関西LOVERS

関西の懐かしいローカルCM

2024年06月15日(土)/関西

チェック◆遊園地CM

☆びわ湖タワー


「びわ湖タワーへ行こ~!」

滋賀県大津市にあったアミューズメント施設。琵琶湖や比良山を一望できる展望塔のびわ湖タワーとその敷地内に遊園地、温泉付き宿泊施設などがある、滋賀最大の遊園地でした。今は閉園していて、当時世界一の高さだったという大観覧車は、ベトナムへ移設れました。

☆東条湖ランド


♪と~じょうこコランド~

兵庫県東条町にあった遊園地。東条湖ランドといえば、絶叫マシンというイメージがあり、スリルを求める若者で賑わっていました。現在は閉館し、跡には小さな子どもとファミリー向けの東条湖おもちゃ王国が開園しています。

☆箕面温泉スパーガーデン

♪みの~温泉、スパーガ~デン

関西人が普通に言えないあるあるの一つです。「箕面温泉スパーガーデン」を節を付けずに言おうとすると、非常にぎこちなくなります。大阪北部の箕面にあった温泉レジャー施設で、冬はスケート夏はプール、テニスなども楽しめました。現在では「大江戸温泉物語 箕面温泉スパーガーデン」。

☆びわ湖温泉 紅葉パラダイス

https://youtu.be/tg6T747jmr4
♪びわこ~温泉、こ~よ~パラダイス!

滋賀県はびわ湖温泉にあった、遊園地などのアトラクションを備えた温泉レジャー施設。インパクトのあったCMは、「はだか~てんごっく!こ~よ~パラダイス!」と歌いながら、腰にタオルを巻いただけの男性10人ぐらいが並んで背中を洗っているバージョンですが、残念ながら動画が見つかりません。紅葉パラダイスもなくなってしまいました。

☆姫路セントラルパーク


♪ひ~めせんゴーゴゴー!ひめせんゴーゴー!

兵庫県は姫路にある、サファリ形式の動物園と遊園地の複合施設。通称「姫セン」。マイカーでサファリパークを回れるのが特徴で、CMもそれを表現していると思われます。
が、こんなにボロボロにはなりませんのでご安心を。ちょっと特撮ヒーローものの主題歌ぽくって、中々の名曲です。

 

チェック◆スケート場CM

☆竜王スケート


「りゅうお~お~!」

かつて滋賀県にあった屋外スケートリンク。残念ながら今はもうありません。

☆三田スケート


♪お~お~き~な空をぉぉ、見ながらすべっろ~

兵庫県は三田市にあった屋外スケートリンク。残念ながら今はもうありません。

チェック◆結婚式場CM

☆クラレ白鷺


ク~ラ~レ~しら~さぎ~♪
かつて大阪は福島区の野田にあった、化学企業クラレが運営する結婚式場です。「クラレ白鷺が普通に言えない」と、関西あるあるネタにできるぐらい、みんなが口ずさめるメロディーでした。残念ながら、1998年に閉館してしまいました。

☆月華殿


♪げっかで~ん

大阪天王寺区の寺田町にあった結婚式場。CMソングを歌っているのは、当時絶大な人気。コミックソングの印象が強い彼らですが、たまにこういう心温まる楽曲も歌います。残念ながら、月華殿は閉館しています。

チェック◆旅館・ホテルCM

☆兵衛向陽閣


♪ありっまひょ~えのこ~よ~かっくへ~

有馬温泉で700年の歴史を持つ老舗旅館。このフレーズは、関西人の細胞の奥底に刷り込まれていると言っても過言ではないでしょう。元々はキダ・タロー氏が作曲した「兵衛向陽閣音頭」の一節で、全部で三番まであるそう。

☆ホテル ブルーきのさき


♪フゥ~、ブル~きのさ~き~

兵庫県の温泉地、城崎を代表する大きなホテルでした。時々、2時間ドラマの舞台にも使われていたと記憶しています。スピード感のある曲調に乗ったシャバダバダバダバダ~という軽快なスキャットと、対比する落ち着いた男性のナレーションが印象的。現在は、大江戸温泉物語 城崎温泉きのさきに変わっています。

☆月光園


♪月光園!月光園!あ、り、ま!

