関西LOVERS

神戸の美味しい中華料理屋を厳選

2016年01月15日(金)/神戸


神戸で中華料理を食べようとすると、多くの方は南京町の中華街を思い浮かべると思います。しかし、神戸は日本有数の中華料理激戦区で、南京町以外にも数多くのお店が美味しさを求めて、しのぎを削っています。今回は神戸の美味しい中華料理屋を厳選してご紹介しますので、この機会にチェックしてください!

PR

チェック【中華料理 四川】

中華料理 四川 神戸

出典:tabelog.com

東灘区の山手幹線沿いにある「中華料理 四川」は、以前はJR六甲道駅の近くにあり、移転したお店です。
店名の通り、中華料理の中でも唐辛子や山椒等の香辛料を効かせた辛口の「四川料理」が得意分野で、「麻婆豆腐」は特にお勧めしたい看板メニューです。

辛さの中にも旨味が上手く融合されて、高級感漂う上品な「麻婆豆腐」を味わう事が出来ます。六甲道にあった時はこぢんまりとしたお店ながらも開店と同時に満席となるほどの人気店でしたが、現在ではビルの1階に新しく店舗を構えて、席数もテラス席を作るなど70席近くにまで増えました。

それでもランチタイムには店外に行列が並ぶほどで、ディナータイムにも中々予約が取れないほどの人気店です。看板メニューの「麻婆豆腐」以外では「蒸し鶏」の人気が高く、手ごろな価格でボリューム満点の四川料理を楽しめるところが、このお店の最大の魅力ですね。

住所 神戸市東灘区御影2-10-2
電話番号 078-822-1277
営業時間 11:30~14:30/17:30~22:00
定休日 水曜日
アクセス 阪急神戸線御影駅より徒歩10分

チェック【香港麺専家天記】

香港麺専家天記

出典:tabelog.com

オシャレなブティックが数多くある旧居留地で、デートやショッピングをした帰りに寄って欲しい中華料理店が、この「香港麺専家天記」です。南京町からは少し離れた場所にありますが、本格的中華麺が食べられるお店として、知る人ぞ知る存在となっています。

路地裏にひっそりとあり、外観はオシャレなダイニングバーの佇まいで、店内もおよそ中華料理店とは思われないデザインの内装となっています。
メニューは麺類が主力で、このお店の一番人気はテレビでも紹介された事がある「海老ワンタン麺」です。シェフのこだわりの麺は超極細で、その上に乗せられたワンタンの中には海老のすり身がはいっていて、盛り付け方はまるでフランス料理の様な雰囲気を醸し出しています。

スープの味付けは薄味で、豚骨ガツン感に慣れてしまった方には、その高級感が新鮮に感じられる事でしょう。「ラーメン」とは一味違う中華麺を味わいたい方には、絶対にお勧めしたいお店ですね。

住所 神戸市中央区元町通1-9-2
電話番号 078-391-5151営業時間 11:30~20:00
定休日 水曜日
アクセス JR元町駅から徒歩2分 市営地下鉄旧居留地・大丸前駅から徒歩2分

チェック【老虎菜 本店】

老虎菜 本店

出典:list.tabiiro.jp

神戸は多くの中華料理店があり、本格中華街の南京町を擁することからも中華料理店の激戦区となっています。その神戸中華料理界で、No.1の称号の呼び声が高いお店が、この「老虎菜 本店」です。

完全予約制のこのお店は、繁華街三宮は外れた東灘区にあります。この立地条件で県外からも足繁く通うほどのリピーターが多くいる秘密は、その「味」に隠されています。このお店の中華料理は北京・広東・四川と全てを網羅していますが、どれも専門店を凌駕するほどの本格派中華です。味付けも盛り付けも一工夫も二工夫もされており、このお店の料理を食べると、中華料理の概念を覆されるでしょう。

このお店で是非とも食べて欲しいメニューは、「よだれどり」と呼ばれる「四川名物口水鶏」です。ふっくらと柔らかく処置した鶏肉に、香菜と薬味でスパイシーな香りが漂うソースをかけたこの料理は、前菜でもメインとしても楽しませてくれます。神戸で本格的中華料理を食べたいと思うのなら、絶対に外してはいけないお店です。

