らしも良く、ホテルらしい落ち着いた雰囲気。
毎年夏に登場して、人気を博しているのがランチメニューの「涼麺」です。
麺の種類を選んで、お好きな具材を載せて戴く、見た目にもスタイリッシュで一風変わった冷麺です。
麺は、トマトを練り込み、香りと酸味が楽しめる「トマト麺」、ほうれん草を練り込んでコシのある「翡翠麺」、黒ゴマを練り込んで香ばしい「黒胡麻麺」の3種から選べます。
具材は、蒸し鶏や海老、帆立、生湯葉に、オクラやミョウガなどの夏野菜のサラダ等をご用意。
ご自分で?の上に乗せ、特製の胡麻ダレを掛けて完成です。
ヘルシーでサッパリとした冷麺に、コクのある胡麻ダレが良く合います。
これにスープと中華風いなり寿司が付いて、大変お得なメニューとなっています。

大観苑
住所:大阪市中央区城見1-4-1ホテルニューオータニ大阪 3F
電話:06-6949-3215
営業時間:11:30~14:30/17:00~21:30
※「涼麺」の期間は2016年5月23日(月)~8月31日(水)
定休日:無休
アクセス:JR大阪城公園駅から徒歩3分
地下鉄大阪ビジネスパーク駅から徒歩3分
京阪京橋駅から徒歩8分

☆冷麺館 鶴橋店

冷麺館2

出典:tabelog.com

鶴橋にある、手打ち冷麺専門店。
小ざっぱりとしたシンプルな店内で1人でも入り易く、冷麺と韓国料理が気軽に味わえます。
冷麺は運ばれて来ると、店員さんがハサミで長い麺をカットしてくれます。
手打ちそば粉を使った麺は固茹でかなりの歯応え。
噛む程に麺の旨さが感じられます。
牛骨の旨味が凝縮された透き通ったスープはキンキンに冷え、あっさりとしたお味で夏にピッタリです。
お酢や辛味噌も用意されていて、お好みの味に仕上げることもできます。
他に、さつまいも粉の麺を使った「激辛ビビンメン」など冷麺メニューは数種類あります。
お勧めは、キムチとおにぎりの付いたお昼限定の「手打ち冷麺定食」。
激辛ビビンメンの定食もあります。辛さに自信のある方は挑戦してみては?

冷麺館 鶴橋店
住所:大阪市東成区東小橋3丁目19-9
電話:06-6977-7744
営業時間:11:30~15:30(L.O.15:00)/18:00~24:00 (L.O.23:30)
[日・祝]11:30~15:30(L.O.15:00)/17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:水曜日
アクセス:JR・近鉄・地下鉄鶴橋駅から徒歩3分

☆蔓牛(つるぎゅう)

蔓牛

出典:tabelog.com

中央区は松屋町筋沿いにある焼肉店で、日本橋周辺で最高級の但馬牛が味わえるお店として有名です。
落ち着いた雰囲気の店内はカウンター席やテーブル席の他に、お座敷や半個室もあり、いつもお客さんの活気に溢れています。
焼肉はもちろんですが、サイドメニューで人気なのが「自家製チョンマル冷麺」です。
この冷麺だけを食べに来るお客さんもいるほど。
こちらの冷麺は注文すると、粉から麺を打ち始めます。
カウンター席ですと、この麺打ちのパフォーマンスも楽しめるようです。
少々待たされますが、しっかりとした弾力のあるシコシコの麺ができ上がります。
5時間以上掛けて作るというスープは、さっぱりとしていて麺との相性も良く、ツルッとした喉ごしを楽しめます。

蔓牛
住所:大阪市中央区瓦屋町3-5-14
電話:06-6767-2989
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:月曜日(祝日の場合火曜に振り替え)
アクセス:地下鉄日本橋駅7番出口から徒歩7分
地下鉄谷町九丁目駅2番出口から徒歩7分

チェック◆兵庫の冷麺の美味しいお店

☆元祖 平壌冷麺屋(へいじょうれいめんや) 本店

2013/08/26 12:52

出典:tabelog.com

長田にある、焼肉と冷麺のお店。
日本で初めて韓国冷麺を提供したお店として有名です。
シンプルで清潔感のある店内で、2階席もありますが、お昼時には行列ができることも。
人気の冷麺は特大、大、小の3サイズから選べ、ロース焼肉入りの「スペシャル」もあります。
こちらの冷麺は注文が入ってから麺を打つので少々待たされることもありますが、しっかりとコシのある少し透き通った綺麗な太麺。
スープは酸味のあるあっさり味で、ツルツルと喉ごしも最高です。
途中で卓上のお酢や、自家製ヤンニョンジャンを加えると、味の変化を楽しめます。
他に「ビビン麺」や温かいスープの「温麺」もあり、小サイズの麺類とミニ牛肉丼やミニビビンバなどがセットにできるランチメニューもあります。
焼肉の締めにもどうぞ。

元祖 平壌冷麺屋 本店
住所:神戸市長田区細田町6-1-14
電話:078-691-2634
営業時間:11:30~20:00
定休日:火曜日
アクセス:地下鉄新長田駅から徒歩3分
JR新長田駅から徒歩4分

☆noodle kitchen 美伸(ヌードルキッチンびしん)

