関西LOVERS

関西で美味しい絶品オムライスの名店ランキング

2016年05月28日(土)/関西


子どもから大人まで、みんな大好きオムライス。東京・銀座と並んで、大阪・汐見橋がオムライスの発祥の地だってご存じでしたか?そんな老舗店や個性的なお店など、絶品オムライスの店を中心にピックアップ。関西で美味しい絶品オムライスのお店を厳選してご紹介いたします。

PR

関西 おすすめ オムライス大阪で食べるオムライスの名店ランキング

グリル欧風軒

グリル欧風軒 オムライス

知る人ぞ知る、梅田駅近くの美味しい洋食屋さん。場所は東梅田駅から徒歩で1~2分、大阪駅前第四ビルの地下2階。メインはオムライスで、オムライス+ハンバーグ、オムライス+海老フライ等、オムライス+αのメニューを頼む方が多いです。気になるオムライスはふわふわ、中のチキンライスも美味しいです。また、オムライスの添え物であるキャベツの千切り野菜とマカロニサラダの味も濃厚です。

 グリル欧風軒
ジャンル 洋食、ハンバーグ、オムライス
電話番号: 06-6344-3270
住所 大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル B2F
営業時間 11:00~21:00(L.0)
定休日 年末年始

浪花オムライス

浪花オムライス

KAGOME主催の「オムライススタジアム」で全国大会4位入賞している実力派のオムライス。ここのオムライスはなんと!どて焼きととろとろ卵の融合体でできているのです。トッピングでチーズをかけると写真の通り。

筆者のおすすめも上述の写真の通り、なにオムチーズ1600円!ちなみに、カウンターには、「京はばねろソース」「バルサミコ酢」「がり(お寿司やさんにある)」が置いているので、お好みに合わせてどうぞ。サイズ変更やトッピング、味のバリエーションも豊富なのは嬉しいところ。

浪花オムライス
ジャンルオムライス、洋食、コーヒー専門店
お問い合わせ 06-6245-7206
住所 大阪府大阪市中央区南船場3-11-27 日宝シルバービル1F
営業時間 10:00~20:00
定休日 月曜日

北極星 心斎橋本店

北極星 店

オムライスは、北極星の先代が、大正11年に汐見橋で始めた「パンヤの食堂」で生まれたそう。胃の弱い常連客が、いつも白ごはんとオムレツを食べているのを見て、同じものばかりでは気の毒だと、マッシュルームと玉ネギを炒めてケチャップライスを作り、それを薄焼き卵で包んで出して上げたそうで、大変喜ばれたのだとか。

料理の名前を訊かれた先代は咄嗟に「オムレツとライスを合わせてオムライス」と答え、これがオムライスの誕生となりました。現在の北極星本店は心斎橋にあります。築昭和25年の日本家屋で、お客さんは靴を脱いでお座敷に上がります。綺麗に手入れされた中庭もあり、純和風の空間で、洋食が戴けるという趣向です。

北極星 オムライス

お店の名物はもちろんオムライス。スタンダードなオムライスは、ケチャップライスに入れる具材を、チキンやきのこ、ポークやエビなど8種類の中から選べます。

中でも、一番人気は「チキンオムライス」。フワフワの薄焼き卵は、しっかりとトロトロの間の絶妙な半熟加減で、素人には真似のできないプロの技を感じます。バターで炒めたライスは、ケチャップ少なめの薄味。上からたっぷりと掛けられたトマトソースは鶏ガラや野菜の旨みが凝縮されたコクと甘味があり、あっさりめのライスとの相性抜群!

