関西LOVERS

神戸で美味しい洋食が食べれるお勧めの名店

2016年01月01日(金)/神戸


神戸で美味しい食べ物と言えば、神戸牛のステーキやスイーツを連想されると思います。しかし戦前から外国航路の港町として栄えて来た神戸は、世界のあちこちから、ハイカラな洋食文化が古くから伝わって来ていて、フレンチでもイタリアンでもない、老舗の美味しい洋食屋さんが数多くあります。

PR

チェック【洋食の朝日】

洋食の朝日

出典:mnky.jp

「モダン寺」の愛称で親しまわれている、本願寺神戸別館。そこから西へ少し歩いた所にある「洋食の朝日」は、「神戸でビフカツを食べるなら、ここ!」と言われているぐらいの、超有名店です。
平日のランチタイム前にも関わらず、数十人もの行列が出来るほどの看板メニューの「ビフカツ」は、切り口がワインレッドと称される人気メニュー。
柔らかい赤身肉を使ったビフカツと、デミグラスソースの絶妙なハーモニーが好評で、付け合わせのポテトサラダも非常に美味しいです。
薄い衣でカリッと揚げられたエビフライもお薦めメニューで、こちらもタルタルソースとの組み合わせが絶妙と、大変人気が高いですね。

住所 神戸市中央区下山手通8-7-7
電話番号 078-341-5117
営業時間 11:00〜15:00
定休日 毎週土日と祝日
アクセス 阪神西元町駅から徒歩2分 阪急花隈駅から徒歩5分

チェック【洋食屋 赤ちゃん 石屋川店】

DSC_0089

出典:tabelog.com

神戸生まれの神戸育ちの神戸っ子から、昔馴染で親しまれている「洋食屋 赤ちゃん」。子供時代によく、親に連れて行ってもらった記憶がある人も多いと思います。
神戸市内には数店舗あり、その多くが大衆的な雰囲気の店舗ですが、この石屋川にあるお店は、ヨーロッパの雰囲気たっぷりの外観と内装で、駐車場が併設されているのがアピールポイント。
人気メニューは他の洋食屋と同じくビフカツですが、このお店は他店とは違って、デミグラスソースではなく、ケチャップソースで味付けしているところが特徴です。
ビフカツ以外にもカツカレーやオムライスもお薦めメニューで、サクッとした衣に包まれた豚肉で作られたカツカレーと、ケチャップを掛けただけのシンプルな味付けのオムライスは、いずれも人気が高いですね。

住所 神戸市東灘区御影塚町4-7-5
電話番号 078-811-8739
営業時間 11:00~14:00 17:30~20:30
定休日 木曜・第2・第3水曜
アクセス 阪神石屋川駅から徒歩6分

チェック【グリル金プラ】

グリル金プラ

出典:tetsuwanco.exblog.jp

三宮で洋食を味わいたい方にお薦めしたいのが、センタープラザ東館地下にある「グリル金プラ」。
創業80年を看板に掲げるこの洋食屋の人気メニューは、デミグラスソースを豚カツに掛けた「カツハイシライス」です。じっくり煮込んだトマトの甘味が効いたデミグラスソースには、玉ねぎと牛肉が大量に混ぜられていて、このお店の味の頂点を象徴するメニュー。
豚・牛・玉ねぎと、デミグラスソースを組み合わせたこのメニューは、他の洋食屋では味わう事が出来ません。
オムライスにエビフライが添えられた「エビオムライス」も、このお店の人気メニューで、プリプリのエビフライとオムライスの両方が一度に食べれますから、非常にコスパが高いと好評です。

住所 神戸市中央区三宮町1-9-1 センタープラザ東館 B1F
電話番号 078-392-4777
営業時間 11:30~15:30 17:00~19:30
定休日 月曜日
アクセス 阪急神戸三宮から徒歩3分

チェック【御影公会堂食堂】

洋食屋 赤ちゃん 石屋川店

出典:blogs.yahoo.co.jp

1933年に、地元の酒造会社である白鶴酒造のオーナーによって建設され、神戸のレトロ建築として有名な御影公会堂。この御影公会堂の地下にある「御影公会堂食堂」は、知る人ぞ知る「オムライス」の名店として有名です。
食堂自体は地下にあるのですが、天井が高くて窓も広い為、天気の良い日は自然光が店内を明るく照らしだします。食堂内は建設当時のままの内装で、このレトロ感たっぷりの雰囲気で食べるオムライスは、昭和初期へとタイムスリップした錯覚を味わう事でしょう。
オムライス以外にもメニューはありますが、やはり看板メニューを食べたいもの。チキンライスを玉子で出来た薄皮で包んだオムライスは、芸術的とも評されていますから、神戸へ訪れた際は、是非とも味わって欲しい一品ですね。

住所 神戸市東灘区御影石町4-4-1 御影公会堂 B1F
電話番号  078-851-2959
営業時間 月~金11:00~14:00 土曜日・日曜日11:00~14:00
定休日 火曜日
アクセス 阪神石屋川駅から徒歩6分

チェック【ハナワグリル】

ハナワグリル

出典:tabelog.com

阪神元町駅の北側にある兵庫県私学会館には、1931年創業を誇る老舗洋食屋「ハナワグリル」があります。歴史あるこの洋食屋は、数多くの著名人からも愛されて来ており、あの「小津安二郎美食三昧」でも紹介されているほどです。
クラシカルなデザインのこのお店の一番の人気メニューは「テールシチュー」で、遠方からわざわざこのシチューを食べに、神戸に訪れるほどの人気ぶりです。
また、「タンシチュー」や「ビーフシチュー」も看板メニューの一つで、創業当時から追い足されてきたデミグラスソースは、豊かな風味と確かな伝統の味を味わう事が出来るでしょう。
明治生まれの多くの文化人から愛されて来た伝統のシチューを、貴方も味わってみませんか?

住所 神戸市中央区 北長狭通 4-3-13 兵庫県私学会館 1F
電話番号 078-332-0878
営業時間 11:30~14:00 17:00~20:00
定休日 8月13日14日  12月30日31日 1月1日2日3日
アクセス JR・阪神元町駅から徒歩3分

港町で古くから育まれて来た、数多くの神戸の洋食屋。異人館や旧居留地を散策した後は、少し足を伸ばして、神戸の洋食文化に触れてみる事を、お薦めします。

PR