住所 神戸市東灘区魚崎北町5-7-15フェイバーハイツ1F
電話番号 078-453-5777
営業時間12:00~14:00(L.O)/17:30~21:00(L.O)
定休日 水曜日(月一で不定休あり)
アクセス JR摂津本山駅から徒歩15分 阪神青木駅から徒歩10分

チェック【天一軒】

天一軒

出典:suzumeketaro1.blog57.fc2.com

一口に中華料理と言ってもその種類は様々で、四川や北京・広東が有名ですが、台湾料理も中華料理の一つ。
古くは福建省の人達が台湾へ移住して始まったのが台湾料理のルーツで、その台湾料理を手軽においしく頂けるお店が「天一軒」となります。

三宮の高架下にあるこのお店は、外観も店内も昭和の雰囲気が漂うレトロな居酒屋。サラリ-マンからカップルにまで愛されている、お店の看板メニューは「焼鳥モモ カタイ」です。モモ肉を丸ごと焼き上げており、コリコリの食感を求めて、わざわざこの焼き鳥を食べに来る人が後を絶たず、すぐに売り切れになってしまうほどの人気メニューです。

その他にも、このお店でしか食べられないメニューが多く、「安い!美味い!ボリューム満点‼」の台湾料理が庶民的感覚で食べられますから、ビールのあてにも最高ですね。

住所 神戸市中央区琴ノ緒町4-1-100
電話番号 078-241-6408
営業時間 18:00~22:00定休日 水曜日
アクセス JR神戸線三ノ宮駅徒歩3分 市営地下鉄、ポートライナー線、阪急各三宮駅徒歩5分

チェック<老祥記(ろうしょうき)>

老祥記(ろうしょうき)

大正5年に南京町で開業した、日本初の豚饅頭専門店。
中国・天津地方の天津包子(テンチンパオツー)という饅頭を、味と呼び名を変えてより日本人に馴染む物にしようと、「豚饅頭(ぶたまんじゅう)」を考え出しました。
1日に1万3000個も作られる豚まんは、お店自慢のもっちりした皮と、肉汁が溢れだす餡が絶妙な美味しさで、飛ぶように売れて行きます。
是非イートインスペースで、でき立てアツアツを戴きたい。
やや小ぶりの豚まんなので、たくさん食べてしまいそうです。

老祥記
住所:神戸市中央区元町通2-1-14
電話:078-331-7714
営業時間:10:00~18:30(売り切れるまで) 定休日 月曜日
アクセス:JR元町駅から徒歩5分
阪神元町駅から徒歩5分
地下鉄旧居留地・大丸前駅から徒歩3分
地下鉄みなと元町駅から徒歩5分
◇周辺情報
斜め向かいに姉妹店「曹家包子館(ソウケパオツーカン)」があり、月曜日にはこちらでも老祥記の豚まんが購入できます。
曹家包子館

チェック【同源】

神戸 同源

出典:tabelog.com

中国の薬食同源思想からヒントを得て作られた言葉、「医食同源」から店名を取った「同源」。阪神岩屋駅のすぐにあるこのお店は、漢方やスパイスを使った美容と健康の為の料理を売りにしており、「内側からキレイに」と謳っています。干物やスパイスを駆使して、濃厚な味わいでありながら、油の量を極力減らしているため体に優しい数々の料理は、このお店でしか味わう事が出来ませんから、数多くのリピーターが生まれています。このお店の一押しメニューは「麻辣つけ麺」で、肉みそとスパイスで味付けされたスープは独特の風味を持っており、香港麺の細麺と絡まることで最高の味となります。辛さを4段階にチョイス出来る「麻婆豆腐」も人気メニューの一つで、旨味とコクがご飯に凄く合うと好評です。美容と健康に気を使っている方には、非常にお勧めしたい中華料理店です。

住所 神戸市灘区岩屋北町4-4-8丸山ハイツ 1F
電話番号 078-871-7761
営業時間 18:00~22:30(L.O.21:30)
定休日 毎週日曜、第1・3木曜アクセス 阪神本線・岩屋駅から徒歩1分 JR灘駅から徒歩3分

日本で一二を争う中華料理激戦区の神戸。数多い中華料理店の中から厳選して紹介しましたが、ここに挙げた以外にも多くの名店が神戸にはまだまだあります。あなた好みの中華料理店を探索しに、神戸の街を訪れる事を是非お勧めします。

PR