オムライス+からあげ、オムライス+ハンバーグのランチや、エビフライと味噌汁が付くオムライスセットなど、お得なセットも充実。大阪に数店舗と京都にも支店があり、それぞれで限定メニューなどもありますので、HPをチェックしてみてください。

北極星
住所:大阪市中央区西心斎橋2-7-27
電話:06-6211-7829
営業時間:平日11:30~22:00土日祝11:00~22:00 ※ラストオーダー閉店30分前
定休日:無休(12月31日・1月1日のみ)
アクセス:地下鉄なんば駅25番出口から徒歩5分

ジャンジャンブル

ジャンジャンブル 店

高槻にあるオムライス専門店。テーブル席とカウンター席を合わせても12席ほどの小ぢんまりとしたお店で、すぐに行列ができてしまう人気店。

メニューはオムライスのみで、「ハッシュドビーフオムライス」や「野菜のトマト煮込みオムライス」など10種類ほどあります。

一番人気は「ケチャップオムライス」で、分厚いふわトロ卵に包まれた、これまたふんわりと炒められたケチャップライスが、口の中でふんわり。ライスには玉ネギと厚切りベーコンがたっぷり入って、旨味と食感を引き立てています。

ジャンジャンブル オムライス

更に、限定8食の「ハンバーグオムライス」もお勧め。シェフ自慢の分厚い手作りハンバーグが、オムライスの上にドンと乗っかっています。玉ネギたっぷりのバターライスをふわふわ卵で包み、ジューシーなハンバーグの上から濃厚なグレイビーソースが掛けられた、味、ボリューム共に大満足の一品。

こちらのオムライスは、どれもとにかくデカイ!なので男性の方でも充分満腹になりますが、女性の方は50円引きの小サイズにされた方が無難です。お昼だけの営業で、オムライスが売切れ次第終了ですので、早めに行かれることをお勧めします。

ジャンジャンブル
住所:高槻市松原町7-4
電話:072-674-1919
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:00)
定休日:火曜日
アクセス:阪急高槻市駅から徒歩約7分/JR高槻駅から徒歩約15分

ムグニ

ムグニ 店

心斎橋にある人気の洋食屋さん。テーブル席、カウンター席合せても10席ほどしかない小さな可愛らしいお店で、行列ができることもしばしば。名物は6種類ほどあるオムライスで、中でもお店の自慢は「ゴルゴンゾーラチーズソース」。オムライス全体にたっぷりと掛けられているのは、ゴルゴンゾーラ独特の風味がほんのり香る白いソース。あっさりした味付けのチキンライスと、それを包むトロトロの卵に濃厚チーズソースが絡んで堪らない美味しさ。思わずワインが欲しくなります。

ムグニ オムライス

ゴルゴンゾーラが苦手な方でも、きっとハマる一品。ムグニではソースのハーフ&ハーフが可能で、ゴルゴンゾーラをメインに、もう一方を「カレーソース」「ハヤシソース」「フルーツトマトソース」の3つから選べます。人気はフルーツトマトとの組み合わせ。ゴルゴンゾーラの白とトマトの赤が美しく、食欲をそそります。サラダやスープなどが付くセットメニューも。

ムグニ
住所:大阪市中央区西心斎橋2-9-5 日宝三ツ寺会館 1F
電話:06-6212-5068
営業時間:11:30~21:30
定休日:不定休
アクセス:地下鉄心斎橋駅から徒歩5分
地下鉄なんば駅から徒歩7分

長屋オムライス

長屋オムライス

赤壁のカラフルな店内は、アットホームな雰囲気。カレーオムライスやきのこオムライスなど、多彩なメニューがあるのは嬉しいですが、やはり注文して欲しいのはシンプルなオムライス。というのも、ご飯の上に惜し気もなく奢られた分厚いオムレツの中身は半熟のふわふわとろとろで、オムライス好きなら堪らない内容に仕上がっているからです。西梅田駅の近くでみんなでも、1人でふらっと立ち寄る際にオススメです。

長屋オムライス 大阪駅前第一ビル店
ジャンル オムライス、洋食、定食・食堂
問い合わせ 050-5872-7661
住所 大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル B2F
営業時間 [月~日] 11:00~20:30(L.O)
定休日 無休

