関西LOVERS

明石焼きを食べるならお勧めの名店

2016年01月11日(月)/兵庫


兵庫県には隣の大阪に負けないぐらいの粉もん文化があり、お好み焼き屋は勿論の事、美味しいタコ焼き屋が数多くあります。
神戸や明石では大阪の代名詞のソースで食べるタコ焼きだけではなく、「明石焼き」と呼ばれるメニューも、古くから愛され親しまわれています。今回は明石焼きを食べるならお勧めの名店をご紹介させていただきます。是非美味しい本場の明石焼きを味わってくださいね!

PR

チェック【そもそも明石焼きとは?】

そもそも明石焼きとは?

 

全国的に有名なのは大阪のタコ焼きの方ですが、主に明石で食べられている「明石焼き」は、材料や焼き方が違います。
タコ焼きの材料はタコがメインなのに対して、明石焼きは卵がメインで、ネギや紅ショウガを入れずにタコと卵のみで焼き上げます。

明石焼き

出典:www.umadashi.jp

焼き方もタコ焼きの様に表面をカリッと焼かず、トロトロの状態で焼き上げ、出汁に浸して食べるのが明石焼きの食べ方です。
因みに神戸では多くのお店が「明石焼き」と呼んでいますが、発祥の地の明石では「玉子焼き」と呼ばれ、地元の郷土料理として愛されています。

チェック【てんしん】

てんしん 明石焼き

出典:tabelog.com

タコ焼きのルーツである明石焼き。その明石焼きの発祥と言われている明石で、知る人ぞ知る名店と呼ばれている存在なのが「てんしん」です。
山陽電鉄東二見駅の目の前に店舗を構えていて、黄色い看板に赤字で大きく「玉子焼き」と書いているのが目印。
お好み焼きも提供していますが、やはりここの一押しは明石焼きで、中でも「特上玉子焼き」は使われている卵の量が通常より多く、味が出汁巻き玉子の様に濃厚と、非常に高い評価を受けています。
一人前は大き目サイズの15個ですから、十分メインディッシュとしてお腹を満たしてくれるでしょう。
タコ焼きの様に、お好みでソースを漬けて食べる事も出来ますから、出汁で食べるのと比べてみるのもお勧めですね。

住所 明石市二見町東二見417-11
電話番号 078-942-3109
営業時間 11:00-21:30
定休日 水曜
アクセス 山陽電鉄東二見駅から徒歩1分

チェック【北田商店】

北田商店 明石焼き

出典:tabelog.com

JR神戸駅の東側に、地元の人達の台所として親しまわれている商店街、「メルカロード宇治川」があります。
この商店街で昭和の雰囲気たっぷりの店舗を構えていて、地元の人達からも愛されている明石焼き屋が「北田商店」です。
お店の正面はテイクアウト用の屋台の風情ですが、店舗内でのイートインも可能で、明石焼き以外にも神戸ならではの「地ジュース」を飲む事が出来ます。
ラムネ・ソーダ水・スコール・アップルと、昭和世代の人達が愛飲していたジュースが、明石焼きと共に味わえます。
このお店では普通のタコ焼きを出汁で食べる「神戸たこ焼き」と、「明石焼き」の両方が提供されていますから、両方の違いを食べ比べしてみるのもお勧めです。
明石焼き一人前10個370円と非常にリーズナブルな価格ですから、おやつ感覚で食べている方が多いですね。

住所 神戸市中央区楠町1-14
電話番号 078-371-3706
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜・木曜
アクセス 阪神西元町駅から徒歩1分 JR神戸駅から徒歩8分

チェック【ふなまち】

ふなまち 明石焼き

出典:tabelog.com

明石のシンボルである、明石城を正面に見据えるJR明石駅。そこから南に下った所にあるのが、グルメサイトで明石焼きNo.1を獲得している「ふなまち」です。
住宅街の真ん中にあるこのお店は、開店前から閉店するまで常に行列が出来るほどの人気店。
入り口の暖簾には大きく「玉子焼き」の文字が書かれており、看板メニューである事をアピールして来ます。
平日は、そば焼やお好み焼きもメニューにありますが、ほとんどの行列客が注文するのは、やはり「玉子焼き」です。
一人前550円ですが、20個もの明石焼きを目の前にすると、非常にコスパは高いと感じてしまうでしょう。
濃厚な味のフワフワ食感の明石焼きは、遠方から車で来店しに来るほど人気が高く、数多くのリピーターを生み出しています。
貴方もNo.1明石焼きの実力を、味わってみませんか?

住所 明石市材木町5-12
電話番号 078-912-3508
営業時間 10:30~18:00
定休日 金曜日(他、木曜不定休あり)
アクセス JR・山陽電鉄明石駅から徒歩13分

チェック【今中】

今中 明石焼き

出典:tabelog.com

明石焼きNo.1の称号を誇る「ふなまち」から、西へ少し歩いた所にある「今中」も、明石焼きの専門店。
店先のオレンジ色のテントには「明石玉子焼き」、暖簾にも大きく「玉子焼き」と書かれており、明石焼きオンリーのお店です。
近辺の他の人気店と味を競っている「今中」も、行列が出来るほどの人気で、焼き立ての明石焼きに、徳利に入った熱々の出汁で食べるのが今中流の食べ方。
出汁以外にもソースで食べる事が出来ますが、ここの売りの一つは、塩で明石焼きを食べる事が出来る事です。
生地にしっかりと味がついている為、出汁やソースではなく、塩味の明石焼きの味を楽しめる事が大きなアピールポイントですね。

住所 明石市岬町26-5
電話番号 078-913-6455
営業時間 10:00~20:00※水曜のみ午後6時まで
定休日 木曜
アクセス 山陽電鉄西新町駅から徒歩11分

チェック【たこ焼たちばな さんプラザ店】

たこ焼たちばな さんプラザ店

出典:tabelog.com

神戸一の繁華街と言われている三宮で、手軽に明石焼きが食べられてと人気が高いのが、この「たこ焼たちばな さんプラザ店」。
正統派明石焼きファンからは「明石焼きとは違うのでは?」と言われるかもしれませんが、フワフワの玉子の生地と、具はタコのみで出来た「たこ焼き」を出汁に浸して食べるスタイルは、十分明石焼きと言えるでしょう。
トロトロの食感でしっかりとした味の明石焼きを、三宮センター街で買物ついでに味わえるのが、このお店の最大のセールスポイント。
本格派明石焼きを、地元明石で食べるのには中々ハードルが高いとお嘆きの貴方にも、このお店の明石焼きは大変お勧めです。

住所 神戸市中央区三宮町3-9-4
電話番号  078-331-0572
営業時間 11:00~19:30(ラストオーダー19:00)
定休日 年末年始・10月の第3月曜日
アクセス JR・阪急・市営地下鉄の各三宮駅から徒歩3分

一見すると大阪のタコ焼きと同じ物だと思われますが、食べてみると全く別の食べ物の明石焼き。
出汁に浸して食べるのが正統派の明石焼きの食べ方ですが、ソースでも、塩でも、そのまま食べても美味しいのが明石焼きです。
貴方に合った食べ方を探し、本場の明石焼き屋に行ってみませんか?

PR