兵庫の温泉地・有馬にある温泉旅館。名前を連呼しているだけなのに、一度聞いたら忘れられません。

☆不死王閣


♪ふしお~かくはあいやや~、鮎に釣られて鮎茶屋へ~、伏尾の~鮎茶屋

大阪は池田にある温泉旅館。よく考えてみると不思議な歌詞ですが、当時はなんも考えないでよく歌ってました。

チェック◆深夜に流れていたCM

☆グランシャトー


♪京橋は~、ええとこだっせ~、グランシャトーが~おまっせ

グランシャトーは大阪・京橋にある総合レジャービルで、正式には「京橋グランシャトービル」といい、サウナやカラオケ、パチンコなどの施設があります。
まあ、そんなことは知らなくても、行ったことが一度もなくても、関西人ならほぼ100パーセントの人が歌えるという、恐るべき知名度を誇るフレーズです。
尚、CMに出て来るナイトクラブは、残念ながら閉店していまいました。

☆美園


「千日前、美園、美園おおぉぉぉ」

大阪は千日前のレジャービル。当時は500人収容の大宴会場やキャバレー、カラオケにディスコ、サウナに宿泊施設と何でも揃う商業施設が評判を呼び、最盛期には連日盛況だったそう。
そしてこのUFOでも飛んで来そうな意味不明な効果音と、派手なネオン、エコーの掛かった店名連呼が印象に残るCMでした。

現在の美園は大宴会場と宿泊施設はそのまま、キャバレーはイベントホールとなり、その他スナックや喫茶店などの店舗が入って営業を続けています。

☆ユニバース


「明日への活力、活力ぅぅ」

レジャービル美園にあったキャバレー。天井の高さ12メートルのスペースに、目も眩む絢爛豪華な電飾とミラーボール、仕掛けのあるステージ、ホステスの数も最盛期には1000人という、日本最大規模を誇った正に高度成長期の日本を象徴する店でした。

10代の頃の和田アキ子さんや売れる前のピンク・レディーなどが専属歌手だったそう。そしてこの扇情的なCM。子ども心に、このCMはいいのか?と心配したものです。現在ユニバースは内装をそのままにイベントホールとして貸し出されていて、そのカオスな昭和テイストの空間が現代の若者にウケているようです。

☆キャバレー サン


♪雨が降ってもサンサンサ~ン、風が吹いてもサンサンサ~ン

昭和のムード歌謡全開!大阪ミナミの老舗キャバレー。こういうお店は夜やってるもんだと思っていたので、昼の12時から開いていることに驚きました。元々千日前にありましたが、現在は東心斎橋に移っています。大阪でもすっかりキャバレーは少なくなってしまい、大阪の夜の文化がなくなってしまうようで寂しい気がします。

☆サロンまん


♪まんまん満月じゅうそ~の~まんまん真んっ中、サロンまん

かつて大阪は十三にあったナイトサロン。一度聞いたら忘れられないこのメロディーと歌詞。油断していると、つい口ずさんでしまいます。キャバレーサンと同じメガネのオジサンが出て来ますが、系列店なのでしょうか?サンは頑張っていますが、まんはなくなってしまいました。

☆洋酒喫茶セシボン

♪ウ~ン、セ、シ、ボ~ン

渋いオッチャンの歌声が印象的なこのCM。洋酒喫茶って何だかわからないけど、大人の行くところなんだろうなあとぼんやり思っていたものです。今は梅田花月もセシボンもありません。梅田花月の地下には梅田グランドという映画館もありましたが、それもなくなりました。

☆うめだの洞


「ハタチになったらうめだの洞」

大阪の阪急東通商店街にあった居酒屋で、自ら店の前で客の呼び込みをする名物社長が有名でした。その社長がCMにも出演。CMを見るたびに、ハタチになったら洞へ行かなきゃと思っていました。行かないうちに、お店はなくなってしまいましたけど。

☆たよし


♪た~んた~ん、た~よ~し行くよしたよし~

大阪でチェーン展開する居酒屋。歌っているのは出演もしているタレントの大久保怜さん。長年にわたり「素人名人会」の審査員長を務めていて、CMの中で大久保さんの決め台詞「名人賞!」が使われています。後ろで踊っているのはOSK日本歌劇団のみなさん。動画の途中で出て来る「とんぼり」は、たよしの道頓堀店。現在は「たよし」の名前で営業しています。

☆やぐら茶屋

「は~どんと来い!」
「Let’s飲みにケーション」

大阪に本社がある外食産業の会社「大和実業」の居酒屋。関西の深夜のCMといえば、その大半が大和実業グループでした。やぐら茶屋はなくなってしまいましたが、大和実業は「ダイワエクシード」と名前を変えて、全国に展開。

☆サンポッポ


「サントリー、サンポッポ、サンポッポ」

梅田にあったサントリーバー。BGMが「はぎや整形」と同じ。場所も「泉の広場上がる(サンポッポ2)」で同じ。もしかして同じCM制作会社?現在サンポッポはもうないようです。

☆大東洋


♪疲れもぬけ~る、お酒もぬけ~る、一皮むける!

大阪でパチンコチェーンやアミューズメント施設の経営などをしている企業「大東洋グループ」のサウナ&スパ、カプセルホテル。梅田にある大東洋は創業40年のサウナの老舗。近くにある「レディスサウナ」は、女性専用のサウナで、当時珍しいものでした。アムザは大東洋のなんば店です。

☆もしもしピエロ


「なので~す!ありま~す!」

関西でチェーン展開するラブホテル。ラブホで女性だけのパーティーとは、かなり斬新ですねぇ。




/* */