関西 おすすめ オムライス京都で食べるオムライスの名店ランキング

くるみ

くるみ 店

河原町にある洋食屋さん。寺町通りのビルの地下という目立たない場所にありながら、常連さんでいつもいっぱいという、地元から愛されているお店です。
店内はテーブル席の他にソファー席もあり、どこか懐かしさを感じる落ち着いた雰囲気。
こちらはサラダの種類が豊富ですが、人気メニューは「インディアンオムライス」。

薄焼き卵が綺麗いに巻かれたライスは、大きめにカットされた野菜や鶏肉がゴロゴロと入ったドライカレー。

くるみ オムライス

掛けられているのはたっぷりのデミグラスソースで、その上にタルタルソースがポテッと乗っています。カレーの風味は薄めなので、コクのあるデミグラスソースと良く合います。更にタルタルソースを絡めると、酸味が加わって味に変化が出て、また違った美味しさになり最後まで飽きずに戴けます。添えられた福神漬けも良いアクセントに。

ボリューム満点で、これで600円はかなりお得。男性と女性ではオムライスのサイズが違うのも面白いですね。人気があるのも頷けるお店です。

くるみ
住所:京都市中京区寺町通四条上ル 菊水ビル B1F
電話:075-221-2222
営業時間:11:30~16:00
定休日:水曜・日曜日
アクセス:阪急河原町駅から徒歩3分
京阪祇園四条駅かえあ徒歩7分
地下鉄京都市役所前駅から徒歩11分

グリル 小宝

小宝 店

平安神宮横の岡崎通りにある、1961年創業の洋食屋さん。
前面ガラス張りの解放感のある外観で、店内は白壁と床やテーブルの木の色がコントラストを生む、スッキリとして落ち着いた空間。
35席ほどありますが、行列ができるほどの人気店です。
メニューが豊富で、「ヤキメシ」や「ハイシライス」などのご飯ものも9種類ほどあります。
特に「オムライス」が有名で、大、中、小と3つのサイズが用意されています。
かなりボリュームがあり、小でも一般的なオムライスぐらいのサイズがあります。

小宝 オムライス

こちらのオムライスの特徴は、ドロリと掛けられている「ドビソース」。ブイヨンに牛スジ、玉ネギ、人参を入れて弱火でじっくり煮込み、途中でケチャップ、イスパニアを投入して更に煮込み、18日間掛けてでき上がるソースです。デミグラスソースより濃厚で、コクと旨味が何層にも折り重なって芳醇な味わい。薄焼きの卵で綺麗に巻かれた昔ながらのオーソドックスなオムライスを、ご馳走に変えてしまう魔法のソースです。ドビソース2倍(150円増し)を注文されるお客さんも多く、人気の高さが窺えます。

グリル 小宝
住所:京都市左京区岡崎北御所町46
電話:075-771-5893
営業時間:11:30~21:45
定休日:火曜日・第2、第4水曜日・12/31~1/3
アクセス:地下鉄東山駅から徒歩11分

関西 おすすめ オムライス兵庫県で食べるオムライスの名店ランキング

カラーズ

カラーズ 店

神戸西区は伊川谷にあるカフェダイニング。メインの通りからは奥まった場所にありますが、オムライスが人気のお店で、10席ほどの小ぢんまりとした店内は、お客さんで賑わいます。

こちらはオムライスの種類が尋常じゃなく豊富。なんとオムライスだけでメニューが8ページにも及ぶほど。基本のライスはケチャップライス、和風ピラフ、中華ピラフ、カレーピラフから選べ、更にソースや具材、トッピングの種類があり、どれにしようか途方に暮れます。

お店の一番人気は「エビマヨオムライス」。中華ピラフをふわふわトロトロの卵で包み、マヨネーズが掛けられた上にプリプリのエビが3匹乗っています。

カラーズ オムライス

マイルドな甘めのマヨネーズが意外にあっさりとしていて、上品な仕上がり。

オムライスはS~Lまで3サイズあり、Mサイズでも普通サイズの1.5~2倍ほどもありボリューム満点。お得なランチもあり、お好きなオムライスを選んで、そのオムライスの値段のままでミニサラダ、ドリンク、アイスクリーム(平日のみ)が付いてお勧めです。