美伸

出典:tabelog.com

三宮のさんプラザ地下1階にある、2015年10月にオープンしたばかりの冷麺専門店。
店内は白を基調としていて清潔感があり、カウンター席とテーブル席があります。
小ぢんまりとしているので、お昼時などは行列ができることもしばしば。
冷麺メニューはスタンダードな冷麺の他に、「涼風冷麺」や「スタミナ冷麺」「ビビン麺」など10種類近くあり、半玉の冷麺とミニ石焼ビビンバやミニぼっかけ丼などのセットメニューもあります。
冷麺は弾力のある麺と酸味のあるスープでさっぱりと戴けます。
お勧めは「ぼっかけ冷麺」で、こちらの看板には“元祖”の文字が躍っています。
スジ肉やコンニャクなどの具材がたっぷりで、満足できる一品です。

noodle kitchen 美伸
住所:神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザ B1F
電話:078-332-1270
営業時間:[月~水・金] 11:30~15:00/17:00~22:00(L.O.21:30)
[土・日・祝] 11:30~21:00(L.O.20:30)
定休日:木曜日
アクセス:JR、阪急三宮駅から徒歩2分
地下鉄旧居留地・大丸前駅から徒歩2分

☆麺日和 三雲

麺日和 三雲

出典:tabelog.com

舞子にある、2015年11月にオープンしたばかりの、いろんな麺が味わえる「麺カフェ」。
大きな通りからは外れて、入り組んだ路地にひっそりと佇む隠れ家的なお店です。
建築科出身というオーナーシェフと美大出の店舗オーナーが、3年の月日を掛けて古民家を改造。
随所に手作り感のある、お洒落なお店に仕上がっています。
メニューも2人で研究を重ねたこだわりの品々です。
冷麺の他に、うどんや蕎麦、フォーなどを使ったオリジナルメニューが豊富。
お店の名物は「三雲冷麺」で、小さな穴から押し出して作られる本格押出製法の麺は、驚くほどの弾力があり、しっかりとした食感を楽しめます。
スープは大根の水キムチをベースにしていて、キムチに含まれる乳酸菌と野菜のビタミンやミネラルなどが一緒に取れるので、ヘルシーな冷麺になっています。
冷麺メニューには「豆乳冷麺」や「青汁冷麺」「竹炭冷やし中華」などがあり、夏バテ防止に良さそうですね。
麺類とご飯物がセットになった、お得でボリュームのあるランチもあります。

麺日和 三雲
住所:神戸市垂水区舞子台6-8-5
電話:078-784-7444
営業時間:11:00~23:00(L.O22:00)
定休日:第三水曜日
アクセス:JR舞子駅・山陽西舞子駅から徒歩約5分

チェック◆京都の冷麺の美味しいお店

☆アジョシ 祇園本店

アジョシ

出典:tabelog.com

八坂神社の近くにある韓国料理店。
カウンター席とテーブル席があり、店内はちょっとシックで落ち着いた雰囲気。
本格韓国料理とそれに合うお酒を数多く取り揃えています。
看板メニューは「アジョシ特製冷麺」。
注文を受けてから蕎麦粉を使った生地を捏ね、韓国から取り寄せた冷麺専用の機械に入れて製麺します。
綺麗に透き通った麺はコシがあり、独特の歯応えがあります。
牛肉と香味野菜などを煮込んだスープはあっさりとしていて、いくらでも食べてしまえそうです。
お酢や辛味調味料が用意されていますので、お好みの味にアレンジも可能です。
翌朝まで開いているので、飲んだ後の締めにも利用できます。
2015年にオープンした、冷麺に特化した冷麺専門店の「アジョシ三条木屋町店」もあります。
詳しくはHPをご覧ください。

アジョシ 祇園本店
住所:京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル清井町492-3
電話:075-531-8150
営業時間:17:30~翌7:00(L.O.6:00)
定休日:水曜日
アクセス:京阪祇園四条駅から徒歩約10分
阪急河原町駅から徒歩約15分

☆中華のサカイ みその橋店

中華のサカイ みその橋店

出典:tabelog.com

昭和14年創業の「中華のサカイ」から昭和57年に独立。
以来、マスコミにもしばしば取り上げられる人気店です。
町の中華屋さんのイメージそのままの飾らない外観ですが、店内は意外に広く、カウンター席とテーブル席の他にお座敷もあります。
看板メニューは冷麺で、中でも名物は「焼豚冷麺」。
胡麻ダレベースに、醤油とマヨネーズをブレンドした濃厚なタレで、ほど良い酸味とまろやかな甘味、そしてからしのほのかな辛味があります。
弾力のある、モチモチの太目の自家製中華麺との絡みも良く、ツルツルっと戴けます。
冷麺にご飯とサラダ、漬物の付いた定食もあります。

中華のサカイ みその橋店
住所:京都市北区大宮東総門口町38-3
電話:075-492-4965
フリーダイヤル:0120-014-270
営業時間:11:00~23:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)・正月三が日
アクセス:京都市バス大宮田尻町停留所から徒歩1分

☆新町 招福亭

新町 招福亭

出典:tabelog.com

東本願寺近くにある、昔ながらの蕎麦屋さん。
ノスタルジックな味のある外観と趣のある店内で、妙に落ち着きを感じます。
蕎麦やうどん、丼物のメニューが豊富ですが、こちらの特徴は蕎麦メニューに使われる全ての麺が、自家製の「茶そば」なのです。
夏季限定の冷麺ももちろん茶そばで、「茶そば冷麺」は、麺の美しい緑色が目にも鮮やかな一品。
海老や茹で卵、蒸し鶏などの具材もたっぷりで、茶そばと中華風のタレのコントラストが面白く、クセになるお味。
食欲の落ちる夏場でも、ツルツルッと行けそうです。

新町 招福亭
住所:京都市下京区新町通六条下ル艮町891
電話:075-351-6111
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
アクセス:地下鉄五条駅から徒歩5分
地下鉄京都駅から徒歩11分

関西では冷やし中華のことを冷麺と呼ぶところが多いです。
特に京都はこの傾向が強く、関西以外から来られた方は、冷やし中華を注文したのに、店員さんが「冷麺ですね」と言ったとしても、驚かないでくださいね。

PR