カラーズ
住所:神戸市西区伊川谷町有瀬1288 井上ビル
電話:078-976-6222
営業時間:11:00~22:00 ※ランチタイム11:00~15:00
定休日:木曜日
アクセス:神姫バス生田停留所すぐ

L’Ami(ラミ)

ラミ 店

旧居留地・大丸前駅すぐ近くにある洋食店。旧オリエンタルホテルとホテルオークラ神戸出身の2人のシェフが「気軽に楽しめる空間で、本当の洋食を伝えたい」との思いから、神戸洋食とワインの店として開店。カウンター席のみの小さなお店で、行列のできる人気店です。

こちらのランチは、「オムライス」や「ハンバーグ」、「ビーフシチューオムレツ」などが1000円を切るお値段で、サラダ、味噌汁、ご飯、漬物、一口デザートが付いているという大変優れたコスパ

ラミ オムライス
しかもご飯と味噌汁のお代わりが自由にできるというから驚きです。

さてさて肝心のオムライスですが、ランチのオムライスは薄焼き卵の至って極普通のものですが、是非お勧めしたいのはディナータイム限定の「ふわふわたまごのオムライス」。ケチャップ仕立てのチキンライスの上に、楕円形のふんわり卵が乗っていて、プルプルと揺れながら登場。

ラミ オムライス

素人には、こんな今にもはち切れんばかりのプルップルな絶妙卵は作れません。ナイフを入れると中身のトロトロの半熟卵がライスの上にゆっくりと広がって行きます。そこへお好みの量のデミグラスソースを掛けて戴きます。チキンライスとトロットロの卵とちょっと甘めのデミグラスの三位一体。至福の時です。

L’Ami
住所:神戸市中央区三宮町3-4-3
電話:078-327-7225
営業時間:ランチ11:00~14:45 ディナー17:00~20:30
定休日:月曜(祝日の場合、翌日が休み)
アクセス:地下鉄旧居留地・大丸前駅から徒歩1分/JR元町駅から徒歩2分 /阪神元町駅から徒歩2分

グリル一平 新開地本店

一平 店

1952年創業の老舗洋食店。新開地駅すぐの商店街にあり、ビルの2階で少々わかり辛いですが、地元の方も通われる人気店。カウンター席、テーブル席合わせて30席ほどの店内は、席の間隔がゆったりと取られていて広々としています。

こちらはデミグラスソースを使った料理が自慢で、「ハンバーグステーキ」や「スパゲティ・イタリアン」などの看板メニューがあり、中でも一番人気は「オムライス」。卵半個分だけで巻く、極薄卵のオムライスで、グリル一平ではこれができたら一人前という、シェフの登竜門的な料理だそう。

一平 オムライス

ライスは根気よく炒めて作る玉ネギペーストとロースハムを炒め、オリジナルのレッドソースと呼ばれる赤いタレを絡めて作ります。ライスだけでも既に美味しい。そこへ更に5~6日掛けて作るデミグラスソースを絡めて戴くと、深みのある濃厚な味が口の中に広がります。

どこか懐かしさを感じる優しい美味しさで、流石はお店の代名詞と言われる伝統の一品。
三宮と元町にも支店があります。

グリル一平 新開地本店
住所:神戸市兵庫区新開地2-5-5 リオ神戸 2F
電話:078-575-2073
営業時間:11:30~21:00(L.O.20:30) ※ランチタイム11:30~14:00
定休日:木曜日(祝日時は水曜振替)、第3水曜日
アクセス:神戸高速鉄道新開地駅9番出口から1分


最近流行りのふわトロ卵のオムライスもあれば、昔ながらの卵がきっちり焼かれたオムライスもあり、中のライスにも工夫がなされていたり。ソースもケチャップやデミグラスソースからオリジナルソースまでと、一口にオムライスといっても、色々奥深いものですね。皆さんはどのオムライスが食べてみたくなりましたか?

PR